マンツーマン-あらすじ-7話-8話-感想付きで詳しく紹介!

韓国ドラマ-マンツーマン-あらすじ-7話-8話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
指輪のせいでドハが誘拐されてしまいました!
流石に冷静ではいられないソル。
単独行動でドハを救いに行くのだけど…
只今、緊迫した状況のマンツーマンです。
名前も感情もないゴースト要員でも、人を好きになったら弱みが出来るのねーー
それだけドハが魅了的だったてことね♡
ゴーストVSゴースト対決!勝敗はいかに…
それでは7話から行ってみましょう!

【マンツーマン】ネタバレあり

7話

誘拐されてしまったドハ。
ソルは、ドハに渡したGPS内臓のコインをつてに、一人で捜索に行く。
コンテナの倉庫に辿り付き、ドハの居場所を見つけ出すが、コンテナの扉には時限爆弾が仕掛けてあった。
罠を交わし、時限爆弾を止めて中に入るが、そこにはドハはおらず、ドハの映ったパソコンが一台置いてあるだけだった。
そして、ソル室長(敵のゴースト要員)からソルに、木彫りの像と指輪を持ってこないとドハを殺すと電話が来る。
罠にハマり、身分が漏出したソル。
ソルの身分が漏出すると、国家情報員までき危険が及ぶ状況みたいね。

目を覚ますと、縄で縛られている事に気付くドハ。
そこに、ソ室長が現れ、部下にドハの縄を解くように命令する。
ソ室長はドハに、自分を国家情報員であり、この一連の出来事は「作戦」であったと伝える。
そして、持っていた指輪がとても危険な物なので、保護の為にこうしていると嘘をつく。
さらにソルについては、指輪を狙ってドハに近づいたと話すソ室長。
ドハは、ソルの一連の行動が自分をだますためだったと解り、愕然とする。
あらら〜

一方、ウンガンの警護をしていたソルがゴースト要員だと知るスンジェ。
木彫りの像を手に入れたら始末するように指示する。
さらに、ミウンがウンガンの為に新たな女優をキャスティングした事を知ると、ミウンの対しては、息子と接近をさせないこ事で脅迫する。
本当に汚い性格!!一応旦那なんでしょ!?

スンジェにもらった時計がバッタ物だったとわかり、ソルに電話するミョンソク。
会いに来たソルに、次は、上手く指輪のイミテーションを造れる所を知らないか?と聞く。
呆れたソルは、
「また、なんの事故を起こすつもりだ!」
と怒鳴り、出ていく。
あ然とするミョンソク。
何も知らずに馬鹿な父親…

ソルは、爆弾を売った自動車廃棄工場に行き、そこで重要な情報はペク議員が知っていると聞く。

ソルは、ペンタイプの録音機に、
「これから国家情報員を辞職します。これから自分がする行動は全て単独行動です。」
と録音し、ドハの救出を決意する。
側にいたドンヒョンに、ここまでするのはドハの為になのか?と聞かれるが答えないソル。
ドハを愛してしまったのね…

スンジェはミウンを呼び出し食事をする。
息子に会えると思って来たミウンの前に、ウンガンとジ代表が現れる。
ウンガンの映画に投資をすると言うスンジェ。
4人は気まずい中で食事をするが、そこでミウンはウンガンに何度も毒舌を吐く。
結局、投資を断り席を立つウンガン。
その姿を見てニヤニヤ笑うスンジェだった。
いやらしい男ーーーー!!!

ペク議員を探しだし、ドハの居場所を聞き出すソル。
ソルが来ることはお見通しだったみたいね。
ペク議員を縛り上げるが、助けに来た人に、自分の姿を写真で撮らせ、それを利用しようとする議員。

その頃ドハは、監禁の場所から逃げ出そうとヘアピンを使い鍵を開け外に出ようとする。
こういう所、お父さんにソックリ。
ソ室長達のアジトを見てしまい、国家情報員ではないと知るドハ。
盗んだ携帯でウンガンに連絡するが、そこを見つかりまた縛られてしまう。
簡単に開くドアと近すぎるアジトに(笑)

ソルは、自分の家でドハ救出の準備をしていた。
そこに現れたウンガン。
ドハの事が気になって、ソルを訪ねたみたいね。
ソルの姿を見て、お前は誰だ!?と問う。
ちょっと〜簡単に、見つかりすぎる〜

仕方なく、自分の身分を証し、今までの計画も全てウンガンに伝えるソル。
そんな簡単に明かしちゃうの!?
そしてドハの為に自分も戦うと言い、ソルに同行するウンガンだった。

8話

ドハを助けに敵のアジトに行くソルとウンガン。
入り口をウンガンが攻撃している間に中にはいるソル。
そこにいるソ室長と部下との攻防戦が始まった。

無事にドハを助け出すソル。
その後警察も来て、ソ室長と部下達は捕まる。
だけど、一人は逃げたみたいね。

病院に連れて行かれたウンガンとドハに、ドンヒョンが秘密維持契約書を書かせようとする。
しかし、ソルに直接会ってからじゃないと書かないと言うドハ。
ドンヒョンはソルに、会わせることにする。
いいの!?

ソルの家でソルに会うドハ。
お互いに怪我の心配をし合う。
そして、今までの出来事を説明して欲しいと言うドハに、自分が秘密要員であったことを認めるソル。
「いつも嘘をつかなくてないけず、周囲は暴力で溢れた日常にいる自分に、あなたは一番危険な人だ。なので、整理をおねがいします。」
と伝えるソル。
ドハは、書類にサインをする。
それって、ドハがいると心が乱れるって言ってる様なものよね。

ドンヒョンに、今日の行動はお前らしくなかったと言われるソル。
そして、明日からブラックオークション作戦が始まると伝える。
承知するソル、でも何か深く考えているみたい。

次の日、ソルの家を訪れるドハ。
しかし、そこは空き家になっていた。
ソルが自分を離れて出て行った事を知るとその場で泣き出すドハ。
その様子を地下でカメラを通して見守るソル。
その目にも涙が…

ソルは、次の作戦の為に変装して空港で女性と会い、ホテルにチェックインする。
そして、カウンターで例の指輪を見せると、カードが入っている箱を手渡される。
競売参加金を送金する口座番号が入っているカードみたいね。

ウンガンとドハは一緒に家で映画を見ている。
映画の俳優をみて、ソルが自分に対しても演技をしてたと感じると、涙を流す。
その姿を見て、申し訳ないなく思うウンガン。
ウンガンが、ソルにドハから離れて欲しいって言ってからね〜

その頃、ペク議員の選挙活動をみたミョンソクは、アルバイトを抜け、その足で議員に会いに行く。
近くまで来た議員に、自分はゴールドフィンガーだと証すと、ペク議員は顔色を変え、ミョンソクの名刺を貰う。

ミウンは、ジャンチーム長に会う。
そして、子供と自分の安全の為に、スンジェ側に付くと宣言する。
今まで、スンジェの情報を提供していたみたいね。

一方、ソルに会いにソルの家に訪れるウンガン。
地下の部屋に通されると、一緒にビールとチキンを食べる。
そして、ドハに対してどう思っているか聞くウンガンに、なんの感情もないと言うソルだった。

ソ室長の暗号で、消えたユ先輩の死体を発見するドンヒョン。
そして、その犯人にミョンソクが仕立てられるのだった。
ペク議員の悪巧み怖し…

ソルとドンヒョンはソ·ギチョル(ソ室長)の取り調べ室の前に行く。
ミョンソクの汚名を晴らす為には、ギチョルの証言が必要なソル。
取り調べ質のカメラを切り、部屋に入るソルに、
「お前が欲しいものは俺が持っている。ロバート·ユン真犯人の証拠。」
そして、ギチョルの願いは「誰かの死」だという。
ペク議員か?スンジェか?

そして、別の日、ジャンチーム長は補職解雇、ドンヒョンは職権乱用で逮捕される。
どうやら、内部告発されたみたいね。
ソルはジャンチーム長と密会し、任務の中断命令を受けるが、中断したらチーム長とドンヒョンにも危険になる事を感じたソルは、自分一人でも実行すると言い、その場を去る。

警察から逃げ出したギチョル。
隠れてペク議員に連絡し、ゴースト要員Kを除去し、木彫りの像を必ず探すから、また自分を使って欲しいと頼んでいた。

父親が逮捕され、どうしていいかわからないドハ。
警察も、国家情報員も信じることができない。
そこで、ソルの事を思いつくウンガン。
ドハを連れてソルに会いに行く。
ドハは、空き家になった家にソルが帰って行くところを見て驚く。
そして、再び出会う3人。
ソルが一人で任務遂行をしようとしていると知ると、ウンガンもドハも手を貸すと言う。
しかし、任務のために必要なお金がUS500万ブルで…
5億6千万くらいみたいね…ウンガン青ざめる(笑)

7-8話感想

展開が早い回で、それぞれが動き回ってましたね〜
しかし、汚職、職権乱用の嵐。
こんな人がソウル市長になったら、ソウル終わります。
実際がこうでないことを願うばかり…
とうとうジャンチーム長もドンヒョンも捕まってしまい、頼れる人はソルのみ…と思いきや、ウンガンとドハが仲入りしてくれました!
さて、3人でどうやって任務を遂行していくのか!?
面白くなってきました!
それでは9話で会いましょう〜!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。