ミッシングナイン-あらすじ-7話-8話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ミッシングナイン-あらすじ-7話-8話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミッシングナイン

スポンサードリンク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
レジェンドの社長ジェグクも生きていました!
検事テヨンは、ボンヒが妹ソヒを殺したと言う音声を聞いてしまいます。
ボンヒの記憶はどこまで回復するのでしょうか。

【ミッシングナイン】ネタバレあり

第7話 不可解な生存者

(無人島での出来事)
ギジュン達は、対岸に取り残されているボンヒとソヒを助けに行くため、テホには内緒でボートの修理。

夜中にボートの修理をしていたヨルの元にやって来たのはテホだった。
その頃ジアとギジュンもテホによって木に縛り付けられていた。

テホは自分が助かる為にはボートが必要だった。
ヨルと殴り合いになるテホ。

テホに殴られた勢いで、岩に頭をぶつけたヨルは・・・そのまま帰らぬ人に。
テホはヨルを抱きしめて泣き叫ぶが、結局ヨルの遺体を海に流すのだった。

テホっていったいどんな人なの??

一方、対岸に辿り着いてから2日が過ぎようとしていたボンヒとソヒ。
ボンヒは暗闇の中目を覚ますと、ソヒの姿が無い事に気付く。

助けが来ないことに悲観したソヒは、生きていくのが辛かった。
崖の上から飛び降りようとしていた。

そこにボンヒが。
兄テヨンからのネックレスを見つけたと言って必死に止めるボンヒ。

飛び降りようとするソヒを止めるボンヒはもみ合いになり、ソヒは崖の下にかろうじてぶら下がっていたのだ。

何とかソヒを助けるボンヒ。

その頃、テホを殴る男の姿が。
ジュノだった。

生きていました!!よかった~(^▽^)/

テホは気絶し、ジュノたちはボートでソヒとボンヒを助けに向かう。

ボートに乗って暗闇に漕ぎ出したのはジュノとギジュンとホハンだった。
対岸に着いた3人は無事にソヒたちと会うことが出来た。

ソヒは命の恩人のボンヒに、テヨンからのネックレスをプレゼント。

その頃テホは、衣類と食料品をバッグに詰め、住まいを後にする。

島に戻って来たジュノたちは、ヨルとテホが居なくなっていることに気付く。
ジュノは1人でヨルとテホを捜しに出かけるのだった。

(現在)
レジェンドの代表ジェグクも生きていた。
副代表のチャン・ドパルとこっそり会っているジェグク。
公安に調査を受けに行く車で移動中、ドパルの指示を受けた人間に殺害されてしまう。

ボンヒはソヒが崖から飛び降りようとしているところを助けようと、手を差し伸べたところで眠りから覚める。

記憶が少し戻ったようです

調査委員長のヒギョンは中間発表を行うと言って記者を集めていた。
ボンヒは自分がソヒを殺していないことを思い出し、記者会見場へと駆けつける。

そして会見を見守るテヨンに「私ではない、全て思い出した」と告げる。

ヒギョンの耳には、「レジェンドの代表ジェグクが生きていたが、公安に向かう途中事故に遭った」との報告が。

第8話 信じていた仲間との葛藤

(現在)
公安に向かう途中に事故に遭ったジェグクは、病院のベッドの上で意識不明。

(無人島での出来事)
毎日テホを捜しに出かけるジュノ。
雨の中テホを見つけたジュノだが、逃げるテホ。

追いかけるジュノはヨルの行方を聞く。
そこでテホから「殺すつもりは本当になかった」と聞くのだった。

許せないジュノだったが、「ヨルへの罪悪感を持って生きろ」と言い、皆の元にテホを連れてくるジュノ。

その夜ソヒはテホを呼び出す。
「ここから出て行って」とソヒ。

ソヒはテホを信じられないようです

テホが人を殺したところを見たと言うソヒは、「出て行かないなら追い出す」と言ってその場を去るのだった。

テホはソヒを追いかけ首を絞めて殺してしまう。
テ・ホハン室長が偶然にもそれを見てしまうのだった。
そしてテホに脅されるテ室長。

ソヒの遺体を海に流すジュノ達だった。

(現在)
記憶が戻ったと言うボンヒ。
話を聞かれるボンヒは、無人島でテホがソヒを殺した事をすべて話すのだった。

そこに、「もう1人の生還者がいる」と報告を受ける調査委員長のヒギョン。
ボンヒも一緒に出迎えに行くが、なんと現れたのはテホだった。

テホを迎えにやって来たレジェンドの副代表チャン・ドパル。
彼と一緒に車に乗り込む。

そしてテホの口からボンヒを始末しろと言う言葉が出るのだった。

実はテホ、ずいぶん前から病院に入院していたようです。意図的に登場を遅らせたようですね(≧∇≦)

「テホがソヒを殺したと世間に発表しよう」と言う調査委員長のヒギョン。
エレベーターに乗り込むと待っていたのはレジェンドの副代表チャン・ドパル。
ヒギョンを呼び止め、2人きりで面会を望むテホの元に連れてくるドパル。

「僕は殺していません」と言うテホだった・・・。

第7話から第8話の感想
ボンヒの記憶が戻り、思い出した事がありますね。
それによって大きく変わろうとしている矢先に、もう1人の生存者が現れました!
とっても恐ろしい事実が明らかになったと同時に現れた生存者、それはテホでした(≧∇≦)
テホがソヒも殺害したと言うこと(≧∇≦)
自分本位なテホの行動は、恐怖を通りすぎ憤りを感じますよね。
テホはいったい何人を殺めたのでしょう。
「無人島での出来事を知る人間を生かしては置けない」と企むテホとドパルです。
ボンヒが生きていることを知ったテホは、ボンヒの命も狙うのでしょうか。
ドパルに狙われて意識不明のジェグク。
一体無人島ではどんな出来事が起きていたのか、真実がとても気になりますよね。
記者会見を決めたヒギョンと会うテホは、いったい何を話すのでしょう。
ジュノやギジュンにジアたちは、みんな生きているのでしょうか(≧∇≦)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.