トロットの恋人-あらすじ-7話-8話-9話-視聴率9.2%のドラマを感想つきで!

韓国ドラマ-トロットの恋人-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

トロットの恋人.jpg
除隊後約2年ぶりのドラマ復帰作チ・ヒョヌ主演「トロットの恋人」がKBS World初登場♪
さらにヒロインApinkチョン・ウンジが歌うトロット(演歌)もドラマに花を添えます!
新人演歌歌手チュニ×自分勝手なトップミュージシャンのジュニョンが繰り広げる笑って泣けるラブコメディ!
2人の恋の展開はどうなるのか…。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、『サバイバル名曲』という対決歌番組でついに、
チュニはスインと初対決をしましたよね!
ただ結果はなぜか、スインの勝利となり、
納得がいかない結果となりモヤモヤ感が残りましたよね( *`ω´)
ただ今のチュニには、ジニョンといった最大の仲間が出来、
2人の中のわだかまりが解けたのですが…
そんな2人のことをよく思ってない、ワン常務やヤン理事といった、
上層部の人たちの陰謀によりなかなか上手くいきません。
それでも影でチュニとジニョンの様子を伺うヒムンや、
シャインスターの社長であるグヌのお陰もあり、
何とか危機を乗り越えてきましたよね♪
対決番組では不服な結果となりましたが、
シャインスター練習生としてチュニの今後の活躍や、
チュニやその周りを取り巻く人たちの、恋愛模様も気になってきますよね〜
それでは、今回は第7話からお伝えしていきますね〜
【トロットの恋人】(ネタバレあり)
第7話
チュニが倒れて病院に居ると知ったジニョンは、急いでスインの車で病院に駆けつける。スインはチュニを心配するジニョンやグヌの紳士的な神対応に、呆れた表情でその場を去るのである。
きっとスインは歌番組でチュニに勝利したものの、周りの人はチュニに構っており、どこか納得出来なかったようですね〜
お嬢様育ちでいつもスポットライトを浴び続けているスインのただの、チュニに対する嫉妬の表れなんですよね!

その後看護師から、「チェさん(チュニ)のご家族は…?」と言われ立ち上がるジニョンとグヌだがビョルが、「社長(グヌ)に任せるわ!」と言われすねるジニョンなのである。
チュニとビョルを家まで送る事になったグヌは、車の中で寝てしまったビョルを家の中まで運ぶと言い家に入る事になる。
ビョルは本当は寝たフリをしているんですよね〜
ビョルはチュニとグヌをくっつけたいのでしょうか?その真相が気になりますね!

そんな中ジニョンと一緒に暮らしているのがバレてはいけないので、
チュニがグヌに対し「部屋を片付けるから3分だけ待って欲しい!」と伝え、
家に入るや目の前にはなんとジニョンが既に帰宅しており、慌てたチュニは「社長が来るから隠れて!」とジニョンに伝え理由が気になるジニョンは納得いかないまま、クローゼットの中に隠れる羽目になるのである。
グヌが「3分たったので上がりますね〜」といい家に入ってきてしまい、
チュニは急いでグヌを部屋に案内するのである。
ちゃんと隠れていないといけなジニョンですが、やっぱりチュニとグヌの様子が気になるようですね!部屋を離れた2人確認し、クローゼットの中から出てまで様子を伺う姿が、よっぽどチュニを気にしているのか、今までのジニョンの態度とは正反対で観てて面白いですよね!
グヌがようやく家から出た後、ジニョンに対し「あなたが怒っているのは私が結果を出せなかったからでしょ?」と申し訳なさそうに言うが、ジニョンは「あの結果は絶対局長やプロデューサーが裏で手を回したに違いない!」とチュニに言うのである。
だが当の本人のチュニは「テレビに出れただけで十分!」と言い、いたって冷静なチュニに驚くジニョンである。
実はチュニが出演していた『サバイバル名曲』を、食堂で観ていたミョンシク。
ちゃんとチュニの想いは、離れていてもミョンシクに伝わっているんだなと思うと、思わずホッコリするシーンですよね!
そんな中チュニが『サバイバル名曲』で歌った曲の原曲を歌う歌手のイ・ウナがネットにある記事を掲載し、話題となるのである。
その記事とは、「チュニを応援する」という記事だったのだ。
その記事に多くのファンが賛同し、優勝したはずのスインよりチュニのことが話題になってしまい、戸惑いを隠せないスインである。
ちょうどその日は、スインの優勝を祝う食事会の最中だったのだが…
母であるヤン理事の言動にスインは、「まさか母が裏で手を回したのでは?」と不安になり、「気晴らしして来る」と母にメールし食事中にも関わらずスインは姿を消してしまうのである。
スインの立場になれば、母から「ワン常務に感謝しないと…」と言われてしまったら、絶対母が何らかの形で、自分を優勝させたに違いないと思ってしまいますよね?そんな形で優勝しても、スインの為にならないのになと思いつつ、スインと母であるヤン理事との間にも何らかの壁がありそうですよね?普通の親子ではないものの、曲がった娘への愛情がスイン自体を今後より一層苦しめるのではと気になってしまいますよね〜
そんなスインが向かった先は、ずっと行きたがってた遊園地だったのである。
ただ、直ぐに一般客にバレてしまい困ったスインは、グヌに「社長助けてください!」とメールするのである。
そのメールを見たグヌは、直ぐに遊園地へ向かいスインと合流するのである。
帰ろうとしたグヌだったが、スインから「お願いがあります」と言われ、一緒に遊園地で過ごす事になる。
帰り際スインはグヌに対し、「社長も知っていたのですか?優勝が決まっていた事。」と問うのである。
だがその問いにグヌは、「初耳ですが!」と返答しさらに、「皆完璧だったと言っていました」と、スインを気遣うような言い方をするのである。
そしてスインを車に乗せ移動する中、スインはグヌに対し「女として魅力はありますか?」と勇気を振り絞って聞くとグヌは、「スインさんなら言うことない。そえぞれに 魅力がある」と言われ、スインは素直に喜べない表情を浮かべるのである。
この時点でスインは既にグヌに、想いを寄せているのでグヌの紳士的な行動に喜びを感じつつも、「それぞれに魅力がある」と言われてしまうと、グヌの心境が気になって仕方がないですよね!
普段通り練習し帰宅したジニョンとチュニがリビングで過ごしている中、
急に暴力団が訪ねてきて「チュニのファンクラブを結成する事になった」と言うのである。
そしてついにチュニのファンクラブの結成式当日となる。
結成式はチュ二のマラソン選手時代のコーチのお店で行われることとなり、
お店を手伝うジニョン。
スインからの電話の件で遅れて来たグヌに対しジニョンは文句を言うと、
グヌから思いもしない言葉を言われて戸惑うのである。
グヌから「君はチュニが好きなのか?」と言われるとジニョンにとって、図星だからこそ戸惑ってしまいますよね〜
後日グヌはヒムンから、チュニのCD制作を命じられるのである。
それを知ったジニョンとチュニは、大喜びをするのである。
ただCD制作にあたって厳しい条件があり…
第8話
CD制作の条件とは、リメークと編曲をコ先生に依頼することだったのである。
チュニはグヌの部屋に行きそこには、ジニョンが大事にしていたギターが置いてあるのである。そこでついにチュニはなぜ自分がシャインスターと契約出来たのか知ってしまったのである。
その理由とは…
ジニョンがグヌに対し、「このギターを担保にしてチュニと契約して欲しい!」と頼んだからであったのだ。
そのジニョンの真剣な想いを知ったチュニは、事の重大さを真摯に受け止めるのである。
ジニョンはグヌと違って、不器用な男性だからチュニに対し上手くアプローチが出来ずにいますが、このような件を知るとジニョンの想いに女性としては惹かれる部分がありますよね!乱暴な態度をしがちなジニョンですが、本当は誰よりもチュニの事を一途に思っていますもんね!
ついにジニョンとチュニはCD制作の条件の為に、コ先生のもとを訪れるのである。
コ先生からリメーク・編曲を受ける代わりにある条件を提示されるのである。
その条件とは…
「妻をを笑わせて欲しい!」との条件だったのである。
そこでチュニはコ先生の奥さんの為を持って、一生懸命歌うのだがコ先生の奥さんは、全く笑ってくれないのである。
このまま帰るわけにはいかないチュニは、母の事を思い浮かべ、オ・ソンジュの「唐辛子」を精一杯歌うのである。だがやはり、コ先生の奥さんはなかなか笑わないのである。
しぶしぶ帰宅するジニョンとチュニ。
だが実はジニョンとチュニが帰宅後、コ先生の奥さん笑顔を浮かべていたのである。
喜びを隠せないコ先生は、早速ヒムンにチュニのCDのリメーク・編曲を受ける事を連絡するのである。ヒムンはコ先生から連絡やくるやいなや、ホッとするのである。
そしてついにCDが完成し、ジニョンとチュニは自ら自分たちの手でPRをし、売ることになるのである。
チュニはCDリリースに伴い、生放送番組に出演が決定するのである。
だがチュニは突然のメールで生放送番組に、穴を空けてしまうのである。
CDをPRするにはもってこいの番組ではありますが、突然「今来なかったらミョンシクが…」とメールが来ると気が動転してしまいますよね?
またこのイタズラメールも、誰かのチュニに対する嫌がらせなのではないでしょうか?

イタズラメールと気づかず、ミョンシクを捜しに行くチュニなのだが、その様子にジニョンは「生放送に穴を空けるわけにはいかない」と言って必死に止めるのだが…。
その後心配するチュニに直接ミョンシクから電話が来て、無事である事が判明するのである。チュニはミョンシクの声を聞き思わず、「お父さん戻って来てよ」と泣き崩れるのである。
チュニは大事な生放送番組をすっぽかした事から、テレビ局から無期限の出演停止処分を受けることになるのである。
その事を知ったヤン理事は、ようやく邪魔者がいなくなったと喜びを隠せないでいるのである。
実はチュニが生放送番組の出演が決まったのも、急にイタズラメールがチュニに届いたのも、全てヤン理事の仕業だったのです!それを知ってるしまったスインは、複雑な心境ですよね…。自分の為に母親であるヤン理事がそのような事をするのは、実力で勝負したいスインにとっては、受け止めれないのも事実ですもんね!さらに、先にCDデビューが決まったチュニに対し、そこはやはり素直に喜べませんよね〜
そんな中、仕事を取ろうと奔走するチュニとジュニョンのもとになんと、
ケーブルテレビの仕事が舞い込んでくるのである。
早速ジニョンとチュニは仕事中に、安く泊まれる部屋はないか捜し、ようやく一軒の民宿を見つけるのである。ただジニョンとチュニは2人で1つの部屋を借りることになり、その晩、寝ぼけたチュニはジュニョンを抱きしめて、「ビョル!」と寝言を言ってしまい、熟睡するチュニを見て、なかなか眠れないジュニョンは複雑な思いになってしまうのである。
さらに、今回チュニに依頼されたケーブルテレビの仕事内容の惨めさに、怒りを抑えきれないジニョンとグヌは、チュニを思う気持ちから言い争いになってしまうのである。
言い争いになるほど、ジニョンもグヌもチュニに本気なんですね〜
ここからよりチュニを巡って、ジニョンとグヌが争うようになるなんてある意味羨ましいですよね!

その仕事内容とは一体何なんでしょうか…?
第9話
ようやく舞い込んで来たケーブルテレビの仕事は、なんと実験的にヤギの前で歌う事だったのである。
その仕事内容に呆れて怒りを抑えられないジニョンをチュニはなんとか止め、「これも仕事だから」といつも通り真面目に歌うチュニ。
チュニ自身、自分が生放送に穴を空けてしまった責任からか、仕事は選ばずに何でもやろうと決心しているんでしょうね。そのチュニの地道な努力が後に、花開く事を願わずにいられませんよね!
その様子を見に来ていたグヌも驚き、チュニを可哀想にに思うのである。
歌っている最中チュニはヤギに驚き、転倒してしまい怪我をしてしまうのである。
怪我をしてしまったチュニを病院へ連れて行く途中、大雨で車が動かず、閉じ込められてしまうチュニとグヌ。
グヌはチュニに対し「会いたかった。好きだ!」と初めて自分の気持ちを伝えるのである。
ジニョンはチュニとグヌの急接近に、苛立ちを隠せないでいるのである。
突然、居たはずのチュニが消えてしまい、必死に探すジニョンは翌朝、チュニがグヌと一緒なのを発見するのである。苛立ちを隠せないジニョンはグヌと言い争ってしまうのである。
ジニョンはグヌに対し「一晩、連絡が取れなかった。一体どこにいたんだ!」と、今でもケンカしそうな勢いで言うのだが、グヌは「僕はチュニのケガに気づかないマネージャーといる方が心配だ!」と冷静な口調で言うのである。
そこで初めてチュニが、あのケーブルテレビの仕事でケガをしたという事実を知り、
驚きとともに、直ぐに気づいてあげれなかったことに情けなさを感じるのである。
ただのかすり傷なのに、大きな事件のように発展するのが韓国ドラマらしいですよね〜
それでも、チュニが大きな怪我ではなかったので一安心ですよね!

そんなジュニョンが、グヌを責めるのが理解出来ないチュニ。
気持ちがハッキリしないまま、ジニョンは急にチュニにキスをするのである。
ジニョンとチュニは帰宅し、ジニョンはチュニに対し「さっきはごめん、忘れてくれ!」と言うのである。
チュニはグヌと一緒に食事することになり、食事中にも関わらずグヌは告白の返事を聞いてきて…。
その問いの答えに詰まってしまう、チュニなのである。
グヌはチュニに改めて「付き合おう」と言うのだが、チュニはその問いに「私はやることが多いんです。もっと、練習もしないといけないんです!」と答えるのである。
食事後チュニを家に送るグヌは偶然、ジュニョンとチュニが一緒に暮らしてる事を知ってしまうのである。
そんなグヌは普段冷静なのだが、こればかりはショックを隠しきれないのである。
益々、チュニがグヌと親しくなってしまうと、不安でいっぱいなジニョンなのだが、「チュニが笑顔でいれるなら、俺はそれでいい」と思い込むようになるのである。
今まで常に強気で、負けず嫌いなジニョンですが純粋にチュニの幸せだけを願うあまり、自分の気持ちを抑えようとしているその姿に、思わず泣けてしまいますよね…。
グヌは帰る最中に、ジニョンに対し「僕はチュニが好きだ!」と、自分の素直な気持ちを伝える中、ジニョン自身は自分の気持ちにどう整理つけるのか?
それともチュニへの気持ちを貫くのか?
第7話から第9話の感想
グヌはついにチュニに告白しましたね!
マネージャーとしてチュニと同棲しているジニョンの方がチュニに直ぐに、告白するのかな?と思いきや、未だ伝える事が出来ず、このままチュニへの気持ちを抑えようとしている姿に、何とも言えませんよね…。
ですが当の本人のチュニ自身は、借金返済とミョンシクが戻って来てビョルと3人で暮らす事が最優先なのですよね!
なので今のチュニにとって恋愛なんて眼中にないのですが、
やはりあの男らしいグヌから「付き合って欲しい!」と言われてしまうと…
気持ちが揺れてしまうのでは?
ただこのまま流れでチュニがグヌと付き合うようには思えないですが、
そんな中、ジニョンがチュニの幸せを願いこのまま身を引くのかどうか、
それとも大逆転でジニョンがチュニと付き合うのかどうかが目が離せませんね!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。