ナインルーム-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ナインルーム-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ナインルーム

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
それぞれ元の体に戻ったヘイとファサ。
ヘイは相変わらず強気で嫌な性格で、ファサは元の姿に戻っても死ぬまでに復讐をしなければと動き出します。

ユジンの出生の秘密も、まだ謎が残されたまま。
チャンソンの交通事故は、話にはそんなに関係ないのかと思っていましたが、実は全部つながっているようですね。

それでは10話のあらすじから見てみましょう。

【ナインルーム】(ネタバレあり)

10話

ファサは催眠療法を受けて、過去の事件を思い出していた。
事件現場の車の中で、運転席を見るとユジンの姿が?

催眠から覚めると、目の前にユジンが。
ファサは、事件で死んだのは、チュ・ヨンベじゃなくてあなただったと詰め寄る。

前回の続きの裁判シーンへ。
裁判中に入ってくるファサ。
その後に証拠を持って入ってくる、ボンサム。

ヘイたちは、証拠の採用に反対するが裁判官は認める。

実はこの動画は、裁判の前にボンサムが食堂でご飯を食べていると、テレビ画面にモーガン・キムとチャンソンが映っている証拠の動画が流れる。
ハンビョルたちが細工して流したもので、食卓にはUSBが残されていた。

証拠は認められ、チャンソンは拘束される。

チャンソンの取り調べ中、ヘイが入ってくる。
モーガン・キムと会っていたことは認めたけれど、事故は偶然だったと主張する。

ヘイは、チャンソンにモーガン・キムと何を話したのか聞くけれど、チャンソンは答えない。
ユジンもチャンソンにモーガン・キムとの関係を聞くと、暴れだすチャンソン。

キ・サンに呼ばれてヘイが部屋に行くと、キ・サンは激怒。
動画はファサの仕業だというと、ヘイ自体はその動画をどこで手に入れたのか聞かれ、ハンビョルの存在を明かす。
ミランのことも聞かれる。
そうだ。ミランは今ヘイの秘書として働いてることになるんだった。ファサを探るためだと言って逃れるけど。

ミランにヘイは元に戻ったことを告げ、家から追い出す。
追い出されたミランは、モーテルで隠れているファサのもとへ行く。
ファサの病状が悪化してる・・・。復讐間に合うのかな。

ミランはヘイの事務所に行ってお金を盗む。それをヘイの助手のサンスに目撃されモーテルまで尾行されてしまう。
サンスはそれをキム・ジョンス代表に伝える。
そこにファサがいると気づき、キ・サンに報告。
キ・サンというか、チュ・ヨンべは若いころファサのことは愛してなかったのかなぁ。最初から存在してはならない女だったって・・・

ミランが部屋を出たすきに、男がファサの部屋に侵入して点滴に何か薬を混ぜる。
発作を起こすファサ。
夢で車の助手席に乗るユジンの姿を見て、ファサはユジン・・とつぶやく。
戻ってぐったりしているファサを発見したミランはユジンに電話をして来てもらう。

処置をしてもらっていたところに、モーテルの主人が来て追い出されてしまったので、ユジンの車でモーテルから移動する。
後ろから薬を注入した男がバイクで追ってくるけど、運よく?事故にあって追ってこなかった。

ユジンは、ヘイの家にファサとミランを連れてくる。
理由を聞くヘイに、ファサたちは自分の母親の情報を持っているという。
ミランが持っていた、母親の写真偶然見たんだよね。

夜中に焼酎が飲みたいというファサに、ヘイは焼酎を買ってきて一緒に飲む。
キ・サンとの関係は何か、チュ・ヨンベを殺したという理由以外に何かあるのかと聞くけれど、答えたくないというファサ。
ユジンに言われたから仕方なく・・で、3日以内に出ていけだって。病気なのに。

ボンサムは、動画のUSBの指紋からハンビョルを特定し探し出す。
ミラーリングを指示したのは誰かと聞くと、ヘイだと答える。
中身はファサだったんだけどね~!写真まで撮ってたからみんなヘイだと思うよね。

ユジンは、ファサに母親のことを聞く。
モーガン・キムが会いに来た女性だと答えるファサ。
そして、ユジンを見ていると何か思い出しそうだけれど、それが何かわからないという。
そこで、ユジンは医師を呼んで催眠療法を試みる。

催眠から覚めたファサは、ユジンに詰め寄り、死んだのはチュ・ヨンべではなくユジンだったと言う。
ここが最初の場面ね。ファサはキ・サンの顔を知らないからユジンだと思ったのかな。知らなかったっけ?汗

ファサがヘイの家に戻ると、キ・サンが家にいた。
なぜ殺そうとしたのかと聞くファサに、愛に縛られる人間ではないと分かったからと冷たく答えるキ・サン。
簡単に人の家に入れるんだなぁ。セキュリティ甘々なの?財閥はそこまでできるの?

自分を恨んで生きるのはやめろ、無理なら息子ではなく、自分を狙えというキ・サン。
ファサが恐れていることは、死ではなくあなたがキ・サンとしてこのまま生きていくことだという。
まったく都合のいいやつだ~。人の人生狂わせておいて。

ユジンは、送られてきた箱の底に、写真があるのを発見する。
そこには父と自分にそっくりの男性が写っていた。
裏を見ると、「愛する息子キ・サンと」と書かれていた。

ここで、ファサの言葉を思い出す。
「死んだのはチュ・ヨンべではなく、あなただった」

ボンサムは、ヘイを殺人容疑で逮捕する。

11話

ヘイがコシウォンにいたころの話。
就職に失敗し続けるヘイと一緒にいたのはパク・サンスだった。
ヘイは、落とされたマ代表とキ・サンたちが会合しているところに行き、自分を売り込む。
勝率100パーセントを目指すと。
父親のウル・チソンを捨てると。
そうやってマ代表の事務所に入ったのね~。

現在。
ヘイはマ代表殺害の罪で警察に逮捕されている。
中身はファサだったけれど、体はヘイが殺害した。
どっちが罪を償うべきか・・・
入れ替わったなんて言えないから、ヘイだろうな~。刑務所に行くのは。そして、これを仕組んだのはキ・サンだった!!

連行される車の中で、キ・サンに会いたいというヘイを、運転していたボンサムが連れていく。
キム・ジョンスとキ・サンの話では、ユジンとファサもどうにかするらしい・・

ユジンは院長のポン・サダルに会いに行き、父の写真を送ったでしょうと尋ねる。
サダルは、ファサの事件の時に死んだ本物のキ・サンを検死していた。
その事件写真を保険として持っていた。
どうしてチュ・ヨンべがキ・サンになれたのか。
キ・サンはもともとチュ・ヨンべとして死んで、検死されていた。

キ・サンにヘイが会い、なぜ自分を潰そうとしたのかと尋ねる。
チャンソンを拘置所にいれたからで、証拠映像を流出させたファサがヘイの家にいるためだと説明する。
マ代表を殺したのもファサだと言う。
そうは思ったりしたけど、やっぱり信じきれないよね。もうヘイとは手を組まないと言われてしまう。

ボンサムが取り調べをする。
キ・サンの秘書の証言、状況証拠でヘイを追い詰めるけど、ヘイを助けたいから真実を知りたいと言う。
真実は、体が入れ替わったことなんだけどそれを言っても信じてもらえないよね、普通。どうすればいいんだろう~。

ユジンはファサに会いに行く。
ファサとキ・サンの事件写真を見せて、催眠療法で見たのはこの人かと聞く。
チュ・ヨンべがどうやってキ・サンになったかと聞くと、おそらくチュ・ヨンべがキ・サンを殺したのではないかという。
キ・サンは子供のころすぐに留学したので成人した姿を知る人は韓国にはいなかった。
殺されたモーガン・キムとユジンの母親のエスターは知っていただろう。

キ・サンが死んだとき。
キ・サンの父親、キ・セウンは当然激怒したけれど、チュ・ヨンべが逆ギレ。
キ・セウンの婚外子がサンへ商事の跡取りを殺したと世間に暴露してやると脅す。
それで隠ぺいすることにしたんだけどぉ。自分の子供殺されてもスキャンダルの方が嫌なの?本当に財閥ってやつは・・・。

ユジンに父親の恨みを晴らすべきではないかという、ファサ。
ちょっと待って。キ・サンとは腹違いの兄弟じゃなかったかと思ったら、キ・セウンの孫だけど、戸籍上子供になってるのか。

キ・サンはユジンをアフリカの病院に送り込もうとする。
ヘイも逮捕されたし、スキャンダルはごめんだから一年は帰るなって。ユジン、怒れ!!

ヘイが会いたいというので、ボンサムはファサを連れてくる。
ここまで積んできたキャリアをつぶされるくらいなら、ファサを殺してやる!と怒るヘイ。
マ会長が死んだときのことを全部話せという。
少しの酒と、フグで気絶するはずがないという。
マ代表は胃炎と胃潰瘍だったから、少しのフグの毒でも毒が回り倒れた拍子にテーブルに頭をぶつけたのかも・・とボンサムに話す。
助けてほしいと。
あ~。ボンサムはヘイが好きだからなぁ。手を握られて張り切っちゃってるよ。
調べた結果、マ代表の酒の瓶から致死量に近いテトロドトキシンが発見された。
入手ルートを探るために、取引をして捕まえ、今までの薬の取引相手を聞き出した。
その中に、パク・ウンソンの名前を見つける。
ウンソンは、キ・サンの秘書の息子で、チャンソンの友達でもある。
事故を起こした時もチャンソンと一緒にいた。

キ・サンの家を飛び出した時に、連れ戻そうとした男たちと争い頭を打ったユジン。
病院で寝ていて目を覚ますと目の前にチャンソンがいた。
その後、キム・ジョンスが人員を総動員して釈放されたらしい。まったく。

父親と争わないでというチャンソンに、ユジンははっきりとは答えない。

薬物の取引した犯人は、高額で取引した相手の写真を撮っていた。
写真はチャンソンだった。

チャンソンはキ・サンに呼び出され、動画を見せられる。
マ代表が死んだ日、マ代表はチャンソンの部屋に行っていた動画。
部屋を出てくるマ代表の手には、テトロドトキシンが検出された酒瓶を持っていた。
マ代表を呼び出して毒を入れた酒を飲ませようとしたけれど失敗し、酒瓶ごと持たせていた。
この子は・・人を殺すことを何とも思ってないし、邪魔な人は全部殺しちゃうんだな。怖い~。父親に似たのね。
なぜ殺したのかというキ・サンに、父さんがチュ・ヨンべなら、自分は誰だというチャンソン。

ヘイに会いに来るユジンに、マ代表を殺したのはチャンソンだと言う。

エピローグ。
キ・サンの墓の前で、赤ちゃんのユジンを抱いて立っているキ・セウン。
いつまでもお前をチュ・ヨンべのままではいさせない。
ユジンが大きく育ったら、会社を継がせて必ずキ・サンの名前を取り返す・・と。
ユジンが成長するまで生きてなきゃダメだったんだよぉ。セウンもキ・サンに殺されたんだろうけど・・

12話

マ代表を殺害したチャンソン。

ヘイは拘留を解かれる。
釈放されるときヘイはユジンと一緒に出て行ってボンサムを振り向きもしない。ボンサムはヘイが幸せならいいんだって。片思いはそんなもの・・って。

キ・サンにいつ、自分がチュ・ヨンべと気づいたかと聞かれ、父親の留学時代が気になってモーガン・キムに会いに行って知ったらしい。

ヘイは、ユジンにチャンソンの秘密を聞く。
チャンソンは、タイミングを計ってわざとモーガン・キムをひき殺していた。
全然迷いもなく、笑いながら・・

ヘイが法律事務所に出社すると、部屋の荷物がまとめられていた。
キム・ジョンス代表に呼ばれると、契約解除を言い渡されるヘイ。
車も家も会社のものなので取り上げられてしまう。

家に帰ると、ファサたちがいて当たり散らすヘイに、ファサは申し訳ないと謝り、慰める。

ユジンが本物のキ・サンの息子で、それを弟として連れてきたキ・セウンの写真をけ飛ばすキ・サン。
そこにユジンが現れるが、キ・サンは一瞬本物のキ・サンと錯覚してしまう。
偽キ・サンはここで知るんだね。ユジンがキ・サンの子供だってこと。

ユジンはファサに会い、ポン・サダル院長の力を借りてキ・サンを倒そうと言う。
一度は断るファサは、裁判をヘイに任せることを条件に了承する。
ポン院長はうその検死をして、自分を陥れたやつだからね。手を組むのは嫌だけど仕方ない・・

ポン院長に会うファサとユジン。
そこにヘイも来る。
みんなが集まる部屋に監視カメラがあって、この様子がキ・サンに見られている!!

ヘイに、ファサの再審と、死んだのがチュ・ヨンべではなくキ・サンだという身元確認訴訟を任せたいというユジン。
何の話か分からないと、呆れて出ていくヘイをファサが追いかけて説得する。
ユジンも自分の父親だと言ってキ・サンの写真を見せる。
ヘイは部屋に戻って協力する。

外に出ようとするとき、キ・サン(チュ・ヨンべ)が現れる。

ポン院長は、ファサの母親と救急隊がキ・サンの死因が首の骨を折ったことだと話しているテープを持っていて、ヘイに渡す。

ファサは具合の悪い中、ヘイのために夜食を作る。
炭水化物は食べないと言ったけど、食べるヘイ。
眠くなるからなんだって。言い方は生意気だけどね。おいしそうに食べて、少し打ち解けた感じ。やっとファサの気持ちとか立場が分かったのかも

ヘイはボンサムにファサの母親と話した救急隊を探してほしいと依頼する。
ファサはボンサムにってお弁当を作るけど、自分からって言わないでって。恋?本人は世話になったからだと否定してるけど~。

マ代表の事件でチャンソンに逮捕状が出る。
家に警察が来て、チャンソンはバイクで逃亡するが、警察車両に挟まれる。
チャンソンは警察車両に自ら突っ込んで、大けがをする。
手術はポン院長とユジンが。
逃げようとしたのか?それとも・・・?突っ込む前に笑ったのが気になる・・

結局チャンソンは、全身まひで回復はしないと診断され、目覚めない。

ヘイと一緒に家に荷物を取りに行ったユジンに、チュ・ヨンべは銃を向ける。
興奮したヨンベは倒れてしまう。
まったく、逆恨みもいいとこ。

キム・ジョンスがヘイを呼び出すと、そこにヨンベもいる。
ヘイが今までしてきた不正の証拠を出してきて、ファサとユジンにヘイの力を見せてやれと言われ、ヘイは断る。
ヨンベに父親よりもひどい目に合わせると言われ、ヘイは父親のところに行くと、そこにはファサたちもいた。
ファサがヘイを待ってからご飯にしようと待っていたということなので、約束してたみたい。

ファサの再審について話す。
相手が国家権力を持つものや、力のある場合難しいという。

ヘイは父親に、検事総長になれるような検事だったのに、今の暮らしをしていて後悔していないかと聞く。
父親は、平気ではなく後悔もしたし、辛かったと。なぜファサに関わってしまったのか。
もし過去に戻っても、同じことをするかはわからないけれど、ファサを助けるという選択は人として法曹人として正しかったんだと考えて耐えてきたと言う。
その会話を陰で聞いていたファサ。どっちも辛い。辛すぎる。

ボンサムがヘイの家に来る。
探してほしいと言っていた、救急隊が自殺したことを告げる。
ショックを受けるファサ。
チュ・ヨンべの仕業だと言う。

ヘイは証拠の書類を持って、再審の申請に行く。
わぁ。どっちだろ。ちゃんと申請するのか、それとも裏切るのか。父親のようになりたくはないけれど、事件の真相を知るにつれファサに同情するようになった・・ような気がするし。

ヘイは・・ヨンベの部屋にいた。
再審資料と、証拠を渡してしまう。
あぁ・・・。そうなの?はぁ。

10話~12話感想

今回はすべての真相が明らかになった回たちでしたね。
キ・サンはチュ・ヨンべだったし。
モーガン・キムやマ代表を殺害したのは、キ・チャンソンでした。
チャンソンも父親が、別人になって過ごしてることを知ってしまって悩んだだろうけど・・
人を殺すまでいくのは、ちょっと怖すぎます。
全然反省した様子もなかったし。けれど事故で全身まひになってしまいましたね。

ヘイは、少し良心が出てきたかな・・?と思ったら12話の最後に裏切ったのでしょうか。
まだ少し、裏切ってないのでは?と思う気持ちがあるんだけど、どうでしょうね。

力のある人を相手にするのは難しい。
それは今まで見た韓国ドラマでもそうでした。
でも最後には正義は勝つ!と信じてます。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください