ヨンワン様のご加護-あらすじ-58話-59話-60話-感想付きネタバレでありで!

ヨンワン様のご加護

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ジナの証言により、ピルドゥは警察に連行されるのでした。
悪事を働く者同志、お互いの足の引っ張り合いです。

【ヨンワン様のご加護】(ネタバレあり)

第58話

ピルドゥが助けてくれなかったことで、ジナは開き直ったようだった。
「必ず道連れにしてやる」と誓ったジナ。
罪をピルドゥになすり付ける。

警察に聞かれるシジュン。
「お母さんとピルドゥの関係を知らないか?」と。
「ピルドゥから金をもらって店を新装したんだろ?」と言う警察。

権力のあるピルドゥは、すぐに釈放されてしまった。
ジナはまだ冷たい留置場の中だった。

ドッキはジナと連絡が取れないと不安だった。
ハッキュがムシムの件で取り調べを受けていることを話すと。

大慌てで家を飛び出して行くドッキ。

シジュンはピルドゥがすぐに釈放された事に苛立ちを覚える。
「金と権力がある奴はこうして逃れるんだ!」と怒りが増すのだった。

警察に働きかけたのはピルドゥだろう。
ムシムは自殺だと断定されてしまうのだった。

「ムシムは統合失調症だったとの医師の診断もある」と言う警察。
もちろんそんなことはウソだった。

ハッキュはチョンイにいつも申し訳なく思っていた。
「実の親が気にならないか?」と言うハッキュに、チョンイは答える。
「私を捜しに来ないと言う事は、捨てられたのかなと」。

ハッキュはチョンイが捨てられたのではないと知っているが、今話す事ができず苦しんでいた。
そこで、「チョンイの親族を捜してやろう」と決意する。

ドッキはジナが留置場から出られないのは、ムシムのせいだと思い込む。
そこでチョンイの部屋にいるヨルメを追い詰めるのだった。

しゃべることが出来ないヨルメは、ただ泣くしか出来なかった。

ピルドゥが手を回し、ジナは釈放される。
ピルドゥはプンドの解任案を持って緊急理事会を招集しようとしていた。

釈放されたジナが歩いていると、男達に連れ去られそうになる。
そこにやって来たシジュン。

男たちが乗って来た黒い車の運転席に乗り込み、ジナを乗せたまま走り去るのだった。

ジナはシジュンの殺気立った様子に不安を覚えるのですが・・・

第59話

プンドがジナと共謀し、会社のお金を横領していたというピルドゥ。
ところがここに至る前。

ヨンイン会長が理事達に働きかけていたのだった。
そしてプンドを九死から救う理事。

シジュンはジナを連れ去っていた。

追われているジナを助けたのは、自分の手でジナを殺すためだと言う。

母の死の真相を聞き出そうと必死のシジュンだったが、ジナは正直に話すはずがなかった。
「あなたが殺さないなら自分で死んでやる」と言うジナは、近くにあった薬品の瓶を口に含む。
そして本当に倒れてしまう。

気付いた時にはジナは病院のベッドの上だった。
「ちゃんと正直に話してから死ね」と言うシジュン。

シジュンが看護師に呼ばれた好きに、ピルドゥに呼ばれて病院を抜け出すジナ。
ジナはピルドゥに従うしかない。

そこでジナは「シジュンを消して」とピルドゥに頼む。
「既に実行中だ」と答えたピルドゥだった。

ピルドゥの言葉通り、シジュンは男たちに追われていた。

チョンイはシジュンを心配し、家に向かう。
そこで何者かに襲われてしまう。

チョンイを捜しに、やって来たプンド。
チョンイは目を覚まし、震えあがる。

「どうしよう、私思い出したの。お母さんの顔もお父さんの顔も思い出したの」とチョンイ。

チョンイの幼き日の記憶が蘇りました。自分がホンジュだったことも・・・

第60話

チョンイは幼き日、父と母と3人で暮らしていた事。
そして母が泣きながら倒れていた事も。
ポクナムの種を持って走って逃げた事も・・・。
そして、自分の家が燃えた事も思い出したチョンイ。

プンドはそんなチョンイに、「急に思い出そうとしなくてもいい」と声を掛ける。

チョンイの家族の手がかりがつかめそうですね!

シジュンとジナが消えたと捜すピルドゥ。
プンドも捜していた。

シジュンはしばらくの間、江原道にいるとホンジョンに連絡が来る。

自分の家が火事になったことを手掛かりに、何かがわかるかもしれないとチョンイは情報を集めようとしていた。

ジナはプンドの所にやって来る。
横領の件を問い詰めるプンドに、「副社長に脅迫されて仕方がなかった」と嘘を付く。
そして理事会では、プンドの力になれるよう証言すると話すジナだった。

理事会が始まった。
そこでジナはプンドを裏切った。

「横領を指示したのは、マ・プンド会長です」と白々しく嘘を付くジナ。
ところが、焦る様子が見られないプンド。

ピルドゥがジナと組んで裏で糸を引いている証拠の録音テープを流すチョンイ。
ジナはそれでも、「会長は記憶喪失だ」と言い張るが。

とっくに記憶は戻っていたプンド。
「いい加減にしろ、ヨ・ジナ。芝居は終わりだ!」と睨みつけるプンドだった。

第58話から第60話

ムシムの死は、自殺だと断定されました。
もちろんそれはでっちあげです。
ピルドゥの企みから、警察を動かし自分にとって不利にならないよう取り計らったのでした。
ジナは結局、ピルドゥを裏切るも留置場から出られないため、ピルドゥに従うしかなくなります。
そして、プンドを陥れようと、またまたピルドゥと一緒に動くのですが。
プンドも負けてはいませんでしたね。
ヨンイン会長も、ピルドゥを何とかしなければと裏でこっそり動いていましだ。
プンドを助けてくれるヨンイン会長です。
シジュンも、母の死の真相を知ろうとジナに詰め寄りますが。
本当の事を話すジナではありませんよね。
いつものごとく、その場を取り繕い、嘘で固めます。
それにしてもジナ、非常に強い精神力の持ち主ですよね。
これだけ色々と問題が起こっている中、まだ嘘を付き続け、ピルドゥと一緒に悪事を働くのですものね。
チョンイもシジュンの家で何者かに襲われたとき、記憶が蘇りましたね。
幼き日の暮らし、自分の本当の父と母の顔もはっきりと。
なぜか美人図がその中に出てきたことも思い出すのです。
チョンイの記憶が鮮明に蘇る時、ハッキュとの関係に問題が起こらなければよいのですが。

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください