パーフェクトカップル-あらすじ-31話-32話-33話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-パーフェクトカップル-あらすじ-31話-32話-33話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、グムシクは戻ってきてほしいが二度と来るなとジェスンに言った。
しかし、ネシムはジェスンに関わるなと言った。

ボンはダヘに出資し、その事がシネにバれてしまい、ギジャに怒った。
ボンはギジャを追いかけ、ギジャはボンに結婚しましょうと伝えた。

【パーフェクトカップル】ネタバレあり

31話

ダヘはチキン店をオープンさせた。
ギジャはダヘの店には行かず家にいた。そして、ボンに結婚の事を言って恥ずかしくてたまらないと言っていた。

ジェスンとグムシクはそれぞれ結婚指輪を外した。
ジェスンの所にネシムが入ってきた。そして、ジュンニョンとの話を聞いた。
ネシムは楽しそうに話していた。
その夜、ダルパが家に来た。ダルパはアヨンをホテルに見送ってから車の中で寝ようとしたがヒーターがつかなくなっていたので家にきた。
ジュンニョンはダルパの伯父さんだった。
ダルパはマルニョンの息子だった。
マルニョンはダルパに話かけたりしたがダルパは話しかけるなと言い、マルニョンはその場から去った。
ネシムはジェスンにあきれるわ。私の顔を見た途端“飯を”ですって。と言っていた。ジェスンは母親同然だからよと答えていた。
ネシムは
「夫から解放されたと思ったら甥にこきつかわれるとは。境遇には同情するけど、あの子の母親には腹が立って仕方ない。居座るつもりかしら?
 育児放棄するからいまだに息子に無視されるのよ。」と言った。
マルニョンはリビングで泣いていた。
ダルパは無視して部屋に入って行った。
ダルパはマルニョンの息子だったんですね。それも、育児放棄をしてたなんて…

ギジャは配達から帰ってきてダヘを部屋に寝かせた。
そして、ボンから電話がかかってきた。
ボンは出てこいと言った。
ギジャはボンの所に行くと、車で来ていて車に乗れと言い、ギジャは車に乗った。
ボンはホテルに連れて行き、ギジャと食事をしていた。
ギジャはつい頭に血が上って結婚しようと言ってしまいました。娘さんに“つつもたせ”と言われたからと言った。
ボンは書類をギジャに渡した。そして、ぎゃふんと言わせろと言った。
そして、ギジャは書類を見た。そこには“婚姻届け”が入っていた。
ボンは
「ちゃんとプロポーズしてけじめをつける。何だ。嫌なのか?」と聞いた。
ギジャは
「結婚までは考えてませんでした。」と答えた。
ボンは
「なかったことにするか?礼を言う。俺がまだ男だという事に気づかせてくれた。」と言った。
ギジャは
「私も同じです。夫が死んでから男性を意識したこともないし、生活に潤いもなかった。女として終わったと思ってましたが違ったようです。鏡を見るようになり、
 仕事に行くのが楽しくてたまらなかった。いい年して恥ずかしい。」と答えた。
ボンは
「君が俺を救ってくれた。病人のように過ごしていた俺が毎日を楽しんでる。笑顔を取り戻したんだ。君を想うと心がときめいて笑顔になれる。毎日が大切でしかたない。
 “愛してる”と100回言うより法的な手続きをしたほうが惨めな思いをさせずに済む。これが俺の誠意だ。もう働かなくていい。牛乳配達も辞めろ。君だけの体ではない。
 俺と一心同体だ。病気になったら怒るぞ。結婚したら何がしたい?」と聞いた。
ギジャは
「一緒に買い物を行きたいです。荷物を持ってくれますか?」と言った。
ボンがプロポーズ。なんか、かっこいいですね

チョロンは友達と仲直りしたことをジェスンに手紙を書いた。
チョロンはありがとうと戻ってきてほしいという内容だった。

ボンはセゲに本部長を任す。シネは社長にすると言った。

ギジャは婚姻届けにサインをした。
そして、ボンは家族にギジャと結婚すると告げた。
シネは絶対に許さないと言ったが、ボンは反対されても気持ちは変わらないと答えた。
ボンはそのまま部屋に行ったが、シネはその後を追ってきた。
そして、シネは高校2年の時に家を出た。その時、男の子を産んだのと言った。
ボンは驚いた。

ギジャは夫の墓参りをしていた。そして、プロポーズされたと告げた。

カプドルはハスに呼び出され宣戦布告をされた。
その後、カプスンに会いに行くが、ギジャとも会ってしまう。
カプドルはカプスンを連れてその場を離れ、ギジャはジュンニョンを呼び出し、いいがかりをつけた。
ジュンニョンは怒って言い返しそのまま家に帰った。
ジュンニョンはカプスンを呼び、諦めろ。あの家には嫁がせないと言った。

カプドルはギジャにカプスンを諦められない。結婚したいと言った。
カプドルはそのまま家を出て行った。

ジェスンはグムシクを呼び出した。
そして、飲み友達になって、友達として一つずつお互いを知っていきたい。友達から始めましょう。と言いお互い握手をした。

スジョはシネの仕事部屋に水を設置していた。そして、時計がないと言いスジョに盗んだでしょと言いそのまま警察に行った。
しかし、スジョの服の中や体を調べたが時計は出てこなかった。
シネは前科者だからと言い、警察は前科を調べようとした時、コンジュが警察に来た。
実は時計はコンジュがしていたのだ。コンジュは朝に借りると言ったでしょと言った。
スジョも刑事も濡れ衣を着せたなら謝れと言った。
シネはちゃんと謝らなかった。そして、スジョは金持ちだからって貧乏人を馬鹿にするのは恥ずかしい事ですよ。と言いそのまま出て行った。
シネは怒る事ないでしょと言ったが、刑事は悪いのはあなたです。改めて謝罪を。困った人だと言った。
スジョはバス停で泣いていた。
お金持ちと貧乏人。。なんでこうなるんでしょうね。

カプドルはギジャの電話には一切出なかった。その事でダヘが仕事場まで来て怒っていた。
そして、ダヘは一緒にいたんだと思い、そのままギジャに言ってしまう。
ギジャはカプスンの家に行き、ジュンニョンたちに娘は夜にいたのかと言い怒鳴り込んできた。
その時、カプスンが帰ってきて夜間清掃をしていた。カプドルとは別れたと言ったが、ギジャは信じなかった。
そして、ジュンニョンが会わせませんと言い、ギジャを追い出した。
ネシムは怒り、ジュンニョンが作ったカプスン専用の脚立を壊し、あなたのせいで親が見下されていると怒鳴った。
カプスンはジェスンに別れる。親に逆らえないと言い、その夜、カプドルに会い、別れることを告げた。
カプドルはお前の存在だけが支えだったと答えた。

次の日、ジェスンの元夫がトリの所に現れた。

32話

ジェスンの元夫はトリに会ったことは内緒だぞと言った。

カプドルはカプスンと別れてから毎晩飲み歩いていた。
ハスはカプスンを家まで送って行っていた。
ハスは親は俺が好きならかまわないと言っていると言ったが、カプスンは親はどこも一緒。結婚を考えるとしても仕事で成功してからと答えた。
ハスはそれまで待つ。振り返ったら俺がいると言った。
カプスンが家に帰るとネシムがプルコギを作って待っていた。
カプスンは話があるなら話してと言うと、ネシムは清掃業を辞めて小さい会社に就職しなさいと言った。
しかし、カプスンは3年間だけ目をつぶって。インテリアに興味がある。会社を立ち上げると言ったが、ネシムは孤独だと言い部屋に戻って行った。

ギジャはカプドルの先輩の女性に会いに行った。ギジャはカプドルの事をお願いしたいと言い、女性は積極的に気持ちを伝えろと答えた。
その様子をジェスンが見ていた。その帰り、ダヘに会った。
ダヘは悪かった。反省している。と言い、その場を去っていった。

シネは家を捜していた。それは、赤ん坊を捨てた時、死のうと思っていたが、ある男性が赤ん坊を抱いて去っていくところを見て追いかけたからだった。
そして、いつか必ず迎えに行くと思っていた。
ボンはお前の息子を捜そうとシネに言っていたことを思い出していた。
シネは息子を探してるんですね。でも、捨てたのに返してほしいとか自分勝手では?

ジェスンはグムシクと夜中に飲みに行くことが楽しみにしていた。
そして、ネシムが寝静まってから飲みに行っていた。
しかし、ネシムが途中で起きてジェスンがいないことに気付いた。

ダヘはチキン店が終わるとチョロンたちの家の前に来ていた。
その時、グムシクが帰ってきて、お金を貯めたら子供を引き取ると言ってその場を去った。

ジェスンは家に帰ってきた。そして、ネシムが起きている事に驚いた。
ネシムは夜中に会うなんて怪しいと言い、チョ君に会っていたの?と言い部屋を出て行った。
夜中にダルパが来てご飯を食べるとネシムに言っていた。

カプスンの所にカプドルから宅配便が届いていた。
その中にはデパートで買った高級品のネックレスが入っていて手紙もついていた。
手紙には
「初任給で指輪を贈るつもりだったのにな。ネックレスを贈る。デパートで買った高級品だから捨てるなよ。お前の幸せを祈ってる。元気でな」とあった。
カプスンはそのまま机の引き出しに閉まった。

ボンはギジャを呼び出し、俺を信じるなら待っててくれないかと言った。
ギジャは娘さんが反対を?無理をしないようにしましょう。と言ったが、ボンは別れるのか?君を守ると約束した。と答えた。
ギジャは家に帰りドグムとお酒を飲んでいた。
なんとも言えないですね。せっかくプロポーズしたのに…

ドグムはシネの所に行き食事をすることになった。しかし、シネは食欲がなくご飯がすすまなかった。
ドグムは介護人を解雇したんですか?と聞くと、シネは解雇したと答えた。
そして、シネは引っ越しては?と聞くと、ドグムは家賃が安いならと言うと、シネは部屋を借りてあげると答えた。
ドグムはどうして気をつかってくれるのか。あくどい詐欺師なのに。と言い、シネはあなたは善良な人だからと言った。
その時、スジョが店にきて、シネは驚いた。ドグムは彼女だとシネを紹介したが、スジョは帰ると言ってそのまま店を出て行った。
ドグムはスジョを追いかけ、スジョは理由は言いたくないけど別れてくれ。違う世界の人だ。と言った。

セゲはカプドルと会う事にした。
セゲは
「大変だったそうだな。お母さんがうちにまで来た。鉢合わせた母が激怒してカプドルと別れるようカプスンに迫ったそうだ。」と言った。
カプドルは
「母のせいですみません」と謝った。
セゲは
「謝る事はない。カプドルはこのままカプスンと別れて二度と会えなくても平気か?」と聞いた。
カプドルは
「彼女の希望です。」と言った。
セゲは
「カプドルも知ってるだろ。僕の昔の恋人の事。大学1年の時に出会い結婚まで考えた。親の反対で別れた。僕に言う資格はないが後悔だけはするな。
 一度逃したら取り戻せない。」と答えた。
カプドルは
「親の反対を押し切る自信がないそうです。1週間待ってくれと言ったのにダメでした。俺と別れた方がカプスンも楽になれる。」と言った。
セゲは
「わかってないな。僕にはわかる。年が近いから妹とは昔から仲がよかった。だから、気持ちが分かる。お前から別れを切り出したことは?」と聞いた。
カプドルは
「一度だけです。苦しめたくなかったから。」と答えた。
セゲは
「カプスンも同じだ。選択肢がそれしかなかったんだ。母親を大事に思うお前に何のとりえもない自分を選べと言えるか?だから、うちの親も反対してる。
 大事なのはお前がどうするかだ。カプスンの意見は関係ない。女はこういう時別れを選ぶしかない。」と言った。

カプドルはハスに連絡し、カプスンから手を引け。俺からも宣戦布告だと言った。
カプドルがついに決心?!

ジェスンはグムシクに味噌スープを持っていき楽しい時間を過ごしていたが、
ジェスンの元夫がお土産を持って挨拶に来た。

33話

ジェスンの元夫はトリからジェスンがパートで働いていると聞いたとジュンニョンに言った。
ジュンニョンは離婚したことを話したが、前科者だからトリが可哀想だと答えた。
元夫は言ってることが違う。いつでも来いと言った。こんな言い合いは無意味だ。次は笑顔で接してくださいと言った。

ジェスンは家に帰った。そして、元夫のチョン君が来たとネシムに聞いた。

ネシムはカプスンの仕事の様子を見に行った。
カプスンは高校の同級生に見下されても我慢して床を掃除していた。
ネシムはそのまま家に帰り、カプスンの為に雑巾を縫っていた。
その夜、カプドルが家の前にいた。カプスンは二度と私の前に現れないでと言ったが、
カプドルは
「土曜日に家に行く。結婚の挨拶だ。」と答えた。
カプスンは
「自分の母親は説得できないけど、私の親ならてなづけられると思った?」と聞くと、
カプドルは
「好きに解釈しろ。必ず実行する。だまされたと思って最後に一度だけ信じろ」と言った。
カプスンは
「家に来たら許さない。」と言うと、
カプドルは
「話は以上だ。これは相談ではなく報告だよ。」と言い、その場を去った。

カプスンはハスと新しい事務所の部屋の為のサインをしていた。
そして、カプドルはカプスンの家に手土産を持ってきた。
カプドルは家に行き、挨拶をしようとするが、ジュンニョンに話があるなら早くしろと言われた。
カプドルは
「すみませんでした。すべて俺が頼りないせいです。どうかお許しください。カプスンと結婚させてください。信じてください。ちゃんと就職したのでけじめをつけたいんです」と言った。
ネシムは
「けじめですって?その前に本当に結婚できるのかしら?最初は私も反対してなかったのよ。昔はよく食事をおごってあげたでしょ。なのに、母親すら説得できず
 カプスンに惨めな思いをさせたのは誰よ。」と答えた。
ジュンニョンは
「君の家族にはどう話したんだ。お母さんを説得できるのか?」と聞くと、
カプドルは
「します」と答えた。
ジュンニョンは
「許しを得られなかったらどうする?」と聞いた。
カプドルは
「それでも結婚するつもりです。」と言った。
ジュンニョンは
「馬鹿なことを言うな。説得できないなら諦めろ。歓迎してくれない家に娘を嫁がせたいとは思わない。お母さんの苦労を考えて結婚は諦めてくれ。カプスンが惨めだ。」と答えた。
ネシムは
「お母さんを説得できるなら考えるけど今はダメよ。」と言い、
ジュンニョンは
「ここで諦めるのが一番だ。」と言った。
カプドルは
「ご心配はごもっともです。でも必ず結婚します。信じてください。」と言った。
決心は固いのかもしれませんね。ハスの存在がそうさせたのかセゲの言葉なのか…

カプドルはギジャとカプスンをそれぞれ店に呼んだ。
ギジャには紹介したい人がいると言い、カプスンには結論を出したいと。
店にはギジャが先に着いた。カプドルはこれからは親孝行すると言っていた。
そして、カプドルは結婚相手は自分で選びたい。と言い、ギジャはカプスンが来ることを知った。
そこにカプスンが来た。ギジャはカプスンに息子の人生を台無しにする気かと言い出て行った。
カプスンも私もだましたのねと言い出て行ってしまった。
カプドルはその夜、飲んで帰ってきた。そして、ギジャに認めてほしいと言ったがギジャは聞かなかった。

ジェスンの元夫のチョンがまた家に来た。
そして、ジェスンが帰ってきて、2人で家を出てカフェに行った。
チョンはトリの面倒を見るし、お前ともよりを戻して…と言っていたが、ジェスンが水をかけ勝手を言わないでと言い出て行ってしまった。
ジェスンは家に帰り、ネシムたちにどうして家にあげたのかと言った。
ネシムはトリに会う権利はある。と言ったが、ジェスンは今後話さないでと言い部屋に行った。

ドグムはスジョにマフラーを渡した。
スジョは喜んだが、シネからのおわびだと言われ、床に投げ捨ててしまう。
ドグムは理由をシネに聞くと、そんな女性とは付き合えないと言い、お金を置いていった。
ドグムの言った事は本心でしょうね。スジョを傷つけられたんですから

ダヘは男性の客に難癖をつけられていた。
言い返すと、男性はビール瓶を割って脅されていた。
その時、スジョが来て助けてくれた。
ジェスンはグムシクとデートをしていた。
そして、何か食べようと言いチキンのお店に入るとそこはダヘが経営している店だった。
グムシクは出ようとしたが、ダヘは座ってくださいと言った。

31話~33話の感想

カプドルがやっと動き出しましたね。ギジャが大事なのも分かるけど、
行動しないと何も変わらないですもんね。でも、やり方がなんとも言えない…。
ギジャに対してもカプスンに対しても。

シネに息子がいたなんてボンはビックリでしょう。
コンジュ以外にも子供がいたことは一切知らないんですから。
でも、この事でギジャとの事がダメになるのは
嫌だなと思ってしまう。いい2人なのに。

シネの息子はいつ見つかるんでしょうか??

好きな歴史物のドラマのアンケートをしています!良かったら協力お願いします!!
アンケートはこちらから


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください