マイリトルベイビー-あらすじ-9話-10話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-マイリトルベイビー-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジョンハンにプロポーズされるイェスルですが・・・。
二人の恋に進展はあるのでしょうか。

【マイリトルベイビー】ネタバレあり

第9話「雪の花」

ジョンハンはイェスルに勇気を出してプロポーズ。
ところがイェスルからは「聞かなかったことにする」と言われてしまう。
「誰かと付き合うことは考えられない」と言うイェスル。
「私的なことで、もう会いたくない」とのおまけつき(≧∇≦)

ジヨンはイェスルの名前を勝手に使ってベビーカーの抽選に応募。
そしてなんとイェスルが当選!
まんまと横取りしていた。
何も知らないイェスルの所へ、ボムスママやユンジママがやって来てベビーカーを譲ってほしいという。
その頃ジヨンは当選したベビーカーを売ってお金にしようとしていたのだった。

その頃ちょうどジョンハンはウネの為に新しいベビーカーを捜していた。
ネットで販売者に連絡、待ち合わせ場所へ行ってみるとそこにはジヨンが!!

イェスルに成りすまし当選したベビーカーを転売していることに気付いたジョンハン。
ジヨンはもちろん否定するが、そう言いながら急ぎ足で帰って行った。

今度は化粧品の販売で儲けようとジヨン。
1セットに着き1万5千ウォンずつの上乗せで売ろうとママ会のメンバーを集めて販売。
これにはジョンハンが一枚かんでいました!
ベビーカーの一件で疑いを持ったジョンハンのおとり捜査です!

そこにジヨンの正体を暴くべく乗り込んできたのがジョンハンと同僚刑事のソ・ジャンフンだった。
ママ会のメンバーはジヨンに騙されていたことを知る。
ジヨンはばらされたことでショックを受け気絶してしまうのです

失恋のショックが大きいジョンハン。
「イェスルは特別な存在で、諦めることもできない」とミンに言う。

そんな時、イェスルの父親が来ることを聞きつける。
昔可愛がってくれたからと、あいさつに行くことにしたジョンハン。

イェスルの家の前で不審な男性を目撃し羽交い絞めにすると、それは何とイェスルのお父さんだった!!

第10話「握手」

ジヨンはママ会のメンバーに顔向けできず、井戸端会議にも参加しない。
このままではいけないと、ネットでママ会のメンバーに謝るジヨンだが、ユンジママは退会させるべきだと勢い込んでいた。

そこにジヨンママから連絡が来るボムスママ。
ママ会を退会させられないよう協力してほしいと頼む。
そして、「ママ会の会長にならないか?」とボムスママに話すジヨンだった。

ところがひょんなことからママ会の会長にジョンハンがなることに。
ジヨンはボムスママを押したが、彼女は自信がないと逃げ腰だった。

そして無理やり押し付けられた形でママ会の会長就任となるジョンハン。
これがまたなかなか大変で、次から次へと決めごとがあるようだった。

ママ会の会長を辞めるという決意を固めていたジョンハン。
ところがママ会でのイベントにイェスルの美術教室を使うことが出来そうだと知り、辞めずに頑張ってみるジョンハンだった。

・・・がイェスルは教室の使用を断るのだった。
ジョンハンの自分への心遣いが重く感じるイェスルでした

ジョンハンはイェスルの父に呼ばれる。
そこで「元旦那とイェスルを復縁させたいから協力してほしい」と頼まれるジョンハン。
困りましたね、ジョンハン(≧∇≦)

第9話から第10話の感想

ジヨンは生活に困っていたようです。
ご主人からの生活費もろくにもらえず、苦労していたジヨン。
そこでベビーカーの転売や、ママ会の会長の立場を利用しての営利行為に走ったようです。
子供たちのためにも、うまく生き延びていくにはママ会のメンバーの許しがどうしても必要なジヨン。ママ会恐るべしですね!
ボムスママをけしかけて、会長へと押しますが乗り気ではないボムスママでした。
そんな時に浮上したジョンハンの会長説!!
そりゃ~天敵のジヨンからすればこれだけは絶対阻止したかったことですよね(^▽^)/
ところがなぜか会長に就任してしまうジョンハン。
強面の強力犯刑事が、今ではママ会の会長と言うのも、ギャップがありすぎてとてもユニークな設定ですよね(^▽^)/
そんなジョンハン、自身は独身で初恋のイェスルをいまだに引きずっている純粋な男。
イェスルの父に、元旦那との復縁の為に協力を頼まれるジョンハンですが、残酷ですよね。
ちょっと気まずいイェスルとは、この先どうなるのでしょう。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。