トンイ-あらすじ-7話~9話

韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-7話~9話の感想をネタバレありでお届け!
視聴率-キャスト情報-相関図-ランキングなどすべて無料!最終回まで全話配信します。

トンイ1.jpg
平均視聴率23.0%、最高視聴率33.1%と言う大ヒットを記録した韓国ドラマ-トンイ(同伊)!
貧しい身分の出身から王の生母として、側室では最高位の「淑嬪」を授けられた女性の一生を描く。
地上波でもBSでも放送された、実話ベースの超人気大作がここに!





韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-全話
ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
怪しい男たちに王だと名乗った粛宗。
正装ではないし、
まさかこんなところに王がいるとは
信じられるはずもないでしょう。
男たちがどう出てくるのか気になります!
トンイも無事逃げられるのでしょうか?
それでは、さっそくいってみましょう♪

【トンイ】(ネタバレあり)

7話

粛宗は自分が王だと名乗るが、誰も信じない。
刀を奪われ、喉元に刃を向けられる粛宗。
その時、捕盗庁の兵士が屋敷へと到着。
一命を取り留めたトンイと粛宗だった。
トンイのおかげで、音変は編磬に岩塩を使った細工であることが判明。
手柄を立てたトンイに褒美を与える粛宗。
「ゆうべの判官様が王に話して下さったのだ」と思うトンイ。
一方、掌楽院に赴任したオ・テソクの弟、オ・テプンとその息子のホヤン。
トンイに手を出そうとするホヤンを拒むトンイ。
これにより罰せられることになったトンイだったが、
オクチョンがトンイを呼び出すことで、なんとか危機を回避した。
ついにオクチョンと面会したトンイ。
捜し続けていた宮女がオクチョンであるかを確認するため、
トンイは鍵飾りを見せてほしいとお願いするのだった。

8話

不躾な申し出にも関わらず、トンイに鍵飾りを見せるオクチョン。
しかし、それは昔トンイが見たものと同じではなかった。
この一件ですっかりトンイに興味を持ったオクチョン。
翌日、トンイはオクチョンの実家からの使いでオクチョンに薬を届けることに。
憧れのオクチョンからの頼みとあって、喜ぶトンイ。
しかし、門限を過ぎ、宮廷に戻れないトンイは塀をよじ登ろうと考える。
そこへ通りかかった粛宗が門番を追いやり、トンイを宮廷に入れてやるのだった。
一方、6年前に死んだと思っていたチョンスが実は生き延びていた。
トンイの行方を捜しているチョンス。
宮廷では、編磬職人の死体の発見者がトンイという名だと知ったソ・ヨンギ。
ヨンギはトンイが殺されたヒョウォンの娘ではないかと疑っていた。
父と兄の命日に、父たちが殺害されたその場所で供養を施すトンイ。
ちょうど同じ頃、チョンスもその場所に向かおうとしていた。
途中、トンイが落としたハチマキを発見するチョンス。
そのハチマキは、昔、チョンスがトンイにあげたものだった。
チョンスはトンイが都のどこかで生きていることを確信する。

9話

ハチマキを落としたことに気が付いたトンイは、
探しに戻ろうと引き返したところを兵に捕らわれる。
昨日、薬を受け取った薬房の医員が殺害されたと言う。
そこで、薬房に出入りしていたトンイも尋問を受けることに。
オクチョンに薬を届けたことは内密にしなければならず、
トンイはとっさに楽師たちの使いで行ったとごまかす。
その時、トンイを捜していたソ・ヨンギが姿をあらわした。
ヨンギが父と自分を追っていたあの時の従事官だと気付いたトンイは、
「私はあなたが捜しているトンイではない」と話す。
一方、王妃の湯薬から見つかった毒のせいで宮廷は大騒ぎに。
オクチョンが仕組んだことにしようとする策略が企てられていた。
その毒を運んだ罪で、監察府に連行されるトンイ。
しかしオクチョンの薬のことは絶対に話さないのだった。
そんなトンイを助けるため、自ら監察府に出頭するオクチョンだが…。

7話~9話までの感想

オクチョンのために、
絶対に口を割らないトンイです。
自ら出頭するオクチョンも、
女性なのに強くて勇敢ですよね。
時代劇ものって苦手なイメージだったけど、
トンイはすごく面白くてハマってます(笑)
早く次も見たい!!
<<4話~6話  |  10話~12話>>
トンイ-各話あらすじ」はこちらから
韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-全話








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。