トキメキ注意報-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

お互いの事を想いながらもすれ違っている
ユジョンとウヒョン。
これから2人はどうなってしまうのか?
ジェギョンの容態も心配です。
13話から紹介していきます。

【トキメキ注意報】(ネタバレあり)

13話

ジェギョンの意識が戻った。ユジョンは安心するとそこにはウヒョンの姿が。
ウヒョンはユジョンにジェギョンが無事で良かった事と、あの日ドレスショップに行ったのはユジョンに会う為だったと伝えた。
一方セヒョンに株価操作の嫌疑がかかり、
セヒョンの母は会長に抗議しに来ていた。
会長の力でもどうにもならず、今回の事で
ヘジュとは手を切ると言う。
ヘジュは目的の為に手段を選ばなすぎましたね。ついに会長まで敵に回しました。
セヒョンを陥れたのもヘジュだった。
セヒョンの母にセヒョンが不在の間ウヒョンにチェゴグループを守らせるよう、ウヒョンを説得してくれと言う。
セヒョンの母に呼び出されたウヒョン。
昔の火事は会長や夫人ではなくセヒョンが起こしたものだった。
しかし火事の時セヒョンだけを助けウヒョンを置き去りにした事は事実だと言い、ウヒョンへ謝罪した会長夫人。
火事はわざとでないにしても置き去りはひどいですよね。
そしてチェゴグループに入り、セヒョンを助けてほしいと頼んだ。
ヘジュと会長は手を切り、YJエンターの事も会長が収拾させた事を聞いたウヒョン。
火事のことはウヒョンを狙ったわけではない事を知り、謝罪を聞いたウヒョンは謝罪を受け入れるべきか複雑な心境だった。
素直に受け入れる事は難しいですよね。
ウヒョンはユジョンに会う為ジェギョンの入院している病院に向かった。
YJエンターを苦しめていた者がいなくなったとユジョンに伝えるウヒョン。
今まで申し訳ない気持ちで会いに来れなかったが、もう逃げたくないと言うウヒョン。
ウヒョンが心変わりしないと言う約束の事を伝えると寂しい思いをさせないと言う約束を守りたいと言うユジョン。
どんな事があっても一緒に進む事を決めた2人は抱き合うのだった。
離れていても2人の気持ちは変わっていませんでした。
ジェギョンにも幸せになってと言われたユジョンはウヒョンとショッピングやコーヒーショップでのデートを堂々と楽しむ。
その事が記事になり見事、世間に復縁した事をアピールする事に成功したのだった。
周りに見せつけているユジョンとウヒョンがなんだかかわいいですね。
ジェギョンが回復し、ようやく退院する事ができた。ユジョンがしばらくジェギョンの家で看病する事に。
ウヒョンの事を幸せそうに話すユジョンを見て嬉しそうなジェギョン。
ジェギョンからひとつだけ頼みがあると言われたユジョン。
それはユジョンと父親が和解する事だった。

14話

和解する為に父の店を訪れたユジョン。
父は驚きながらも涙を浮かべユジョンを迎え入れてくれた。
するとそこへウヒョンがやって来た。
なぜここにいるのかウヒョンが訊ねると、父から衝撃の事実が。
ユジョンと母が火事に遭ったその日、父は別の現場で1人の少年を救っていた。
その少年がウヒョンだったのだ。
ユジョン、ユジョンの父、そしてウヒョン
の運命的な関係がついに明かされました。

母が亡くなった事を自分のせいだと思い、罪悪感を抱いているユジョンはその話を聞き、飛び出してしまう。
父は火事で傷ついている2人の事を想い、今まで本当の事が言えなかった。
母に申し訳なく思っていると言うユジョン。
そんなユジョンにウヒョンは運命の人だと思ったと言う。
ユジョンの父は消防士という仕事柄、いつも母に遺書を託していた。
しかし新しい遺書を託して家を出たその日、火事に遭い亡くなってしまったのがユジョンの母だった。
ユジョンの父も愛する人を守れなかった事をユジョンにも悔いていたんですね。
父が運命の人を助け、母が運命の人を遣わしたのだとジェギョンに言われ、ユジョンは父にようやく心を開くことができたのだった。
会長から海外勤務を命じられたヘジュは
ユジョンとウヒョンを苦しめる為、なんとジェミンにユジョンと付き合っていた事を暴露するように言う。
次から次へとよく思いつきますね!
その事を隠す為にユジョンとウヒョンが偽装恋人であった事を世間にバラす目的だった。
ヘジュに豪華な暮らしを約束され、その案に乗る事にしたジェミンだったが、ある演出家からドラマのオファーを受ける。ユジョンがジェミンを推薦してくれていたのだ。
役者としての才能をユジョンが誰よりも認めてくれていた事を知り、自身の愚かさに気付いたジェミンは考えを改め、ヘジュの企みをキッパリ断ったのだった。
ユジョンの誠実で懐の大きさに気付いたジェミン。考え直してくれてよかった。
会長夫人はウヒョンがチェゴに入ってくれるよう説得して欲しいとウヒョンの母に今までの事を謝罪しに来ていた。
ユジョンにもウヒョンがチェゴに入るよう説得して欲しいと言うが、ユジョンはウヒョンの選択を自分は関与できないと答えた。
ユジョンはウヒョンの気持ちをよく分かってますね。
ウヒョンはセミナーの為に来た病院で偶然会長を見かける。
そこで院長に話を聞き、会長が家族には内緒で治療を受けていた事を知る。

15話

ユジョンはアメリカでの仕事が6か月かかると聞き、長い間ウヒョンと会えない事を心配する。そして、ウヒョンに恋を終わらせて結婚しますか?と訊ねる。
ユジョンからのプロポーズ‼︎
するとウヒョンは驚くが、しますと答える。
そして、自分が会長の提案を受けチェゴグループに入ることをユジョンに伝えた。
あなたがどんな選択をしても味方だと答えたユジョン。ありがとうとウヒョンはユジョンの手を握るのだった。
ユジョンのいつでも相手の事を認めて理解しようとするところ、素敵ですね。
結婚する事に舞い上がっていたユジョン。
ジェギョンに聞かれ、アメリカに行く前に
ウヒョンと結婚する事を伝える。
大事な事を勝手に決めた事に怒るジェギョンだったが、ヘジュがまた不穏な動きをしているとチュ記者から聞き、認めることに。
ウヒョンはユジョンの父へ結婚の許しをもらいに行き、ユジョンはウヒョンの母へ会いに行き結婚式へ参加してもらう事になった。
アメリカに行く前に家族だけで庭園で式を挙げるという。花が好きなユジョンの母の想いを汲んでの事だった。
ユジョンの父もちゃんと母の願いを覚えていたんですね。
ウヒョンはカンハンホテルが不正をしていた記事を公にしヘジュに闘いはこれからだと宣戦布告する。
ついにウヒョンの反撃開始ですね!
そして、ウヒョンは会長に自分がチェゴグループに入る代わりに家族に病気の事を打ち明け、積極的に治療を受けてくれと言う。
会長を憎んでいても、会長の事を想い、条件を出したんですね。
会長は承諾し、夫人に自身の病気を打ち明けるのだった。ショックを受けた夫人だったが気丈に振る舞い、ウヒョンの母に美術館を手伝って欲しいと頼むのだった。
ユジョン直筆の手紙とユジョンとウヒョンの写真を添えて結婚の記事を出した。
2人の写真が幸せそうですね。
記事を読んで実感するユジョンとウヒョン。
式のリハーサルをする為、庭園に向かうと
ウヒョンが2人の思い出の写真を流し出す。
「僕の人生で最高の思い出はあなたとの時間です。これからも最高に幸せな瞬間を一緒に過ごそう。」ウヒョンのプロポーズに涙ぐむユジョンを優しく抱きしめた。
すごく誠実でウヒョンらしい言葉ですね。言われてみたい…

13話〜15話の感想

ジェギョンの意識が戻って本当に良かったですね。
そしてすれ違っても想い合っていたユジョンとウヒョンがようやく元に戻りました。
復縁した記事を出す為に周りに見せつける2人はとてもかわいかったです。
ユジョンはついに父と和解しようと父のお店に行き、ウヒョンと出会します。
まさかの縁で結ばれていた2人。
最初に聞いた時は戸惑うユジョンでしたが、父の救ってくれたウヒョンを運命の人だと思い、和解する事ができました。
ユジョンの父も長い間、愛する人を守れなかった悔しさとユジョンヘの想いを抱えて苦しかった事でしょう。ユジョンも父も時間はかかりましたが、仲良くなれてユジュンも安心ですね。
そして久しぶりにジェミンが出てきました。ヘジュの悪巧みに協力しかけてましたが、ユジョンの懐の大きさにやっと気付き、考え直してくれたのは良かった。
最低な男でしたが、今回だけはよくぞ悪巧みに乗らなかったと思いました。
もうほとんど打つ手がないのにヘジュは本当に不屈の精神ですね。なんだか不憫にも思えてきました。なんとか収まるところに収まって欲しいですね。
ウヒョンのチェゴグループに入る決意も素晴らしかった。ユジョンの為もありますが、やはり憎んでいても父の事を想ってのことでしょう。バラバラだった家族が少しずつですが歩み寄ってきましたね。
次回はついに最終回。結婚式を控えたユジョンとウヒョン。最高に幸せな結婚式になる事でしょう。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2 件のコメント

  • はじめまして。
    クルミット様…敢えてそう呼ばせて下さい(笑)
    いつも楽しみに読ませて頂いてます。
    読み易く、コメントも的確で面白いです。
    子育て中大変ですね。
    応援してます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください