ナインルーム-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ナインルーム-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ナインルーム

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
すべてはチャンソンの犯行でした。
でも、もとはと言えばチュ・ヨンべがキ・サンになりすまして生きていたことがはじまりですよね。それを知ってショックを受けたけれど、父親を守りたい気持ちもあったのかもしれません。
ユジンも真実を知り、自分の父親の名前を取り戻そうとチュ・ヨンべに罪を認めさせようと動きだします。
そこで、ヘイが必要になるんだけど、ヘイはどうするのか。
まだ地位や名誉のために動くのか。それとも・・・
少しずつヘイも変わってきているように感じます。
ファサの再審にも協力し始めました。

最終回に向かって、どのように解決していくのか。
さっそく13話のあらすじから見てみましょう。

【ナインルーム】(ネタバレあり)

13話

ファサの再審のお祝い。
ヘイは一人で飲んでいるところに、ユジンが来る。
証拠を持っている人が死んでいるのは、チュ・ヨンべのせい。
ユジンにヨンベと争うのは危険だし勝ち目がないから、止めて欲しいと言うけれど、ユジンはやめない。

ボンサムはチャンソンのところに行って、「なぜマ代表を殺したのか」と聞きに行ったが、摘まみだされる。
正面突破すぎる(笑)けど、何かあると確信したようね。

ミランは、外でヘイを見かけるが、キム・ジョンスと一緒にいるところを目撃して後をつける。
ヘイが復帰したことを知り、腹が立つミラン。
ヘイはヘイで、ユジンに関する書類を渡すように脅されてる・・

ヘイはユジンが食事に来た時、ユジンの財布からキ・サンの写真を見つける。
その時、ヘイの父親からファサの再審の書類が提出されていないと電話が来る。
みんなから書類と証拠をどうしたのかと問い詰められる。
ヘイも脅されてるんだけど、それは今まで自分が悪いことしてたからじゃんね。父親のように正しく生きようかどうしようか・・葛藤してる見たいだけど。

ユジンには、ユジンのためにそうしたのかと聞かれ自分のためだったと言って、ユジンは去っていく。
もう、ユジンのためって言えばいいのに。正直なんだか何なんだか。

ミランはヘイが許せなくて、桃アレルギーのヘイに桃のジュースを飲ませようとするけど、ファサが止める。
証拠のテープは、ファサの母親が命を懸けて守ったものだから、取り返してほしいと頼むファサ。
ヘイはもう遅いと答える・・・。
お父さんのように生きたくないからって・・お父さんの方がどれだけ勇気がある人か・・

ボンサムに会いに行くファサ。
ボンサムはファサに、チャンソンがなぜ、モーガン・キムとマ代表を殺したのかと聞くと、その前に今まで自殺に見せかけられていた人、そしてファサも殺されかけた事があり、その黒幕は誰かを暴く必要があるという。
一緒にお酒を飲んで酔いつぶれたファサを、家に連れていくボンサム。人生初めて家に連れてきた女性が、ファサだって(笑)そして、ファサの中にヘイを感じると・・。

チュ・ヨンべがヘイを呼び出して、本当にファサと体が入れ替わったのかと聞いて、ユジンの部屋から除細動器を手に入れる。
な、何を考えてるの・・?まさかチャンソンの体と誰かを入れ替えるの?周りはおじさんばっかりだから、まさか・・?

チュ・ヨンべは、除細動器を持ってチャンソンの病室に行く。
そこには様子を見に来ていたユジンもいた。
ユジンは、この姿は罪滅ぼしと考えられないかと言うと、できないいうチャンソン。
ユジンの健康な体にずっとあこがれていたと。
だからなにっ。勝手だな。

チュ・ヨンべは、ボン・サダルに裏切ろうとしたことを許して、病院も上げるから息子を助けろと言う。
ユジンとチャンソンを入れ替えようとしていることに気づいたヘイは、ファサとミランと一緒に病室に向かう。
逆に向かっちゃダメなんじゃない?条件が揃っちゃうのでは・・?それともそもそも入れ替われない?

14話

病室では、パク室長がユジンとチャンソンを隣に寝かせ入れ替える準備をし、ボン院長に除細動器を当てるように指示をして出ていく。

ミランが病室の外で騒ぎを起こして警備員をおびき寄せ、ヘイとファサは火災警報器を鳴らし、みんなが避難しているどさくさに紛れて、病室に入り危機一髪で防ぐ。
ボン院長が代わりに感電しちゃった!

チュ・ヨンベは病室に戻り、もう入れ替わりが行われたと思ってユジンとチャンソンを離す。
目を覚ましたユジン。

ユジンを救って病院を出たヘイは、ファサに再審の書類を取り戻すから一緒に家に戻ろうという。
やっと・・やっと改心したか~。

ユジンは、なぜ自分がボン院長に眠らされたのか、思い当ってチャンソンの病室に行くと、チュ・ヨンベがいた。
二人が入れ替わっていないことを知り、ヨンベは絶望する。

ヘイの部屋で、再審の書類をどうやって取り返すか相談していると、ファサが苦しみだしたので、ユジンを呼ぶ。
ユジンとヘイはギクシャクしたまま。ユジンはヘイを憎んでるんじゃなくて、会うのがつらい・・。運転しながら泣いちゃうユジン。泣かないでぇ。

ヘイはキム・ジョンスに会いに行き、再審の資料を取り返しに行こうとするが、失敗。
金庫にしまわれたのを見て、奪いに行く計画を立てる。
ファサが清掃員になりすまして侵入するんだけど、できるのか?ドキドキ。しかも暗証番号は、キム・ジョンスの関係者に関する数字を用意していったけど・・そんなに簡単に開くかな。

結局ラスト1度のチャンスで、妹の番号を入れて金庫が開けることに成功するが、中に書類はなかった。
書類はキム・ジョンスが持ち出し、チュ・ヨンべのところに持っていき、その場で燃やしてしまった。
ファサのお母さんと消防隊員の会話のテープまで燃やしてしまった!

ファサは、ヘイがキ・サンやキム・ジョンスに握られていた不正の証拠を持ち出してくれていた。
ファサに謝るヘイ。
状況が状況で、いいことなんだけれども急にキャラが変わったな、ヘイ。これからはファサを助けてあげてね。

感電していたボン院長が目を覚ました。
ユジンやチュ・ヨンベたちが駆け付けて、事の真相を聞き出そうとするけれど・・
ヨンベのことを「父さん」と呼び、興奮状態に。
記憶?が子どもまで後退したみたい。これはこれで、ボン院長がファサにしてきたことへの罰なのかも。

ユジンは、院長からその日に何があったのか聞くことができなくなったと、ファサに電話をかける。
ヘイがユジンを救った・・という話は、ヘイの意向で言わないことに。言えばいいのにって見てる方はもどかしいっ

ユジンは病院の監視カメラを入手し、ヘイたちが自分を助けたことを知る。
同時にキ・サンも同じ動画を入手し、ヘイたちが邪魔をしたことを知る。

ファサは、ボンサムに会い、キ・サンを名乗っている男が本当のキ・サンではなく、チュ・ヨンべだと教えてチュ・ヨンべの罪を暴くようにお願いする。

ユジンはヘイに会いに行き、もう一度「妥協しろと言ったのは自分のためか」と聞くが、相変わらずヘイ自身のためだと答える。
今度は本心もわかってユジンはヘイを抱き締める。
今の状況になったのは、周りのせいではなく、自分が罪を犯してきたことが自分に戻ってきたんだと気づいたヘイ。そうそう、やましいことがなければ脅されることもないんだし。

15話

ヘイは、自分がしてきたことをユジンに告白する。
誰に頼まれたのでもなく、勝率100%を守るために自分でしたことだと。
愛は判断することじゃない・・一緒に傷つけてきた人に償おうというユジン。なんて心の広い男なんだっ。

ヘイたちはボンサムと一緒にこれからのことを話し合う。
ヘイはファサの母親と消防隊員の証拠の会話のデータを携帯に持っていたけれど、原本じゃないと証拠にならない。
ボンサムは、音声を分析すれば原本じゃなくても証拠になるという。
死んだ消防隊員の家を訪ねることにするヘイとファサ。
行く途中、ファサのコートを買ってあげるエピソードが泣ける~

消防員の妻はカラオケ店を経営していた。
歌が好きだったという消防隊員の歌が入っているテープを預かる。
すごいラッキーな展開で、早く手に入りそうだね笑

歌う時の声は話し声と違うから証拠にならないと、すべてのテープの中身を聞いていると、ついに話し声が入ったテープを見つける。

ユジンはボン院長の本棚から、院長が隠していた書類を見つける。
本当の死亡診断書かな?証拠が着実に集まってきたね。

ヘイの部屋に男が侵入する。
キム・ジョンスがパク室長に指示した事だった。
ヘイとファサが拘束される中、ユジンから電話が入る。
ユジンの父親、本当のキ・サンをボン院長が解剖した時の診断書を見つけたことを留守電に入れ、侵入してきた男にも聞かれてしまう。

電話に出ないヘイを心配して、ユジンはヘイの家に向かう。
前にファサを殺そうとした男の情報をつかみ、不安に思ってボンサムもヘイの家に向かう。

ミランも気配に気づき、助けに向かうがやられてしまい、そこへユジンとボンサムが来る。
二人は逃げた男を追いかけ捕まえる。
危機一髪、みんな無事でよかった~。ボンサム、男前♪

ファサの母親の声も必要で、ヘイの部屋に連れてくることに。
ファサは母親の前で病気の姿を見せられないと、鎮痛剤を多めに飲んで迎える準備をする。
ヘイは死ぬまで刑務所にいればいいと言った、自分が何をしたか、どんなにひどいことを言ったか、こうならないと気づかないなんて。

ファサのお母さんが、ヘイのことをファサと呼んだ。
しかも、会社勤めをしているときの若いファサと勘違いする。
そこへユジンが来ると、ヘイの婚約者だと思い込む。
ファサが捕まる前、母親に結婚する人を紹介すると言っていたみたい。チュ・ヨンべの事だよね。そのままみんなでお母さんに話を合わせるのが辛い。

ボンサムが消防隊員とファサの母親の音声鑑定結果を持ってくる。
両方とも100%一致したため、ヘイの持っている録音ファイルが証拠として認められることになった。

ユジンとチャンソンを入れ替えることをあきらめてないヨンベは、ユジンを拉致しようとするが、チャンソンが危篤状態になり、撤退する。
なのに結局ユジンにも連絡が入り、チャンソンのところに行っちゃうんだよね~。危なくないのかね。

再審の手続きをしてきた帰り、ファサが倒れてしまい病院に運ばれる。
そこへ、チャンソンに会いに来たチュ・ヨンべもやってくる。

チャンソンは、レモンケーキが食べたいと警備の人に頼んで食べさせてもらって危篤状態に。自殺したと思われる。
ヨンベはファサの病室に向かう。
なにするの~!!

チャンソンに手を出すなと、全部ファサのせいだと言ってファサの首を絞めるチュ・ヨンべ。
その時、ファサが若いころの姿に見えてファサと楽しかった頃を思い出す。
そのまま呆然として病室を出るヨンベ。
ファサ、動かないよ?どうなったの?

ファサは無事だった。
キ・サンの身元確認訴訟が認められた。

裁判所に向かう、ファサとユジン。
集めた証拠を提出し、認められたため再審が認められた。

13話~15話の感想

ヘイがやっと、今まで自分の100%の勝率を守るために、罪を犯し周りの人を気づつけてきたのかを自覚しましたね。
前にファサに刑務所で一生を終えた方がいい、母親にはあってもどうせ痴ほう症で分からないと冷たく言っていたこと・・・
今、ファサと母親が再会できたけれど、残された時間はあまりにも短い・・・。
それでも、遅かったとしても自分の過ちに気づいてよかった。
心の温かいファサとの心も通ってきたように思います。

ユジンもヘイを許すんだけど、若いのにできた男だよね。
ヘイは美人だけど、ヘイにはもったいない男だと思う~。

チュ・ヨンべは、人は平気で殺すのに自分の子に手を出す奴は許せないなんて、本当に勝手な奴だ。
しかもユジンの体と交換しようとするなんて!
一度失敗してもまだあきらめてないみたい。ユジン、気を付けて!

ラスト一話を残して、ファサの再審、キ・サンの身元確認訴訟が認められました。
証拠も集まって、後はチュ・ヨンべがつかまり、ファサの復讐を果たすのみ。
けれど、そう簡単にはいかない予感も。
最終回も楽しみですね!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください