トロットの恋人-あらすじ-1話-2話-3話-視聴率9.2%のドラマを感想つきで!

韓国ドラマ-トロットの恋人-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

トロットの恋人.jpg
除隊後約2年ぶりのドラマ復帰作チ・ヒョヌ主演「トロットの恋人」がKBS World初登場♪
さらにヒロインApinkチョン・ウンジが歌うトロット(演歌)もドラマに花を添えます!
新人演歌歌手チュニ×自分勝手なトップミュージシャンのジュニョンが繰り広げる笑って泣けるラブコメディ!
2人の恋の展開はどうなるのか…。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
2015年度最高の演技アイドルに選ばれた、ヒロインのウンジが今作でも、
歌唱力を活かした役でもあるため文句なしの演技力!
特に歌唱シーンが本当に楽しそうで観ているこっちまで、
幸せな気分になっちゃいます♪
とある事件をきっかけに仕事が激減してしまったトップミュージシャンが、
また返り咲くために「トロット(演歌)歌手」をプロデュースすることに!
その新人歌手とは最悪な出会いをしてしまった因縁の相手ウンジ。
そんな最悪な出会いをしてしまった2人の恋は、どうやって展開していくのか?
それでは、第1話からお伝えしていきますね〜
【トロットの恋人】(ネタバレあり)
第1話
ヒロインのチュニはマラソン選手を夢見て日々過酷なトレーニングをしていた。
しかし大事な大会で彼女はペース配分を考えることがを出来ず、
結果を出すことが出来なかったのである。
そんなチュニは突然コーチから、
「チームに迷惑をかけたくないのなら、退部しなさい。」と言われ、
大好きなマラソンを諦め退部するのである。
信頼していたコーチから「努力は実らない時もある。諦める勇気を持ちなさい。」と言われた時のチュニの表情がなんとも言えないぐらい悲しそうで観ていられませんでした。
4年後、かつてマラソン選手を夢見ていたチュニは、チャリティーマラソン大会のスタッフとして働いていた。
そのチャリティーマラソンには、今や韓国では知られていないトップミュージシャンのジュニョン参加することになっていた。
ジュニョン自身は、自信家のためなぜアーティストである自分がマラソンなんかと、
全然大会に乗り気ではなかったのである。
そこでチュニは、トップミュージシャンであるジュニョンが不正行為をしていたのを目撃してしまった。
大会後、責任感が強いチュニはそんなジュニョンの不正行為が納得出来ず、
ジュニョンが乗っている車に向かう。
そんなことは知らないジュニョンは、自分のファンだと勘違いをし、
チュニが着用してしている服にサインしようとするのだが…。
さすが自分のことを、“音楽の神”と発言する自信家のジュニョンならではの勘違いですよね〜
チュニは不正行為について問い詰めるのである。
自分勝手なジュニョンはもっぱらチュニの問い詰めに対し、
相手することもなかったのだが…
そんなジュニョンに悲劇が!
しばらくして、前事務所社長の陰謀により作られた女性スキャンダルによって、
せっかく韓国最大手のシャインスターに移籍したのにも関わらず、
人気も仕事も全てを失うのである。
シャインスター事務所の練習生スイン(ジュニョンの初恋相手)のためにわざわざ移籍したのにも関わらず、ジュニョンはスインに利用されてしまったのです。
だがジュニョンはこの仕業はマラソン大会で問い詰めてきた、
因縁の相手チュニの仕業だと勘違いをしてしまう。
ジュニョンは音楽を続けるためシャインスター代表のヒムンから、
「この女性を探し出しその子を新人歌手として育てろ」と言われるのである。
なんとその相手が…。
第2話
シャインスター代表ヒムンから探し出せと言われた女性がなんと、あの因縁の相手であるチュニだということを知り驚きを隠せいないジュニョン。
もちろんチュニだと知り、絶対この案件だけはしたくないとヒムンに告げるのだが…。
そんなジュニョンに対し、「出来ないのなら君との契約は終わりだ!」と言われ、
裁判所の前で車から降ろされてしまうのである。
仕方なく事務所に多額な損失をさせてしまったため、
ジュニョンはチュニを新人歌手として育てることを決意する。
そんな中チュニの家には、失踪中の父ミョンシクに「お金を貸している」と言って、
暴力団が取り立てに来ていた。
なんとその暴力団が来ている最中に、ジュニョンがチュニに家に訪ねて来てしまうのである!
暴力団はそんなジュニョンに対し、「女は埋められないから…」と言い放ち、
ジュニョンをかわり山の中に埋め脅すのである。
その際ジュニョンは暴力団に対し、
「この女はああ見えてお金を稼ぐ力がある。歌手なんです。明日シャインスターと契約するんだ!」と思わず言ってしまうのである。
そんな中ヒムンは息子であるグヌに「1年間だけ会社を頼む」と話す。
結局仕事を嫌々引き受けたグヌは、ヤン理事と娘スインと会うことになる。
グヌとスインの出会いも衝撃的! なぜならスインは、母親であるヤン理事にホテルに来るよう呼び出されその際に乗車した車の運転手があのグヌなのである。
それを知らずに、車の中で化粧直や母との電話中にグヌの事を“ドラ息子”と言い放ってしまう。

ヤン理事は娘スインを次回開催するオーディションで、どうしても優勝させたいのである。
早速オーディションを受けるため会社に来たチュニは、そこでグヌと再会する。
そこで運悪く2人は、避難通路に閉じ込められてしまうのである。
完璧な自動ロックのため、2人は外に出られなくなってしまう。
チュニは無事にオーディションを受けられるのか…。
このオーディションでチュニとスインが対決するみたいですね。
第3話
ジュニョンがドアを開けてくれ無事に、外に出られたチュニとグヌ。
グヌがヒムン代表の息子と知り、事情を話す。
そこでチュニは、シャインスターとその場で契約するのではなく、
今回新人歌手を発掘するためのオーディションを受けることになる。
ただ時間がなく、練習出来るのはたった1日だけ。
そんなチュニ対し、ジュニョンはトロット(演歌)しかないと判断し、
オーディションのコツなどを教えるのである。
実はチュニの母は昔アルバムを1枚リリースした演歌歌手である。
そんな母を持ち幼い頃から、母の演歌を聴き育ったチュニは、自然と演歌を好きになったみたいですね〜

スインはさすがシャインスターの期待の練習生らしく、
周囲を惹き寄せる歌唱力を披露する。
負けず劣らず、チュニも母のリメーク曲であるトロットを披露し、
会場は大いに盛り上がる。
その場で審査員を務めていたグヌだけチュニに対し合格としたが、
別の審査員2人が不合格と判断したため結局チュニは不合格になる。
オーディション後、気を落としているチュニの目の前に現れたヒムン代表。
するとヒムン代表はチュニに対し、「私は昔好きな歌手がいた。その歌手に似ているから、ファン第一号になろう。」と、伝えるのである。
ヒムン代表はチュニの母親と過去に何か関係があるのかな?
その後、チュニが不合格と知った暴力団がチュニとジュニョンの前に現れ、
「借金はどうするのか?」と怒鳴る。
そこへチュニと契約したいと名乗る事務所が現れる。
ジュニョンは「自分は業界人だから契約の事は任せろ!」
と、意気揚々にチュニ暴力団に告げるのだが…
ジュニョンにはその時ちょうど、カード停止の連絡も来ており、
お金に困っていた。
だからチュニの大事な契約1000万ウォンを持ち、逃走してしまう。
ジュニョンは多額な借金を抱え困っているチュニの事情を知りながらも、契約金を奪って逃走するなんて、とことん自分勝手な人ですよね〜
契約金をジュニョンに奪われ挙げ句の果てにホ社長に脅され、ナイトクラブ歌うはめになる。
そんな中、オーディションで歌った際のチュニの動画がネットで話題となり、
まさかファンクラブまで出来ているのを知ったグヌはチュニをスカウトしたいと思うのである。
そう思ったグヌはいてもたってもいられず、チュニが働いているナイトクラブに出向くのである。そこでチュニは酔っ払いに絡まれ、騒動を起こしてしまう。
直ぐにチュニをスカウトしたいグヌは、ホ社長と取り引きの話をする。
そんな中契約金を奪って逃走したジュニョンは、ホテルで自由気ままな生活をしていたのである。
ホテルでの食事中、チュニの妹であるビョルの事を思い出してしまう。
以前不憫な食事をしていたビョルが気になってしまい、豪華な食事に誘うためビョルを自宅近くに待ち伏せするのだった。
自己中なジニョンも幼いビョルには優しいお兄さんなのんですよね。
今後ジニョンとチュニの関係を支えるキューピットとしてビョルの活躍が気になりますね!

第1話から第3話の感想
チュニを探し出して新人歌手として育てろと言った、
ヒムン代表とチュニの母との関係が気になりますね!
チュニの母親はヒムン代表にとって、初恋の相手だったのかな?
今後その真相についても、ドラマの見どころの1つになりますよね。
ジニョンに関しても、最初女性スキャンダルのせいで全てを失い、
また初恋の相手でもあるスインには利用され可哀想な人だなと思いましたが、
責任感が高く優しいチュニの大事な契約金を持って逃走してしまうなんて、
男性としてどうなの?と少しばかり怒りを覚えましたね。
まるで詐欺師みたいですよね?
ただそんなジュニョンも、まだ幼いビョルには優しい一面もあります。
ビョルに対して接するように、チュニに接して欲しいですよね!
そして失踪中のお父さんが1日も早く、
チュニやビョルの前に現れて欲しいものですよね♪( ´▽`)








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。