マンツーマン-あらすじ-9話-10話-感想付きで詳しく紹介!

韓国ドラマ-マンツーマン-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
国家情報員内部にも、スンジェとペク議員が入り込みソル達の行動を阻止し始める。
もう誰も頼ることが出来なくなったソルの前に、ウンガンと、ドハが現れ、手を組む事に…
ゴースト要員とアクション俳優、そしてマネージャーが、財閥と国を相手にどう向かっていくのか!?
面白くなってきました!
それでは、9話から見ていきましょう!!

【マンツーマン】ネタバレあり

9話

2番目の木彫りの像を確保する為には、ブラックオークションに参加しないといけないと言うソル。
それには500万プル(約6億円)が必要だと伝える。
そのお金をウンガンに貸してほしいと言うソル。
あまりの額に、ウンガンもズルってなってる(笑)

ドハの父親も助けないといけないと、お金を出す決意をするウンガン。
トップスターがこの程度の金を出せずにどうする!
と、自分に言い聞かすウンガン。
かわいい(笑)

結局、ドハが立ち上がりソルに契約書を持っていく。
ただで貸すわけには行かないから、何か担保が欲しいとのこと。
その契約は、500万プルを返すまで、24時間ウンガンの密着警護をすること。
ソルは、契約を飲むことに。
また始まったね。(笑)

一方、スンジェに会い、悩みが深くなるジャンチーム長。
スンジェに脅されたみたい。

500万プルを振込みする為に銀行に行くウンガンとソル。
お!この銀行員ソン・ジュンギね!!
最後まで往生際の悪いウンガン。
そうこうしながら、無事に送金は終了。
ブラックオークションの参加権を得る事ができた。

ウンガンは、スンジェに対しての裏情報をから聞く。
ミウンの事が心配になるウンガンは、ソルに内密でミウンと
会うことができないか?とお願いする。

ミウンとウンガンを合わせるため、ソルとドハが協力する。
ミウンに会うことができたウンガン。
ウンガンは、自分の気持ちを伝えるが、スンジェが知ったらウンガンに危険が及ぶと心配になるミウンは、またウンガンを突き放す。
ミウンも辛いね。

その頃スンジェも、2番目の木彫りの像を獲得するために動き出す。

そしてソ·ギチョルは、自ら再びペク議員の命令を受ける。

次の日、ブラックオークションに参加するウンガンとドハ。
ウンガンが会場の視線をひきつけている間にドハが動き始める。
ソルは監視カメラで周りを調べる。

緊張で震えるドハに、自分が全部案内してあげるからと、安心させてあげるソル。
あら、カッコイイわ♡

ドハは、地下駐車場に移動する。
そこで、自分を拉致した国家情報員を見つけ驚く。
その瞬間、ソルがドハを引き隠れたので、見つからずに済むドハ。

無事にブラックオークションに参加するウンガン。
木彫りの像の競売が始まると、スンジェ側の人物が物凄い勢いで賭けはじめ、ウンガンの投資額では買えそうもない額まで金額がはね上がる。

その頃、以前ソルを助けた女性が現れる。
そして、今回のソンサングループの動きは尋常じゃないと言う事を教えてくれる。

その話を聞いたソルは、ドハに電波受信を妨害する装置を渡す。
ドハはそれを持って、スンジェ側の会長のところに行き、時間を引きつけながら電波の妨害をする。

ドハの妨害のお陰でウンガンは、木彫りの像を落札する。
「俺の500万プル!!!!!」
バイバイ〜(笑)

落札した木彫りの像を持って動くドハ。
エレベーターで、自分を拉致したソ·ギチョルに会う。
しかし、ドハは木彫りの像をギチョルに渡し、更にギチョルは、それをソルに手渡す。
あれ?仲間になったの?

以前、ギチョルがロバート·ユンの真犯人を教えるから、誰かを殺してほしいと言う願いをソルが聞き入れたみたいね。

ギチョルは、ドハにロバート·ユンを殺した真犯人の情報が入ったUSBをドハに渡す。

ソルが無事に木彫りの像を持って消えたのを確認すると、ギチョルは車に乗る。
そして運転するその車は爆発してしまう。
ギチョルの殺して欲しい人って自分の事だったのね。

10話

2目の木彫りの像も無事に確保するソル。
そして、再びソルの前に現れるギチョル。
どうやら、車の爆発事故は偽装だったのね。

ギチョルはソルを信じ、自分が隠している家族の場所に共に行く。
父親の存在を知らずに母親と幸せそうに暮らす娘の姿を遠くから見守るギチョル。
病気の娘の為に頑張ってたみたいね。

そして、ソルがドハを好きになっている事に気付くギチョル。

ブラックオークションで、無事に木彫りの像を手に入れたソル、ウンガン、ドハ。
ウンガンの500万プルはいつ戻って来るのかしら…(笑)

今回は、その木彫りの像から細長い鍵が出てくる。
残りはあと1つ。

ソルは、ジャンチーム長に会い、ロバート·ユンが殺された情報のUSBを手渡す。
そして、自分のアジトに戻り、その映像を見ていると、何かを発見するソル。

一方、スンジェは木彫りの像を手に入れる事には失敗したが、別の大きな計画を立てることに。
今の国家情報員を全て排除し、更に木彫りの像までも手に入れる策略らしい。
そんなに力がある人なのね。
ペク議員は、議員代表として、今回の国家情報員の汚職に関しての責任を追求する行動に出る。
お前がそれを追求できる立場かーーー!!(怒)

その頃、ソルは先程の映像で見たものを土台に、何かを探し始める。
そして、本の間から何かを見つける。

ドハは、ソルのアジトに訪れる。
そして、ソルのパスポートを発見し、ソルが今まで様々な偽装をしていた事を知る。
ソルがアジトに到着すると、BB弾を打ち始めるドハ。

ドハは自分にソルがくれたGPSが内蔵されたコインを発見する。
今回は、ドハがこのコインをソルに持たせる。
自分がソルの居場所をずっと監視し続けると言うドハ。
ドハかわいいわ♡

ドハが行き、仕事を終わらせたソルはウンガンに呼び出される。

金粉パックを一緒にし、隣合わせで手をつなぎながら休むソルとウンガン。
ソルの24時間密着警護は続いていた…(笑)

スンジェにペク議員の代わりに、ジャンチーム長を引っ張って来るのはどうか?と提案するミウン。
スンジェも良い考えだと感じたよう。

ソルはジャンチーム長に会っていた。
早く500万プルをウンガンに返せれば密着警護から脱出できるんだけど…と言うソルに、状況が状況だから、しばらくは警護をしていろと言われる。
まだ解放されないソル(笑)

スンジェは、ミウンの言葉を聞くなり、ジャンチーム長に誘いをかける。
色々な物、地位をあげると言って誘惑する。

次の日、ウンガンの撮影場に行く事になったソル。
凛々しく立つソルの元に誰かが現れる。
おー!今回はナム·グンミン!色々ちょっかいを出してくる面倒くさい俳優役(笑)

その時、撮影現場で誰かが写真を撮っているのを発見し、ウンガン、ソル、ドハは直ぐに言って声をかける。
少しビビるウンガン。
そして、追い出す事に成功。

韓国に遂に戻ってきた国家情報委員長はジャンチーム長に、状況が深刻になれば、自分が責任を持って要員の為に位置を退くと言う。
その言葉にがっかりするチーム長。
共に闘って欲しいよね。

その頃、ウンガンはソルに、
「もう俺たち同じ標的になってるんだから、最後までミッションを果たそう!」
と言う。
その言葉に、笑みがこぼれるソル

一方、ジャンチーム長は様々な考えを巡らせていた。
そして、スンジェの条件を受け入れようとするのだが…

ドハと一緒に夜道を歩くソル。
すると、誰かがついて来ているように感じる。
撮影現場で、写真を撮っていた情報員があ後をつけていた。
2人は違う道に入ろうとすると、急にドハがソルに走り寄る。
そして、情報員が現れる前にソルにキスをするドハ。

ドハはソルに作戦があるといったでしょ?と言う。
ドハ:「恋人作戦だから、恋人になりきらないとでしょ?作戦は。」
ソル:「しましょう。その作戦。」
そして、ドハの作戦を受け入れたソルは、心のこもったキスをドハにするのだった。
あら〜♡

9-10話感想

ソルは隠れて次の作戦を練っているようです。
でも、ドハの恋人作戦も気に入ってる様子(笑)
ウンガン、ドハの影響で段々と表情が柔らかくなってきたソル。
この3人、かなり息が合ってます。
そして、ジャンチーム長は本当にスンジェ側に寝返ってしまうのか!?
次回も楽しみです!
それでは11話でお会いしましょう〜!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。