ファジョン(華政)-あらすじ-28話-29話-30話-ネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ファジョン(華政)-あらすじ-28話-29話-30話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

華政

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ファイこと貞明公主は自らの意思で宮中に残ることを選択しました。
渡し場に向かった公主は、イヌにもらった腕飾りを返すのです。
ジュウォンからもらった腕飾りを手にしたい公主のようですね。

【ファジョン(華政)】ネタバレあり

第28話

公主は王の元へ。
「王を許したわけではない。火器都監に残り、国のために尽くしたい」と言う貞明公主。

ジュウォンからの腕飾りを手にする公主。

どうやら2人の気持ちは同じですね~(*´∀`*)

後金が明を攻撃し、戦が始まったと飛んでくるジュウォンの部下。
明は後金に押され、朝鮮からも出兵せざるを得ない状況化だという。

光海君(王)はジュソンに命令するのだった。
「ここはお前の腕の見せ所だ。出兵に反対するよう西人派を説得しろ」と言う。

その頃王宮の外では。
綾陽君(イ・ジョン 光海君の甥)が「明に出兵すべきだ」と座り込み訴えていた。

その後、綾陽君は公主の母の元にやって来る。
そして永昌大君が殺されたことをあえて口にするのだった。

王を憎む者として同じ気持ちであることを言いたかったのでしょうね

光海君を支持する大北派のイノン。
朝鮮の兵を明のために出兵すべきだと言う。

王はもちろん反対すると思っていましたが(≧∇≦)・・・
 ジュソンがイチョムをけしかけ、ジュソンの策略のようですね

一方西人派は、兵の出兵を反対(ジュソンがうまく説き伏せていたため)。
意見がまとまらない。

明への出兵を阻止したい光海君の思いが通らず、苛立ちを覚えるのだった。

第29話

イノンは明のために朝鮮の兵を出兵すべきだと王に申し立てるのだった。

イヌは父の話をこっそり聞いてしまう。

朝鮮の兵を出兵させるよう仕向けようと画策する父ジュソン。
明からの密書が明日届くと話す父。

その場を立ち去ろうとするイヌだったが、公主の身を案じて立ち止まるが・・・。

公主の心にはジュウォンがいることを知っているイヌ。戸惑い悩みます

公主とジュウォン達は倭国のイダチが朝鮮にいるとの話を耳にする。
ジャギョンは「イダチに北方の情勢を聞くといい」と公主たちに話すのだった。

慌ててイダチを捜す公主達。
そしてイダチから情報を聞き出すのだったが、「朝鮮はこの戦から逃れることは出来ない」というイダチだった。

その頃ジュソンは綾陽君を動かし、思いのままに光海君を操ろうと企んでいた。

イダチから聞いた情報を王に報告するジュウォン。
「明は朝鮮を討とうとしている」と。

「出兵を拒めば直ちに攻め入って来るだろう」と話すジュウォン。

王は「明の事は隠し、エホとの交渉を試みよ」とジュソンに託す。

そこにまたまた問題が!
王宮の前では綾陽君が、斧をもって上訴していた。

光海君は王宮の前に姿を現す。

王は綾陽君に強く言葉を発するのだった。
「そなたが吹聴しなければ民も動揺せず、エホとも交渉が出来たのだ!」と。

かつてその昔も同じように吠えていた綾陽君を見逃した光海君。
今回も「見逃してやろう」と言う王だった。

それは「綾陽君が取るに足りないからだ」とバカにする光海君。

第30話

民は明との戦に怯え、街には動揺が広がっていた。

王はそれでも朝鮮の兵を明のために出兵は出来ないと拒み続ける。

その頃ジュソンは裏で糸を引き、綾陽君を操っていた。

多くの民が、綾陽君の志に賛同したと言って集まって来るのだった。

ジュソンが裏で大金をばらまき、糸を引いていることなど全く知らない綾陽君です

綾陽君率いる民の大群はたいまつ片手に闊歩していた。

王は暴動を鎮めるべく「自ら民を説得する」と街に出向く。
しかしそこでは、鎮圧しようとする兵士たちによる民への暴行を目にする王。

心が痛い王です( ;∀;)

王は自分を責めていた。

そこへ火器都監の職人たちからの上訴を持って現れた公主。

王に苦渋の決断を迫るのだった。
「王様が民のために尽力されたことは存じています。これが敗北だと思わないでください」と言う公主。

街には朝鮮兵の出兵の知らせが出回る。
公主も火器都監の一員として戦地に赴くという。

王の抱える孤独を支え、民の苦労を一緒に背負いたいと言う公主。
戦地へ出向くことを王が止めても聞かない公主だった。

ジュウォンも公主に考え直すよう話すのだった。
しかし公主の考えは変わらない。

「今までと同じように、いつも私の側で守ってください」とジュウォンに言う公主。
ジュウォンは公主を抱きしめる。

第28話から第30話の感想

王である光海君。
王座を譲り受けてから・・・と言うのでしょうか。
王座を射止めてからと言うべきでしょうか、ずっとその重みに苦しんできたようですね。
明と後金の脅威から逃れられるよう、この国を変えてみせると勢い込んでいた王の志。
朝鮮が万乗の国になるようにと力を尽くしてきたものの、そう簡単にはいかないいようで。
民の心と重臣たちの想いを一手に引き受ける王の苦しみが、光海君演じるチャン・スンウォン氏からひしひしと伝わってきました。
スンウォン氏の光海君。
とても人間味溢れる味ののある王を演じられていると思います(^▽^)/
非道で暴君だというイメージよりも、スンウォン氏の演じる光海君は、常に民の心を想い苦しんでいた、人情味あふれる人物であるように感じますね。
公主は憎しみと復讐から光海君へと近づいて行きました。
しかし自分がやらなければならないことは王を憎むことではなく、民を守る事だと考えが変わって来たようです。
苦労したからこそ言える公主の言葉には、毎度感動させられますね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください