ヒーラー-あらすじ-24話-25話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-ヒーラー 最高の恋人-あらすじ-24話-25話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ヒーラー~最高の恋人~.jpg
頭脳、ルックス、強さを兼ねそろえた業界最高と名高い便利屋が、ある女性の捜索依頼を受けたことから始まるアクションロマンス。
主演は「奇皇后」で強烈な存在感を放ったチ・チャンウク。
ヒロインには「トキメキ成均館スキャンダル」でお馴染みパク・ミニョン。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
とうとう御大と接触したジョンフ。御大から味方になるように言われていましたね~。御大は一般常識が通用しない人ですから、あの手この手を使ってきそうです!
ジョンフはヨンシンを守って、御大の手から逃れることができるんでしょうか?!
御大とムンシク、そしてジョンフがこれからどのように動いていくのか目が離せません。
では早速見ていきましょう。
【ヒーラー】(ネタバレあり)
24話
テレビ番組に生出演したムンシクは、自分がかつて海賊放送の記者をしており言論の自由のために戦った人間であることを話す。
そして弟ムンホが間違った放送をしても言論の自由の精神で多めに見ると語る。
そしてムンホが22年間大切に持っていた海賊放送を録音したテープを番組で披露する。
ぬ、盗んだな~!
大切にしていた思い出とテープをネタに使ったムンシクに憤慨するムンシク。
ヨンシンと一緒にこの放送を見ていたミョンヒは涙を流す。
大切にしていた思い出を汚された気分でしょうね。ムンシクめ!
そんなある日自宅マンションの駐車場でムンホが拉致される。ちょうどムンホに会いに来たジョンフとヨンシンは怪しい車を見かけ、ジョンフはその車を追いヨンシンは安全なムンホの部屋に行く。
しかしそれは御大の罠であった。
サムデー社におびき出されたジョンフはムンホの部屋でオ秘書から薬を打たれそうになっているヨンシンの映像を見せられる。
ジョンフは相手の指示どおりに、パクドンチョルを殺したのは自分だと供述する文章を読み、それを録画されてしまう。
御大はこれから指示通りに動けばヨンシンの安全は保障するし、この録画も使用しないと告げる。
なんて悪い男~!考えることが卑怯!!
解放されたジョンフはヨンシンの待つムンホの部屋に駆けつける。
先ほどの話をし、この件が片付くまで別々に行動することを決める。
ムンシクの部屋ではムンホがジョンフを開放するように頼んでいた。
全く取り合おうとしない兄に、昔「2人が金のことでケンカをしていた」と嘘の証言をしたことをずっと後悔していると話す。
そして「生きているジアンを死んだと・・・」とジアンの話をしようとしたとき、ムンシクは写真たての後ろの盗聴器を壊す。
ミョンヒは自分の部屋で静かに泣いていた。
ムンシクはミョンヒが仕掛けた盗聴器の存在を知っていたんですね!驚きです。そしてとうとうミョンヒがジアンの件を知ってしまう~。
数日後、ジョンフはアン・サンヒョンという自分を罠にはめた男を割り出す。偽の録音テープを奪いに来た男たちも彼の手下であった。
ジョンフはドンチョル殺人の真犯人を自分で見つけて、御大の手から抜け出そうとしていた。
いいぞ!
25話
ヨンシンは父親たちが行った取材の続きをやることを決める。
そんなヨンシンに触発され、ムンホも次の放送テーマを「御大がどのように富を築いたか」に決める。
あんな事があった後ですが、攻めてますね♪
ミョンヒは生きているジアンを死んでいると偽った夫に別れを告げる。20年間面倒をみてくれて愛してくれた夫に感謝を述べつつ、どうしても愛せなかったと語りムンホとともに屋敷を出ていく。
ジョンフはドンチョル殺しの犯人を捜すためにサンヒョンの手下の指紋を集めまわっていた。
サンヒョンはジョンフを刑務所に入れ、彼と組むハッカーは消しましょうと御大に提案する。
物騒なことを言っている~
そして4回目のサムデーニュースが放送される。
92年にギルハンとジュンソクを死に追いやった「鉛丹事件」。これは違法塗料を使い建設中の橋を崩壊させた事件である。倒産した施工会社を底値で買収したのがオメガであり、オメガの代表は御大ことパク・ジョンテという男であることを放送する。
ミンジャはユン刑事にジョンフが集めた指紋を渡し、この中にいるドンチョル殺しの真犯人を捜すように言う。
ミンジャが刑事時代、当時後輩だったユン刑事と最後に組んだのが2000年のオメガ事件であり、当時逃がしたオメガ側の天才ハッカーがアン・サンヒョンであった。
ミンジャは自分たちがそのときに事件を解決していれば今回の4人の殺しも起きなかったと語る。
サンヒョンはミンジャの居場所を特定し、大勢でサンス組を引き連れて捕まえに行く。
捕まる寸前でジョンフが駆けつけ無事に逃げる。
初めて会うミンジャに興味津々のジョンフ。そして金にはならないけれど面白いことをしようと誘う。
ワクワクした表情のジョンフ。一体何を思いついたの~?
夜ヨンシンが仕事から帰宅すると、男たちが養父チスを縛りヨンシンの帰りを待っていた。危ないところでジョンフが助けに来る。
男たちをやっつけて改めてチスにボンスではなくジョンフだと自己紹介し、自分とヨンシンの父親たちを殺した奴らに狙われている事を打ち明ける。
ムンホの前に現れたミンジャはあるデータを渡す。最初に殺されたコ・ソンチョルが持っていた動画である。
そしてミンジャはしばらく会社には行かないよう忠告する。ムンホに殴られたと証言する人がたくさんいて、処罰しろ!と大騒ぎしていた。
御大の仕業か~!
24,25話の感想
御大が攻めてきましたね。ヨンシンを人質に殺人供述の動画を撮られたときは、どうするの~!?と心配しましたが、脅されて言いなりになるような人ではなかったですね!
狙われたミンジャとヨンシンをそれぞれ危ないところで守ったジョンフはスーパーマンみたいでかっこよかったです。
次回はいよいよ最終回です。