ハッピーシスターズ-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ハッピーシスターズ-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ハッピーシスターズ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ファヨンはジョンドの元に戻りましたが、ジョンドがケビンを殺そうとしたと知りショックを受けました。
ルリはエリの言葉を録音し、それを聞いたケビンは今までの悪事がエリの仕業だったと知りました。しかし、自分は悪くない、テヤンが現れたことで自分を見てくれなくなったパパが悪いと泣き叫ぶエリ。

【ハッピーシスターズ】(ネタバレあり)

52話

ソウォンとハンギョルはチュノクの家に引っ越すことになった。
ソウォンはシンモたちに挨拶をして家を出て行く。

身内だけでソウォンとヨンジュの結婚式を行なった。
家族のみんなは2人の幸せを願って挨拶の言葉を述べる。

スミは仮釈放の申請をした。
面会に来た妹スジにパク本部長から振り込まれたお金は保管しておけと言う。
1ヶ月で出られるはずだからそのお金が必要になると言う。

スミはハンギョルの様子を聞く。
スジは捨てたくせに気になるのかと言う。
今頃優雅な生活を送っているはずだと言うスジ。
幸せになっていますよ

ケビンは電話に出ないテヤンに会うためにルリに頼んだ。
ルリはテヤンをレストランに誘った。
テヤンは結婚式はどうだったかと聞く。
ルリは家族の大切さを改めて気づかされたと言う。

テヤンはだからみんな結婚して子供を作るのだろうと言う。
ルリはそんな大切な家族を捨ててはダメだと言う。
私の願いなら会長と仲直りをしてくれるかと聞くルリ。

ケビンはエリに会いに行った。
エリは邪魔者はいなくなったからテヤンとルリは結婚できるだろうと言う。

ケビンは寂しい思いをさせたのなら謝るが、お前のしたことは許されないと言う。
エリはアメリカに帰って欲しいのかと聞く。
ケビンはお前には正しい生き方をして欲しいからそれができるならどこにいても協力すると言う。

エリは最後まで私が悪いのかと聞く。
エリは私の望みはパパの役に立つことだと言う。
だからそばにいさせて欲しいと言うエリ。
望みは後継者のテヤンと結婚することだったはずですが

ケビンはそれはできないと言う。
そばにいると大切な2人を失うことになると言う。
これからどうするか考えてみろと言う。

エリはパク本部長にパパは私に消えて欲しいようだと言う。
こうなったらアメリカに帰って贅沢三昧で暮らすと言う。
パク本部長はそうはさせないと言う。

母親のことを忘れたのかと言うパク本部長。
なぜテヤンが会社を継ぐのかと言う。
私たちは正当な分け前を要求しているだけだと言う。
エリはそばにいられなければ何もできないだろうと言う。
エリよりこの男の方が悪党かもしれません

チュノクはソウォンを迎えるために自ら料理を作った。
ソウォンに1ドル札で作ったレイを首にかけるチュノク。
スケールが違います

ヨンヘはシンモのために料理を作った。
シンモは夫婦は一緒に暮らすべきだと言う。
シンモはたまには一緒に飲もうと言う。
ヨンヘは最近丸くなったあなたと一緒に乾杯しようと言う。

乾杯しても酒を飲まないヨンヘに酔ったら泊まっていけばいいと言うシンモ。
ヨンヘは車を運転するからだと言う。
シンモは車を買ったかのか聞く。
ヨンヘはそんなお金はない、社長が買ってくれたのだと言う。

シンモは君はそんなに軽い女だったのかと怒り出す。
あの男が君に車を買ったのは君を口説くためだと言う。
それをわかっていて受け取ったのかと言うシンモ。
その年でまだ女でいたいのかと言う。
この言葉は失言です

ヨンヘはあなたはその程度の人だったのかと言う。
地方に行くことや店舗を回ることもあるから買ってくれたのだと言う。
そんな下品な言い方はやめろと言うヨンヘ。

シンモはその社長は人の妻を物で釣っておいて上品だと言うのかと言う。
君の言うように仕事で使う車ならトラックだろうと言う。
すぐに返してこいと怒鳴るシンモ。

ヨンヘは人は変わらないと言うけれど、その性格のまま死ねばいいと言う。
帰ろうとするヨンヘを引き止めるシンモ。
シンモはその男とはいつからの仲かと聞く。
卒婚の前からだろうと言う。

いい加減にしろと言うヨンヘ。
シンモは君はなんて卑怯で下品だと言う。
私への愛情が冷めてその男のところに行きたいならはっきり言えばいいと言う。
これは立派な詐欺だと言う。
訴えられたくないなら今すぐに帰ってこいと言う。

ヨンヘはあなたのせいでもう男はこりごりだと言う。
バカな言いがかりをつけるのはやめろと言う。
シンモは君の言い分が事実でタダで車をもらったのなら、それは君を口説く餌に違いないと言う。
君に下心がないなら返せと言う。

ヨンヘは考えたこともなかったけれど私が社長から何をもらおうとあなたには関係ないと言う。
シンモは戸籍上は夫婦だから妻の浮気を許す夫がどこにいると言う。
ヨンヘは卒婚の契約書を交わす時に相手の異性関係には干渉しないと約束しただろうと言う。

あなたにはとやかく言う権利はないと言う。
シンモはヨンヘの携帯電話を取り上げ、社長に電話をかける。
ヨンヘは電話を取り上げ、あなたと卒婚したのは大正解だと言う。
焼きもちにしてはやり過ぎましたね

ルリはテヤンに会長と仲直りをしてくれと言う。
テヤンは会社にエリがいる限り戻るつもりはないと言う。
テヤンは僕が後継者の座を捨てて残念かと聞く。
ルリはせっかくお金持ちになれると思ったのにその通りだと言う。
会長はずっと一人でいた唯一の肉親なのだからそばにいてあげろと言うルリ。

そこにケビンが現れた。

ケビンは実に愚かなことをしたと言う。
ルリには申し訳ないと言うケビン。
ルリはこれまでのことは忘れると言う。
ケビンは君とお父様を深く傷つけてしまったと言う。
お父様には改めてお詫びをすると言う。

ルリは父が人の目が前を向いているのは前だけを見て生きていくためだと言っていたと言う。
父ももう気にしていないと思うと言う。

ルリは何よりも誤解が解けてテヤンと会長が和解できてよかったと言う。
ケビンは君のおかげだと言う。
ケビンはテヤンに謝る。
テヤンは僕よりルリが辛かったと言う。

ケビンはエリとの縁は切れないが会社からは手を引かせると言う。

ケビンはテヤンに時計を渡す。
昔ファヨンから送られたものだった。
時計にはこれから一緒に歩んでいこうという意味があると言うケビン。

53話

ケビンはファヨンからプレゼントされた時計をテヤンに渡す。
ルリは戸惑っているテヤンの腕に時計をつけてあげる。

エリは病院を抜け出し、家に帰ってきた。
ケビンとの写真を叩き割るエリ。
パク本部長はエリにケビンの到着時刻をメールで知らせる。
エリはケビンの来る時間を予想して薬を飲む。

ケビンとパク本部長は部屋の中で眠っているエリを見つけた。
すぐにエリを病院に搬送するケビン。

チョノクはハンギョルの部屋を用意した。
ピンクで統一されたお姫様のような部屋だった。
とても気に入ったハンギョルはチュノクを抱きしめる。
ハンギョルはチュノクに手作りの帽子をプレゼントする。

シンモはチュノクにヨンヘの社長に交際を申し込まれたら付き合うかと聞く。
チュノクはもし、申し込まれたら大喜びで承諾すると言う。
お金持ちで頭も良くて若くて医者で、中年女性の憧れだと言うチュノク。
シンモはあんなのはただの遊び人だと言う。

チュノクは何をむきになっていると聞く。
シンモはあの遊び人がうちの妻に車を与えて言い寄っていると言う。
下心があるに決まっていると言うシンモ。

チュノクはそれで奥さんを責めたのかと聞く。
シンモは下心があるのに受け取ったから当たり前だと言う。
チュノクは手強い相手に勝つには相手より格好いい男になるしかないと言う。
大変身する?

チュノクに言われた通りにバラの花束を買ってヨンヘの職場に行くシンモ。
しかしヨンヘは社長と外出中だった。
花束を投げ捨てるシンモ。

エリは発見が早かったので命は取り留めた。
早く発見されるように薬を飲みましたからね

テヤンはエリが飲んだ薬の空き瓶をソウォンに見せた。
何の薬かと聞くテヤン。
ソウォンは動物用の麻酔だと言う。
ルリは人間が飲んだらどうなるのかと聞く。
ソウォンは1本くらい飲んでも大丈夫だが、3本は致死量だと言う。

ルリはそれを知っていて飲んだとしたら死ぬ気はないと言うことかと聞く。
ソウォンはそうだろうと言う。
ルリはテヤンにやはり芝居だったと言う。
また仕組んだことがバレてしまいました

テヤンはルリにエリは嘘ばかりだと言う。
ルリはすべて彼女一人の仕業だろうかと言う。
メニューの盗作から今回の事件まで彼女一人では無理ではないかと言う。

目を覚ましたエリはケビンに最後の親孝行で消えてあげようと思ったのにうまくいかなかったと言う。
点滴を外し、邪魔者は消えてあげると言うエリ。
ケビンはエリにお前を寂しくさせてすまないと言う。
エリはパパとそばにいられるなら何もいらないと言う。

そこに入ってきたテヤンとルリ。
テヤンはエリに芝居は終わりにしろと言う。

テヤンはエリに君が飲んだ薬を調べたと言う。
あの程度の量では睡眠薬程度にしかならないと言うテヤン。
これで自分のしたことが見逃されると思ったら大間違いだと言う。
そうだ!そうだ!

ケビンはテヤンにエリは病人だと言う。
テヤンは騙されるなと言う。
許してしまったらまた問題を起こすだけだと言う。

エリは私が死ななかったのが不満で薬を調べたのかと聞く。
致死量も知らずに死ぬ覚悟で飲んだと言うエリ。
芝居でこんなことはできないと言うエリ。
嘘の芝居が上手ですこと

テヤンはケビンに彼女と僕のどちらを取るか今決めてくれと言う。
エリはケビンの腕を掴み、たとえ追い払われてもそばにいると言う。
ケビンはテヤンに後で話そうと言う。
その言葉を聞いたテヤンは僕が身をひくと言う。

ケビンからもらった時計を外し出て行くテヤン。

ルリはエリの狙いがわからないと言う。
もし結婚以上のものを狙っているなら会長も危険だと言う。

ソウォンはハンギョルに昔住んでいた家を覚えているかと聞く。
ハンギョルはスジ叔母さんと住んでいた家かと言う。
ソウォンは叔母さんと暮らす前は誰と暮らしていたのかと聞く。
ハンギョルはママと…と言いかけたところにチュノクが入ってきた。

チュノクはハンギョルにあなたのママはヨンジュだと言う。
ハンギョルにママと呼べと言うチュノク。

54話

ハンギョルはヨンジュのことをママと呼ぶ。
チュノクは大きな声で何度も呼べと言う。
ハンギョルは泣きながら大声で何度もママと呼ぶ。

ファヨンはジョンドがケビンの病室に忍び込んだと聞いた時からジョンドを許せなくなっていた。
ジョンドは確かにあの時はどうかしていたが、そこまで許されないことをした覚えはないと言う。

ファヨンはあなたがしたことは計画犯罪だと言う。
ジョンドは病室に行ったけれど何もしていないと言う。
ファヨンはテヤンから聞いて知っていると言う。
前にも病室に行って酸素呼吸器を外したくせにと言う。

ジョンドは何のことかと聞く。
ジョンドは確かに病室には行ったがテヤンに見つかって何もしないで出てきたと言う。
それを聞いていたテヤン。

テヤンは病院に行ったのは1回だけなのかと聞く。
ジョンドは1回だけでその前のことは知らないと言う。
ソヒョンの室長が犯人ですからね。最近出番がなくなりましたが

テヤンは父さんを殺そうとした人間がいると言う。

パク本部長はケビンを会社から追い出し、会社を手に入れようとしている。

シンモが初恋だと言う同級生の女性の話を聞き、オシャレをして出かけるシンモ。
それを見たヨンヘはデートにでも行くつもりかと聞く。
シンモはそうだと言う。
ヨンヘはデートするのは勝手だけれど騙されないように気をつけろと言う。
シンモは残っていた君に対する罪悪感も消えたと喜ぶ。

ソウォンはチュノクになぜウンジュを捜さなかったのかと聞く。
彼が苦労していたら自分のせいだと思ってしまうから捜さなかっただろうと聞く。
チュノクは勝手なことを言うなと言う。
韓国中捜したけれど見つからずに、死んでいるのは明らかなのに何のために捜すのかと聞く。
アメリカにいましたから見つからないはずです

ソウォンは言い訳だと言う。
失敗はしても重要なのはその後だと言う。

ソウォンはチュノクにハンギョルにヨンジュのことをママと呼ばせ、過去を偽ろうとしているのは間違いだと言う。
チュノクは人は言葉一つに左右されるものだと言う。
ヨンジュは私も人の陰口には耐えられないと言う。
もしハンギョルが私の子供もではないと言われても認めなければいいと言う。
チュノクはハンギョルの障害物になるようなものを私がすべて取り除いてやると言う。

ヨンジュはハンギョルの幼稚園のママ3人をお茶に誘った。
カフェでコーヒーとケーキを注文するヨンジュ。
その店で働いていたのはスミの妹のスジだった。

ハンギョルが今までどこの塾にも通わせていないと聞いたママたちは驚く。
今まで海外にいたのかと聞かれるヨンジュ。
ヨンジュはそうだと言う。
ヨンジュはプレゼントがあると言い、ママたちにゴルフウェアを渡す。

幼稚園の友達に仲間外れにされたハンギョル。

そこにスジが声をかけた。
スジはママはどこにいるのかと聞く。
逃げ出すハンギョル。

ハンギョルはヨンジュに家に帰ろうと言う。
ヨンジュはママたちに断って先に帰ることにした。
ハンギョルと一緒に歩くヨンジュの写真を撮るスジ。

52~54話感想

スジはハンギョルを利用してヨンジュにお金をたかりそうです。スミもスジも性格の悪い姉妹です。
パク本部長はケビンの会社を狙っているようです。しかしエリに仲間がいると疑っているテヤンとルリがパク本部長の正体を暴くのかもしれんません。エリとパク本部長が反省して更生する可能性はありません。