ホテルデルーナ-あらすじ-13話-14話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ホテルデルーナ-あらすじ-13話-14話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ホテルデルーナ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
マンウォルとチャンソンのロマンスが着実に進行していますが、気になっている二人がもう一組。ユナとヒョンジュンのロマンスも気になります。何かと一緒にいる二人なので、気になって仕方ありません。
そして自らの死をもって、強い悪霊へと変身を遂げたジウォン。マンウォルが消滅させようと試みますが、うまくいかず・・・。今後、ジウォンがどうなるのかが気になりますね。

【ホテルデルーナ】(ネタバレあり)

EP.13

キスをしたマンウォルとチャンソン。

デルーナに今日も一人の男がチェックイン。
対応したのは、客室長。
客室長には亡くなった娘さんが・・。

娘の敵討ちをするために、その男がやってくるのを心待ちにしていた客室長。
ついにその男がやってきて、客室長は大喜びをします。

自分と娘を死へと追いやった一族の末裔である男。
その男が結婚することもできず、未婚のまま一人で死んだと知る客室長。

“これでユン家の血は途絶えるだろう”と喜んで、男の葬式を見学に行くことに。
葬式を見学に行った、客室長はあることを知ります。
死んだ男と付き合っていた女性が妊娠していると知ったようです

その頃。
強い怨念を残して悪霊になってしまったジウォン。
ジウォンは憎いチャンソンの身の回りを狙い、チャンソンの友人であるサンチェスを襲おうとします。
しかし、殺すことはできずに計画はうまくいかず失敗。

サンチェスの元にマンウォルは、薬を持って会いに行くとベロニカのことも謝罪をします。
謝罪と一緒にもしも、自分の身に何かあった時には、チャンソンのことをお願いしますと頼み込みます。
自分の身に何かあったら・・・。何もないことを祈りたい

悪霊になったジウォンはサンチェスの次に、ミラに手を出そうとします。
しかし、また失敗。
チャンソンとマンウォルは、映画館で気を失ったパク刑事を見つけることに。
パク刑事とミラが恋人だと発覚して、驚きを隠さないマンウォル

マンウォルは過去を思い返します。

自分を裏切ったチョンミョンを殺すため、王女から奪った婚礼衣装を見にまとったマンウォル。

そこにやってくるチョンミョン。
さほど驚きもしないチョンミョンに剣を振り上げるマンウォル。

「生きていたのだな」

「生き残ったのだ。お前を殺す約束を守るため」

また、会うことができてよかったとチョンミョン。

マンウォルはチョンミョンが振り上げた剣によって・・・。
チョンミョンは自ら身を・・・

マンウォルはマゴ神に言われた言葉を思い出したのでした。

その後、ホテルには新しい客が。
今度の客はお母さんを探しにきたと、生きている人間の男の子がやってきます。

生きている人間だと知ったデルーナのスタッフ達。
なんとか男の子を現世に戻そうとするものの、男の子があの世へ行くためのトンネルの方へ行ってしまいます。
お母さんは亡くなってしまったんですね(T . T)

チャンソンは急いでトンネルへと向かいますが・・・。

EP.14

トンネルはあの世へ行くための通り道。
生きた人間がトンネルを渡ってしまえば、戻ってくることは2度とできない。

チャンソンはトンネル内を探し回ります。

ですが、男の子は・・・無事に違う場所で保護され・・・。

マンウォルは男の子に話を聞くと、あの世へと向かうトンネルへと。
チャンソンが戻ってくるのを今か、今かと待つマンウォルの元に、チャンソンは無事で戻ってきます。
よかった♪(´ε` )

チャンソンを抱きしめるマンウォル。
チャンソンを抱きしめたものの、違和感を感じてしまうマンウォル
この感触は・・・・・。

マンウォルはチャンソンの姿をしている、チャンソンが本物なのか戸惑うことに。
チャンソンから感じるのは、自分を裏切ったチョンミョン。

マンウォルにマゴ神は、チョミョンはお前のそばにもういると。
マンウォルはチャンソンが、チョンミョンの生まれ変わった姿だと知るのでした。
あまりのショックで泣くマンウォル。

マンウォルは悪霊のジウォンに、血液がたっぷりと染み込んだ髪飾りを渡すと、髪飾りを食べるように促します。
怨霊になれって言ってる・・・

一方のチャンソンはマゴ神の元へ。
マゴ神に自分がチョンミョンの生まれ変わりなのかと尋ねます。

すると意外な答えが。
チョンミョンの生まれ変わりはチャンソンではなくて、庭園の大きな木にいる蛍でした

自暴自棄気味のマンウォルに、マンウォルがずっと待っていたチョンミョンは、蛍になってずっとここにいたとチャンソン話します。

マゴ神にもマンウォルが名前を呼ぶと、チョンミョンは姿を見せるに違いないと話すと、マンウォルはチョンミョンの名前を呼びます。

名前を呼ぶと同時に、マンウォルの目の前にはチョンミョンが。

チョンミョンが姿を見せたことで、1000年以上続いたマンウォルとチョンミョンの縁は終わることに。

マンウォルはチョンミョンをあの世へ見送ることにしますが・・・。

感想

チョンミョンはずっと蛍として、デルーナの庭にある大きな木にいたんですね。そしてチョンミョンはマンウォルを裏切ったのではなく、マンウォルを守るために裏切り者になったのですね。
そしてチョンミョンに復讐した、マンウォルによって命を終えたのだと。マンウォルはチョンミョンを送り届けるため、ホテルを留守にしますが帰ってきません。マンウォルを思って泣いている、チャンソンの姿が印象的でした。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください