ホテルキング-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ホテルキング-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はパワーブロガーの団体の食中毒問題が起こり、ホテルにまた危機が訪れていますね。
それはペク会長がホテルの売却を考えていたからなのですねー。
ジェワンとモネはペク会長の甥の部屋に忍び込みますが、ロマンに気づかれてしまいました。無事に抜け出せるでしょうか。
そして2人はホテルの売却を阻止できるのでしょうか。
それでは22話からお伝えしていきますね~。

【ホテルキング】(ネタバレあり)

22話

クローゼットに隠れたジェワンとモネはロマンに気づかれるが、ロマンは見逃す。
肩を落とすモネにジェワンは「売却は僕が阻止する。機会をくれ。」と言う。

スアンはペク会長の甥はジョン・ハワードといい変装しながら企業を売買していると説明する。モネはア会長の残した物の中から古い写真と謎の番号が書かれた手帳を見つけ、ジェワンに見せる。ジェワンとモネとスアンは3人で対策を考えるがジェワンとモネは寄り添って寝てしまう。
スアンも心強い味方ですねー。

翌日チェギョンは「ロマンは実の息子じゃないわ。」とジェワンに伝える。
モネはホテルの監視カメラを確認した後、ウヒョンとお客様のお見舞いに病院へ行く。
モネはお客様に謝罪しながらドリンクを配る。ブロガーの代表に会いモネのスカートをめくる映像を見せる。

ジェワンが病院に記者を集め説明しているとペク会長が来る。ペク会長が記者の質問に答えているとブロガーの代表が「私が会員に配った間食が原因でした。」と話す。
これでホテルの食中毒問題は解決しましたねー。モネの作戦勝ち?でしょうか。

ジュングに呼ばれロマンが家に行くと2つの封筒を見せて「1つはペク会長の動画、もう1つは総支配人を10年以上刑務所にぶち込める重要な資料だ。」と説明する。
ロマンは「近くに母の知らない私名義の土地があります。」「2つと交換しましょう。」と言う。ジュングは「君の土地を直接見てみたい。」と言う。
ロマンはジュングを連れて行き穴に落として2つの資料を奪う。
ロマンはジュングの存在がもう我慢できなくなったようですね~。

ロマンはジェワンを呼び出す。ジュングから奪った2つの証拠を見せる。
ロマンは「モネと消えろ。そしたらこの証拠を処分する。」と頼む。ジェワンは断る。
ロマンは「ジュングを埋めた。私に罪を着せたから。」とジェワンに伝える。

ジェワンはジュングが落とされた場所へ行く。「僕の人生にあんたは邪魔だ。」と去るが戻ってジュングを助ける。「頼むから僕を捨てろ。」とジェワンは言うが、ジュングは「お前の本当の名前はヒョヌだ。母親がつけた。」と話す。
やっぱりどんなに憎くても助けてしまうのですね~。

ジェワンが家に戻るとモネが待っている。本当の名前はヒョヌだと話すと、モネは「ヒョヌ、いい名前ね。」と言う。ジェワンはモネにキスをする。
やっぱり2人はお互いに必要な存在なのですねー。

翌日、ペク会長と役員の元にジュングが来て「私が副会長に復帰する話は知っていますよね。」と話す。ペク会長はジュングを部屋に呼ぶ。ジュングは「1月25日ア会長の最後の姿を見たのが誰かご存知ですか。」と聞く。そして「あんたの大事な息子をタダじゃ置かない。」と言う。ペク会長は「この虫けら。」と呼ぶ。
ジュングはペク会長を本気で怒らせてしまったような気がします。

ジュングが家に帰ると妻が帰っている。妻宛てにまたペク・ミヨンからの手紙が来ているのをジュングが読む。“夫の本性が知りたかったらこの住所へ来てください。“と書かれている。
ペク会長は昔の家に行く。ジェワンは尾行する・・・。

23話

ペク会長は昔の家を訪れていた。そこにジェワンが尾行して来ていて驚く。
ジュングは隠れてこの家を見に来ていた。ペク会長がいて怪しむ。
ジェワンは家の名義を調べてペク・ミヨンだと知る。ユチーム長に調べて欲しいことがあると電話する。

ペク会長はロマンに会いイ・ジュングや総支配人が言った事は「全て事実よ。ア会長が死んだ日あの部屋にいたわ。でも私はア会長を殺してないわ。」と話す。
ペク会長が「総支配人を徹底的に調べるわ。」と言うと、ロマンは「私がやります。」と言う。
ユチーム長はジェワンからペク・ミヨンの調査を頼まれたとペク会長に電話する。
ペク会長がア会長を殺したのではないのでしょうか・・・。では誰が?

チェギョンは昨晩ジェワンとモネがキスしていたのを見ていた。
腹いせにモネを友人とのパーティーの給士担当にする。友人たちはモネを侮辱する。
それを聞いたジェワンはパーティーの部屋に行き、モネの代わりに顧客の相手をする。

チェギョンは怒って出て行き、ジェワンは追いかける。
チェギョンは「手に入らないなら死ぬほど憎むしかないわ。」とジェワンに言う。
泣きながら歩くチェギョンとロマンはすれ違う。チェギョンは「ジェワンの敵でしょ。」
「協力するわ、何でも言って。」とロマンに言う。
チェギョンはジェワンの敵になってしまうようですね。チェギョンも可哀想です。

その夜ウヒョンとモネが話しているとジェワンが来る。ジェワンは話があると呼び出すがモネはメールで「独り立ちさせて。」と帰ってしまう。ジェワンはメールで「これからは僕がお前を待つ。」と返す。

ジュングはペク・ミヨンの死亡届が出ていないと知らされ、ペク会長がペク・ミヨンだと気づく。

ジェワンは図書室で借りた本のシールを見て、ア会長の手帳の番号と似ている事に気づく。急いで倉庫に見に行くと“モネ”と言うタイトルの本を見つける。
その本にはどんな秘密が隠されていたのでしょうか。気になりますね~。

ジュングはチェギョンのレストランに会いに行き、ジェワンが自分の息子だと話す。驚くチェギョンにビジネスの話をする。
ジュングはジョン・ハワードにも会いに行き、ペク会長が分解しようとしているホテルを丸ごと渡すように打診する。お金の話になるとチェギョンが現れる。
ジュングはチェギョンの財力を使ってホテルを自分の物にしようとしていますね~。

ジュングが家に帰ると妻と娘のダべが離婚届を置いて出て行ってしまっていた。その隣にはア会長に薬を飲ませて死に追いやった話が録音されたレコーダーが置いてあった。

ジュングはペク会長に会いに行き食事に誘う。ジュングは「よくも生きていたな。ペク・ミヨン。」と言い事故現場へ連れて行く。そこで2人は言い争いになり、ペク会長はジュングの首を絞め川に落とそうとする。ロマンが止めにやってくる。ペク会長は「突き落せたのに、ためらった。ヒョヌごめんなさい。」と泣き崩れる。
33年間も憎み続けた相手でもためらってしまうものなんですね~。

翌日、ホテルでは来月からの改装工事が突然始まる。ジェワンは教育室に社員を集めて「私の権限で工事を中断し、営業を再開します。」と話す。

フロントでジェワンとペク会長が言い合っていると、ジュングが来て「申し訳ありません。息子はまだ未熟者でして。」と言う。ペク会長が「息子?」と驚く・・・。

24話

チェギョンはジェワンの父親がジュングだと知ってモネに「彼を逃がせられるのはあなただけよ。」と言いラスベガス行きのチケットを渡す。

ジュングはペク会長や社員たちを前に「ジェワンは実の息子です。」と話す。
ジェワンは社員にジュングの息子だと知られたくなかったようですねー。

ロマンはジュングに「さっきは本物の息子に母親を奪われるかと不安そうだったな。」と言われる。ジュングは「ペク会長が隠してたことを許すとは思えない。」とロマンに封筒を渡し秘密にすると約束する。

ペク会長はジェワンがジュングの息子だと聞き“あり得ないわ。死亡診断書まで見たのよ”と自分に言い聞かすが、ジェワンに「お母さんは?本当に実の母親なの?」と聞いてしまう。
ペク会長はロマンに「実際にヒョヌの死を見た?」と聞く。ロマンは「見ました。」と嘘をつきジュングにもらった写真を「ヤツの実母です。」と言って見せる。
ペク会長はヒョヌかもと思って動揺していますね。ロマンは本当の事を言えません。

役員会議でペク会長はウォーターパークの売却を提案する。

ロマンはジェワンの家に行き「私を見て何も感じませんか?」と聞く。ジェワンは「残念ながら男に興味はない。」と答える。
ロマンは本当の事を言えず罪悪感を抱えてしまっていて、ちょっと可哀想ですね。

ホテルの掲示板にジェワンがモネを客室に連れ込む写真が貼られる。
社員教育の場にモネが出席するとペク会長に今回のスキャンダルの事を責められる。ジェワンが来てモネを庇うが、犯罪者の息子である事を持ち出され誰も信用しないと言われてしまう。モネは「私たちは愛し合っています。」「恋愛も許されませんか。」とペク会長に抗議する。

モネはチェギョンに会いに行きチケットを破く。モネは「アメリカにも行かせないし、あなたにも渡さない。」「ジェワンと手を握って乗り越えて見せる。」と話す。
モネは思い切りましたね~。でも気持ちいいですね、頑張れー!

ジェワンが待っている所へモネが行く。ジェワンが「後悔しないか?」「お前を愛する度に罪を重ねる。それでも欲張っていいかな?」と聞くとモネは「これからはいいことをしましょう。」と答える。2人はキスをする。
ジェワンはペク会長が知らない12冊目の日記をモネに渡す。
ジェワンのセリフは名言が多いですね~。ア会長がのこした”モネ”の本は日記だったのですね。

臨時株主総会が開かれ、ペク会長は「ウォーターパークの売却案が可決しました。」と発表する。そこにジェワンが入ってきて「5名の株主から譲渡され20%の株で議決権行使に来ました。」と言う。そして「これで売却案は否決となります。」と覆す。

ペク会長はジェワンを叩き「やることも口調も虫けらみたいなイ・ジュングにそっくり。」と言うとジェワンはペク会長の胸倉をつかみ「あんたをどん底まで突き落とす。」と言い出ていく。
本当の母子なのに壮絶な言い合いですね。後で知った時、後悔しそうです…。

ジェワンのもとにスアンがロマンの調査資料を持ってくる。そこに“イ・ジュハン”と養子になる前の名前が書かれていてジェワンは驚く。
ジェワンはロマンに会いに行き「ジュハン、俺の弟ジュハンだろ。」と聞く・・・。

22話~24話 感想

ペク会長がペク・ミヨンだとジュングが気づくなど色々な事が明らかになってきましたね。そしてジェワンの父親がジュングだと皆に知られてしまいました。
ジェワンは何とか売却を阻止できて、モネも自分のもとに戻ってきたので少し良い方向に向かってきたのでしょうか。
ロマンがジュハンだと気づいて2人は昔のような兄弟に戻れるのでしょうか。
ペク会長とジェワンはこれからどうなってしまうのでしょうか。
まだまだ目が離せませんねー。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください