パーフェクトカップル-あらすじ-25話-26話-27話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-パーフェクトカップル-あらすじ-25話-26話-27話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、カプスンは教師になる事を諦めて
自分で起業すると言った。
それは清掃業だった。

そして、カプドルとは結婚しない事に決めた。

【パーフェクトカップル】ネタバレあり

25話

カプスンは一緒に働いている人の言葉をメモしていた。
家に帰ってきたカプスン。イン・ネシムはいつまでと聞くと、カプスンは目標達成までと言った。
ネシムは大学まで行かせた意味がないと怒鳴っていた。カプスンは生半可な気持ちじゃないと答えた。

クム・スジョはお金を持って、チョ・グムシクの妹チョ・アヨンを警察署の前に呼んでいた。
そして、全て嘘で、財閥でもなくジェット機も持ってない無職の男だ。間借りした安い部屋でラーメンばかり食べてる貧乏人なんだ。これまでずっと嘘をついていた。と言った。
アヨンは世間に知られたくない。静かに消えてと言った。
スジョはそのまま家に帰った。

ホ・ダヘはチョロンの学校にチョロンを見に行っていた。
声をかけようとしたが、そこにシン・ジェスンが忘れ物を持ってきているのを見た。
ナム・ギジャは風邪を引いてしまった。仕事を休むと連絡したら、ヨ・ボンが家まで来て、食事に連れ出した。
ボンはギジャに寿命は分からんが元気なうちは守ってやる。生きている実感を与えてくれた。俺の前に現れてくれてありがとうと言った。
ボンはギジャの事が大事なんですね。年は離れているけど、年齢は関係なさそうです

シン・ジュンニョンは妹のマルニョンを忠清道へ行かせた。
ジュンニョンはネシムを呼んだ。そして、茶封筒を渡した。中に入っていたのは離婚届だった。ジュンニョンの印鑑はすでに押してあった。
ネシムは離婚を突きつけられる理由を知りたいと言った。
ジュンニョンは
「このことでプライドを傷つけたならすまない。これ以上君と暮らせない。君が悪いわけではなく合わないだけだ。準備はしていない。君が俺の物を捨てた時に決心したんだ。
 長年、暮らしてきた夫に君はその程度の認識しか持ってなかった。」と言った。
ネシムは
「あきれた。ガラクタのせいで離婚するというの?馬鹿じゃないの?たかがガラクタよ」と聞いた。
ジュンニョンは
「それだよ。きみのとっては“たかが”だがおれにとっては違う。」と答えた。
ネシムは
「どっちがおかしいか子供に聞きましょ。」と言うと、
ジュンニョンは
「夫婦の問題だ。2人で話そう。君と始終ケンカしながら暮らしていくことに疲れた。」と答え、
ネシムは
私のセリフよ。私も同感だわ。離婚しましょう。」
ジュンニョンは
「俺たちの財産は少しの生命保険とカネになるのは家だけだ。老後のために買った。この家。長男に生活費をもらい、君が何とか家だけは守り抜てくれた。俺が稼いで
 君が守った家だ。半分に分けよう。俺は束草に行くよ。子供たちには俺から話す。もういいか?」と言い、自分の部屋に行った。
ジュンニョンは自分の服とかをネシムの部屋に取りに行き、自分の部屋に持って行った。
ネシムはジュンニョンの部屋に行き、財産を70%をもらうと言ったり女がいるのかと聞いたり動揺していた。
ジュンニョンはネシムを部屋から追い出し鍵をかけ荷造りをしていた。
そして、家を売りに出した。
まさかの熟年離婚?!大変だ

ダヘはチョロンに声をかけたかったがかけれなかった。
家でチョロンたちはジェスンのいう事をよく聞くようになっていた。
アヨンは知り合いの男にお金を持って逃げられてしまった。

カプドルは公務員になって初めての出勤日になった。
そして、カプスンを待っていたがそこにハスが現れ差し入れまで持っていた。
ギジャはグムシクの会社に来ていた。
グムシクは会社に来ないでほしい。母親の行動のせいで傷ついた。と言った。ギジャはだからって突然縁を切るのはあんまりだわ。なにがあってもダヘは母親だ。と答えた。
そして、ジェスンの息子を養子にしたのかと聞いた。
ギジャは急いで家に帰り、養子縁組をした事をダヘに言った。

ジュンニョンは子供たちに離婚の事を言おうとしたが、ネシムがしばらく離れて暮らすと言ってしまった。

ダヘはグムシクの出張先まで行き養子の事を言った。しかし、グムシクは離婚して本当に正解だった。娘たちを傷つけた事を反省して生きていけと言った。
ネシムは泣きながら料理をしていた。

ダヘは無理やりグムシクの車に乗った。そして、事故を起こしてしまう。

ジュンニョンは晩御飯を食べ荷物を持って出て行った。
ネシムは1人で泣いていた。

26話

ホ・ダヘとチョ・グムシクは病院へ運ばれた。
会社の大きな契約はダメになりそうだった。病院にシン・ジェスンが来たがダヘを見て立ち去った。
ジェスンは家に帰り荷造りをした。

イン・ネシムはご飯も食べる元気がなかった。
そんな時、シン・ジュンニョンの妹マルニョンが帰ってきた。

ジェスンは実家にトリを連れて帰ってきた。
グムシクはダヘに二度と僕の前に現れるなと言い病院から出た。グムシクはそのまま会社に行った。
グムシクは投資家たちに怒鳴られた。そして謝った。
家に帰るとジェスンの荷物が何もない事にため息をついた。

ダヘは家に帰った。そして、思い出していた。
カプスンは仕事の帰りに友達に会った。その時に清掃業の事を言われてしまう。

シン・セゲは辞表を出してから課長の電話にも出なかった。
マルニョンはジュンニョンがいる束草に行った。

ハスはカプスンに出資すると言った。しかし、カプスンは断った。

グムシクはジェスンに連絡するもジェスンは取らなかった。
ジェスンは悪い想像ばかりしていた。そして、職探しをしていた。

ヨ・ボンはメールを教えてもらいナム・ギジャとのメールを楽しんでいた。
メールの内容は誤字だらけだったが2人とも楽しそうだった。
セゲはお酒を飲みジュンニョンに連絡していた。

カプスンはギジャが働いている家に清掃の仕事をしに行った。
ギジャと会ってしまった。ギジャはトイレを掃除しているカプスンの所に来て、カプドルと関わらないでと言った。
帰り際にはセゲとセゲの義母とコンジュに会ってしまった。

ネシムはグムシクの会社に行ったがいなかった。そこにギジャもきた。
ネシムは離婚したのに誘惑するなんて非常識。娘はこらえていると言い、ギジャはカプスンが掃除に来た。教師ならまだしもバイトじゃ話しにならないと言い去って行った。
カプドルはギジャからカプスンの事を言われカプスンに会いに行った。
カプドルは掃除はやめろ。違う業種にしろと言い、カプスンはもっとかっこいい業種?飲食店でもやろうかと答えた。
カプドルは同級生はみんな俺に腹を立ててる。そんなに俺を困らせたいか?と聞いた。困らせて悪かったわ。と言った。
そして、カプドルは
「結婚したいなら母さんに気に入られるよう頑張れよ。お前のとっぴな行動に振り回されて俺は不安でたまらないよ。結婚したいなら勉強しろ。したくないのか?」と言った。
カプスンは
「本当に勝手な人ね。職業の選択も自由にできないの?親の反対を押し切ってこの仕事を始めたの。自分の人生だもの。あなたは私の立場を考えたことがある?
 人は自分のためにしか生きられない。私と結婚したいって事?悪いけど結婚しないわ。」と言った。
カプドルは公務員になってから言葉が変わってきたのかな?

ネシムはジェスンに娘が実家に帰ってきた理由を知る権利があると怒鳴っていた。ジェスンは口を挟まれると台無しになると言った。
そこにカプスンが帰ってきた。ネシムはカプスンから清掃道具を取り上げ、
「この家から出て行きなさい。何が清掃業で企業よ。情けない。しっかりしなさい。親の顔に泥を塗らないで。あんな女に馬鹿にされたくない。息子が公務員になって図に乗ってるのよ。
 カプドルは合格したのにどうしてあなたはできないの?気にくわない。母さんを悲しませないで」と言った。
ジェスンは
「それは単なる親のエゴよ。子供なんて思い通りにならないものよ。長い目で見てほしい。大学に落ちて美容師の道に進んだ友人は同級生の同情の目をよそに、今や大勢のスタッフを
 抱える経営者になった。」と答えるが、
ネシムは
「姉が頼りないからいけないのよ。妹が間違った道に進んだら正すのが姉なの。長女ならもっとしっかりしなさい」と言った。
カプスンは
「私が選んだ道よ。姉さんを責めないで」
ジェスンは謝り、家を出た。カプスンは追いかけた。
次の日、ネシムは寝込んでしまった。ジェスンは私もカプスンも大人だから自分で決めるわ。子供に執着しないで人生を楽しんでとネシムに言った。
そこにグムシクが来た。
グムシクは事故の日の事を言った。しかし、ジェスンはもう嫌だ。子供がいるとどうしても前妻を関わる事になる。あなたは拒むことができない。私は1人で苦しむしかない。と言った。
ジェスンはつづけた。
「一番許せないのは一緒に車に乗って帰ってきたことよ。降ろすことはできた。本当に嫌なら力づくでも降ろすはずだもの。いつもしかたなかったと言いながら引きずられてきた。
 あなたはこれからも一生彼女に振り回される。口では拒んでも行動には移さなかった。彼女がかわいそうだから。もう続ける自信がないの。私は器が小さいのね。
 この数日で考えたわ。私は本当に馬鹿だった。再婚する前にもっと慎重に考えるべきだったの。子供たちにもう1人の親がいることを軽く考えてた。相手の元配偶者が
 私の人生をめちゃくちゃにするとは想像もしなかった。」と言った。
グムシクは生活費を渡して帰って行った。

ジェスンはネシムのご飯の用意をしたが、ネシムは親不孝者と言いご飯をひっくり返した。

27話

カプスンはシン・セゲに会い謝った。カプスンは人に自慢できる人生を歩んでいるのは兄さんだけだとセゲに言った。

カプスンはハスと飲んでいた。ハスは悩みがあるなら聞くと言い、カプスンは自分の決断に迷いが生じていたところよと答えた。
ハスは後悔を?と聞くと、親を悲しませて、友達にも馬鹿にされてる。これでいいのかしら。まだ仕事が入らないの。依頼があれば自信もつくんだけどうまくいかないと言った。
ハスは休め。旅行は?と聞くと、カプスンは価値観の壁を感じる。育った環境が違いすぎる。と言い、ハスは黙った。

シン・ジュンニョンと妹のマルニョンは食事をしていた。マルニョンはどこにいても孤独に感じるというと、ジュンニョンは連絡はないのか?行方知らずかと聞くと、
マルニョンは席を立った。
セゲは姑のヨ・シネにカプスンの清掃業を辞めるようにいってきた。祖父のヨ・ボンは気にしないというが、シネは人は他人を職業で判断するものよと言った。
セゲは医者の妹は掃除をしてはいけないんですか?と言い、自分の部屋に行った。
次の日、セゲが病院を辞めた事がバレた。
シネはセゲの親の事を悪く言ってきた。セゲは悪者にするのはやめてくださいと言い、ボ・ヨンに呼ばれ部屋に行った。
そして、親にも言っていない事を怒鳴られた。
シネはネシムたちの家にきた。病院を辞めた事を知っているのか。医者を続けたくないそうですと言った。ジェスンは弟に限って…と言うが、シネは本人から聞きましたと答えた。
シネは結婚詐欺ですよ。医者だから結婚させたのに親の教育のせいですよ。馬鹿にしてる。勝手にもほどがある。結婚はなかったことに。お返ししますと言い家を出て行った。
セゲは色々悩んだんでしょうね。誰にも言えなくて…

ネシムはジュンニョンに電話をかけ、子供を押し付けて…と泣いていた。ジュンニョンは今すぐ帰ると言った。
セゲの所にはメールがたくさん来ていた。
そして、セゲはジュンニョンと会った。セゲは謝った。ジュンニョンはコンジュの家にきた。謝りに来たのだ。
ジュンニョンはセゲとコンジュが婚姻届けを出していない事を知った。
ジュンニョンは医者だったから認めたんだったら判断は任せますと頭を下げた。シネはおかえりくださいと言った。
ジュンニョンは家に帰った。ネシムは医学部に通わせてあげた親の苦労を台無しにするなんて。不幸者だわと言った。
そして、ジュンニョンはジェスンを部屋に呼んだ。
ジェスンは離婚しようと思うと言った。ジュンニョンは決めたなら好きにしろと言った。ネシムが部屋に入ってきて、
どうして止めないのと言うと、ジュンニョンは子供はほっとくが一番だ。また親のせいにされるからと答えた。

グムシクは退任を決めた。そして、泣いた。
ダヘは会社の前にいた。ダヘはグムシクに
「娘たちのために私が身を引く。私のせいであなたはひどい目に遭ってきたのよね。離婚したら成功だったわ。今回は死ぬところだった。娘たちを守れるのはあなたしかいない。
 私には養育費をだせないもの。あなたが必要よ。事故が起きた瞬間に私をかばてくれたのは分かってる。私が車に乗り込んだせいて…ごめんね。娘たちを家政婦に任せないで。
 彼女なら安心よ。もう来ない。娘たちが大きくなるまで会わないわ。元気で。」と言ってその場を去った。

ネシムとギジャはグムシクの家の前で言い合いをしていた。そして、不動産屋が来て、引っ越しした事を聞いた。
セゲは家に帰ってきた。そして、ボンと話をした。シネは店に行く途中でクム・スジョとすれ違った。
ボンはセゲを家から一番近い店に連れてきて、下働きから始めろと言った。
セゲは午後は自由になったため、写真を撮ったりしていた。

ジュンニョンはボンと食事をしていた。ボンはもう家族ですと言った。
そして、家に帰り、カプスンに早く結婚しろと言い部屋から出て行った。

グムシクは会社にいた。そして、投資家たちがグムシクに会社に残るように言っていた。
グムシクは営業から社員として働いて株主総会で決めてほしいと言った。

ジェスンの元夫が出所してきた。

25話~27話の感想

起業に熟年離婚に別れ…怒涛のように時間が過ぎて行ってますね。

清掃業での起業は大変だし、ネシムたちの気持ちも分からなくはないですよね。
親としてはちゃんとした仕事を…ってやっぱり思うだろうし、
起業するにもなぜ清掃業??って思いますね。

熟年離婚も大変ですね。ネシムからしたら言うとしたら自分だと思っていたし、
ずっと支えてきたのに…って気持ちになるでしょうね。
まだ、手続きは済んでいないからどうにか丸く収まってほしいのが個人的感情です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください