トンイ-あらすじ-4話~6話


韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-4話~6話の感想をネタバレありでお届け!
視聴率-キャスト情報-相関図-ランキングなどすべて無料!最終回まで全話配信します。

トンイ1.jpg
平均視聴率23.0%、最高視聴率33.1%と言う大ヒットを記録した韓国ドラマ-トンイ(同伊)!
貧しい身分の出身から王の生母として、側室では最高位の「淑嬪」を授けられた女性の一生を描く。
地上波でもBSでも放送された、実話ベースの超人気大作がここに!





韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-全話
ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
父と兄を殺されてしまったトンイ。
まだ、たった11歳の女の子です。
自分の娘がちょうど同じ年頃ですが、
もし、うちの娘が…と思うと涙が出ます。
トンイがこれからどうやって生きていくのか。
すごく楽しみでもあり、心配でもあります。
それでは、4話からいってみましょう!

【トンイ】(ネタバレあり)

4話

父と兄を殺されたトンイ。
しかし、夢の中で父から「生きのびろ!」と励まされたトンイは、
1人で生きていく決心をする。
一方、都では剣契の残存勢力とその家族を捕らえていた。
捕まらないよう何とか1人生き延びるトンイは、
そんな中、友人のケドゥラと偶然に再会する。
ある日、腹痛に苦しむケドォラを医員に連れていくトンイ。
とうとう正体が見つかってしまう。
逃亡するトンイを発見した従事官のソ・ヨンギ。
夢中で助けを請うトンイ。
トンイは父の無実を必死に訴えるのだった。
トンイのそんな姿に心を動かされたヨンギは、彼女を逃がす。
亡きチョンスから、トンイを託されていた官妓のソリ。
トンイとケドォラを養子縁組し、都から離すつもりでいた。
しかし、父の汚名を晴らすため、都に残りたいと言うトンイ。
ソリは、一番安全な宮廷に連れていって欲しいと頼まれ…。
5話
ソリの取り計らいにより、宮廷の掌楽院の奴婢となったトンイ。
あれから6年もの月日が経過していた。
聡明で快活なトンイは、誰からも頼りにされる存在となっていた。
そんなある日、夜中にこっそり奚琴(ヘグム)を弾くトンイ。
その音色に魅せられ、演奏主を探すよう内官に命令する粛宗王。
しかし、奴婢のトンイが弾いていたとなれば罰せられると思い、
宮廷外の鋳鐘所の手伝いに行くよう命じる主簿のジュシク。
そこで、捜している宮女の鍵飾りと同じ絵柄の型紙を見つけたトンイ。
制作した頭木匠を追いかけるため船着き場まで走るトンイだが、
すれ違いで間に合わず、持ち主を確認することは出来なかった。
そのころ、一度宮廷を追放されたオクチョンの再入宮が迫っていた。
再入宮を反対する粛宗の母・大妃は、オクチョンを陥れようと画策。
国が亡ぶ兆候と伝えられてきた音変(ウムピョン)を捏造するのだった。
一方、トンイはオクチョンこそ、捜していた宮女ではないかと思う。
7年前に会った鍵飾りの女官に似ていると感じるトンイ。
真相を確かめるため、オクチョンの宿所へ向かったトンイは、
そこで背後から何者かに殴られて気を失ってしまう。
トンイが目覚めた小屋では、編磬職人が殺されていた。

6話

小屋から脱出したトンイは、編磬職人が殺されていたと通報する。
しかし、小屋に戻ると、そこに編磬職人の遺体はなかった。
宮廷に戻ったトンイは、音変の原因が編磬ではないかと考える。
そこで、ヨンダルと共に編磬職人の家へ向かうトンイ。
編磬職人の家で、不審者が何かを持ち出しているところを目撃する。
その後、遺体があった小屋で証拠探しをしていたトンイは粛宗と出会う。
何者かに追われた2人は、トンイの誘導でなんとか逃げ出すのだった。
トンイが編磬職人の遺体の発見者だと知った粛宗。
そこで2人は、不審者が編磬職人の家から持ち出した”岩塩”を探りに行く。
トンイに王と名乗れず、漢城府の判官だと嘘を付く粛宗王。
無事、証拠品の岩塩を奪ったトンイと粛宗だが、男たちに見つかってしまう。
粛宗はトンイにこの場から逃げるよう促す。
そして、男たちに「余はこの国の王である!」と告げるのだが…。

4話~6話までの感想

粛宗王のことを判官だと思っているトンイは
最後のセリフに驚いたでしょうね!
信じていないと思いますが(笑)
男たちは当然、まったく信じていないようです。
一体、どうなってしまうんでしょうか?
トンイは明るくて頭が良くて、行動力もあって、
本当に好感が持てますね~。
ハン・ヒョジュ、可愛すぎます♪
続きがものすごく楽しみになってきました!
<<1話~3話  |  7話~9話>>
トンイ-各話あらすじ」はこちらから
韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-全話





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。