ミセン-あらすじ-13話-14話-15話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-ミセン-未生-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
営業3課は、仲間の結束があり、こんな上司、こんな先輩に囲まれてお仕事したいわ~と思ってしまう。
他のメンバーに比べると、恵まれているように思われるグレ。
意地悪な上司と先輩に耐えるヨンイ。
自己中な自分の姿に気が付かないベッキ。
現場主義なのに現場ではないところに配属され先輩に振り回されるソンニョル。
それぞれが抱える問題、これから営業3課にもたらされる問題。
お話は難しい専門用語などが出てきますが、ストーリーの展開や人物像が魅力的なのでお話に引き込まれていきます。

【ミセン】(ネタバレあり)

ミセンあらすじ第13話

営業3課に異動してきたパク課長。
オ課長とキム・ドンシク代理は表情が暗い。
グレに対しても、コネ入社だの高卒だのとのっけから馬鹿にする。
オ課長は営業部長にパク課長の異動取消しを願い出るが
役に立つはずだと却下される。

パク課長のグレへの態度は最悪だった。
“高卒”と呼び、グレに対してバカにした態度を取る。
キム代理も傍で聞いていて腹が立つが、庇えば更にグレが言われると
ぐっと堪えている。
オ課長はさり気なく何とかグレを庇うが、パク課長の嫌がらせは
取りつく島がない。
それより兎に角、仕事をしようとしない。
オ課長からの仕事を、言い訳ばかりしてしようとしない。

ベッキがヘッドハンティングの人といるところを会っているのを見て知っているカン代理。
しかし、ベッキに何も言わないでいる。
ベッキは面接の日程を平日に休みを取ると伝え、予定に入れる。

ヨンイはハ代理との案件を辞退し、雑用係を買って出る。
coffeeを持っていくと、頼んでないからとあしらわれ、FAXが届けば
ハ代理が取りに行く前に、さっと動き、ハ代理に渡すが、何も言われない。
ゴミを捨てろと言われれば、文句を言わずに課の全部のゴミ箱を捨てに行く。
ベッキはそんなヨンイに腹を立てる。
これが君のやり方なのか!と。
ベッキがゴミ箱をヨンイから奪い取り、男子トイレに持って入ります。後を追って
ヨンイが入りますが、そこにキム代理が用を足していて、驚いて狼狽える
ところが面白いです。

ヨンイはベッキに言います。
変に自分を庇わないでと。自分はこの方法でがむしゃらにやってみようと
決めたのだと。だから、貴方も自分の方法を見つけたらいい。
ベッキはヨンイに自分たちは出来る人間だといいます。ヨンイはこの時点で
自分のプライドは一度捨てて、相手の懐に入るために必死です。
けれど、ベッキはそれがわからない。気が付かない。残念な人です。

ソンニョルがグレに上司ソン代理の事で話を聞いてもらおうと電話する。
直ぐ近くにいるのがわかり、グレに上司の相談をしようとする。
そこにパク課長からグレに電話が入る。

オ課長はキム代理にパク課長の所在を聞くが、知らないという。
おまけにグレの姿も見えない。
グレはパク課長の靴を持って、パク課長に電話していた。
パク課長は仕事時間に、サンダルのまま外出し、お金を賭けてビリヤードを
していた。
そのまま、サウナへ向かうパク課長。靴に履き替えていくために、グレに
そこまで持ってこさせたのだ。グレには前の取引先に会いに行くと嘘をつく
オ課長とキム代理は何となく気が付いている。

鉄鋼課へオ課長は書類を持っていく。
そこにベッキが定時で退社しようとしていた。
カン代理のデスクの電話が鳴っている。
ベッキはわかっていて取ろうとしない。
オ課長が電話に出て、伝言を受ける。
その姿に唇をかんで俯くベッキ。
書類をベッキに預けるオ課長。必ず鉄鋼課から決裁をまわせ、
営業3課と資源課も急いでるからな。
そういうと、ベッキの顔をじっと見るオ課長。
ベッキに、「どっかで踏ん切り付かないか?」
そういうと、ニヤッと笑いオ課長は立ち去った。
ベッキの気持ちを察しているオ課長。何とか転職しないでほしいと
思っているのでしょうね。

パク課長はサウナに行っていたことがバレバレ。オ課長は、パク課長にくぎを刺す。
オ課長の自分への態度に機嫌を悪くし、キム代理に当たりだす。
さすがのキム代理も腹に据えかね、言い返すがそこに本部長が通りかかると
人が変わったように態度を変えるパク課長。
本当に腹が立つ人です。

オ課長は“我慢しろ”といい、キム代理は“仕事以外で馬鹿にされたら言い返せ”
という。グレはどうしたものか・・・自宅で囲碁のかってのノートを引っ張り出して見ていた。

パク課長がグレの仕事を相変わらず馬鹿にする。
けれど、業界用語を立て続けにグレに質問し、全て答えるグレに対し
“生意気だ”と内心グレに黒い感情を抱いている様子。
突然英語で話し始めるパク課長。英語はわからないグレ。
そうわかると、敢えて英語で話し続ける。ただ突っ立っているグレ。
オ課長はその様子を顔を苦々しい思いで聞いている。
パク課長に一言「幼稚だな。」というオ課長。
パク課長はその場を離れると、営業3課から見えないところで
グレの事なのかオ課長の事なのか、気に入らないとつぶやくのだった。

ミセン あらすじ第14話

パク課長はグレにマッサージをさせる。
グレはパク課長に足の裏までマッサージをさせようとする。
グレは、言われるままに・・・。
けれど、キム代理がそんなグレを屋上に連れて行く。
なんで、嫌なら嫌で断らないんだとグレを怒る。
なんでこんな奴隷のような出所してきた人のようなんだ。
どんな過去があれば、あんな風に自分を犠牲にできるのかというキム代理。
お前の事をこれからでも、もっと知っていきたいとグレに言う。
本当にグレの事を心配している、いい人なんですよね。早くお嫁さん
見つかればいいですね。そんな下りが出てきて、ちょっと可愛い場面があります。

ソンニョルはソン代理に、仕事を何だかんだと押し付けられ困惑気味・・・というより
ちょっと腹が立っている。出張も必要性なさそうな出張。
他の仕事もあるので、と断るとソン代理に逆に怒られてしまう。

ベッキはカン代理が不在中に、決裁文書を作成してみるかと言われ、
ここは自分の能力を示せると意気込み、文書を作成し提出していた。
しかしその文書が受理されずに返却される。
文書保留の理由がわからないベッキ。
オ課長がそんなベッキに、文書を見て何がいけないかを教える。
社内の文書様式を使わず、自分の新書式で勝手に作っているっことを指摘。
カン代理が指摘した“基本”を理解していないことをベッキに伝えるオ課長だった。
こういうさり気ないところがオ課長の魅力です。こういう人についていきたいなあ。

ベッキは今までの自分に対するカン代理のことを思い返していた。
カン代理から言われた“基本が出来ていない。” “まだまだだな。”
そう自分に向けられた言葉に、やっとカン代理の言っていたことに
気が付くベッキ。
自分を嫌っていたんじゃないんだ。職場の先輩として、ちゃんとこの会社の基本を伝えようと
していたのに、自分がそれをちゃんと受け止めていなかったんだ・・・。
ベッキはカン代理に電話する。
保留として返された文書の内容を伝える。
すると、カン代理は修正部分を指摘し教えてくれた。
そして最後にカン代理は「また明日」といい電話を切る。
ベッキは自分の考えだけでいくのではなく、ちゃんと会社の基本の
やり方がありますからね。それを無視するのはよくないことに気が付いたんですね。

ミセン あらすじ第15話

グレは退社しようとすると、パク課長からまた嫌な言葉を浴びせられる。
「自分のことを知りたい」そう言ってくれたキム代理を自分の家に招待するグレ。
自分の今までのことを話す。プロ棋士を目指していた時のノートなどをキム代理に見せる。
キム代理はその几帳面なノートに感心する。
グレは語りだす。
ずっとプロの棋士を目指していたこと。父の死で夢を諦めたこと。
ワン・インターナショナルに入る前に別の会社にも一度入社していたことがあること。
しかし、そこではプロ棋士を目指していたことは正直に話していた。
ところが、それが原因で周りに誤解を生み、逃げるように止めて軍隊に入ったこと。
そして、今の会社に入った経緯を尋ねられ、ある社長が今の会社の専務と知り合いだった伝手でチャンスをもらえたと答えるグレ。
そして今度の会社では自分の過去を絶対話すまいと決めていたこと。
キム代理は最初、オ課長が嫌いな専務のコネでグレが入って来たため
グレに邪険な態度を取っていたことをようやく理解する。

キム代理はそんな過去のことが原因で俺たちにもプロ棋士を目指していたこと
を黙っていたのか?
それを言うなら、俺は地方大学出で就職も大変だったんだ。
会社に入って思ったのが、人生ってずっとドアを開けていくことなんじゃないか。
そう話すキム代理だった。

パク課長の他部署の女性へのセクハラで、ソン次長にセクハラをどうにかしてほしいと
相談が入る。
ソン次長はオ課長に、パク課長を黙ってみていないでほしいとお願いする。
このセクハラ行動が、本当に腹が立つんですよ。もういやらしいったらありゃしないんです。
オ課長は、パク課長に対しガツンと言ってしまう。
「仕事をサボるのは見逃すとしていたが、セクハラやグレやキム代理へのパワハラ
は我慢出来ん。やはり一緒に仕事は無理なようだ。」と・・・。

ミセン 第13-15話 感想

かなり専門用語が出てきたりと、ちょっと戸惑うところもありますが、
グレを取り巻く色んな人たちの、葛藤が面白い。
今のこのストーリー展開はやはりパク課長。
この嫌な人物を、本当に見ているだけで不愉快に演じる役者さん
もすごいなあと思います。

キム代理のお嫁さん探しが何気に面白い。
ベッキのような人もいるなあと思い当たる人物像だし、
ソンニョルの上司のソン代理も、また思い当たるなあなんて
そんなところが、このドラマの見どころなんでしょうかね。
ヨンイもこの先、どうなっていくのか心配ですが、何故か大丈夫かな
なんて思えてくるところがあるんですよね。
もう、色んな気になるがあって、続きが早く知りたいです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください