パーフェクトカップル-あらすじ-40話-41話-42話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-パーフェクトカップル-あらすじ-40話-41話-42話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
トリが交通事故に遭い意識不明の状態だった。
ジェスンとチョンはネシムたちに怒った。

その事を知ったチョンはチョロンたちの手紙を持って
ジェスンの前に会いに行ったが受け取ってもらえずにいた。
そんな中、トリが目を覚ました。

そして、カプスンとカプドルは結婚した。

【パーフェクトカップル】ネタバレあり

40話

ギジャはカプドルの通帳を渡した。
そして、カプスンも負けることなく通帳を受け取り、仕事に出て行った。

チョロンたちはトリに会いに来たが、ジェスンはチョンに気を使ってトリに会わせなかった。

セゲは医者に戻るつもりでいた。

ギジャたちはセゲの様子がおかしい事に気づき始めていた。

カプドルはジュンニョンと一緒にお酒を飲んだ。
ついつい飲みすぎて帰れなくなってしまい、ギジャが迎えに来ることになってしまった。
次の日、カプスンは夜中に帰ってきてなかなか起きてこないことにギジャは怒っていた。
同居も大変だな…

トリが発作を起こしてしまい、また集中治療室に入ってしまった。
だが、なんとか危機は脱した。

ネシムはチョンとジェスンを再婚させると言い出していた。

カプドルはジュンニョンに呼び出されて怒られてしまう。
それは、以前に来た時のことをギジャに話してしまったからだった。

カプドルは家に戻り、カプスンにギジャとネシムたちにお小遣いを渡したいと言っていた。
しかし、カプスンは赤字になると言い張り、出そうとはしなかった。
その会話を外で聞いていたギジャは、洗面器に水をため、カプスンたちに浴びせ、
「出て行きなさい。これ以上聞きたくない。同居なんてするんじゃなかった」と言いたかった。

スジョはグムシクの作戦にひっかかり、水の配達の仕事を辞める事にした。
そして、ボンたちは本部長にしたかった。
スジョは物流倉庫で働くと言った。
スジョは本部長の座をけって物流倉庫で働くんですね

ボンはセゲに会いに行き、コンジュと別れるのかと聞いた。
セゲは、はい。と答えた。
ボンはなんとか止めたが、セゲは聞かなかった。
その帰りに、ボンはギジャが働いている店を見に行った。ボンは子供を使いお金を渡した。
次の日、家の前にギジャからの手紙が置いてあった。
そこには
「最初で最後の手紙です。振り返ってみると、お宅で働いた時間が人生で一番輝ていました。女として幸せだった。
 憎らしいけど恨みはしません。娘さんのことも心配でしょう。ほんの少しでもときめきを感じられたことに感謝してます。
 いただいたご祝儀は息子に渡します。お気持ちは忘れません。しっかり食べてお元気でいてください。もし、生まれ変わったら子供のいないときに
 出会えるように願っています。」と書いてあった。
ボンは読んで泣いてしまった。

グムシクは海外支社に異動をすることに決めた。

スジョは倉庫で働き始めた。

ボンはシネにギジャと一緒になることを言った。
しかし、シネは反対をした。

41話

グムシクはジェスンのいる病院に来たが入れずにいた。
そこにチョンが来てしまう。
チョンは、病院に用はないはずですが誰も喜びませんよ。と言った。
グムシクはトリの様子を知りたかったが、チョンは教えなかった。

グムシクは帰ろうとした時、ジュンニョンとも会った。
2人は飲みに行った。
そして、ジェスンとチョンが復縁することを聞いた。

ジェスンとチョンが初デートの時の話をしていた。
そして、チョンはあの時に戻ろうと言ったが、ジェスンはもう戻れない。と答えた。
そうですよね。戻れるような関係ではないと思う

シネはギジャを呼び出した。
シネはお金が目当てだろうと言い、ギジャは
「お金で人の心を買収しようだなんてバカにしないで。それに先に言い寄ったのは私ではなく会長です。貧乏人が人を好きになったら
 すべてお金目当てだと?人を馬鹿にするなと会長に伝えてください。思い出を汚したくありません。それと、父親の恋路を娘が邪魔するのは
 関心しませんね。」と答え、その場を去った。
シネはギジャが帰ったあとに携帯を見た。シネは会話を録音していた。

シネは家に帰り、録音をボンに聞かせた。

ドグムはマルニョンを市場で見つけ追いかけようとしたが見失ってしまう。
ドグムはマルニョンと知り合いだった。
どういう知り合いなのでしょうか

マルニョンは婚約までしていた男性がいたが逃げ出していた。
そのせいで、マルニョンは実家から縁を切られてしまっていた。

ボンはギジャに確認をしに行き、ギジャの気持ちを確認し結婚することに決めた。

グムシクはマルニョンからジェスンがチョンとトリと3人で暮らすことを聞いてしまう。
そして、アメリカ支社に行くことを決めてしまう。

スジョに助けられた女性のパン・ジアは双子のお母さんだった。

シネはボンが式の準備をしている事を聞き、カプドルの所に行き、詐欺師扱いし、警察にまで届けると言ってきた。
カプドルは家に帰り、ギジャに怒鳴ってしまう。
そして、カプドルはボンの所に行き、別れてくださいと言いに行った。

ボンはシネを叩き怒った。しかし、シネは32年前と何も変わらない。と言いそのまま家を出てってしまう。
次の日、シネの使いの男性たちが来て、シネの服などを持って出て行ってしまう。

ボンは泣きながらギジャに別れを告げに行った。

42話

ボンは亡くなった妻の散骨した所に行った。
そこにはシネもいた。
ボンはシネを、お互いに支え合って生きて行こう。と言い、一緒に帰った。
シネの方が一枚上手なのかもしれないですね…

ギジャは何日も寝込んでいた。
カプドルは怒鳴ってしまったことを気にしていた。
カプスンも気になり、仕事の合間に鶏粥を買って帰ったが、すでにカプドルがサムゲタンを買ったあとだった。

トリが退院した。
そして、ジェスンはチョンを呼び出し、本当にやり直すのかを聞いた。
チョンはあると答えた。

カプスンとカプドルは毎日ケンカしていた。
お金の事や家の事だった。

ジュンニョンはカプドルに怒ったが、ジュンニョンはギジャに息子を怒るなと言われてしまう。

カプドルはギジャにボンのことをまた怒った。
その事をカプスンが聞いてしまう。
カプスンはその事をネシムたちに言いに行ってしまう。
カプスンもどうして言いに行ってしまったのか…

セゲは無料診療を行っていた。
セゲはマンジェと食事をした。その様子をコンジュが見てしまう。

セゲはマンジェと食事をした所にグムシクがいたことを思い出し、戻った。
そして、グムシクが海外に行くことを聞く。

コンジュはそのままジュンニョンたちの所に向かう。

グムシクはセゲと別れたあと、チョンが現れ話をした。
そして、ジェスンとの事を話した。

40話~42話の感想

結婚して同居を始めて、お金の事が一番の問題になりますよね。
嫁としては自分が握っておきたいだろうし、母親としても、渡してしまうのも嫌だろう…。
だけど、どっちかが折れてうまく生活していくしかないですよね。
この2人とギジャは大丈夫なのだろうかと思ってしまう。

色々、問題も出てきますね。
ジェスンの問題、セゲの問題…。両家は大変だな。

そろそろ、佳境に差し掛かってきているので、この先どうなるか楽しみだ。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください