ミス・リプリー-あらすじ-最終回(16話)-ネタバレありの感想を相関図つきで!

韓国ドラマ-ミス・リプリー-あらすじ-最終回(16話)-BS11・テレビ東京・テレビ大阪でも放送された人気の韓ドラ!
ユチョンのキャスト情報や相関図-感想までをネタバレ満載で最終回までお届けします♪

ミス・リプリー1.jpg
全国平均視聴率15.4%を記録した韓国ドラマ-ミス・リプリーがBS11に登場!
人気男性アイドルグループ「JYJ」のパク・ユチョン主演でも話題に。
たった1つの嘘をついたことから主人公ミリの人生は変わり始め…。
嘘で積み上げた成功の先に彼女が見たものとは?

スポンサードリンク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回は、ついに最終回です。
前回は、海に落ちてしまったミリでしたが
彼女は無事なんでしょうか?
全16話ということで駆け足だった気もしますが
ラストはどうなるのか、さっそく見てみましょう!
【ミス・リプリー】(ネタバレあり)
最終回(16話)
海に落ちて、意識不明の重体になるミリ。
一方、容体の回復したイ副会長はミリの状況を聞いても
「今さら顔を出せない」と話す。
病室で眠るミリの顔を見て「もう解放してやる」とヒラヤマ。
ミリの前から消えることをユヒョンに約束するのだった。
意識の戻らないミリ…。
イ副会長もミリの病室を訪れていた。
眠り続ける娘の姿を見て、泣き出すイ副会長。
そんな中、ミリの罪を被ったミョンフンは逮捕されることに。
やがて意識の戻ったミリだが、イ副会長からの看病を拒む。
泣きながら過去のことを謝罪するイ副会長だが
自分がどれだけ辛い思いをしたかを罵倒しながら話すミリ。
その後、ミリは自分の罪を認め、検察へ出頭する。
ユヒョンと話すミリは「愛がなにかも知らなかった」という。
「こんな出会い方じゃなかったら、違っていたかもしれない」
ユヒョンはミリにそう話すのだった。
やがて1年の刑期を終えて、出所するミリの姿。
その顔は晴れやかであった。
外科医に戻ったミョンフンは、充実した日々を送っていた。
ユヒョンもまた、児童福祉センターの開館などで忙しい日々を送る。
イ副会長に手紙を書いたミリ。
「一緒には暮らせないがママのことを愛している」
その手紙を読んで1人、アメリカ行きの飛行機へ乗るイ副会長。
こうしてそれぞれが別の人生を歩き始めたのだった。
最終回(16話)の感想
結局、誰とも結ばれなかったミリでした!
一番最初に、ユヒョンと廊下でぶつかった時、
あそこに戻れたらいいのに…って思います。
あそこで普通に恋愛が始まっていたら…。
そう考えると少し切ないですが
2人が一緒にならなくて良かった気もします。
あっという間の全16話でした♪
最後までお付き合いいただきありがとうございました!
<<13話~15話
ミス・リプリー-各話あらすじ」はこちらから
韓国ドラマ-ミス・リプリー-あらすじ-全話
ミス・リプリー-キャスト情報」はこちらから
韓国ドラマ-ミス・リプリー-キャスト情報
ミス・リプリー-相関図」はこちらから
韓国ドラマ-ミス・リプリー-相関図
ミス・リプリー-評価」はこちらから
韓国ドラマ-ミス・リプリー-評価