ピョンヒョクの恋-あらすじ-21話-22話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ピョンヒョクの恋-あらすじ-21話-22話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ピョン・ヒョクの恋

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジェフンはジュンへの気持ちを抑えきれなくなってきているようですね~♪このままでは、ジュンやヒョクに、気付かれるのも時間の問題かも・・!?
そしてヒョクとウソンのどちらに勝利の女神がほほ笑むのでしょうか?

今回は21話からお伝えしていきますね♪

【ピョンヒョクの恋】ネタバレあり

21話

ジュンに迷惑を掛けてしまったヒョクとジェフンはひたすら謝る。
その頃、ジュン達のマンションを不審な男が覗いていた・・その様子に気付いたチョルミンが声を掛ける。すると、逃げるように帰って行く男・・。
怪しい男は一体何者なのでしょうか

翌日、朝早くからテギョンと会っているヒョク。どうやらBSについて調べてもたっていた様子・・「BSはガンスグループのダミー会社だ。だから仕事を大量に回している・・おそらく脱税と裏金作りが目的だ」「ガンスチキンの時と一緒だ。各店舗に油を納品していたが、品質改善を求めたジュンの父親は解雇されたんだ」と話すテギョン・・。
BSとガンスチキン・・ガンスの隠している事の手掛かりになりそうですね・・

その頃、ヒョクの元に来たヨジン・・そこにジュンの母ヨンウンが通りかかり、食事に誘う。ヨンウンはヨジンをジェフンの母だと勘違いしており、ヨジンもヒョクの母だという事を隠しているため、ジェフンの母親を演じる。
ヨジンはジュンの事が相当気に入っているみたいですね~

食事をしながらジェフンに「いつも眉間にしわを寄せていたから心配していたの。もっと楽に生きなさい・・疲れたなら休めばいい」と気をつかうヨンウン。
しかしジェフンばかり褒めるヨンウンに我慢の限界のヨジンは「ヒョクが私の大事な次男なんです」と打ち明ける。
ヨンウンの言葉、いつも必死に生きているジェフンには嬉しかったでしょうね・・

食事中で休みのジェフンをウソンが私用で呼び出す・・その事を知ったヒョクはジェフンの替わりにウソンの元へ・・。
「自分の後始末は自分でしろ」「人として間違っている」とウソンを責めるヒョク・・そんなヒョクに「調子に乗りやがって!」と殴ろうとするウソン。
そんなウソンの腕を掴んだヒョクは「兄さんは父さんに似てきたな。見ていて哀れだ」と言い放ち、去って行く。
かつて「父さんのようになりたくない」と話していたヒョクの大好きだったウソンがいなくなったのが悲しくもあり、悔しいんでしょうね・・

そんなヒョクを心配して来ていたジェフン・・「これからは断れ。お前にはその権利がある」とジェフンの事を大切に思っているヒョクの発言にただ立ち尽くすジェフン・・。
そこにウソンがやってきてジェフンに「父親が大事なら変な考えは起こすな」と忠告して去って行く・・。
ジェフンを人間として扱わないウソン・・大嫌いです!!

一方、帰宅したヒョクはヨンウンと偶然会う・・しかし、「ジュンに友達のふりして近づくことはやめて欲しい。もう関わらないで」と言われ、落ち込むヒョク。

・・ジェフンは父チュンソプに「会社を辞める・・だから父さんも会社を辞めて欲しい」とお願いする。するとチュンソプは昔の事故の話をし始める・・「あの事件は坊ちゃん(ヒョク)ではなく、ウソンが起こした事件だ。口外するなと言われてきたが、坊ちゃんは兄の罪をかぶり、誰にも言わず耐えてきたんだ」「その事件の事で坊ちゃんを怒っているなら、もう許してあげなさい」と。
ジェフンは今まで本当の事を知らずにヒョクの事を恨み続けていたんですね・・

事件の真相を初めて知ったジェフンはヒョクに「なんで今まで黙っていたんだ。ずっとお前の事を恨んで生きてきたんだぞ」と話すも「父さんも母さんも兄さんも謝らないなんて、情けなくて、お前にもおじさんにも申し訳なくて言えなかった」と答えるヒョク・・。
そんなヒョクの話を聞いて涙を流すジェフン・・その会話を聞いているチョルミン・・。
ヒョクは本当にジェフンの事を大事に思っているんでしょう・・そしてチョルミンが越してきたのは偶然ではなく、やはり何かを探るためなのでしょうか?

その夜、ジェフンの部屋に怪しい男が侵入しようとしていた・・その様子に気付いたチョルミンはそっと尾行する。
・・ジェフンの部屋に侵入し、「ガンス財閥の裏金データ」が入ったパソコンを盗もうとする男。しかし持ち出す最中で物音を立ててしまう・・その音に気付き、起きるジェフンとヒョク。
泥棒なのか、誰かの指示で侵入したのか・・

追いかけるジェフンたち・・そこに張っていたチョルミンが「お前を現行犯で逮捕する」と待機していた。その男の顔を見たヒョクは「ミン社長の部下だ!」と・・その後、チョルミンともみ合いになるも、ミン社長の部下はパソコンを持って逃げてしまう・・。
やはりミン社長・・いやウソンの指示でしたね・・

裏金リストをウソンの元へ渡すミン社長・・「こんなものを隠し持っていたとは」とつぶやくウソン。どうやらウソンがジェフンの手の内を明かすために、指示した事の様子。

その事に気付いたジェフンは、ウソンからの連絡を絶ち、「ヒョク・・本当に俺やジュン達が勝つ世界を見たいと思っているか?その足がかりを俺が作ったら、お前が引き継いでくれるか?」と話す・・。

22話

ジェフンの提案に「もちろんだ」と答えるヒョク・・そこにジュンが「何の話?」とやってくる。
話を誤魔化すために「明日、一緒にスキーに行こう」とジュンを誘うジェフンとヒョク・・しかしなんだか釈然としないジュン・・。
ジェフンは何かを覚悟しているように見えます・・

・・ヒョクが寝た事を確認したジェフンは、チョルミンの元へ・・。
そこで「パソコンの中に裏金の証拠資料があった・・もちろんコピーしてあります」「予定通り、明日行きます・・前にも相談したヒョクの事ですが、どのくらい守ってもらえますか?」「明日の時間をずらしたい・・しばらく会えなくなる友達と会いたいので・・」と話すジェフン。
・・その話を聞いていたヒョクは何の事だか分からないが、ジェフンが何かをしようとしている事を知り、心配していた。
ジェフンはチョルミンと事前に何かを計画していたようですね・・

翌日の早朝、ギファンを呼び出すヒョク。
「専務とジェフンがやろうとしていることは一緒ですか?・・それは・・BSの事ですか?」と聞くヒョク・・「君はお父さんと戦う準備がどこまで出来ているんだ?」と聞くギファン。
ジェフンの話を聞き、ヒョクは何かを悟った様子・・どうするのでしょう・・

一方、検察に訪れるチョルミン・・そんなチョルミンの動向にウソンの息がかかったミョンス検事が気付き「今日、内部告発者が動くようです」とウソンに報告する。
・・その報告を聞いていたチョルミン・・。
色んな所にスパイがいるな~

・・集合しているヒョク、ジェフン、ジュン、チョルミン、ヨンヒ・・。
みんなでクライミングをしたり、楽しい時間を過ごす・・しかし、そこにはウソンの部下が監視役として尾行していた。

その後、遊園地で遊ぶ5人・・ジュンの喜ぶ場所をピックアップしていたジェフン。ジュンの好みが何でも分かるジェフンに疑問を持つヒョク・・。
嬉しそうなジュンをジェフンが本当に優しそうな表情で笑っていて・・なんだか切なかったです・・

次はカラオケへ・・楽しそうにしているジュンを見て、嬉しそうにほほ笑むジェフンを見て「好きな人を教えて欲しい」と聞くも「まだ教えない。自分が好きになる資格があるのか、幸せに出来るのか・・」と話すジェフン。
ヒョクはジェフンの好きな人がジュンだと分かり、2人で楽しそうなジュンを見つめる・・。
ヒョクはジェフンがライバルだと知っても、邪魔するわけでもなく・・なんだかいい関係性の2人ですね♪

・・その後、ヒョクは仮病を使い、ジェフンとジュンを2人きりに。ヒョクたちは別の車で移動することに。
そこにウソンの行動を監視していたテギョンから「ミン社長がウソンの部屋から出た。追手がくるぞ」とヒョクに連絡が・・。
ヒョクは何かを企んでいる様子・・

ヒョクたちの車を尾行する一台の車・・それに気づいたヒョクとチョルミンは車を急停止させ、尾行する車に近づく。
「誰に命じられた?」と質問すると「ピョン室長に(ウソン)・・」と答える男。それを聞いたヒョクは、その車に乗ってウソンの元へ・・。

ピョン・ヒョクの恋 21話・22話 感想

過去の事件がヒョクではなくウソンのせいだったこと、しかもヒョクもウソンの罪をかぶっていたことを知ったジェフン・・。
今までヒョクの事を恨んで生きてきたジェフンにとっては、青天の霹靂のような真実だったでしょう・・。そんなジェフンは何かを覚悟した様子で、今まで出世のためにやってきた事を内部告発しようとしている様子。しかも、ヒョクに迷惑がかからないように・・。そんなジェフンに気付き、動くヒョク・・この2人の絆や友情は本当に強いものなんだな・・と確認!!こういう友情って素敵ですよね♪
さてヒョクは兄ウソン・・そして父ガンスと戦うことができるのでしょうか??

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください