パーフェクトカップル-あらすじ-34話-35話-36話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-パーフェクトカップル-あらすじ-34話-35話-36話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、カプドルはカプスンの家に来て結婚の許しをもらおうとしていた。
しかし、ジュンニョン達は親を説得してこいと言っていた。

ダヘの店で男が暴れていた。
そこをスジョが助けてくれたが、その時、ジェスンとグムシクが店に来た。

【パーフェクトカップル】ネタバレあり

34話

ジェスンはグムシクに家まで送ってもらっていた。
そして、家の近くまで送るとネシムがいて、忘年会だと嘘をついてデートしてたの?と聞いた。
ジェスンは忘年会の帰りに会ったと言ったが、ネシムは離婚したのにつきまとうつもり?と怒っていた。
ジェスンは帰ろうとネシムを連れて行こうとするが、
ネシムは
「娘を苦労させた分際でずうずうしいわね。家政婦代わりをさせるつもり?良心がないの?」とグムシクに怒鳴り、
さらにジェスンに
「あなたはなめられてるのよ。これからはトリの父親に頼りなさい。」と言った。
グムシクはジェスンの顔を見た。
ネシムとジェスンは家の中に入り、ネシムは若気の至りなら文句も言わないけどいい年して身の処し方も分からないの?と怒鳴っていた。
ジュンニョンが部屋から出てきてジェスンに本当に恋しているのか?と聞き、ジェスンはうなずいた。
ジェスンは
「一緒に暮らしてる時は彼のよさがわからなかったの。でも離婚したら…いい人だと心から感じたわ。」と言った。
ネシムはあれほど苦労させられたのにと言うが、ジェスンは“チョ君ほどの人はいない”と。この問題は私に任せてほしい。と言った。
ジュンニョンは
「チョ君はいい人だ。だが、とっくに離婚した相手だ。それぞれ養うべき子供も抱えてる。今になってつきあっても意味がない。」と言った。
ジェスンは
「この件には口を出さないで。もう40歳になるの。小学生のように親の言いなりにならない」と言い部屋に行った。
何歳になろうとも子供は子供なんでしょうけど、ジュンニョンの言ってることもわかりますね

ドグムはスジョに今まで貯めていたお金を出して部屋を借りろと言ったがスジョは断った。
ドグムは苦労をさせたくないと言い、スジョは苦労してないと言い返し部屋を出ようとした時、
ドグムは
「実父ではない。父親じゃない。お前のことを失うのが怖くてずっと言えなかった。」と言った。
スジョは部屋を出て行き走って行った。ドグムは後を追いかけたがスジョは待たなかった。

シネはボンの所に息子が見つかったと連絡してきた。
そして、ボンは待っていた。
しかし、息子を探していた人が偽物を連れてきていて財産を狙っていた。
その事をインターホンでボンは見ていた。
シネは急いで帰ってきて喜んでいたが、ボンは表に出て2人を追い出した。
シネは泣いた。

カプスンは事務所の準備が終わった。そこにはハスとダルパがいた。
カプドルも花を持って現れた。

ジェスンの所にグムシクがきた。
ジェスンは昨日のネシムの言葉を謝った。
グムシクはトリの父親と会ったのかと聞いていた。
チョロンとダロンは新年のあいさつ代わりと言い手紙やお菓子を持ってトリの所にきた。
その手紙をネシムが見てやらせているんだと言っていた。

コンジュはネシムたちの所に行き、点数稼ぎだと言って出前を取った。
しかし、出前がなかなかこなかった。
コンジュは知り合いから電話があり、そのまま出て行ってしまいその後から出前が一気に来た。
だが、ネシムたちもお金を持っていなかった。
その時、セゲが来たのでセゲがお金を払った。
コンジュは何のためにきたのやら…

ギジャは預金を下ろし、ダヘの店への出資されたお金をボンに返しに行った。
ボンは受け取ろうとしなかった。
ギジャは玄関先にお金を置き、二度と来ませんと言ってその場を去った。
ボンはお金を持って家の中に入り待っててくれと言っていた。

ギジャは家に帰り、婚姻届けを破いて捨てた。
そして、ギジャは泣いた。

カプドルはカプスンの事務所に検査に行くことを電話で伝えようとしたがカプスンは電話に出れなかった。
カプドルは必要な物を伝言に残したが、再検査が必要となってしまった。
カプドルの先輩のキムはカプスンを呼び出した。
キムは
「彼を自由にしてあげてください。怒らずに聞いてください。恋人だったんですよね?彼のお母様が反対してるとか。私は彼に一目ぼれしました。結婚は“つり合い”が大事です。
 お母様も心配を。家に何度も行きました。聞いてませんか?お母様とは仲良しなんです。あわれみの情のせいで彼は決断できないのでは?どうか賢明な判断を。」と言った。
カプスンは事務所に帰るとカプドルがいた。
カプスンは私を巻き込まないでと言ったが、カプスンは何も聞いてない。と答えた。
カプスンはキムから
「身を引けと。“結婚にはつり合いが大事だから身を引くのが賢明な判断だ”。家にまで招待を?結婚の話まで出てるんでしょ?私を傷つけたいの?2人が検査に来た時、
 これは仕事だと必死に言い聞かせても侮辱された気分だった。事前に連絡ぐらい出来るでしょ」と言った。
カプドルは留守電を入れた。家にきたことも知らない。と答えた。
カプドルはカプスンを連れてキムの前に行った。
カプドルは
「カプスンに何を言ったんですか?清掃業だからってバカにしないでください。職業で人を判断する人だと思いませんでした。釣り合う人同士結婚すべきだと?
 先輩に釣り合う男を捜してください。彼女に謝罪を。」と言った。
キムは謝った。
しかし、カプドルは
「家に来ないでください。母の代わりに俺が謝ります。結婚相手を選ぶのは俺です。」と言った。
カプドル格好いいですね。カプスンを守りました

カプスンとカプドルは帰り道で話していた。
カプスンは私と結婚したい?乗り越える自信はあるの?と聞いた。
カプドルはうなずいた。
そして、2人は一緒にカプスンの家に行って結婚の許しの話をした。
ネシムはカプスンを叩こうとしたが、カプドルが庇った。

スジョは考えて家に帰ってきた。
スジョは自分のお父さんは父さん1人だ。と言っていた。
ドグムはスジョを見つけた時の話をした。

マルニョンはダルパの為にゆで卵を作った。
ダルパが家に帰ってきてゆで卵を渡したが、振り払った。ダルパは俺を置いて逃げた時、ゆで卵を置いて行った。喉を詰まらせて以来大嫌いだ。と言い出て行った。
ジュンニョンは知らなかったのか?と言い、マルニョンは泣いた。

カプドルはギジャが破った婚姻届けと見つけ、ボンに会い渡した。
そして、ボンはシネに連絡し早く帰ってくくるように言った。
シネはドグムの所にきた。
シネはスジョにした事を謝りにきた。ドグムはギジャから言われていた宅配の荷物を家に入れていた。
シネはその間に部屋の中を見ていて、靴の入った箱を開けた。
シネは靴の中を見て、印を見つけた。

35話

ドグムは部屋に戻るとシネがいなかった。
シネは靴を持って部屋を出て行っていた。その時、スジョが帰ってくるのを見えて隠れた。

シネは家に帰った。そして、ボンに見つけたと言った。
スジョが息子だと気付いた。
シネはドグムに連絡し会いたいと言った。

ダヘのしていた店の前にスジョがいた。そこにギジャがきていた。
ダヘはまだ家に帰って来なかった。

ボンはギジャの働いている店に来てギジャを店から連れ出した。
ボンはギジャが返してきたお金を渡してきたが、ギジャは怒って店の中に入ってしまった。

カプスンはカプドルに連絡が来ないことを言っていた。
そして、次の日、カプスンは韓服を来て手土産を持ってカプドルの家に来た。
ギジャは自分勝手な所が嫌いだと怒鳴っていた。
カプスンは正式に挨拶をしますと言い、礼をした。
カプスンは
「年金をもらえる嫁より稼ぐ自信はあります。カプドルを幸せにします。カプドルとのつきあいはもう11年目です。どうしても別れられませんでした。私の一番大切な人なんです。
 同級生だからと気安く接したことは反省しています。結婚したら夫を立てます。結婚を許してください。」と言った。
ギジャはカプスンが持ってきた手土産を投げた。
その時、カプドルは帰ってきた。
ギジャはカプドルに怒りで卒倒しそうよ。押しかけてきて一方的に言いたいことを言うのよ。腹が立つ。あなたがやらせたの?と聞いた。
カプドルは
「そうだ。公務員になったからって居丈高になるなんて笑われる。他に能力がないだけだ。カプスンの方がずっと立派さ。ただの公務員の俺とは違って
 カプスンは大きな会社の会長になるに違いない。俺の何倍も稼ぐぞ。カプスンの稼ぎで贅沢するためにも俺は結婚する。」と答えた。
ギジャは態度を見たでしょ。母親に向かって大声をあげたの。親子の仲を引き裂けば気が済むわけ?消えてちょうだいと言い、2人は出て行った。
カプスンは度胸がありますね。

ジェスンの家にチョンがまた来た。
ネシムはチョンを部屋に入れた。
そして、生活に困らないぐらい稼いでるのかと聞き、チョンは銀行を買い占めようかと。と答えた。
ネシムは復縁する気はあるの?と聞き、チョンはトリのためにもと言っていた。

ドグムは出かけた。そして、シネの所に行くと、ボンもその場にいた。
シネはドグムに感謝しますと言い礼をした。ドグムはきっぱり別れますと言いその場を離れようとするが、
シネは靴をその場で見せた。ドグムは靴を持って人の物を盗むのは最低だと言ったが、
シネがその靴は私のです。と言い泣いた。そして、ボンは教授が育てた子はシネの息子ですと言い、ドグムは驚いた。
その夜、ドグムはスジョに母親を見つけたと言った。スジョは死んだんだろ?と聞くと、ドグムはそう思っていたが生きていた。明日会うと言った。
そして、父親は早くに死んで今は母親だけだ。と答えた。スジョは会いたくない。俺にとって親は父さんだけだと答えた。
次の日、ドグムはシネに会い、スジョが会いたくないと言っている事を伝えた。
シネは会わせてください。直接会って話します。説得して下さい。私のことは言わずに。と言った。
ドグムはつらいですね。。。今まで育ててきたけど、実の母親が見つかってしまうなんて…

セゲは本部長の内示についてボンに聞いていた。
しかし、シネがなかったことにと言った。
セゲは飲みに行くとマンジュがいた。マンジュは1人で飲んでいた。
セゲは見合い相手とケンカしたのかと聞くと、マンジュはケンカをするような仲じゃない。と答えた。
セゲはどうして電話に出ない?と聞いた。マンジュはあなたの奥さんが訪ねてきた。会うのはよしましょうと言って席を立とうとした。
セゲは
「ごめん。俺は自分勝手だ。楽な方を選んできた。結婚しても隣にいてくれると信じてた。だから曖昧な関係を続けてたんだ。今日も引き止めてる」と言った。
マンジュはセゲを抱きしめた。

ジェスンはグムシクがギジャと会っている所を見てしまう。
家にかえるとチョンとトリがレストランで待っているという事をネシムから聞きレストランに向かった。
ジェスンはすぐに帰ろうとしたが、帰れなかった。
グムシクはプレゼントを持ってジェスンを待っていた。
ジェスンがチョンと車が降りてくる所を見てしまった。その様子をジュンニョンが見ていた。
グムシクとジュンニョンはカフェで話をしていた。
ジュンニョンは経済状態もわるいのに娘とつきあわないでくれと言い、グムシクは苦労はさせたくありません。すみませんと言った。

その夜、グムシクは新年の贈り物を持って家の前で待っていた。
そして、ジェスンに渡した。
グムシクは
「こんなところで話すことじゃないけど、あえて言うよ。別れよう。もう会うのはよそう。」と言った。

36話

ドグムの所にシネからスジョのスーツが届いた。
ドグムはスジョの下着を確認した。穴が開いているものと開いてないものを確認して今までのスジョの事を思い出していた。
そして、明日お別れすると決めていた。

ボンとシネは眠れなかった。2人でお酒を飲みながらスジョの話をしていた。
その話をセゲが聞いていた。
セゲは今までのシネやボンの態度を思い出していた。

ジェスンは夜中にグムシクに会いに行き、別れた人からプレゼントをもらえない。返すと言った。
グムシクは何の話か分からなかった。
次の日、グムシクはジェスンの仕事場まで行き、昨日の話をした。
グムシクは理由は?と言うと、ジェスンは心変わりでしょと言い、グムシクはトリの父親に会っていただろうと答えた。
ジェスンは仕事場の人に呼ばれその場を去った。

スジョは新しいスーツを来た。
ドグムは下着の入ったカバンを持って行こうとしたがスジョが部屋の中に入れてしまった。
そして、シネの待つところまできたがドグムはここで待つと言い、スジョは5分で帰ってくる。どうして捨てたかだけ聞くだけと言いシネのところに向かった。
ドグムはスジョを見送り幸せになれと言い、その場を立ち去った。
スジョはシネとボンがいる部屋に入ったが、そのまま出て行ってしまう。
シネはスジョを追いかけ一度だけ許してと言ったが、スジョはコートを脱ぎスーツは後程返しますと言ってそのまま歩いて行った。
ドグムは荷造りをして家を出たが、スジョが帰ってきてしまった。
シネはボンに以前あった事を話した。
スジョはどういう気持ちだったんでしょうか…。嫌な思いをさせた人が母親だなんて。

ギジャはチョロンとダロンの所に行き、今の家の場所を聞いた。
そして、片付けをして部屋を出て、入れ違いにジェスンがキムチを持って部屋に来た。
ジェスンはギジャが来た事を知った。
ギジャは帰りにグムシクに会った。
ギジャは子供に苦労させちゃかわいそうよ。女に夢中で仕事をおろそかにしたか女に財産を取られたのね?と言ったが、グムシクは違いますと怒鳴った。
ギジャはそう思いたくもなる。あなたがしっかりしてないせいよ。と言い、グムシクは二度と来ないでくださいと答えた。
ギジャは孫に会いに来たのよ。と言った。
グムシクは
「娘たちは僕が面倒見ます。口出しは無用です。もう他人ですから。」と言い、
ギジャは
「縁を切るつもり?」と聞いたが、
グムシクはその場を去った。

ジェスンとグムシクは話をして仲直りをした。
その様子をチョンが見ていた。

チョンはネシムにグムシクの事を聞いた。
そして、ネシムはジェスンにチョンにグムシクの事を聞かれたと言ったが、ジェスンは浮気しているわけじゃないと言って部屋に行った。
その時、チョンからトリとの写真がきた。
その夜、カプスンはジュンニョンとネシムにどっちが別れたがらないの?と聞かれていた。
カプスンは
「将来のためにも別れるつもりはない。公務員なら条件はバッチリでしょ。それにハンサムで健康で互いをよく知ってるもの。会社が傾いたときも夫が公務員なら安心よ。
 人にあげるのはもったいない。計算ずくで結婚するの。将来のことを冷静に考えた結果よ。反対しないで。」と言って、そのまま部屋に行った。
ネシムはセゲに電話し、説得してほしいと言った。
セゲはジェスンに会った。そして、つらいときには電話しろと言った。その後、カプスンとカプドルが来た。
セゲは
「家も用意できないのに結婚すると言ってるのか?地道に計画を立ててから許しを得るのが道理だ。結婚式にも金がかかるんだぞ。結婚すると言えば金が降ってくるとでも?
 僕が親でも許さない。」と言った。
カプスンとカプドルは話をした。
カプスンは間借りをしようと言った。カプドルは秋まで待とう。と答えた。
セゲは論理的ですね。確かに何もないのに結婚はできないですよね

シネはセゲを呼び出して店を辞めて医者に戻ったら?と言ったが、セゲは自分の進退は自分で決める。と答えた。
シネはネシムたちのことを悪く言ってしまい、セゲは
「両親の悪口を言うのはやめてください。僕の問題は自分で解決するので構わないでください。この会社や財産なんて狙っていません。もちろん僕の両親もそうです。」と言った。

カプスンはカプドルに会いに行き、自分かギジャがどっちか選んでと聞いた。
カプドルはため息をついてしまう。カプスンはわかったと答え、帰った。
カプスンは家に入ると、みんなに結婚をやめると言った。

次の日、カプドルは土産とケーキを持ってカプスンの家に来た。
そして、結婚を許してくださいと言った。
ジュンニョン達はカプドルの話を聞かないまま食事をしていた。

グムシクの所にチョンがきた。

ネシムはギジャに連絡しカプドルを連れて帰れと言った。
そして、そこにカプスンが帰ってきて、カプスンの目の前でカプドルが持ってきたケーキをカプドルに投げてしまう。
カプスンは怒り
「これはあんまりよ。彼を何だと思ってるの?私が同じことをされても平気?母さんに彼を侮辱する権利はないわ。」と言った。
カプスンとカプドルは外に出た。
カプスンは結婚をあきらめて同棲しようと言った。
その後ろをギジャが通って行った。

34話~36話の感想

カプスンとカプドルは色々ありますね。
毎日が怒涛すぎて早い…。
でも、結婚する結婚しないの繰り返しでお互い大変だ。

ジェスンとグムシク、チョンの3人も大変。
チョンはちょっと何を考えてるか分からない感じですね。
腹の奥底で何をどう考えてるのかわからないです。
グムシクは素直にジェスンの事が好きで必要だという気持ちはすごく伝わってきます。
でも、トリが一番かわいそうですね。。本当の父親に養父とどっちなんだ?と思ってしまいそうです。

カプドルにケーキを投げてしまったネシム。カプスンは同棲という選択肢を選んで
次回どうなっていくのか。

好きな歴史物のドラマのアンケートをしています!良かったら協力お願いします!!
アンケートはこちらから


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください