ヨンワン様のご加護-あらすじ-82話-83話-84話-感想付きネタバレでありで!

ヨンワン様のご加護

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

プンドとチョンイの結婚を許したヨンイン会長。
ジェランは猛反対中ですが・・・。
昔の恋人ハッキュが、チョンイの父親だと知り、反対すべきか賛成すべきか悩んでいます。

【ヨンワン様のご加護】(ネタバレあり)

第82話

ヨンイン会長も、プンドとチョンイの婚約に賛成。
高麗プロジェクトで忙しい今は、結婚は難しいと言うプンド。
せめて婚約だけでもしたいと話すのだった。

ハッキュは、プンドの父とチョンイの父が知り合いである証拠の写真を見つけ、動揺を隠せなかった。
自分が美人図を盗んだことで2人が亡くなったと思うと後悔しかなかったのだ。

チョンイは、最近綺麗になったと話題だった。
プンドとの婚約は社員の知るところとなり、コ所長も応援していた。

百青草についての情報が無い中、高麗プロジェクトは難航していた。
チョンイはふと思いつく。
「公開プロジェクトにしよう!」とプンドに提案する。

百青草の情報についても集まるかもしれないと期待するチョンイでした

シジュンはジナを屋上へと呼ぶ。
屋上にやって来たジナは、呼吸が荒くなる。

それもそのはず、自分とシジュンの母ムシムがもみあいになり・・・。
ムシムは屋上から転落してしまったのだ。

シジュンはジナに、「ピルドゥの事は何かわかったか?」と問う。
「過去の事故を調べている」と話すジナ。

吐き気を催すほど気分が悪くなるジナは、耐えられず先にその場を後にする。

ハッキュは、プンドの父とチョンイの父が亡くなった交通事故の原因は、ピルドゥにあると考えていた。

寺にいたあの時、何者かが車に細工をしていた。
それがピルドゥだと考えるハッキュ。

しかし、自分が美人図を盗んだことも2人を死に追い込んでしまったと思うと。
誰にも話せなくなってしまうハッキュだった。

プンドに会社に呼ばれるハッキュ。
「一緒に昼ご飯を食べよう」と誘われる。

会社にやって来たハッキュは、ピルドゥとすれ違う。
ピルドゥもハッキュを異常なくらい警戒するのだった。

第83話

ピルドゥはさっそく電話で、「ハッキュを常に監視しろ」と言う。
トイレでムン秘書とぶつかったハッキュ。

トイレを出たところでムン秘書から声をかけられる。
携帯を手渡されたハッキュ。

携帯を落とした記憶もないハッキュ。ムン秘書は携帯に細工をしたのでしょうか?

ヨンイン会長はやたらとハッキュを褒めるのだった。
チョンイが優しい子に育ったのも、ハッキュのおかげだとジェランに話す。

そのハッキュが、ジェランの元恋人だと知ったら、会長は一体どんな反応なのかしら

ハッキュはまだ、ピルドゥが落としたであろう時計の話をプンドにしていなかった。
ピルドゥは、「これだけは知られてはならない」と考えていた。

ドッキは通帳を見て大喜び。
「このお金がいくらになるのかしら」と高笑いをするのだが・・・。
自分が預けた通帳に手を付けていることを当の本人ジナは、全く知らなかった。

テヤンは学校で、要らなくなったものを友達に売ったと先生から電話が。
ホンジョンは、テヤンとヨルメを問い詰め叱る。

テヤンは泣きながら話す。
「お金があればお母さんたちが幸せになり、離婚しないと思った」と。

ホンジョンとウヤンが最近不仲であることを心配したテヤンの行動だった。

いよいよ投資説明会の日。
この勝負に勝たなければ、ピルドゥがチュボグループを掌握してしまう。

ハッキュは毎晩悪夢にうなされていた。
チョンイとプンドの幸せを誰よりも願っているハッキュ。

しかし自分が美人図を盗んでしまった事から、2人の父親を死に追いやってしまった事実がハッキュを追い詰める。

正直にプンドに話そうと決意したハッキュは、投資説明会の朝プンドに電話をかける。
「会って話したいことがある」と。

携帯を盗聴しているムン秘書。
プンドに会うことを聞きつけ、ハッキュをピルドゥの元へと連れてくるのだった。

第84話

ピルドゥは、ハッキュを脅す。
「チョンイの幸せを願うなら、プンドに余計な話はしないことだ」と。

「あの日車に細工をし、2人を殺したのはお前だ!」と言うハッキュだが。
「おまえが美人図を盗んだ、そして娘ジナが持ってきた」と言うピルドゥ。

続けてピルドゥは上手く嘘を付く。
「あの二人は親友ではない。ジファンは、マ家の憎むべき相手だ」と話す。

シジュンはジナとチョンイに言う。
「投資説明会は延期になった」と。

ジナはシジュンにキレる。
ところがシジュンは、ジナの企画書を放りつけ一言。

「他ブランドと全く同じ盗作ではないか」と。
もちろんジナは「違う!」と言う。
「すぐに対応しろ」と冷たく言い放つシジュン。

ハッキュは悩んでいた。
ピルドゥの嘘に惑わされていたのだった。

「娘には自分が強盗だと知らせず、プンドとの結婚もすべて白紙に戻した方が良いのではないか」と言うピルドゥ。

ジファンがマ家の敵だとヨンイン会長も思っていますが。真実は違いますよね、全ての元 凶はやはりピルドゥ!

シジュンはジナに頼みごとをする。
ジナを倉庫に連れて行くシジュンは、「服を探して欲しい」と。

大量に積まれた箱に入った洋服の中から、必死に捜すジナだが。
何者かに閉じ込められてしまう。
そして携帯も盗まれるのだった。

数時間後、シジュンによって助けられるが・・・。

もしかしてわざとにシジュンが閉じ込めたの?

ピルドゥはハッキュをさらに追い込んでいた。
「娘たちの事を思うなら、ここから消えるんだ」と。

ライアンはその頃、ジファンの事を調べていた。
「海外で贋作を売っている男がジファンではないかとの情報を得た」と話す。

プンドはその話をチョンイにする。
ハッキュがそれを小耳に挟んでしまったのだ。

「チョンイの父親は本当に悪い人だったのか?」と頭がパンクしそうなハッキュ。

チョンイが手作りのネクタイをハッキュにプレゼント。
しかしそれを見たハッキュは。
チョンイが思いも寄らなかった言葉を口にする。

「プンド君とは・・・終わりにしろ」と。

第82話から第84話の感想

ハッキュがとても辛い想いをしていますね。
自分が美人図を盗んだために・・・。
プンドとチョンイの父親が亡くなってしまったのではないかと。
車に細工をして、2人の父親を死に至らしめたのはピルドゥですが。
ハッキュが美人図を盗まなければこんなことにはならなかったのではないかと、後悔の念が後を絶たないハッキュです。
チョンイを見るたび心が苦しいハッキュ。
遂に真実を話そうと、プンドに連絡をするのですが。
ピルドゥに先手を打たれ、ハッキュはどんどん追いつめられるのでした。
ピルドゥとジナは、本当に恐ろしい人間です。
狙った獲物は絶対に逃がさない・・・そんなピルドゥに目を付けられてしまったハッキュ。
チョンイに、プンドと別れるよう話してしまいます。
チョンイはどうしてなのか、もちろん納得がいかないですよね。
記憶を無くしているチョンイ。
実父がジファンであることさえも思い出せない今、もしもジファンが自分の実父であると知った時にはどうなるのでしょうか。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください