パーフェクトカップル-あらすじ-52話-53話-54話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-パーフェクトカップル-あらすじ-52話-53話-54話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ドグムはスジョとジアの付き合いを反対した。
それは、子供がいるという理由もあるが、
シネに知られてしまうと恐ろしかったからだった。

カプドルはギジャとボンの事を怒っていたが
カプスンはギジャの自由だと言った。

【パーフェクトカップル】ネタバレあり

52話

ジェスンは帰って。と言ったが、グムシクはジェスンを抱きしめた。
グムシクは
「どれほど捜したか。生きててよかった。改めて気付いた。僕は君を愛してる。仁川の街を捜し歩いた。」と言った。
ジェスンはグムシクから離れ、
「そんなこと私に関係ないわ。私は暇人じゃないの」と、配達に行ってしまう。

ネシムは夕飯をみんなで食べたかったが、全員が忙しく無理だった。
その時、家の前にお金が入った封筒が入っていた。そこには
「産んでくれてありがとう。私が自分で稼いだお金よ。」と書いたメモがあった。
ネシムはすぐにジェスンだと分かり、追いかけたがすでにジェスンはいなかった。
ジェスンだけがネシムの誕生日を覚えていたんですね

セゲはマンジェにやり直したいとしたが、マンジェは無理だと断った。

コンジュはドグムにワカメスープを作ってもらい、ネシムの所に行った。
それは、ネシムの誕生日だったからだ。
その後に、グムシクも誕生日のお祝いにケーキを持ってきた。

ジュンニョンは同窓会の会長になってしまう。
そして、夜に帰ってきて、ネシムの誕生日だったことを思い出した。

スジョはジアとキスをした。
家に帰るとドグムが待っていた。ドグムは別れが辛くなる。と言った。
しかし、スジョは結婚する。と答えた。
スジョはジアの事が本当に好きなんですね

ジュンニョンはトリを家に連れて帰ったが、ジェスンはそれを知り、
迎えに行き、トリを無理やり連れ帰った。

ギジャはボンにカプドルとカプスンの前では胸を張っていたい。と言い別れを告げた。
ボンは納得いかず、家族を捨ててギジャの所に行く。と言った。
2人が一緒にいる所をカプドルが見てしまう。

カプドルはギジャを連れて、シネとボンを呼んだ。
カプドルはボンにギジャと会わないように、念押しをし、別れてしまう。

ギジャもボンも落ち込んでいた。

53話

ジェスンはトリを無理やり学校に連れて行った。
しかし、トリは仮病を使って休んでしまう。

そんな時、セゲが来た。
セゲはトリと遊んだ。しかし、その時、トリが学校でイジメられてることを知る。
セゲはジュンニョンたちがトリを預かるという話をすると、ジェスンはセゲを責めた。
ジェスンは頑固になってしまっているのか、どうなんだろうか

セゲは家に戻った。そこにコンジュがいたことに怒り、
ネシムがもらったプレゼントもコンジュに返し、タクシーに乗らせた。
その様子をマンジェが見ていた。

ジュンニョンは同級生コンニムと仲良くなっていた。
その事に腹を立てるネシムは、文句も言えなかった。

ジェスンの所にグムシクが来ていた。ジェスンは帰って。と言うが、グムシクは帰ろうとしない。
ジェスンは氷水をグムシクに対して撒きちらした。
グムシクも諦めませんね

マルニョンはサムシクに二度と現れないで。と言い、その場を離れた。

トリは学校に行きたくない。とジェスンに言っていた。
ジェスンは無理やり学校に連れて行った。

グムシクはトリに会いに来た。
グムシクはトリに色々買ってあげて、家に行った。
ジェスンは夜になり、トリが塾に来てないことをしり、家にすぐに戻った。
そこにグムシクがいることに怒った。

カプスンの清掃業が上手くいかずにいた。一緒に働いているダルパから一旦廃業しようと言われるが
カプスンは断った。
とうとう廃業になってしまうのか…

シネはスジョとジアが一緒にいる所を見てしまう。
スジョが帰ったあと、シネがいることに気付いたジア。シネはジアを叩いた。
そして、どうするべきか考えないさい。と言い、帰って行った。
ジアは泣いた。

カプスンは清掃業を廃業することにし、悔しくて泣いた。
廃業になってしまったんですね

カプドルはカプスンに何も言わずギジャを連れて焼き肉を食べに行った。
カプドルは会計だけをしに来い。とカプスンに電話し、カプスンは電話を切った。

カプドルは父親の墓参りに行った。
そして、許してほしい。と言った。

54話

カプドルは墓の前で
「今日は話があるんだ。母さんは知らないうちに年を取ってしまった。ずっと若いと思っていた。髪を染めてあげたんだ。真っ白だったよ。
 父さん。ごめん。俺を許してくれ。いいよな?裏切るわけじゃない。母さんが幸せに暮らすのを見たいだけなんだ。ごめん。」と言っていた。
カプドルは家に戻った。
カプドルはギジャにボンと付き合え。と言った。
ギジャは断ったが、
カプドルは
「俺が悪かった。自分のことしか考えてなかったんだ。母さんが恋をするなんて恥ずかしくて嫌だった。でも、白髪を見たら…。世間にどう思われても
 好きなことをしてくれ。母さんに我慢ばかり強いるのは間違いだった。残りの人生を好きに生きてほしい。」と言った。
ギジャは喜んだ。
カプドルはギジャの気持ちを優先してくれたんですね…。親だって人ですから

ジアはシネに呼び出された。
そして、スジョと別れる代わりに正社員として江陵に行くことになった。
ジアはシネにバレたことを黙っていた。

カプドルはシネにギジャとボンの事を許そうと話をしに行った。
しかし、シネは聞く耳をもたなかった。

カプスンは仕事がなくなり途方にくれていた。
廃業したから、何もすることがなくなってしまったんだ

セゲはマンジェと一緒にいることを決め、マンジェの家の借金を一緒に返すことを決めた。
マンジェは断ったが、セゲは決めていた。

ジアは江陵に行った。

ジェスンはトリの事で悩んでいた。
トリは反抗していた。

カプスンはカプドルにお金を借りたいと言ったが、カプドルは事業計画書を出せと言い、部屋を出て行った。
そして、カプドルの携帯を見ると、ヨンランからのメールがあった。

ジェスンの所にグムシクがまた来た。
帰ろうとしたグムシクは、車で来ていたが、ウソをつき、終電を逃したと言い、そのままジェスンの所にいた。
そして、ジェスンの内職を手伝い、手紙を残していった。
そこには
「今日は2人が出会った日だ。こんなにも気持ちが深まるとは。僕らは巡り巡って出会う運命かもしれない。君の心の整理がつくまで
 待つつもりだけど、心を開いてほしい。ちゃんと食べて無理はしないように。」と。
ジェスンは泣いた。
グムシクの気持ちを受け入れる事ができるのか…

ボンは新聞紙に火をつけて家を出た。
その道すがら、ギジャと会ったが、ボンは分からなかった。
ギジャはボンを家に連れて行き、シネに病院に連れて行った方がいい。と言ったがシネは聞かなかった。

スジョはジアに何かあったのか確認し、ジアは遠距離恋愛は無理だと言ったが、
スジョはそんなことは気にせずに数分だけでもジアの所に行くことにした。

シネはスジョの様子がおかしいことを知り、車を調べた。
そして、ジアの所に行き、責めた。
スジョはそのあとに着き、シネにやめてくれと言った。

52話~54話の感想

スジョとジアは一緒にいたいのに、シネがまた邪魔をしてますね。
スジョのことが大切なのは分かるけど、どうしても
お金の事とくっつけてますね。
どうしてお金とくっつけるのか…。

カプスンもまた廃業になってしまって、悔しい思い出いっぱい。
ジュンニョンたちに啖呵きって始めたのに、こんな風になってしまって
言えずじまい…。どうなるんだろうか。

もうクライマックス。
それぞれの家庭がどうなるのか、楽しみです。

好きな歴史物のドラマのアンケートをしています!良かったら協力お願いします!!
アンケートはこちらから


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください