ホテルキング-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ホテルキング-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はモネがジェワンから離れ、ペクマネージャーを信じて奮闘していました。しかし最後にペクマネージャーの計略により会長を解任させられてしまいました。
ジェワンはア会長を殺したのがペクマネージャーだと知り、正体を暴こうとしています。
ペクマネージャーに立ち向かうことはできるのでしょうか。
解任させられたモネは再び立ち上がる事ができるのでしょうか。
それでは19話からお伝えしていきますね~。

【ホテルキング】(ネタバレあり)

19話

モネ不在の緊急役員会議が開かれ、モネはシーエルの会長を解任されてしまった。
それがペクマネージャーの計略だと知ってモネは驚愕する。
「私は認めない。無効よ。」と言って出ていく。

ペクマネージャーはモネに“株担保契約書”を見せる。ア会長がすべての持ち株を担保にロマンから金を借りたという。返済期日は昨日だった。ペクマネージャーは「借金を背負いたくなければ、相続を放棄してください。」とモネに言う。

モネはチェギョンに「お金を貸して下さい。」と頼みに行くが「残念ながら私はお力にはなれません。」とチェギョンは答える。
モネは2時間後に役員会議を招集するが誰も来ない。ペクマネージャーが現れ「おとなしく消えるなら生活を保障するわ。」と言う。
ペクマネージャーを信じていたモネはショックを通り越して怒りに震える感じですね。

ペク・ミニョ会長の就任式が行われる。ペク会長が挨拶をしているとモネが入ってくる。
モネは「これが悪人のあなたへの神の意思よ。」と言ってクリスタルを壊す。モネはつまみ出されてしまう。

モネが家に帰ると荷物が運び出されている。モネは怒って追い返しその場で泣き叫ぶ。
皆に裏切られ、会長を解任され、家も奪われ、残されたのは借金なんて絶望しますよね。

ジェワンはチェギョンに会いに行く。ジェワンは「あの女は僕が倒す。お前は協力だけでいい。」と力を貸してくれるように頼む。チェギョンは「いいわ。でも今回はタダじゃないわ。」「私を受け入れてとは言わないけど、モネもだめよ。」「彼女との関係はこれで終わりに。」と条件をだす。
チェギョンはジェワンが頼むとすんなり協力するのですね。でもジェワンはチェギョンと約束してしまいましたね。

翌朝モネは去った。

ペク・ミニョ会長とロマンはジュングを呼び出し車に乗せる。そして途中の橋で降ろす。ジュングはどこか覚えてないが、ペク・ミニョ会長は思い出していた。
≪ジュングの車がミヨンの車を追いかけている。ジュングの車がぶつかりミヨンの車が事故を起こす。ミヨンの車は爆発して火に包まれた。≫
ジュングが執拗に追いかけたせいで事故が起きてミヨンは全身火傷を負った。でも奇跡的に助かり、姿を変えて戻ったわけですね。恐ろしい過去です~。

モネは以前ジェワンと泊った宿に来ていた。そこにジェワンが来る。
モネは「アメリカに戻るの?」と聞く。ジェワンは「戻ると言ったら一緒に行く?」と聞き返す。モネは「シーエルやあの人たちを忘れられない。」と答える。
ジェワンも分かっていて聞いたのでしょうね。平凡に暮らせる日が来て欲しい。

ペク・ミニョ会長は新しい総支配人を待っている。そこにジェワンが来て「お待ちの総支配人は帰らせました。」と言う。ペク会長に「ここに未練が?」と聞かれ、「気になるんです。会長の目的と末路が。」と答える。

ジェワンはサウナ室にいるロマンに会いに行き「新しい総支配人は必要ありません。」と言う。「考える時間を。」というロマンに、ジェワンは「待ちます。」と言い2人とも大量の汗をかきながらサウナ室にいる。
汗をかいたジェワンがシャツを脱ぐと、ロマンが来て背中のタトゥーを見てしまう。
ロマンはジェイデンとジュハンを思い出していた。“兄さんは死んだ。あり得ない。”と言い聞かす。
ロマンがジェワンのタトゥーを見ちゃいましたね。ジェワンにもロマンのタトゥーを見て欲しかったな。2人はお互いの存在に気づいたらどんな反応をするのでしょうか。

モネはホテルの下請けで働き始める・・・。

20話

モネはホテルの下請けのハウスキーパーとしてア・ボクスンの名前で働き始める。
ペク会長はVIP室の改装と宿泊料の値上げをするが、意図が分からなく社員は困惑する。

ペク会長がロマンの体調を心配して部屋に行く。ロマンは「15年前兄さんを捜しにNYへ来た時、兄さんが生きていたら私はお母さんの息子になれなかった。」と言う。ペク会長は「あなたをあの子からの贈り物だと思っているわ。」と手を握る。
やっぱりロマンは実の息子ではないのですね。と言うことはジェワンが実の息子?

チェギョンはジェワンに「ペク会長の夫が香港の有名な武器商人だったが、結婚3年目に夫が事故で死に遺産を相続した。」と調べた情報を教える。ジェワンは狙いがホテルじゃないかもしれないと思う。

モネはデイル銀行の副頭取とペク会長が話している所に現れ「会長さえよろしければシーエルホテルで働きたいんです。」と頼む。ペク会長は副頭取の前なので許す。モネは寮にも入れてもらう。

翌日モネは7階の客室の清掃を1人で任されるが、テーブルの上の黄色いメモがないとお客様が騒ぎ出す。モネは大量のゴミ置き場でメモを探す。
ジェワンはメモの紛失が嘘だと見破る。ゴミ置き場で必死に探すモネを見てジェワンは「僕が取り戻してやるホテルも会長の座も。」と抱きしめる。
本当に幼稚な嫌がらせをしますよね。ジェワンは苦労するモネを見てられない様ですね。

ミン記者は1月25日に撮った写真を見せたいとペク会長に会いに来る。
映像を見せるとペク会長がカメラを床に投げつける。

その夜、ロマンは“チャ・ジェワンは死んでいたが死亡届は出ていない。”と連絡を受ける。
ロマンはジェワンが兄さんだと確信してジェワンの家の前に行き“生きていたのになぜ俺を捨てた・・・”と涙を流す。
そこにジェワンが帰って来て、家で一緒に飲む。
ロマンは自分がジュハンだとジェワンに言わないのですねー。もどかしい~。

翌朝、ジェワンにミン記者から電話があり「ペク会長が通報しました。どうしましょう。」と言われる。ジェワンは「罪を犯したら償うべきです。」と答える。

ミン記者はジュングの家に行く。ジュングはロマンに電話して「ペク会長はア会長が死んだとき一緒にいたそうですね。」と話す。
ミン記者はペク会長に通報され、ジェワンに見離され、ジュングの所に行ったのですね。

モネはジェワンの社宅を掃除しに行く。ジェワンがモネと電話で話しているとモネの叫び声が聞こえる。ジェワンの車も取り囲まれジェワンは襲われる。ジェワンの家にも・・・。

21話

ジェワンは何者かに襲われUSBを奪われる。薄れゆく意識の中で「見つけました、ロマン。」と言う言葉を耳にする。
ジェワンの部屋も何者かが侵入して荒らしていた。
倒れているジェワンの元にジュングがやって来る。血だらけのジェワンを見て「誰が手を出せと言った。」と部下たちを怒る。
ジェワンの携帯にモネから電話があり部下は「チャは処理しました、ロマン。」と言う。
ジェワンを襲ったのはジュングの部下ですね。ロマンの名前を使って…。

ウヒョンはモネがユニフォームのまま急いで外出するのを見て追いかける。病院から電話がありウヒョンのバイクで駆けつけるが、病院の前で我に返りチェギョンに電話する。

モネがペク会長の家を荒らしている所へロマンが来る。ジェワンに手を出したと責められるがロマンは何も知らない。ペク会長も帰って来る。「誤解です。」というロマンをペク会長は叩き「手を汚すのは私一人で十分よ。」と言う。
ペク会長も息子が人の道に背いて生きるのは嫌みたいですね。母親ですね~。

ロマンはジュングに会いに行く。ジュングは「お母様のためにお気に入りだった総支配人を懲らしめた。」と話す。USBを手に入れたジュングは「私に何かあればペク会長は刑務所行きになる。」とロマンを脅す。
ジュングもまだあがきますね~。また痛い目にあう気がしますが…。

ジェワンは病院を抜け出す。その夜ロマンに会い「いいプレゼントでした。必ずお返しします。」とジェワンは言う。ロマンは「私以外は考えられませんか?」と聞くがジェワンは信じない。「母に手を出すな。」と言うロマンに、「もう手遅れだ。」とジェワンは答える。

ジェワンが家に帰るとモネが荒らされた部屋を片付けている。
ジェワンは「ア会長が死ぬ時、ペクが一緒だった。」と話す。震えるモネを抱きしめる。
2人はとてもいい感じにお互いを想い合っている気がするのですが・・・。

翌朝、ジェワンはペク会長の車にGPS発信機をつける。
ホテルにパワーブロガーの団体客が宿泊に来る。一方ペク会長の甥という人物も宿泊する。

モネはブロガーの代表の部屋にタオルを届けると「一杯飲むか?」と誘われる。断るとスカートをめくられ、モネは代表の腕をひねりあげてしまう。ホンチーム長が謝罪に行く。
モネはホンチーム長に「今も会長のつもりですね。迷惑をかけずに出てってください。」と言われる。

ブロガーの団体客は昼食を食べた後、腹痛を訴え病院に運ばれる。
その様子を屋上から見ているペク会長。そこに料飲チーム長が現れ「あなたは常に期待に応えたわ。」とペク会長に言われる。
ジェワンの海外組の仲間だけは裏切ってほしくなかったなー(悲)。

ペク会長と甥の密談を見たジェワンは怪しみ、甥の部屋に侵入する。そこに従業員たちの話を聞いて怪しんだモネも入ってくる。2人は急いで部屋を出ようとするが甥とロマンが戻ってきてしまいクローゼットに隠れる。ロマンは甥の事を企業ハンターと呼びシーエルを再生不可能に売却したいと話す。それを聞いてモネがクローゼットから出ようとするのをジェワンが止める。その音でロマンは2人に気づく・・・。

19話~21話 感想

モネが会長を解任され、ペク・ミニョ会長が誕生しましたね。ジェワンはペク会長の正体を暴こうとホテルに戻ります。
ロマンはジェワンの背中のタトゥーを見て兄さんだと気づきますが言いませんね~。
ジュングもまだあがいていて邪魔ですよね。
そんな中、モネもハウスキーパーとしてホテルで働き始めました。最後にペク会長がホテルを売却しようとしている事を知り驚きます。
ジェワンとモネはホテルの売却をどうやって止めるのか。ペク会長の正体は暴かれるのか。楽しみです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください