マッドドッグ-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-マッドドッグ-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

マッドドッグ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テヤン生命に入って、なんとか真相を探ろうとするガンウ。
味方だと思ってた人達に、次々と裏切られてしまって・・・。
逆に、ミンジュンとの距離は近づいてきた感じ。
真相はもう何となくわかってきているけれど、悪いやつらを捕まえられるのか??
今回もハラハラドキドキの展開が待っているようですね。

では、早速10話のあらすじから見ていきましょう!

【マッドドッグ】ネタバレあり

10話

非常ベルが鳴り響く温室。
ガンウはミンジュンとチーターを逃がし、自分だけ残って時間を稼ぐ。
ミンジュンたちは出口にたどり着くも、警備員に見つかってしまうけれどムシンが来てうまく逃がす。

ガンウは捕まってしまう。
警察に居るところにホンジュが来て、助けてあげるからおとなしくしろと言う。
そして、そんなに辛くも悲しくもないはずだと言い残して出て行く。
ガンウはマッド・ドッグの仲間たちを傷つけると復讐してくるけれど、それ以外なら・・と考えたんだよね。そこで、ミンジュンを狙うんだけど、もうガンウにとってミンジュンも仲間だなんだよなぁ。

ジョギングしているミンジュンが、イ・ヨンホに襲われ、自分の部屋で首を縛られた状態で見つかる。息はあって、助かる。
1人でいたら危ないので、ガンウの家に連れて行く。
朝、目を覚ますミンジュン。ガンウの家族の写真を見る。
息子の身長を測った後もあり、愛する人の記憶がありながら自分だけ生き残っているのはどんなに辛いだろうかと思う。自分には兄の記憶がないから。
あちこちに飾ってある家族写真に、ミンジュンは心が動かされた様子。ガンウも家で誰かと食事をするのは久しぶりだって・・。辛い2人だな。

ガンウは、自殺した人の遺族に、保険金の支払いを渋っていることを、世間に知らせテヤン生命に調査が入るように計画する。
チョ刑事の娘の手術が終るまではおとなしくしていて、その後世間を騒がせようと準備を進めているガンウたち。

ガンウのあとを付け、会長に報告するチョ刑事。
会長は裏を取って本当のことだとわかると、明日娘の手術をするように指示を出す。
チョ刑事は、ガンウにも会長に居場所を伝えたことを知らせる。

チョ刑事の娘の手術は成功し、チョ刑事は辞表を出し、ガンウに気にせず好きにしろ、今まですまなかったと伝える。
チョ刑事も、裏切ってしまったけれどやっぱりガンウの味方。娘さんの手術が終わったし自由になってほしいな。

さぁ、これから動こうという時にミンジュンと連絡が取れなくなる。
ミンジュンはチョ・ウギョンという、妹が自殺したときに保険金の支払いを拒否された人だった。
テヤンは妹が自殺だと言うけれど、自殺ではないと訴える。
支払いを拒否された日付が、ミンジュンがテヤン生命から34億の保険金を受け取った日だった。

ミンジュンは記者のインタビューを受け、ブラックボックスを確かめる前に自殺判定をし、保険金を受け取ったけれど、同じ日に請求した人には、自殺かどうかわからないからと支払い拒否したのはなぜか?と訴える。

マッド・ドッグのハッカーのヌリは、オン検事長の長男だった。
父親から「帰ってこい」という電話を受けるヌリ。

11話

ヌリは、父親から電話で「何もするな」と言われたとガンウに報告。
一瞬、ヌリスパイ?と思ったけど、ちがうよね。ちゃんとガンウに報告してよかった。

マッド・ドッグで、飲み会!
酔ったミンジュンを家まで運ぶチャン選手。
部屋に付いたとき、2人で転んでしまう。
チャン選手が「痛い」と言うと、酔ったミンジュンは「チャン選手が痛いのはダメなのに」と言って寝てしまう。
朝、ミンジュンが目を覚ますと、横に誰か寝てる。
まさか、チャン選手?と思ったらチーター(笑)
まぁ予想してたけどね。笑いました。最近マッド・ドッグのワチャワチャに癒される・・

テヤン生命の不払いがニュースになると、ホンジュが会見をして謝罪する。

テヤン生命の会長室の不法侵入や、サーバーをダウンさせたことでガンウが1人で罪をかぶって拘束される。
オン検事長が来て、テヤン生命にはうんざりしているので手を貸してもらえないかと提案する。
ガンウは、オン検事長に保険証券の原本を映した動画を渡す。
更にブラックボックスをテヤンから奪って来れば、飛行機事故の再調査をすると約束する。
うーん、オン検事は信用できるのかなぁ。もう誰が味方か敵か、裏切るか・・みんな疑って見ちゃう。

ガンウはホンジュに会い、飛行機に欠陥があったこと、ブラックボックスの内容などを聞くが知らないと言う。
欠陥飛行機を飛ばしたチュ・ヒョンギを捕まえる。テヤン生命には被害が及ばないようにするから、ブラックボックスを渡してほしいと伝える。
ホンジュはブラックボックスのデータをガンウに渡す。
ホンジュは何がしたいのか、どっちの味方なのかさっぱりわからない~。ただ、テヤン生命を守りたいだけなのかも。

ヌリは、父親に携帯も取られ病院に監禁されてしまう。
その病院では同級生がいて、他にも同じ年頃の財閥の息子がたくさんいた。
みんな、兵役を逃れるためにケガを装って入院しているという。
こんな事、本当にあったら大変だな。バレたらすごい反感買いそう。全国民から。

ヌリの病院を探し当てたマッド・ドッグは、チーターが看護師として潜入する。
保険調査チームだと言って、ムシン、チャン選手、ミンジュンも潜入。
そこに、ヌリが同級生にいじめられて逆上し、メスを突きつけて立てこもる。
非常ベルを鳴らして他の人を避難させる。我に返るヌリ。
無事に脱出する。
ヌリの、立てこもりは芝居だったのか本気だったのか・・?でも同級生はほんと嫌なやつだったな。

ガンウは、チュ・ヒョンギに会って、ブラックボックスを聞かせる。
今度仲間に手を出したら痛い目に合わせると言って去っていくガンウ。

テヤン生命の会長は、イ・ヨンホにミンジュンを襲うように依頼する。
かばったヌリが刺されてしまう。
ヌリは、ミンジュンをヒョンと呼んで、ミンジュンもちょっと嬉しそうだったのに。そんなやり取りの後にヌリはヒョンをかばって刺されちゃった。ミンジュン、つらいよね。もうすっかり仲間だから。

12話

刺されたヌリは手術中。
ミンジュンは、関係ない人を危険にさらしてしまった、俺のせいだと悔やむ。

ガンウは、確かにお前のせいだ。だけど、俺も一緒だ。
弱気になったら相手の思うつぼだと言う。

命はとりとめたけれど、意識は戻らないヌリ。
病室にSPがやってきて、VIPルームにヌリを移すと言う。出て行けと言われ、出て行くマッド・ドッグたち。

マッド・ドッグは、ヌリを刺したイ・ヨンホのことについて調べる。
イ・ヨンホは、チャ会長と同じ釜山出身で、テヤン生命の奨学金生だった。
海軍の特殊部隊出身ということもわかる。
趣味はないかな?という疑問に、ミンジュンが答える。
最近できたでしょ。ヤン・ゲバウワー殺し。
みんなミンジュンを心配するが、1人で暴れないから安心してと言うミンジュン。
奨学金を出してもらったからテヤンの会長に尽くすのか・・弁護士にまでなって、殺人に手を染めるなんて理解できないな。 ミンジュンはみんなの前では軽口をたたくけど、1人になると辛くてひとり苦しんでいるんだよね。

ガンウがミンジュンの部屋に来て、ブラックボックスを聞かせる。
原本には兄のボムジュンの声も入っている。
「上げろ、上げろ!」と。
苦しむミンジュンにガンウは他の人を巻き込まずに二人でやるか?と言う。
ミンジュンが「そうしますか?」と言った瞬間、チャン選手とチーターが部屋に入ってくる。
何かあったら苦しいのはお互いさま。その苦しみを私たちだけに押し付けないでと言う。
ガンウとミンジュンと同じように、チャン選手たちだってガンウ達に何かあれば苦しむはず。だからお互い様だから一緒にやろうってことだよね。またマッド・ドッグの結束が強まったみたい。

テヤンの会長はチュ・ヒョンギに、オン検事長に会って息子を刺すように指示したのは自分だと言えと言う。
イ・ヨンホはJHの人間で、自分の部下ではないと言う会長。
そのためにJHに入れたのかと言うチュ・ヒョンギ。
この2人の関係も危うい~。元々お互い弱みを握ってバランスを取っていたけれど、これからはどうなるのか・・。

オン検事長に会う、チュ・ヒョンギ。
自分の指示でやったと謝ると、本当に指示したのはテヤンの会長だと知っていた、オン検事長。
チュ・ヒョンギの父親も、2年前会長の温室で倒れた。
その時、ぜんそくの吸入器をたまたま忘れて死亡したことになっているが、実はテヤンの会長が落ちた呼吸器を踏みつけたのが原因だった。
お互い、家族を傷つけられた者同士、目的が一緒だから指示に従うように言うオン検事長。

ホンジュが会長に、オン検事長とチュ・ヒョンギが会っていたことを報告すると、自分が会うように指示したと言う会長。
だけど、2人が別れ際に笑顔で握手をしていたことを聞くと顔色が変わる。
ホンジュは、JHが欲しいなら私があげるから、イ・ヨンホを自分に付けるように言う。
ホンジュヤ~。今度は何を考えているの~?

イ・ヨンホは、JHに辞表を出す。

マッド・ドッグの事務所に、オ・ソラ看護師が来る。
病室でオン検事長とチュ・ヒョンギが会っていたことを教える。
病室で密会が行われていることを知ると、看護師に盗聴器を仕掛けてもらう。

そこで、オン検事長が飛行機事故を利用して、大統領になろうとしていることを突き止める。
ガンウは、オン検事長がブラックボックスを必要としているだろうと。

オン検事長からガンウに電話が入り、会うことに。
再調査することを確認して、ガンウはブラックボックスを渡す。

その後、オン検事長はチュ・ヒョンギに会い、ブラックボックスを見せる。
手綱は自分が握っていることを示した。
が、チュ・ヒョンギは、昔オン検事長が父親に送っていたメールを見せる。
国交省が突然新路線の増便を許可したため、太く短く飛ばして破棄する安い機体が必要になった。無理に増便を許可しなければ、墜落しなかったのに・・・。
再調査をしたら、オン検事長にも飛び火する。だから、俺に指図するな!とキレる。
オン検事長は、再調査を検討するとトーンダウン。
いやぁ。チュ・ヒョンギホントに抜け目ないと言うか、一番怖いわ。父親の影響なのかな?指図されるのが大嫌いみたいね。突然キレてびっくり(笑)

盗聴器で、それを聞いてがっかりするガンウたち。
検察が許可を出し、保険会社は黙認し、航空会社は欠陥機を飛ばした。
それをすべて兄さんのせいにしたのかと、悔しいミンジュン。
オン検事長に渡したブラックボックスが、原本じゃなくコピーでよかったと。
もちろん!重要な証拠はコピーしておくべきでしょ!

正義と、人権は俺たちが正すしかない。
イ・ヨンホを利用しようと言うガンウ。

ミンジュンが、食事中のイ・ヨンホに近づく。
なぜ人を殺すんですか?
サイコパスですか?と。
イ・ヨンホは、人は殺しませんよと、とぼける。
ミンジュンの目的は、イ・ヨンホを怒らせることだった。

怒ったイ・ヨンホは、ミンジュンの車を追いかける。
車を降りて歩きだすミンジュンを、イ・ヨンホが追いかけ、その後ろからチャン選手も続く。
ところが、イ・ヨンホが突然チャン選手を狙いだす。
慌てるガンウ、ミンジュンたち。
チーターも向かっている。
チャン選手は、本来ミンジュンが襲われる計画を、自分が襲われればいいと言う。
危機一髪のところでミンジュンが来て、イ・ヨンホが襲ってきたところをチャン選手が録画。
警察を呼ぶ。

警察では黙秘をするイ・ヨンホ。

みんなでチャン選手を心配する。
ミンジュンは俺の代わりに危険な目に合うなとチャン選手に言う。
やっぱり2人いい雰囲気。

病院で目を覚ますヌリ。
ベッドの下にチーターの携帯を見つける。

ミンジュンは、ブラックボックスを公開し、イ・ヨンホのことも公にしようと、記者会見を開く準備をしている。

その時、ヌリの病室ではオン検事長とホンジュが会っていた。
ホンジュは、イ・ヨンホがミンジュンに暴力をふるった事は、被害妄想の患者にストーキングされて仕方なくのこと。
ブラックボックスを公開しても、有能な弁護士を殺人者呼ばわりする誇大妄想の患者、ドイツでも問題があったようだし。
マッド・ドッグの信用を失わせ、切り札を無効にするとオン検事長に言う。
その見返りは、ブラックボックスのコピー。
マッド・ドッグが不正にコピーした偽のブラックボックス。
ガンウは大きな過ちを犯した。
誇大妄想の患者に記者会見を開かせ、事故の証拠をでっち上げたと。
被害者の遺族だとしても、許しがたい罪だと言う。

その話を聞いていたヌリは、ガンウに罠だとメールを送ろうとする。
父親がカーテンを開いて、見つかってしまう。

ミンジュンの会見は、始まってしまう。

10話~12話

ここにきて、ヌリ、オン検事長の息子だったなんて。
でも、息子と認められていない感じ。だからガンウを慕っているんだな。
ハッカーなんてめっちゃ使えるのに。オン検事長はわかってない(笑)

それにしても韓国ドラマを見ていると、地位のある人はみんな悪い人だと思ってしまう。
お金さえあれば、自分の罪も消せるという考え。
地位もお金もない弱者を平気で犠牲にするから怖い。

最後はハラハラ。ヌリのメールは送られるのか??
証拠のコピーを取るのは基本だと思うけど、そうかねつ造の罪に問われちゃうのか。
あれだけ大きな事件の証拠だから。

続きがすごく気になる~。