ライフオンマーズ-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ライフオンマーズ-あらすじ-9話-10話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ライフオンマーズ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨンスクを殺害したのがチュンホだと結果が出た。
テジュたちはチュンホを探した。

チュンホは逃げ、幼いテジュは駅から
線路に走り、廃墟へ向かった。
そして、幼いテジュはチュンホが人を殺害してしまう所を目撃する。

テジュはどうして、チュンホを記憶から消したのか分かった。

【ライフオンマーズ】(ネタバレあり)

9話

テジュはチュンホに近づいた。チュンホは倒れていた。

幼いテジュはトンネル内で見つかった。

テジュは家に戻り、戻る方法を探していた。
そして、チュンホの遺体は解剖された。後頭部からは38口径の球が出てきた。
テジュは泣いた。

テジュはオ・ジョンマン社長を参考人として呼びたかったが、
ドンチョルに、様子を見ようと言われてしまう。
テジュはチュンホの遺品を届けに行った。
幼いテジュは熱は下がったが、ずっと眠り続けていた。記憶もまた駅まで行ったところまでだった。
そりゃ、父親が殺人を犯したのを見たらそうなりますよね

テジュはジョンマンの所へ単独で乗り込んだ。
ジョンマンは女性を殴ろうとしていた。それをテジュが止めた。
テジュはジョンマンの部下を倒し、ジョンマンを暴行の現行犯で逮捕した。

テジュは取り調べをするが、ドンチョルに止められてしまった。
そして、ジョンマンは弁護士と一緒に帰って行った。

テジュはドンチョルがお金を受け取ろうとしているのを見てしまった。
そして、チュンホが殺害された場所へ行き、犯人が通った道を辿り吸入器を見つけた。
警察署に戻ると、令状は取り下げられていた。
ジョンマンは警察にとっても存在が大きのでしょうか

吸入器の鑑識結果が戻ってきた。
指紋はテジュの物しか残っていなかった。

テジュに証言してくれたキム・ヨンオクが殺害されてしまった。
テジュはドンチョルの力を貸してほしい。やりかえせばいい。と言い調査を始めた。

現場にあった土足痕を調べるために子供たちを使った。
子供たちは西部派の部下たちのくつを集め、テジュ達に渡していた。
そして、テジュの家で調べ始めていた。
調べた結果、イ・グムチュルという男がいたことが分かった。

グムチュルはジョンマンが首を絞めた。と証言した。
ジョンマンはキム・ヨンオク殺害の容疑で逮捕された。

ジョンマンは逃げ切ろうとしていたが、テジュはヨンオクが着けていたスカーフに目を付けた。
スカーフはヨンオクが色染めしていた。使った薬品はトリヒドロキシベンゼンという物で、
一度触れるとなかなかとれないもので、アルコールと結合させると、触れた部分が黒く変色する。
テジュはジョンマンの手を見た。
ジョンマンはテジュに出されたお酒に手を付けていて、ジョンマンの手は黒く変色していた。
テジュの勝ちですね。

テジュは幼いテジュがイジメられてるのを見た。
幼いテジュを助けた子供がいた。幼いテジュはその子供をミンソクと呼んだ。
テジュは急いでその子を追いかけたが、すでにどこかへ行ってしまった。

10話

テジュはミンソクを探していた。しかし、見つからなかった。

テジュはまた、現実の言葉が聞こえていた。
しかし、もうだめだと言われていた。
テジュは聞こえてきていたテレビに向かって物を投げた。
その時、知らない男性が隣に来て、あの声は信じてはダメだ。と言ってきた。
そして、男性は2018年から来た。とも言った。

ドンチョルたちが来た。
男性は、精神科に入院していて、この時期になると脱走してくる。とドンチョルが説明した。
男性は帰らされた。
この人は何なんだろう。テジュのことを本当にわかるのでしょうか

道北里から通報があった。
テジュ達は向かい、死亡してから1か月以上経った遺体が見つかった。
遺体の所持品が畑の中から見つかり、遺体の名前はキム・ボンネという女性だった。

テジュたちはボンネの家に向かった。
ボンネは色々な人にお金を貸していた。家には誰もおらず、家族写真がなかった。
家族写真はお風呂場で燃やされていた。
しかし、1枚だけ残っていた。
そこに映っていたのは、夫と幼いミンソクだった。
テジュは鼻血を出し、床に座ってしまった。
相当、気持ちが辛いんじゃないでしょうか

夫はキム・ヒョングといい、遠洋漁船で3か月前に離婚していた。
ミンソクの行方はわからなかった。
テジュは近くの小学校へ行き、ミンソクのことを調べた。
ミンソクは入学してから1週間も出席しておらず、大きなけがを理由に長期欠席をしていた。

テジュはヒョングの所へ行った。
しかし、ミンソクは実の子供ではない。と言い一緒でもなかった。

ボンネはバットのようなもので何回も殴られていた。

テジュたちは現場へ行った。そこでバッチを見つけた。
そのバッチの支部へ行くと、バッチは会員に配られているものだった
そこに飾られてた写真の中にヤン・ギルスという麻薬前科4犯が写っていた。

ギルスの家に行ったが、すでに電気や水道を止められていた。
ギルスはいなかったが、麻薬もあり、ボンネのイヤリングが見つかった。
しかし、指輪などはなかった。
薬欲しさに殺害してしまったんでしょうね…

ギルスが見つかった。ヨンギがギルスを連れ出そうとした。
しかし、ギルスが突然殴りかかってきた。
ギルスは暴れたが、全員で取り押さえ、逮捕された。

ギルスは何も話しをしなかったが、ボンネからお金を借りている事がわかった。
テジュはミンソクが受診していた中央医院に行った。
ミンソクは虐待をされていたことが分かった。
ミンソクが殴られていた場所や骨折している場所はボンネと全く同じだった。

テジュは警察署に戻った。
しかし、取調室の前で人がたくさんいた。テジュは中に入ると、
ギルスが心臓マッサージをされていた。
そして、ギルスは亡くなってしまう。
ヨンギは殴ってしまっていた。死因は心臓麻痺だった。
まさか亡くなってしまうなんて…

パク所長が来た。ヨンギを見た所、心臓麻痺だったが、ヨンギは胸を掴んだり、震えたりもしていなかった。
テジュは
「原因は殴打ではない。」と言った。
パク所長は、
「急性麻薬中毒だ。口と鼻の粘膜が傷ついてる。誰かが薬を飲ませたんだ。」と続けて言った。
テジュは1人にしたか。と確認すると、ヨンギは救急隊員を呼びに行った時。と答えた。
そして、録音されていたものを聞いた。

録音はギルスが死なないと俺とミンソクが幸せになれない。と言っていた。
ギルスを殺害したのは警察官だった。
そして、吸入器の音が聞こえていた。犯人はチュンホたちを殺害した同一犯だと分かった。

テジュは警察内にいることを考えた。

9話~10話の感想

中盤ですね。
やっと、2018年にいたミンソクの事がわかってきたんですね。
ここまで、そこそこ長かったですけど、
この時代の小さいミンソクが、2018年にいるミンソクだけど、
あの警察官はだれなんだろうか。
どうして、ミンソクと一緒にいるのだろうか。
疑問がたくさん残りますね。

そろそろ、いろんなことが分かってくる頃。
ミンソクと一緒にいるのが誰か知りたい。
次回はどうなるのだろうか。