ドキドキ再婚ロマンス-あらすじ-17話-18話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-ドキドキ再婚ロマンス-あらすじ-17話-18話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
家族での食事中、思わずサンテはミジョンを思って「アン代理」と口にしてしまいます!!
顔を見合わせる家族たち・・・二人の恋愛はうまく行くのでしょうか!?

【ドキドキ再婚ロマンス】ネタバレあり

第17話

家族の前で「アン代理」と口にしてしまったサンテは苦しい言い訳でその場をしのぐ。

その頃プロゴルファーのキム・サンミンはもう一度ヨンテに会おうと考えていた。
ヨンテに食事が入っていた容器を返すと言う口実で。

しかしヨンテはあっさり一言。
「容器は捨ててください」と。

ミジョンと元夫インチョルと子供たち5人で遊園地へ来ていた。
トイレでウジュが迷子になったと大騒ぎのインチョルだったが、ミジョンと子供たちは落ち着いたものだった。
迷子になった時の対処法をミジョンはしっかり教え込んでいたようだった。
インチョルは、自分抜きでママと子供たちの世界が出来ていることを痛感した様でした

どうしてもヨンテに会いたいサンミンは、「もうすぐ家に着くから出てこい」と電話する。
そして家の下に着いたヨンテ。
そこにちょうど居合わせたのはサンテと舅や姑家族達。
ジンジュをサンミンの嫁にと勝手に考えているミノですが・・・

サンミンはヨンテの両親からとても気に入られている様子。
空の容器に新たに食事を詰めて持たせるヨンテの母だった。

帰ろうとしたサンミンの車は、居住者専用駐車に止めたため、牽引されていた。
付き合って牽引所まで行くヨンテ。

ヨンテはサンミンに「二度と会いたくないから容器は捨ててください」と言う。
胸が痛いサンミンだった。

ミジョンとサンテはウキウキ恋愛真っ最中。
甘い会話を電話で交わす2人だった。

母がサンミンに持たせた後の残りをホテはスニョンの所へと運ぶのだった。
家の物があれこれなくなっているようです・・・そう、全てホテがスニョンの所へ

今日はミジョンとサンテの初デートの日。
二人は学生のように初々しいデートの真っ最中。

ミノはサンテが今日も実は仕事ではなく、ミジョンとデート中だと知ってしまうのだった。
血圧が上がってしまうミノですが・・・(≧∇≦)

オクスンはサンテとミジョンの中を微塵も疑っていなかった。
そこで「売りに出たビルを買って、サンテの名義にしよう」とミノに言うオクスン。
ミジョンと楽しそうにデート中のサンテを思うと、怒り心頭のミノは声を荒げてオクスンに怒鳴り散らすのだった。

第18話

ミジョンとサンテは一緒にパスタを食べたり、音楽を聞いたりとデートを楽しんでいた。

サンミンは、昨夜ヨンテに二度と会いたくないと言われてからずっと胸が痛くて仕方ない。
「寂しいから一緒に寝てくれ」と弟テミンに言うサンミンだった。
なんだかんだ言って、サンミンはヨンテの事が好きで気になって仕方ないようですね(^▽^)/

実は学生時代、テミンもヨンテの事が好きだった。
何度態度で示しても気づかなかったヨンテに、サンミンの相手が似ていると思うテミン。
それもそのはずです
同じ人の事なんですものね(^▽^)/

ミジョンはサンテとのデートに、やりたいことリストを33項目書いてきていた。
33番目のリストは恥ずかしいからと言ってミジョンが破り持ち帰った。

サンテは帰ってから33番目は何だったのかと気になりメールするが教えないミジョン。
そこには「結ばれて幸せに暮らす」と書かれていました(^▽^)/

朝早く、ミジョンの携帯が鳴る。
サンテからのモーニングコールだった。
朝からとってもラブラブの二人です(*´∀`*)

早く起きたミジョンが部屋を出るとウヨンが洗濯機へと向かっていた。
ウヨンはストレスでお漏らしをしてしまったようだった。

ミジョンは「辛かったら泣いていいのよ」とウヨンに優しく語りかける。
「我慢してばかりいると病気になる」とサンテに言われた言葉をウヨンにも話すのだった。

インチョルは子供たちと会ってから落ち込んでいた。
自分の知らない3年間に、子供たちが一気に成長していた事、3年と言う月日はそう簡単に埋まらないことを感じていたのだ。

ホテは倉庫で仕事中、隣の家が改装中とやらで工事の音がうるさくて仕事がはかどらない。
そこでスニョンからもらった合鍵を思い出す。
スニョンの家で仕事をするというホテに大喜びのスニョンだった。

ランチの約束をしたサンテとミジョン。
いい感じの二人の元にやって来た同僚たち。
サンテは気まずくて顔を伏せるが・・・結局皆で一緒に食べる事となる。
なかなか二人きりにはなれませんね~

スニョンはホテが待つ自分の家に走って帰る。
そしてホテに「明日の朝帰れば?」と泊まることを勧めるのだった。
もちろんホテも大喜びでスニョンの家に泊まることにする。

ヨンテは図書館で本を見ていた。
そこにやって来たテミン。

ヨンテの携帯にはテミンの兄サンミンから電話が。
しかしヨンテは煩わしいと着信拒否をする。

着信拒否されたテミンの兄サンミンは、テミンに電話。
そして「ヨンテに告白する」と打ち明ける。
自分の隣で兄とテミンが、自分の事を話しているとは思いも寄らないヨンテです
もちろん、テミンもサンミンもお互いヨンテを思って話していることは知る由もありません

ヨンテが暗くなって帰宅すると、サンミンは待ちくたびれてヨンテの元に飛んでくる。
そして一方的に話し始め、好きだと言うことをアピールするも、なんせ鈍感なヨンテには、尋常じゃない嫌がらせにしか思えないようだった。

サンテとミジョンはこの前のランチの埋め合わせに映画館へ。
そこに偶然やって来たジンジュとテミン。

ジンジュはサンテが女性といることに気付き、ミジョンがトイレに行った後を追いかけトイレに駆け込む。

ミジョンがルージュを使っていると横から「貸してください」と言うジンジュ。
ミジョンがルージュを手渡すとジンジュは独り言だと言って一言。
「色がいまいち、ダサい」と。

もちろん、気の強いミジョンだって黙っていません。
「非常識な女!」と口にするが・・・。

第17話から第18話の感想

ミジョンにとってもサンテにとっても、恋愛気分はとっても久しぶりです。
お互い子供がいて家庭があって・・・自分が男と女だと言うことよりも父であり母であることが優先して来た生活を送ってきました。
そこにいきなり彼氏彼女が出来た2人です。
見ている方が恥ずかしくなるような初々しさがたまりませんね~(^▽^)/
サンテの優しい包みこむような笑顔、ミジョンの素直な表情にとても二人の幸せ感があふれています。
そしてなんといっても鈍感なヨンテ。
彼女の魅力の一つでもありますが、とってもイケメンでちょっとナルシストなサンミンから熱烈なアピールを受けるも全く気付かないヨンテ。
彼女の鈍感さにほっこりします(^▽^)/
ホテもスニョンもいい関係で・・・それぞれの幸せの行方が気になりますね(^▽^)/
ただ・・・サンテとミジョンには、とても難題が待ち受けてそうですが(≧∇≦)








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。