ヨンワン様のご加護-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

ヨンワン様のご加護

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ジナはチョンイの事も裏切るのです。
ジナの一言で、プンドはチョンイが母親の遺品のカセットテープを隠しているのだと思うのでした。

スポンサーリンク

    【ヨンワン様のご加護】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    第31話

    緊急の理事会が開かれる。
    そこで、ピルドゥは会長が苦しむ中、無理矢理拇印を押させた委任状を見せて言うのだ。

    「チュボの為に全力を尽くす」と。

    あたかももうすでに、チュボは自分のものであるかのようですね

    ピルドゥはチュボを自分のものにする為の一歩を踏み出したのだ。

    プンドは徹底的にチョンイを調べるよう、警察に話していた。
    チョンイがまだ母の遺品のカセットを持っていると思っていたのだ。

    ホンジョンの夫、ウヤンは気付いたことがあった。
    ジナが妊娠中、同じくホンジョンも妊娠していたのだが。
    ククスを食べる妊婦のジナを見かけた事を思い出したのだ。
    シジュンが服役中、ジナは子どもを妊娠していたのではないかと。

    臨時の株主総会が開かれることとなった。
    そこで、ピルドゥが選任されると誰もが思っていたその時。

    ヨンイン会長からのメールが一斉に役員達に送られてくる。
    そして、ヨンイン会長がプロジェクターに登場するのだった。

    会長は、「この臨時株主総会を中止する」と言う。
    「自分はすべての権限を孫のプンドに委任する」と。

    ピルドゥは、計画が狂ってしまった事に苛立ちを覚える。
    ヨンイン会長の意識が戻るとは、計算外だったのだ。

    病院へと慌てて戻って来たプンドとジェラン。
    病室に、ヨンイン会長の姿は無かった。

    ロッカーに掛けられた入院服。

    その頃。
    車がたくさん通る横断歩道をとぼとぼと歩いていたのは、ヨンイン会長だった。

    信号が変わり、危なっかしいヨンイン会長。
    急に釈放され、偶然通りかかったのはチョンイ。
    ヨンイン会長を手助けするのだった。

    スポンサーリンク

    第32話

    理由もよくわからないまま、チョンイは釈放されたのだった。
    チョンイは横断歩道を歩くおばあさんをコ所長の親族だと勘違いしていた。

    ヨンイン会長に直接会った事が無いチョンイですものね

    優しいチョンイは、「所長と連絡が取れるまで家に行こう」と一緒にチョンイの家に帰るのだった。

    ヨンイン会長は記憶もしっかりとしているようだった。
    チョンイの部屋で、チョンイが描いた絵を見つける。

    かつてチュボの面談に来させようとしていた、気になっていた学生がチョンイだと知る。

    ヨンインはコ所長に命令し、会長室の美人画を持ってこさせるのだった。
    ヨンインはチョンイがプンドを助けた事も耳にする。

    ホンジョンたちが、ジナが妊娠していたのではないかと話をしていると。
    ムシムがそれを聞きつける。

    シジュンも初耳の事だった。
    ムシムは、ジナがシジュンの子供を殺してしまったのではないかと心配するのだった。

    チョンイの家にはライアンも居候していた。
    ばったりヨンイン会長と出くわすライアン。

    会長は、「自分の素性を明かさないで欲しい」とライアンに頼む。

    チョンイの大切にしていた、実の親を探す為にも必要だと言う植物の種。
    プンドが持って行ってしまったのだ。

    取り返そうとするチョンイ。
    そこでプンドの記憶が断片的に戻り始めた。

    スポンサーリンク

    第33話

    プンドとの最初の出会い。
    そこでチョンイはプンドに頭突きをしていた。

    種を取り戻したいチョンイは、プンドに2度目の頭突きを食らわせる。
    そこでプンドの記憶が断片的に蘇ったのだった。

    「以前も頭突きをされたのではないか?君は覚えているだろう?」とチョンイを問い詰めるプンド。
    チョンイはただ一言返し、去っていく。
    「あなたは今だまされている。その人を問い詰めるのが先なのではないか」と。

    チョンイはピルドゥに挑戦的な言葉を投げかける。
    「あの時あなたが会長室にいたのでは?一番に駆けつけて来たあなたが」と。

    ピルドゥも気が気ではない様子。

    チュボグループ原料開発園のコ所長は、病院を抜け出し行方不明となっているヨンイン会長と会っていた。
    ピルドゥの仕業を全て知っているヨンインは、所長と作戦を練っていた。

    プンドは記憶が戻りそうだった。

    それを一番心配していたのはもちろんピルドゥです

    プンドはシジュンとチョンイの2人から、「騙されている」と言う言葉を聞かされ、考えていた。

    ジナに、シジュンの関係を問い詰める。
    「チョンイと兄妹のように親しかった」とシジュンの事を話すジナ。
    「自分とは親しくない」と言い張るのだった。

    ピルドゥは、美人画が盗まれたときの様子を秘書から聞かされ、怪しい人物に目星をつけた。
    狙われているのはチュボグループ原料開発園のコ所長。

    数人の男があわただしく原料開発園へと走りこむ。
    異変を感じたチョンイは、すぐに中へ。

    すると部屋は荒らされていた。
    地下へと続く階段の途中には、ヨンイン会長の帽子が落ちていた。

    チョンイはコ所長の叔母さんだと思っている人物が、ヨンイン会長だとは思ってもいなかった。
    ピルドゥに対抗する為に、コ所長と頻繁に会っていたヨンイン会長。

    地下の部屋に突然やって来たチョンイ。
    自分の家に居候するコ所長の叔母さんだと思っている人物が、会長だと初めて知った。

    スポンサーリンク

    第31話から第33話の感想

    チュボを狙うピルドゥ。
    ヨンイン会長の命を狙った卑劣な悪人ピルドゥですが。
    計画が狂いましたね。
    ヨンイン会長の記憶が戻り、臨時の株主総会の時。
    ヨンイン会長からのビデオメッセージが流れるのですもの。
    意識を取り戻した会長は。
    全ての権限を孫のプンドに委任すると発言したのです。
    ジェランとピルドゥは、それが許せないようですね。
    心優しいチョンイは、偶然病院を抜け出してきたヨンイン会長を助けたのです。
    まさかヨンイン会長だとは知らないチョンイ。
    コ所長の叔母さんだと思い、しばらく自分の家に居候させてあげるのでした。
    ピルドゥに対抗する為、ヨンイン会長はコ所長と何度も会っていました。
    プンドの記憶も断片的に戻りつつあるのですが。
    ピルドゥに騙され、ジナにも騙され、この先が心配です。
    記憶が戻ってしまっては、2人にとっては都合が悪いですよね。
    またまたピルドゥとジナが悪事を働くのではと、ヒヤヒヤしますね(≧∇≦)

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください