ファンタスティッククラブ-あらすじ-5話-6話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-ファンタスティッククラブ-あらすじ-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ファンタスティッククラブ.jpg
普通の学校では無く何かの目的で設立された秘密めいた学校。
キャストはチアン役のK-POPグループVIXXのイ・ホンビンなどなど注目の若手俳優が勢ぞろい!
ストーリーと共に彼らの演技にも注目!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
武林峰への道のりを通してお互いを信頼のできる仲間として認めるようになったシウとチアン。一方、スンドクとシウの仲も段々と近づいていっている様子。当初よりスンドクに好意を抱いているチアンとの三角関係に発展してしまうのでしょうか?では気になる第5話から見ていきましょう~!

【ファンタスティッククラブ】(ネタバレあり)

第5話

今まで家族もおらず孤独で誰も信じられず心を閉ざしていたシウ。初めて仲間が出来、芸能界復帰の道を一旦断念して引き続き武林学校へ残ることを決心する。
スンドクと学校に戻るとチアンとソナが校舎の前で心配して待っていた。
部屋に戻ったシウとチアン。すると戻るなり部屋の外から謎の手紙が差し入れられる。中を見てみると今晩、武器庫へ来いという内容だった。
スンドクとソナの話によると武器庫は秘密の部屋として生徒は立ち入り禁止となっており、過去にも生徒が立ち入って問題があったといういわくつきの部屋であるらしい。
しかしシウとチアンの二人はためらうことなく勇みよく武器庫へ向かって行った。中へ入るやいなや生徒達に外から鍵をかけられてしまう。どうやらこの学校の新入生へ対する伝統行事のようだ。
武器庫の中では刀をもった生徒二人がシウとチアンをにらみつけていた。だがシウとチアンはためらうことなく武器をとって彼らと戦おうとした・・・とその瞬間、二人の頭上からクラッカーの音とシャンペンが抜かれ、“武林学校へようこそ”と言って生徒らが二人をとりかこんだ。生徒たちのサプライズ歓迎パーティーだったのだ。

武林峰へ果敢に挑戦して戻って来たシウとチアンを他の生徒たちは二人を武林学校の生徒として認めたようですね・・
一方、スンドクの父親(ポンサン)が隣に住むパンドクと夕食を終えて一緒に家に戻る途中でパンドクが通りすがりに武林学校の学長や教授らに偶然に出会って挨拶をする。しかしポンサンは武林学校の名前を聞くと異常におびえスンドクが武林学校に近付かないよう何度もパンドクに言う。

どうやらスンドクの父親であるポンサンは過去に武林学校と何か関係があったようですね。怖い体験でもしたのでしょうか??
歓迎パーティーの最中にスンドクはバイト先の女主人に呼び出される。
バイト先に行ってみると女主人は“レジの勘定が合わない。お金が無くなったのはお金の好きなあんたの仕業だ。直ぐにくすねたお金を出せ。”と言われる。しかし実際には女主人の息子の仕業だった。一生懸命に仕事をしていたにも関わらず疑われ、ひどいことを言われ落ち込むスンドク。
一方、シウは喉が渇いたというチアンに頼まれ水をとりにいくため下に降りる。途中に先程のパーティーで生徒らが武器庫には幽霊が出るという噂を聞いていたのでふと気になり武器庫に行ってみる。すると一人でお酒を飲みながら泣いているスンドクを目にする。
人生生きていると泣きたい時もあるだろう。とシウはスンドクを自分の胸に引き寄せてなぐさめてあげる。チアンは二人の姿を偶然に目撃してしまう。

スンドクが好きなチアン。心は穏やかではありません。一方、シウもスンドクの色々な面を見てスンドクのことが段々と気になってきている様子です。
次の日の朝、中間考査を行う旨の発表があった。
しかし武術の心得が全くないシウとチアン。これでは試験に挑めない。学長の指示によりメンターシステムより武術をシウはスンドクがチアンはソナがマンツーマンで教えることになった。ソナは学長の娘ともあってこの学校では一番の実力の持ち主だ。
チアンはシウに対する嫉妬心やライバル心もあって絶対に負けたくなくという思いで熱心に練習に励む。
シウは瞑想の授業を前にして教授に頭の中にトラウマがまだ残っているから授業も試験も不可能だといわれる。
二回目の瞑想の授業がやってきた。シウは教授に何が見えるか?と問われる。するとシウは“火の中で泣いている子供が見える。そこには誰かが間違いなくいるようだ。”と答える。

瞑想が進むにつれ頭の中から浮かび上がる映像もだんだんとはっきりとしてくるシウ。その映像は一体シウとどういう関係があるのでしょうか?
シウが瞑想の中で見えた映像を話しだと同時に中国の病院でこん睡状態の謎の男も目をさますのであった。

シウとこん睡状態の謎の男。この二人はどういう関係なのでしょうか?

第6話

瞑想の授業で頭の中に浮かんだ映像を引き続き語るシウ。
火事の衝撃で倒れた男の前に一人の男が立ちはだかる様子が浮かび上がる。しかし子供も男も自分とはどんな関係にあるかシウには分からない・・
瞑想の授業のシウの様子をそっと見ていた学長。学長室に戻り引き出しの中から写真を取り出し、“もしや生きているのか?”とつぶやく。その写真には学長とシウの瞑想の中に浮かび上がった男と少年の3人が写っていた。

もしかしてシウは学長とも過去に何か関係があるのかもしれませんね・・
一方、チアンの父親であるワン・ハオに中国の病院でこん睡状態だった男が目をさましたと部下から報告がくる。
瞑想の時間のシウの様子を見てソナも不思議に思う。実はソナも火事に対するトラウマがあるからだ。
中間考査を目の前にしてチアンは中間考査でシウに勝てばデートをするという願いを聞いてくれるようスンドクに対して一方的に約束をする。

そもそもチアンはスンドクに一目ぼれして武林学校に行くことを決意したのだからシウにスンドウを取られないよう必死です。
中間考査がいよいよ始まった。
スンドクはシウとチアンとの武術の対戦を前にして作戦を練る。よい作戦が浮かび上がりスンドクは一人上機嫌。
作戦名は“猟犬と将軍作戦”だ。ソナもチアンも闘う戦法が攻撃型だ。それを利用する作戦らしい。
シウとチアンとの対戦が始まった。練習の成果もあって果敢に攻めるチアン。シウは防ぐのが精一杯の様子。対戦の様子を見ながら皆はチアンのほうが優位だと思っていた。だがそれはスンドクの練った作戦だったのだ。初めての戦いで息巻いているチアンはペースの配分を考えずに初めから力を抜かず攻撃をするだろうから攻撃する力が衰えたのを見計らってシウがとどめを刺そうという作戦だ。見事に最後にとどめの一撃を加えて作戦を成功させるシウ。

武術の腕はシウよりも優っていたと思っていたのに大好きなスンドクに見透かされて戦術負けしてしまいチアンも嬉しくないですよね・・・
共通点の多いシウとソナ。火事に対するトラウマだけでなく眠れないときにソナが心を落ち着けるためにいつも引いていたピアノの曲を弾くとなぜかシウはよく眠れるらしい。

シウとソナも過去に何か関係があるよう。ますます謎が深まりますね~!
第二次考査の題目は持ち寄りパーティーであった。一人ずつ料理を準備してパーティーに参加するものだが一体どうやって試験の評価をするのであろうか?試験の内容は学長しか知らない。教授も生徒たちもパーティーについて興味津々だ。
武術を教えてくれたお礼にチアンはソナのドレスを選んであげる。シウもこっそりとスンドウの為にドレスを部屋までこっそりと届ける。
ドレスアップや料理の評価も終わりパーティーが始まった。生徒たちはダンスをしたりして楽しい時間を過ごす。学長はシウやスンドクら6人の生徒たちにシャンペンを振る舞う。何も知らない彼らはシャンペンを飲んでご機嫌だが実はこれは最後の試験のために仕組まれたことだった。
学長が仕組んだシャンペンにより6人はぐっすり寝込んでしまう。
目が覚めると6人は武器庫に閉じ込められていた。
実はこれからが本番の試験だったのだ・・・

学長は何の意図で彼らを武器庫に閉じ込められたのでしょうか?
そしてシウの記憶の中に出てくる謎の男。シウの過去がだんだんと明らかになってくるようです。第7話が待ちきれません!!

第5話~6話の感想

今回も前回に引き続き楽しくあっという間に見終わったって感じです!シウの隠された過去を中心としてシウが武林学校を訪れたのも何だか偶然ではないよう。中国で記憶を失っていた男はシウのお父さんでソナはシウのお姉さんなのかなあ・・・?そしてイ・ボムス演じるチアンの父親であるワン・ハオはなぜ昏睡状態の男をずっと監視してきたのか?謎がいっぱいで次回が気になります!よくありがちな学園ドラマと思って視聴し始めましたが見どころが色々とあり楽しめるドラマです!!