トンイ-あらすじ-22話-23話-24話-結末は!?ネタバレありで♪

韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-22話-23話-24話の感想をネタバレありでお届け!
視聴率-キャスト情報-相関図-ランキングなどすべて無料!最終回まで全話配信します。

トンイ1.jpg
平均視聴率23.0%、最高視聴率33.1%と言う大ヒットを記録した韓国ドラマ-トンイ(同伊)!
貧しい身分の出身から王の生母として、側室では最高位の「淑嬪」を授けられた女性の一生を描く。
地上波でもBSでも放送された、実話ベースの超人気大作がここに!





韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-全話
ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
オクチョンのずる賢さが勝り心優しい王妃が宮中を追われてしまいましたね。
トンイは王妃の潔白を証明するのだと心に誓っていますが、オクチョンのすさまじい嫉妬心に対抗することはできるのか!
この先ますます目が離せませんね!
っということで、さっそく続きを見てみましょう~!

【トンイ】(ネタバレあり)

22話

内官につめよられていたトンイの前にチョン尚宮が規則に従うべきだ!と一喝する。
トンイの熱意に心打たれたチョン尚宮は、監察宮女としての心構えを怠りまた見直すことができたと言う。
トンイとの信頼関係ですね~。チョン尚宮さまカッコいい!
今回の調査は諦めるよう伝え聞き、トンイは粛宗に裏切られたように思ってしまう。
しかしオクチョンはいつもの粛宗とは違うその判断から何やら裏があるはずだ…と考える。
粛宗は宮廷の外へトンイを呼び寄せ、子犬のように道に迷わずここまで辿り着いた…と目を細める粛宗。
トンイには誤解されたくなかったのだ…と理由を説明する。
さすがオクチョン!裏を読ませたら天下一品です!王様~トンイに嫌われたくないんですよね。
粛宗とともに行幸のとき内官の大半がお供するため宮中の警備は手薄になる。
オクチョンは監査が執行される前に証拠隠滅させるため行幸の日程を早めるよう手配する。
策士のオクチョンですね。まさか裏でこんな手はずがなされていることも知らず…って感じです。
行幸前夜、ハン内官にトンイを呼ぶよう言うと、寝所にでしょうか?と返答し、逆に粛宗が慌てている。
同じとき、オクチョンも行幸前に王子を合わせようと王宮殿へやってくるが粛宗の姿はない。
トンイと楽しそうに話す粛宗を遠目から眺めるオクチョン…胸の内で明日には姿を消してやる、今日が最後だと思っている。
や、や、やばいんじゃない?メラメラとオクチョンの嫉妬の歩脳が燃えてるわよ~。
翌日、粛宗は行幸へ出発する。夜、内需司に忍び込むトンイ。
証拠の資料を見つけるトンイだが、ヒジェの手下が内需司の倉庫に火を放たれてしまう。
宮中から必死で逃げだそうとするトンイは刺客に命を狙われる羽目に…。
ほんと悪いことするやつらです。よくもまァ火を放つなんて…!

23話

ヒジェの手下から逃れ何とか宮中から抜け出したトンイは、ソ・ヨンギの知人である司憲府の知事の屋敷へと逃げ込んだ。
トンイは知事に証拠を見せる。知事はここも危ないと言い、服を着替えさせ親戚の家に隠れさせようと準備をしているところへ刺客がやってくる。知事の家の者は皆殺しにされ知事もまた殺されてしまう。トンイもまた逃げる途中、刺客の放った手裏剣を胸に受けてしまう。
ヒジェ…極悪ですね。知事まで殺されてしまうなんて!胸に手裏剣ささっちゃってトンイ大丈夫でしょうか…。
傷を負ったはずのトンイが姿を消してしまう。ヒジェたちは必死になって探すがトンイは見つからない。
チョンスは怒りトンイをどこへやった!とヒジェに刀を突きつけ聞くが知らないというヒジェ。
そこへヨンギがあらわれ、今は冷静になれ!とチョンスを止める。
チョンス兄さん、トンイが心配でたまらないんです!
狩りを楽しむ粛宗のもとへ内需司の倉庫が火事にみまわれたとの知らせが入り、宮殿へ戻る。
その道のすぐ側で血に染まったトンイは意識を失っていたが、行列の音楽で目を覚ます。王様…王様…振り向いてと願うトンイ。誰かに呼ばれたような気がした粛宗は一度輿を止めるが、気のせいか…とまた進みだしてしまう。トンイはまた意識が薄れていく…。
思わず一緒になって王様~ってつぶやいてでしまったわ。
事の真相を確認するため粛宗はヨンギに話を聞く。トンイと共に秘密裏にオクチョンの捜査をしていたことを話すヨンギ。
何度も話そうとしたが決定づける証拠がないままトンイは王様には話せなかったと言うヨンギ。振り返るとトンイが何かを話そうとしている姿が思い出される粛宗だった。
そうそう!あの場面もこの場面も話そうとしてたのよ~って頷きながらみてたわよ。
就善堂へ行きオクチョンに尋ねる粛宗。オクチョンは目を真っ赤にし微動だにせず王様をだましたことなど一度もない!
信じられないなら王妃任命式は取りやめてくれと言い放つ。
きゃはー!ここまで白々しく嘘がつけるなんて…さすがオクチョンです!

24話

王妃となった禧嬪(オクチョン)、王妃殿を振り返り満面の笑みを浮かべている。そこへトンイがあらわれ、禧嬪の罪を暴きに来たと言う…悪夢を見ていた禧嬪はトンイの亡霊に怯えている。
そりゃァ自分のした悪事がすごすぎるってことよね~。
粛宗に命じられたヨンギとチョンスは諦めずトンイを探し続けている。そのころトンイは平安道の義州という村のピョン行首に助けられていた。この家にいたシム・ウンテクという男はトンイをただの奴婢ではないと見破る。
シム・ウンテクがキーマンになってくるのかな~。
シム・ウンテクはクルトルにトンイから預かったメッセージを残す。
ヨンギとチョンスがトンイからのメッセージを探し出し義州の商団にいることがわかり急ぎ二人は義州へと向かう。
やっぱりこの二人がトンイを助けてくれるのね!

22話~24話までの感想

王様のトンイへの気持ちを察しているハン内官、この二人のやり取りは微笑ましいです。まだ自分の気持ちに気づいていない感じの王様ですが、周りはみんな知っている~!さてどのあたりで気づくのか気になるところですね。それにしても、オクチョンの陰謀がすさまじくなってきてますね。王妃様を追い出してちゃっかり自分がその座について…。王様がトンイへ関心を持っていることも気になってますからね、兄のヒジェをうまく操って罠をしかけてすごいです。恐るべしチャン・オクチョン!トンイと義州で出会ったシム・ウンテクもこれから頻繁に出てきそうな気がします。
トンイ-各話あらすじ」はこちらから
韓国ドラマ-トンイ-あらすじ-全話








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。