ヨンワン様のご加護-あらすじ-94話-95話-96話-感想付きネタバレでありで!

ヨンワン様のご加護

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ヨルメが描いていた絵。
ポクナムが花を咲かせている場面でした。
チョンイとプンドは、百青草の花が咲いているところを確認します。
これからに乞うご期待!ですね(^▽^)/

スポンサーリンク

【ヨンワン様のご加護】(ネタバレあり)

第94話

ヨルメはムシムと一緒に、百青草が花を咲かせるところを見たという。
そしてチョンイもプンドと一緒に、青い花を咲かせた百青草を見るのだった。

深みのある青色の研究を続けているチョンイ。
希望が出てきたチョンイとプンドだった。

ジェランとハッキュは再会し、ジェランは上機嫌だった。
話したいこともたくさんあるジェランは、またお菓子売りのふりをしてハッキュに会うべきかと考えていた。

いよいよHRが投資先を発表する日。
シジュンはプンドに「高麗プロジェクトに投資することに決めた。自分の目的はジナとピルドゥに復讐することだ。まずはジナからだ」と話す。

事前にその話を聞かされていたプンド。
発表当日は、やたらと落ち着き、自信満々のプンドだった。
チョンイは不安で仕方なかったのだが・・・。

シジュンは、ピルドゥをもうまくまるめこんでいた。
ジナを切り捨てるよう、そそのかすシジュン。

今回はまずプンドに投資すると言う。
ピルドゥも発表前からシジュンにうまく騙され、結果を知っていた。

全く知らないジナは大焦り。
「騙された」と言ってシジュンの部屋に飛び込んでくる。

そこでシジュンはジナに詰め寄る。
「おまえが母にしたことに比べたら何でもない。まだ始まっていないんだ、これから面白くなるから期待していろ」と言う。

ジナは、百青草は毒草だと嘘の情報を拡散した。
シジュンからの投資も受けられず、ピルドゥにも見離されたジナ。
血相を変えて会社を飛び出す。

家に帰って荷物をまとめ、すぐに逃げようとするジナは。
母ドッキに話す。

「シジュンに殺される。早くあのお金をおろしてきて」と。
ドッキはジナに本当の事を話すのだった。

「ジナ、あのお金はもうない・・・」と。

ジナにとってはこの大金が命綱だったようですが・・・

母がビルの投資に使ったと聞き、それにピルドゥが絡んでいると思ったジナは。
ピルドゥの所へ。

会社のエレベーターの中で、ジナはピルドゥにすごむのだった。
「チョンイの父親チョ・ジファンをどこに隠したの!」と詰め寄るジナ。

その時、エレベーターのドアが開く。
そこに立っていたのはチョンイだった。

スポンサーリンク

第95話

ジナの言葉を聞いたチョンイは、ピルドゥを問い詰める。
「父は生きているの?どこにいるの?」

ピルドゥは顔色一つ変えず、答えるのだった。
「妄想癖が激しいのはジナと同じだな。生きていると言うなら探してみろ」
と去っていく。

チョンイの話を聞いたプンドは、「お父さんの痕跡が必ず残っているはずだ。まずはそこから調べよう」と。

その頃。
ドッキはジナの家のごみ箱にあった紙切れを見つける。

それはシジュンとヨルメの遺伝子検査の結果だった。

99%親子関係にあると記されたその紙を見て。
ドッキは、ヨルメの年齢からもジナが産んだ子供ではないかと不安に思うのだった。

ジナが家に帰って来る。
ドッキはジナに、「正直に話しなさい」と言う。

スポンサーリンク

ジナはドッキが手にしている遺伝子検査の結果を目にすると、正直に話すのだった。
「そうよ、それが悪い事?私だって生みたくて産んだわけじゃない!」と泣きながら言うジナ。

ドッキは、娘が出産と言う一大事をたった1人で苦しんでいたことに泣けてくるのだった。

チョンイはハッキュに対して素っ気無い態度しか取れなかった。
憎んでいるわけではないが、嘘をついていたことが許せないようだった。

実の父親が生きているかもしれないと言う話を聞いたハッキュ。
プンドに、「絶対に捜し出して欲しい」と頼み込む。

「会って直接謝罪したいんだ」と話すハッキュだった。

シジュンは、「子どもが見つかった」と連絡を受けていた。
そして、その子供がヨルメであることを知ったシジュン。

こんなに近くにいたなんて思いもしなかったでしょうね

ヨルメに会いにやって来るのだが、ヨルメはドッキに連れられどこかへと行ってしまう。

ヨルメは、ドッキが「ヨルメの父親はシジュンだ」と言うのを聞いていた。
そこでドッキは、「シジュンとヨルメを会わせるわけにはいかない」と引きずり出していたのだ。

怪我をして、歩けなくなったヨルメを残し、薬を取りに行ったドッキ。
その時シジュンが捜しにやって来る。

2人は抱き合って涙を流す。
ヨルメの口から、絞り出すように「お父さん・・・」と出なかった声が発せられるのだった。

スポンサーリンク

第96話

シジュンに足の手当てをされるヨルメ。
「どうして私を捨てたの?」というヨルメ。

シジュンは答える。
「捨てたわけじゃない。俺に子供がいることを知ったのは最近なんだ。ずっと捜していたんだ」と。

チョンイはシジュンから、「ヨルメが自分の子供だった」と聞かされる。
ジナはずっと、「子どもは死産だった」と話していたとも。
チョンイは憤りが隠せなかった。

「もうしばらくだけ、君の家でヨルメを預かって欲しい」と話しシジュン。
「母さんからヨルメを引き離さなければ危険よ」と話すチョンイだが。

シジュンは、「やらなければならないことがあるんだ。終わったら必ず迎えに行くから頼む、チョンイ」と。

ジナは警察にも追われていた。
帰る家もなく、さまようジナ。

シジュンはジナを許せなかった。
「ジナを捜し出してくれ」と1本の電話をかけるシジュン。

ライアンは、ムン秘書について調べていた。
ピルドゥの父親とムン秘書の父親は、同じ日に農薬自殺を図っていると言う。

そして、ムンの父親と同じ名前のムン・ソクジンという名前が、プンドの母がいた療養所にあると言うライアン。

プンドの母とムン秘書の父親、何かしらのつながりがあるのでしょうか?

プンドがジファンを見つけたとチョンイの所にやって来る。
プンドの母がいた療養所にいたようだった。

チョンイとプンドがやってくる。
療養所の部屋をノックし開けるチョンイだが。

そこには誰もいなかった。

スポンサーリンク

第94話から第96話の感想

ヨルメは明け方に、百青草の花が咲くところをムシムと一緒に見たといいます。
ヨルメのおかげで、行き詰っていた百青草の研究に兆しが見え始めます。
そしてついに、シジュンのいる会社HRの投資を受けることが出来るようになったのです。
シジュンの目的は、やはりジナとピルドゥに復讐することのようですね。
シジュンは自分の子供を見つけました。
その子がヨルメであることも知るのです。
こんなに近くにいた親子。
2人が親子として幸せな生活が1日も早く送れますように。
ジナの預けていた大金に手を付けてしまったドッキ。
すっからかんになった通帳の事を知ったジナは、逃げ惑う生活を送ることになりますね。
警察にも追われ、帰る家もなく。
シジュンもジナを探しています。
ヨルメの存在を知りながら、隠し続けたジナ。
シジュンの憤りも頂点に達したようですね。
チョンイの実の父親ジファンも生きているようです。
チョンイと無事に再会できるのでしょうか。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください