ヨンワン様のご加護-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

ヨンワン様のご加護

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

プンドはピルドゥの言葉に騙され、母がいると言うフランスへ行こうと空港へと急いでいましたが。
チョンイの姿を見かけて舞い戻ってきます。

【ヨンワン様のご加護】(ネタバレあり)

第28話

チョンイの名前が、なぜ自分の携帯には「スペシャル」と登録されているのかが気になっていたプンド。
チョンイと自分の仲が一体どんな仲だったのか、知りたかった。

ヨンイン会長も、ピルドゥに対して不信感を持っていた。
ひき逃げ犯の首謀者がピルドゥだと聞いたことも直接伝える会長だったが。
顔色一つ変えないピルドゥだった。

ジナは、「プンドが空港へ向かった」とピルドゥから聞かされる。
しかし空港のどこにもプンドはいなかった。
それもそのはず、プンドはチョンイとカフェにいたのだ。

チョンイに色々質問をするプンド。
しかしチョンイは本当の事が話せなかった。

本当は自分がプンドを助けた。
プンドにとって自分だけ見え方が違うからスペシャルなのだと、そう伝えたかったのだが。

ジナの気持ちを知っているチョンイは、言えなかったのです( ;∀;)

母親が待つ外国に行くと話したプンド。
チョンイはプンドの母が亡くなったことを知っていた。
そこで不思議に思うのだったが、本当の事は言えなかった。

プンドはライアンから真実を聞き、母が亡くなったと言う施設へと向かう。
そして母の死を知ったプンド。

「亡くなった母がフランスにいる」と言った叔父のピルドゥ。
理由がわからなかった。
ヨンイン会長も、ピルドゥがプンドをたきつけ、フランスに行かせようとしている事、ひき逃げの首謀者であることを感じとっていた。
それを問い詰める会長。

シジュンは証拠不十分で釈放された。
ジナの所にやって来るシジュン。

プンドは、チョンイと自分の関係をテヤンたちから聞き出していた。
そしてチョンイの元へとやってくるプンドは。
「本当の事を話して欲しい」と懇願する。

第29話

プンドとチョンイが話しているところに、ドッキが現れる。
チョンイを無理やり家の中へと連れて行ってしまった。

シジュンはジナを連れてドッキたちの所へやって来る。
「両親の前で自分がしたことを話せ!」と言うシジュンだが、ジナは逃げ出してしまう。

ハッキュはシジュンに謝罪するのだった。
シジュンは何も言わず帰って行く。

ヨンインは、ピルドゥを信頼できなくなっていた。
必死に取り繕うピルドゥだったが、ばっさりとピルドゥを切り捨てるヨンイン。
「この会社と、私の前から出て行け!」と言うヨンイン会長。

「自分と同じような地獄を味あわせてやる!」とシジュンはジナへの怒りが日々募っていた。

ジナの会社へ、バイク便を届けるシジュン。
中には写真1枚。
男性と写るジナ、隣の男性の顔だけがくり抜かれていたのだった。

チョンイは会長の所へ。
プンドの命が狙われていることを伝えようとやって来たのだった。

その頃、ピルドゥはヨンイン会長の命を狙っていた。
会長が飲む薬をすり替えたのか、急に苦しむヨンイン会長。

そして会長を退任へと追い込むのだった。

チョンイが会長室を訪れると。
ヨンインが倒れていたのだった。

ピルドゥは物陰からチョンイの様子をうかがっています(≧∇≦)何とも恐ろしや

第30話

会長が倒れているところにタイミングよく現れたチョンイを犯人に仕立て上げたピルドゥ。
チョンイは警察署へと連れて行かれるのだった。

自分が会長の命を狙ったにもかかわらず、ひどく大慌てで泣きながら演技を披露するピル ドゥです!

チョンイはピルドゥにはめられる。
大金が口座に振り込まれていた。

そして防犯カメラの映像には、チョンイがお金を受け取るところが。
以前プンドの家の前で、ピルドゥに渡されたお金。
その場で返したのだが、上手く仕組まれたようだった。

ハッキュはプンドを訪ねて行く。
一緒にいたジナは2人を会わせまいと必死だった。

ハッキュには、「チョンイは美人図について会長と話す予定だった」と嘘を付く。
ハッキュは何も言えなくなってしまった。

留置場にいるチョンイを訪ねてきたのは親友のホンジョン。
シジュンがジナの罪を被って服役したことを知り、怒りが湧いてきたようだった。
友達にも見放されてしまったチョンイ。

ジナはピルドゥが何かを必死に探していることを知っていた。
悪知恵の働くジナ。
母ドッキに頼み、「チョンイの部屋に変わったものはないか、あれば持って来るように」と頼むのだった。

ドッキは古いカセッテデッキに入ったテープを持って来る。
そこには。
プンドの母親が残した言葉が入っていた。
ジナはそれに気付いたのだった。

プンドの母の残したテープは、ジナが勝手に編集する。
そしてまた嘘を付く。

「チョンイが盗んだテープだ」と。
母親ドッキも一緒になって、チョンイを悪者に仕立て上げるのだった。

プンドはチョンイに確かめにやって来る。
チョンイが続きのカセットテープを持っていると思っているようだった。

第28話から第30話の感想

何度もジナに裏切られ、シジュンはジナにやられてばかりでした。
シジュンもこのまま黙っているわけにはいきませんよね。
自分が苦しんだのと同じくらい、ジナを追い込んでやろうと怒りに燃えるシジュンです。
ピルドゥも大したものですね。
ヨンイン会長を殺そうとするなんて。
意識が無い会長。
会長を退任に追い込み、チュボグループを掌握しようと企むピルドゥです。
ヨンイン会長が苦しんでいるとき、無理矢理委任状に判を押させようとするピルドゥ。
数々の悪事を働きながら、やっと上り詰めたこの地位。
ピルドゥの心無い悪事にも鳥肌が立ちます。
留置場に入れられてしまったチョンイ。
励ましにやって来たのはシジュンでした。
チョンイの事を信じているシジュンの存在は、とても心強かったはずですよね。
ただ、プンドはとても怒っているようでした。
ジナの言葉を信じ、母親の遺品のカセットを隠したのはチョンイだと思っているからです。

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください