デュエル-あらすじ-1話-2話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-デュエル-あらすじ-1話-2話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

デュエル タイトル

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヤン・セジョンが1人3役に挑戦する。
クローンの内1人が連続殺人犯、もう1人のクローンは冤罪を被させられる。
刑事チャン・ドゥクチョン役にチョン・ジェヨン。

善と悪という2つ。
展開が早く話題となったヒューマンサスペンスドラマです!

【デュエル】ネタバレあり

1話

チャン・ドゥクチョン刑事の娘スヨンが誘拐された。
身代金は10億ウォンだった。
ドゥクチョンは残りのお金を持ってきたチェ検事に絶対についてくるなと念を押し
車に向かった。そして、
ドゥクチョンの携帯に
画像が送られてきた。そこには国宝第二号と書かれていた。

チェ検事はお金を入れたバックに発信機をつけていた。
その発信機を元にドゥクチョンの後を追いかける事にした。

ドゥクチョンは画像の所に着いた。その時、ドリンク剤を売っているおばあさんにメモを渡された。
メモにはコインロッカーの暗証番号が書かれていた。
ドゥクチョンはコインロッカーに行き、暗証番号を押すと、コインロッカーが開き、その中にはWホテルのキーが入っていた。
ホテルに向かったが、お金だけを取られてスヨンはいなかった。
あれだけ必死になって駆け付けたのに結局スヨンを見つけられない…

発信機は違う所に付け替えられていた。そして、お金も偽札だった。スヨンも見つからなかった。
バスの中でドゥクチョンは犯人の男を見つけた。しかし、犯人らしき男性は何も知らないと言っていた。
その様子を犯人らしき男性と同じ顔の男が立って見ていた。

事件10日前。
ドゥクチョンは違法賭博の現場に乗り込んだ。
しかし、現場には誰もいなかった。それは現場に行く前にパク・ユシク班長が情報を漏らしていたからだった。
ユシクはヤン・マンチュンと会い、お金をもらっていた。そこにドゥクチョンが来てしまう。
ドゥクチョンはマンチュンは逮捕したが、ユシクの為に今回だけ許した。

次に5歳児誘拐事件が起きた。
夫アンの愛人が犯人だった。その犯人はアンの娘ヘジュが牛乳アレルギーがある事を知らず飲ませてしまい殺害してしまった。
その犯人も遺体となり見つかった。

ドゥクチョンの所に病院から電話があり、サニョン病院に行き、幹細胞の治療を受けれることを喜んだ。
しかし、治療にかかる費用が3億だった。
3億…。大きすぎる金額だ。

ドゥクチョンはチェ検事とは最悪の中だった。
それは、チェ検事とドゥクチョンが担当していた殺人事件の犯人がドゥクチョンの妻を人質にとり脅迫していた時、
ドゥクチョンが犯人を撃った時、妻は犯人のナイフがお腹に刺さってしまってしまっていた。

ドゥクチョンはスヨンを病院に連れて救急車に運ぶ時、犯人の男が運転していた。
そして、男はドゥクチョンを気絶させた。

2話

女児の遺体が見つかった。

ドゥクチョンは犯人らしき男性に殴ったりしていた。
しかし、男性は自分の名前も知らない。思い出せない。と言っていた。
男性は警察の車に連れて行かれた。

男性はホームレスからドゥクチョンの名前の書いたメモをもらいバスに乗ったと証言した。
しかし、犯人のモンタージュを見せられた。それは自分だった。
男性は暴れて車は事故にあってしまう。
男性は逃げ、屋上に逃げた。飛び降りようとしたが、ドゥクチョンに助けられてしまう。
男性の手からドゥクチョンからスヨンにあげた髪飾りが地面に落ち、ドゥクチョンに見つかってしまう。
そして、男性は
「覚えているのは2日前に釜山にいたこと。目覚めた時、病室みたいな所にいた。また気を失って、次はターミナルにいて
 誰かに乗車券を渡されてバスに乗せられてソウルに来た。それだけだ。それが記憶の全部。娘さんに会ったこともない。
 共犯でもない。さっきの男も初めて見た。」と言った。
ドゥクチョンは
「誘拐犯はお前と同じ顔をしてた。同じ顔が2人いる。最後のチャンスだ。居場所を言え。」と聞いた。
男性は
「違う。僕じゃない」と答えた。
この男性はどんな人なのだろうか?本当に記憶喪失なのか?

男性はチェ検事の取り調べを受けていた。
そして、DNAから指紋まで全て一致したことがわかった。
しかし、もう1人の同じ顔の男の存在は誰も信じなかった。
全て一致…。犯人にしかならないですよね

ドゥクチョンはもう1人いる事を男性に確認をしに留置場に行った。
しかし、男性は諦めているような状態だった。
男性の手の傷はストレッチャーで切った傷ではなくナイフで切られた傷だった事が分かった。

女児の遺体はスヨンではないことが分かった。

スヨンはもう1人の男の所で眠らされていた。
そして、男の元に男性が来た。
2人は何かを企んでいる様子だった。

ドゥクチョンは犯人らしき男に接見をした。
そして、脱走をした。

1話~2話の感想

展開が本当に早い。スヨンの誘拐から始まり、スヨンは見つからず、
それも、チェ検事との仲も悪い。
ドゥクチョンの妻の事があるから余計なのだろうけど…。

それよりも、犯人らしき男性はどうなのだろうか。
全く身に覚えのない暴行を受けてしまう男性はどんな気持ちなのだろうか。
そして、同じ顔と対面した時の気持ちはどうったのだろうか。

そんな考えになってしまう展開でした。
次回には、もう1人を見つける事は出来るのでしょうか。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください