ヒーラー-あらすじ-16話-17話-18話-キャスト情報ネタバレありで!


韓国ドラマ-ヒーラー 最高の恋人-あらすじ-16話-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ヒーラー~最高の恋人~.jpg
頭脳、ルックス、強さを兼ねそろえた業界最高と名高い便利屋が、ある女性の捜索依頼を受けたことから始まるアクションロマンス。
主演は「奇皇后」で強烈な存在感を放ったチ・チャンウク。
ヒロインには「トキメキ成均館スキャンダル」でお馴染みパク・ミニョン。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ムンホに正体をばらした上に、父親の話を聞こうと実名で敵地に飛び込んだり、これまでにない行動をするジョンフ。完全無欠のヒーラーの頃も良かったけれど、今の愛する人のために行動するジョンフも人間味があって素敵ですね!
ヨンシンがジアンであると知ったジョンフはどのような行動を起こすのでしょう。
【ヒーラー】(ネタバレあり)
16話
事実を知ったジョンフはムンホに詰め寄る。
隠しているのはミョンヒとジアンを守るためだと説明するムンホ。
まだ全てを話さないのはジョンフのことも守るためですよね~。
ボンスはヨンシンの家を訪ね、頼み込んで数日泊めてもらうことにする。
近くでヨンシンをまだ見えない敵から守るためであった。
落ちた物を拾おうと同時に手を伸ばした2人の手が触れ合う。
そのときヨンシンは映画館で繋いだヒーラーの手を思い出し不思議に思う。
ミンジャと通信するジョンフ。
ジョンフの行動に文句を言い、ヨンシンとの仲を良く思っていないミンジャだったが、ジョンフには分かっていた。
ジョンフの父親がヨンシンの実の父親を殺した事で、傷つくことがないように2人を引き離そうとしていたのだ。
ジョンフは自分が傷ついても彼女には告げずに側にいる覚悟をしていた。
口は悪いミンジャだけどジョンフを大切に思っているんですね~。
キム・イチャン議員が党に見捨てられた形で出頭する。
ムンホは新しい市長候補であるキム・ムンシクを取材対象にし、彼がどのように今の富を築いたか調べるようサムデー社員に指示する。
ジョンフがヒーラーではないかと疑うムンシクの指示により、ジョンフの母親がおとりに使われる。
それを知ったジョンフはヒーラーとして駆けつける。
待ち伏せしていたサンス組に毒矢をいられ重傷を負うが何とか逃げ出す。
通信が途絶えて心配するミンジャは近くにいたヨンシンに連絡をいれ、ビルのどこかにいるボンスを捜し出すよう頼む。
ヨンシンはビル中を探し、屋上で血だらけで気を失うボンスを見つける。
病院で付き添う中、一瞬目を覚ましたボンスがヨンシンの手を握る。
そのときにヒーラーに手を握られた感じと同じだと気が付く。
とうとうバレた?!
17話
病室に戻るとボンスが目を覚まし駆けつけたデヨンと帰るところであった。
何とか取り繕いボンスに普段通り接するヨンシン。
さえないボンスが憧れのヒーラーだったなんて動揺するよね~。
ミンジャからあの場で師匠がヒーラーとしてサンス組に捕まったことを知らされる。
ジョンフは師匠や母親、ヨンシンに手を出したムンシクを殺しに行こうとするが、ヨンシンの実の母親が一緒にいるのにと説得するミンジャの一言で思いとどまる。
ミンジャ、ナイス!
ムンシクがヨンジェに呼ばれサンス組にやってくる。
ヨンジェは子どもたちに手を出すなと伝える。
ミンジャの通報で駆けつけた警官によりヨンジェは保護される。
またもやミンジャ!ナイスです。
ジョンフはムンホに今回のことを問い詰める。
母親をおとりに使ってヒーラーの正体を探ったり、ヨンシンを殺そうとしたのは「御大」の仕業だと知る。
御大が何者なのかはムンホもその名以外は知らない。
そこにヨンシンとジョンスがムンシクについてのインタビューを撮りに来る。
ムンシクは92年の春に全財産の廃車場を売り、チェイル新聞に室長として入社してからは異例のスピードで出世し社長まで就任していた。
当時ムンホの自宅にはオメガという投資会社からの来客が連日あったという。
オメガとは倒産寸前のチェイル新聞の株を買い取り、立て直した会社である。
3人はムンホからチェイル新聞の資金関連の資料とサムハン工業の資料から類似点を探すよう指示される。
ヨンシンの家で作業中、2人になったときに話すボンスとヨンシン。
ヨンシンは待っても来ないヒーラーに腹はたつけれどそれでも待つと話す。
ヨンジェはユン刑事の取り調べ中、体に異変を感じ自分がヒーラーだと自首をする。
師匠は突然どうしたんでしょう?
18話
ミンジャはオ秘書がユン刑事の部下と何やら話をする防犯カメラの映像が気にかかりジョンフに伝える。
ユン刑事がヨンジェの供述をとっていると、突然ヨンジェが倒れる。
ジョンフが警察署に駆けつけたとき、ちょうどヨンジェの遺体が搬送されるところであった。
え!師匠ー?!!
ミンジャからその連絡をうけ、ムンシクを殺しに行くのを止めるよう頼まれたムンホがジョンフの前に現れる。
自分が父親のことを聞こうと呼びよせたせいでこんなことになり、そして何もできない自分を責めるジョンフ。
ムンホはムンシクとその背後にいる人物にも必ず罰を与えると約束する。
ミンジャは警察にハッキングしヨンジェの供述データを狙う。
それに備えていたユン刑事だったがミンジャの方が力は上であり、データはハッキングされる。
2人の戦いカッコよかったです。
かつてミンジャは有能な警察官でユン刑事の上司であった。
家庭を持ち病気がちな4歳の子の母親でもあったが、仕事で息子の最期も看取れなかった。
そしてその職場は汚職で溢れていた。
警察の仕事に嫌気がさしてハッカーになったのでしょうか。
ヨンジェの供述はジョンフへのメッセージが込められていた。
人を殺してはいけない、早くヒーラーをやめ好きな人と家庭をもつよう促す内容であった。
ボンスはパソコンの電源を落とし身に着けていたミンジャとの通信手段も全て取り外す。
そして携帯電話も電源を切り、そのまま姿を消す。
ヨンシンはムンシクの妻であるミョンヒにインタビューをしたいとムンホに伝える。
ムンホから聞いたミョンヒの携帯に連絡し、ぜひ取材をさせてほしいと頼む。
ヨンシンとミョンヒが話をしました!2人とも実の母娘であることは知らないのが切ない~。
16~18話の感想
今回は話が動きましたね~。ヨンシンはボンスの正体がヒーラーであると知ってしまいました。騙されていたことにショックを受けても、それを口に出すとヒーラーが去ってしまいそうだからと何も追及しないヨンシン。切なすぎます!!いつも気になることは何でも口に出すのに、ヒーラーが絡むともう完全な乙女です。この2人どうなるんでしょうか。
そして師匠の死も衝撃でした。師匠のキャラクターが好きだったので私も悲しいです!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください