ホームタウン-あらすじ-最終回(12話)-結末は!?

ご訪問くださりありがとうございます。
クルミットです♪
ついに終焉をむかえる。
ガステロ事件と家族養護園
そしてヨンジン教
これらを結ぶ点と点が線になる時
一体何が起こるのだろうか
チェ刑事とジェヨンが考える結末とは

スポンサーリンク

【ホームタウン】(ネタバレあり)

12話(最終話)

ギョンホと対面するジェヨン
母親に似ている、そう言われ複雑な気持ちになる

「サジュに行け」

ジェヨンの母親の出身地だから。
あの人もいる、ギョンホはそう言った
母親って、チェ刑事の奥様ですよね

妻の手紙を見つけたチェ刑事
子供を流産したというのは嘘で
ギョンホから逃げる為に日本に行った
子供を守る為に
私たちの子供はギョンホと一緒にいる
ジェヨンは、妻と自分の子供だったのだ
狂ったようにチェ刑事はギョンホを殴る
これはきつい、チェ刑事苦しいね

娘は自分が誰の子か知っていた
出会った日にあんたの中に種を植えた
愛する人を殺してから自殺するようにと
このサジュの町でとギョンホが言う
もう時間がないから、娘を殺しに行くか自殺するか決めないと
まるで、なんてことのない要求のように
ギョンホが話す

操られているチェ刑事は
自分の感情を制御してギョンホに向かって発砲する
そこからすべてのことが動き出す。
そして、半年後刑務所にいるチェ刑事を
ジョンヒョンが面会に行く

スポンサーリンク

「ジェヨンは元気にしているか?」

娘のことを心配するチェ刑事
やけどの跡を見せるジョンヒョンは
この跡は一生消えないけれど
前を向いて歩いて行きますと
真っ直ぐにチェ刑事を見つめる。

だから、ジェヨンに会って
チェ刑事も歩き出さないと話すけれど
チェ刑事は言う

「毎晩耳元で、娘を殺せとあいつらがささやくのだ」

ギョンホがいなくなっても呪縛から離れられない。
ジェヨンに会わず、そっと自分の心の怪物を抑えて暮らしたい
でも、機会があれば・・資格があればいつかは娘に・・・

スポンサーリンク

ホームタウン 消される過去 12話(最終話)まとめ

ついに完結ですね
ジェヨンが自分の子供だと知ってチェ刑事が
辛そうでみていて心が痛かったです
少し怖いシーンもありましたが
ハン・イェリさんが演じていると
ヒューマンドラマに感じるから不思議です。
あの優しい表情にすべて最後救われたように思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください