パーフェクトカップル-あらすじ-13話-14話-15話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-パーフェクトカップル-あらすじ-13話-14話-15話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、カプスンはオーナーの息子とクラブへ行きお酒も飲んだ。
そして、息子はハスと呼べと。

カプスンの家ではジュンニョンのガラクタの収集の事で
ジュンニョンを怒らせてしまう。

【パーフェクトカップル】ネタバレあり

13話

カプドルはゲームや友達の誘いを断ち切るために寺に勉強をしに行くと言った。
姉のホ・ダヘはカプスンと同じ様にと言うが、母親のナム・ギジャは行きなさいと答えた。
カプスンはハスからのメールで別荘に行くことになった。母親のイン・ネシムにはカフェの新人研修と伝えた。

カプドルは友達のダルトンから女性を紹介される。ダルトンは女の傷は女に癒してもらえと言いお金を渡して去って行った。
女性はダルトンから家柄が良くて仕事も出来る人だと聞かされていたが、
カプドルはダルトンが嘘をついていて、家柄もよくなくて無職で就職浪人中と言った。女性は親切にと言って怒って店から出て行った。
そこまで嘘をついたらダメですよね。でも、カプドルは正直ですね

カプスンの父親シン・ジュンニョンはネシムと全く口を聞いていなかった。
ジュンニョンはゴミ拾いをしていて妹シン・マルニョンにゴミ収集したものを家に持っていけと言い、
娘シン・ジェスンの息子トリが言っていた事を思い出していた。それは、遊園地に行きたいという事だった。
トリはパパとママと娘のチョ・チョロンとダロンが4人で行ったとジュンニョンに言った。

カプスンはハスの別荘に着いた。しかし、家政婦が休みでカプスンが料理を作っていた。
その光景を見ていたカプスンの友達がカプドルに連絡するか迷ったがしなかった。そして、家に帰ってきたカプスン。荷ほどきをしながらため息をついていた。

カプドルは寺に向かった。間借りしているクム・スジョ親子がシャワーを浴びていた。ジェスンの夫チョ・グムシクの携帯にカードの明細メールが届いた。
そして、ジェスンが会社に来てチョロンのおばあ様にと健康食品と高級肉と果物を子供が世話になっているからと持ってきた。
グムシクは荷物を元妻のホ・ダヘの家に持ってきたが、ダヘたちはいなかったので玄関前に置いておいた。そして、ギジャがその直後に帰ってきた。
スジョ親子は家の中にいた事を知り、出て行ってくださいと言ったが、スジョ親子は今、出されたらと説明していた。

カプドルは寺に着きギジャからの手紙を読んでいた。
「ごはんはしっかり食べなさい。信じている。あなたは大物になる。昔から何でも遅い子で3歳で歩き始めて、5歳で言葉を話し始めた。でも、問題なく大きくなった。
 万が一試験に落ちても自暴自棄にならないで。元気でいてくれるだけで親孝行になる」と書いてあった。
ここまで手がかかる子だったんなら、母親としてこういう風になるんでしょうね

ダヘは友達と飲んでいた。そして、グムシクに酔いながら電話をかけた。その様子を見ていたジェスン。
ジェスンはグムシクに誰と聞いてもグムシクは答えなかった。そして、グムシクはダヘを迎えに行き、家まで送った。
次の日、ジェスンは実家に来た。ジェスンはネシムから前の妻とは会っていないかと聞くと、会っていないと答えた。
ジュンニョンにも聞かれた。ジュンニョンは何かあれば父さんと母さんがついていると言った。
ジェスンはグムシクに感謝している。前夫の借金まで返してくれたと答えた。

カプドルの所に友達のダルトンが来た。
そして、ハスがカプスンを使用人扱いしていると言った。カプドルはカプスンの勝手だと答えた。
ダルトンはカプスンが変わってしまって、尻尾をふる女に…と言ってしまいカプドルがダルトンを殴ってしまう。
カプドルは
「カプスンは金持ちになびくようなそこら辺の女とは違う。二度と、あいつの話をするな」と言った。

ジェスンの所ではダロンの通う幼稚園で誕生日会があるという手紙をチョロンの机で見つけた。
しかし、チョロンはママと行くとジェスンに言った。ジェスンはグムシクに前の奥さんと行ってあげてと伝えた。
グムシクは帰ってきたら家でパーティーをしようとジェスンに言った。ジェスンはダロンのケーキを作っていた。
しかし、グムシク達はレストランでパーティーをしていた。その光景をジェスンは見てしまう。
そして、ジュンニョンも見ていた。ジュンニョンはあんな姿を見てどうして我慢するんだとジェスンに言った。

14話

チョ・グムシク達はレストランを出てきた。
グムシクは面会はいいが泊まりは禁止だと言い、理由はとホ・ダヘは聞くと、グムシクは家族以外の男を家に入れるなと言った。
シン・ジェスンは父親のシン・ジュンニョンに言われた事を思い出していた。
「1人で悩まず相談しろ。堂々と自分の気持ちを主張しろ。情けない娘だ」と言われた事だ。
そうですよね。親からしたらそうなりますよね。でも、ジェスンは出来なかったんでしょうね~

グムシクが家に帰ってきた。ダヘと食事をしていたことを言わずに誕生日会でたくさんの料理が出たと嘘をついた。
そして、ジェスンが料理を片付けるようとした時、グムシクが旅行に行こうとジェスンを抱きしめた。

ジュンニョンはお酒を飲んで帰ってきた。そして、母親のイン・ネシムにお前のせいだと言った。

ダヘは母親のナム・ギジャにお金を入れなさいと言われ、服を販売店や飲食店で働いたが追い出されてしまう。
そして、前に勤めていたカラオケ店に行って働きだした。

ネシムはジュンニョンに話があると言い呼び止め、昨日の言っていた、“お前のせいだ。娘の気持ちを考えろ”とかと。
しかし、ジュンニョンは酔っ払いのたわごとで話すことはないと言い出て行った。
ジュンニョンはジェスンに会いに行き、どうするんだ。母さんはお前が幸せに暮らしていると思っていると言った。
ジェスンは泣きながら言わないでと答えた。
ジュンニョンはどうしてこうなる前にはっきりさせなかったんだと言うと、
ジェスンは
「まだ子供が幼いから。私は実母ではない。でも、母親として彼女たちを傷つけたくなくて…我慢しようと思ったの。正直言うとそうすれば彼も息子のトリを可愛がってくれると思った。
 彼に好かれたかった」と答えた。

ジェスンは家に帰り、グムシクにトリの養子の事を急ぐように言っていた。その会話をチョロンは聞いていた。

カプドルは友達のダルトンが言った事が気になり寺から帰ってきた。しかし、帰ってきた理由に寺が評判になりいれなくなったと言ったのだ。
家の中に入れたカプドルだが、ダヘは嘘を見抜いていた。カプドルは自習室に行くと見せかけてカプスンの所に行き、追いかけた。
そして、レストランに入ったカプスンとハス。楽しそうにしているカプスンを見るカプドル。
ハスはカプスンに結婚式はいつ頃がいいかや新婚旅行がどこがいいかと聞いていた。その質問に答えるカプスン。
ギジャが働いていた介護先の老人ヨ・ボンがギジャの住んでいる所まで来ていた。そして、ボンはギジャに無利子でお金を貸した。
ボン老人はギジャが好きなんでしょうか~??いいキャラをしていると思います。

カプスンはハスの車から降りてドアを閉める時に、ハスが車を発進させてしまいケガをした。でも、ハスはそのまま行ってしまう。
カプスンはそのまま家には戻らず、別の場所へ移動した。その時、カップルが自転車の練習をしていて、カプドルとの思い出を思い出していた。

次の日、ギジャはボンの家で改めて働きだした。ボンは嬉しかった。

ネシムはジェスンの所に行き、もし、カプスンが結婚することになったらお金を貸してほしいと言った。
しかし、ジェスンは最近、会社の経営も厳しいし、義妹の結婚も控えていると言い断った。ネシムは家に帰り、ジュンニョンにリビングで修理をしないでと言った。
そして、息子のシン・セゲが来ていた事を聞いた。ネシムはセゲに電話をしたが出なかった。
ネシムはジェスンから旅行のお金をもらったことをジュンニョンに言うと返してこいと言った。ネシムは嫌だと断り、俗物にしたのはあなただと答えた。
ジュンニョンはジェスンの所の事を口にしそうになるが、ジェスンの言われたことを思い出し、口を閉じた。

ダヘがお腹を押さえて倒れてしまった。
そこに、間借りのクム・スジョが帰ってきた。トイレを借りようと家の中で倒れていたダヘをおんぶして
病院へ連れて行った。ダヘは虫垂炎だった。

グムシクはチョロンとダロンにトリの事を言った。本当の弟と思ってほしいと。
しかし、チョロンは大人はみんな勝手だと言い、ダロンとペンションの中に入ってしまった。その光景をジェスンは見ていた。
チョロンはみんなが寝静まった後、ダロンを起こして警察署に行った。そして、ダヘに連絡し、グムシクの所にも連絡がきた。
ジェスンはジュンニョンにメールで、警察署に行くからトリをお願い。母さんには内緒と送った。そのメールを見たのはネシムだった。
ネシムには内緒にしていたのに遂にばれてしまいましたね

15話

チョ・グムシクとシン・ジェスンは警察署に行った。
そして、グムシクは着くなり、娘のチョロンとダロンに怒鳴った。
警察官は怒鳴らずに座ってくださいと言い、グムシクは座り、警察官から児童虐待を?と聞かれ、さらに怒鳴った。
警察官はここは警察署だから静かにと逆に怒鳴られた。
そして、ナム・ギジャが警察署に到着した。ギジャはジェスンに他人の子供を育てる自信もないのに再婚したのと怒鳴った。
イン・ネシムも警察署に着き、ギジャと言い合いになった。ギジャとネシムは留置場に入れられてしまった。
警察官は虐待の事実がないとわかり帰っていいことになった。
ギジャは子供たちを連れて帰ろうとしたが、グムシクが断った。ネシムはジェスンの息子トリを連れて帰った。
ギジャは娘ダヘが入院している病院に帰ってきた。そして、ギジャはグムシクの再婚相手はカプスンの姉であることをダヘに伝えた。
落ち着かすために留置場に入れられてしまうのですね。でも、この2人はこんな感じでいいと思います。

ネシムは家に着いた。そして、シン・ジュンニョンにジェスンの事で悩んでいて、いつから知っていたのかと聞くと、
ジュンニョンは少し前から知っていたと答えた。ネシムは知らずに娘に散々たかってしまったと言った。
次の日、ジェスンはグムシクにトリの事は娘のチョロンとダロンが納得するまで待つと言い、3人で出かけてきてと言った。
グムシクはチョロンたちと出かけて、トリの事は待つと言ったが、チョロンは待っても無駄と答えた。

カプドルは公務員の試験に向かった。
ダヘは退院することになった。そして、ギジャは退院手続きをしに行ったが支払い済みだった。ジェスンはジュンニョンと会っていた。
ジェスンは苦労する姿を見せたくなかったと言った。ジュンニョンは1人で悩まず相談しろと答えた。
そして、子供たちはと聞くと、娘たちが怖い、どう接していいかわからない。なにをしてもダメなのとジェスンは言った。

シン・セゲは帰りにカプドルと会った。1杯だけお酒を飲むと会計をして店を出ようとした。
しかし、その店に妻のヨ・コンジュが男といて酔いつぶれていた。セゲはコンジュを家に連れて帰った。
カプドルは家で焼き肉をしていた。

次の日、カプスンはハスと会っていた。しかし、カプドルがカプスンを追いかけていた。
そして、グムシクの所にはギジャがきていた。
ギジャは入院費のお礼とチョロンたちを怒らないでほしいと言いに来たが、グムシクは
「悪い事は悪いと教えます。育児放棄をされたせいで反抗的に育ってしまった」と言い、
ギジャは
「今からでもダヘに預けたらどう。口は悪いけど心は優しい子なのよ」と答えた。
ギジャがなかなかの強いキャラですよね。ネシムとは良い対等相手だと思います

クム・スジョ親子は家賃が払えず荷物を持って出て行った。
次の日、カプドルが部屋へ呼びに行くといないことに気づいた。

ジェスンはネシムに離婚してもいいと言われたが離婚はしないと答えた。
そして、グムシクの会社に行った。グムシクはダヘに呼ばれて会社にはいなかった。ジェスンはグムシクに電話をかけて
どこかと聞くと会社だと嘘をつかれてしまった。

13-15話感想

ジェスンも大変ですね。やっぱり、離婚、再婚はつらいですね。
それも、子連れとなると余計に大変な事ですね。。。
だけど、どちらかというと、グムシクが一番だめだと思います。
グムシクが断るところは断るということをしないから
こんな風になってしまうんだと個人的には思います。

カプドルは自分から振って一番、カプスンを思っていますね。
なのに、カプスンはハスに夢中になっていますね。
これもまた、カプドルが可哀想と思いますがカプスンも可哀想ですよね。
この2人はよりを戻すんでしょうか。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください