トゥーカップス-あらすじ-3話-4話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-トゥーカップス-あらすじ-3話-4話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

トゥーカップス





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
1話では、ドンタクとジアンが出逢う場面が描かれていましたね。
2話では詐欺師のスチャンの魂が、ドンタクに憑依してしまいます。
頭の固い本当のドンタクとは違ってチャーミングなドンタクが描かれて可愛かったですね。
スチャンの魂が、ドンタクに乗り移ったことから本物のドンタクはどうなるの?
スチャンの体はどうなってしまうのかとハラハラしましたがドンタクは、自分の体に魂が戻りホッとしたのもつかの間であらたな展開が描かれそうです。
では、続きに行って見ましょう♪

【トゥーカップス】(ネタバレあり)

3話

突然、警察署内の明かりがすべて落ち暗闇に包まれた署内。
そこに黒いヘルメットをかぶった男が・・・。
何者なのでしょうか?

ドンタクのそばにいた、魂だけのスチャンも一緒になってヘルメットの男に戦いを挑むスチャン。
ですが、何かを掴もうとしてもすり抜けてしまってつかむことができません。
そこに不意に現れたジアン。

ジアンを見たヘルメット男は逃げ出しました。

逃げたヘルメット男を追跡するドンタクにジアン。
ジアンも一緒に追跡??(*’’ω’’*)

そこにバイクの集団が来てドンタクの乗った車は取り囲まれてしまいブレーキを踏もうとしますが、ブレーキが利かないことに気づいたドンタクは近くにあった工事現場にそのまま突っ込んで停止しました。

スチャンは、眠ったままの自分の肉体へ戻ろうと試みますが戻ることが出来ません。
自分以外の誰かの体にも挑戦してみますがやはり入ることが出来ません。
そこへ現れたのは、ポン。
先日、ドンタクの体に自分の魂が憑依していた時に似顔絵を描いてもらった人だった。

ミス・ポンはドンタクの体であるにもかかわらずスチャンの顔を似顔絵に描いたのです。
ミス・ポンはスチャンに言います。

「ドンタクとスチャンは運命でつながっている。相棒だ。
まだ、未解決の因縁が二人の間には残っている。今、現在。因縁のある地点にいる。
49日間の間にその因縁を解かなければ自分の体に戻る事はできない」と。
因縁とは何の因縁なのでしょうか?前世で二人の間には何があったのでしょうか?

それを聞いたスチャン。
ドンタクの体に憑依しようと考えます。
憑依する為には持ち主の許可がいると感じドンタクに言葉を掛けます。
許可って・・。詐欺師の割には律儀(笑)

突然、カーステレオから聞こえてきた声に驚くドンタク。
「何で急にチョ刑事の名前が出てくるんだ?」
空耳ではないかと思うドンタク

「ステレオじゃない。僕は、お前に逮捕されたコ・スチャン」

ドンタクは驚愕して急ブレーキを・・。
声を張り上げるドンタクにスチャンの事は見えません。
ドンタク。信じられないようだという顔。
それはそうですよね・・・。

深夜。
バイクに乗った集団を追跡するドンタク。
その隣には、魂だけのスチャン。

追跡し、黒いヘルメットをかぶった男を発見したドンタクは車を加速させバイクに激突してヘルメット男を捕まえることに成功しました。

ヘルメット男の首には翼の刺青が。
防犯カメラに映っていた刺青と同じものです。
「刑事を殺したのは俺だ」と話すヘルメット男
ですが、スチャンは
「その男は違う!」
そう叫びました。

4話

ドンタクが、捕まえたヘルメット男はイ・ドゥシクという男でした。
ですが、ドゥシクを見たスチャンはドゥシクが真犯人ではないとドンタクに言い続けますがドンタクは怒ってスチャンの声に消えろと叫んでしまいます。
それを聞いたジアンは自分にドンタクが消えろと言ったのだと勘違いし腹を立てます。

「怒った顔もかわいいなぁ」とスチャン。
スチャンの声を聴いたドンタクはジアンに向かって
「僕にだけ可愛く怒るんだ」と。
ジアンは、ドンタクを見ていて戸惑いを隠すことができません。

ドンタクは、自分が言った言葉をわかっているのでしょうか?俺にだけって♡
ロマンスの始まり?スチャンに嫉妬?(*’▽’)

つかまえたヘルメット男のドゥシクを取り調べするドンタク。
ドゥシクは、刑事殺しとタクシー運転手殺しは自分の仕業だと自白します。

警察署内で乱闘した時の事を思い出したドンタク。
ドゥシクの背中を調べるとなにもありません。
犯人には、倒れてきた本棚が当たったのでその傷があるはずでした・・。
なるほど。ではドゥシクは警察署に乱入してきたヘルメット男ではないですね

ドゥシクが、身代わりだと感じたドンタク。
そしてチョ刑事が殺された時間にはドゥシクはスピード違反を犯しカメラに撮られていたことがわかります。
完全に、真犯人は別にいるとドンタクは感じたようです

突然、胸が苦しくなるスチャン。
痛みの中で幼いころの記憶が浮かんできます。

「お兄ちゃん!たすけて」
そう、誰かに言いながらネックレスを渡しているスチャン。

ドンタクは、ミス・ポンの元を尋ねます。
スチャンにつきまとわれて困っていると話をすると
「因縁の輪がそこまで近づいている。あなたは、覚えているの?
ずいぶん昔に、借りたままの借りがあること」

暴行事件が発生し、現場に向かうドンタクの横にスチャン・・。
スチャンは、ドンタクに向かって話します。
いつも一緒にいる二人♪

「俺も小さいころは警察官になりたかった。でもある奴が俺を裏切ったせいで変わってしまった」

スチャンは続けました。
父親に着せられた汚名を晴らしたいがために助けてほしいと懇願し、ある人物にネックレスを渡したと。

ドンタクは、そのスチャンを裏切ってしまった男が自分であるときづきます。
その瞬間、急にドンタクはスチャンの事が見えるようになりました。

「お前・・あの時の・・」

怒りに満ちた目でドンタクを見るスチャン
「あの時の詐欺師はお前だったのか」

そこに少女が見つかったと聞いて急いできたジアン。
ジアンは、ドンタクを見つけてドンタクの元へと向かいますがそこにジアンをめがけて
一台の乗用車が。

それに気づいたドンタクとスチャン。
二人は急いでジアンに駆け寄ります。

「大丈夫か?」

そうジアンに尋ねるドンタクの体には・・スチャンの魂が・・・。
またまた、憑依してしまいましたね

感想

ミス・ポンによると、スチャンとドンタクの間には過去の何かの因縁があるようですがどんな因縁なのかが気になります。
ドンタクとスチャンは、どれだけの歳の差が??とふと思ってしまいました。
スチャンの父親はどんな汚名を着せられてしまったのかも気になります。
そしてドンタクの相棒だったチョ刑事を殺害したのはいったい誰なのかも・・。
気になることが盛りだくさんで見ていてワクワクします。またまたドンタクの体に憑依したスチャン。さてどうなるのでしょうか?








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。