ライブ-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ライブ-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ライブ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
韓国で一番忙しい交番だけあって、たくさんの事件が次々と起こります。
被害者の人たちのこともそうだけど、交番で働く警察官たちも、市民と同じような苦しみや事情を抱えていて、それを丁寧に描いているドラマですね。

ジョンオとサンス、ミョンホの関係も気になるところです。

では、10話のあらすじから見てみましょう。

【ライブ】ネタバレあり

10話

ヘリが2人乗りのバイクに襲われる。
マニョンの仕業だと思ったヘリは、サンボに連絡するがサンボもすでに襲われていた。
でも襲われていることをヘリには言わない。

ヤンチョンがジュヨンが入っていたという賭博現場に来る。
誰もジュヨンを見つけられていなかったけど、入るところを見ていて出た形跡がないのならと、みんなで探し始める。
サンスが見つけてヤンチョンに伝えると、ヤンチョンはジュヨンをボコボコにする。

ヤンチョンの父親は、寝たきりの妻の延命装置の線を抜いて病室を出てしまう。
が、お母さんは無事だった。
このことを責めたヤンチョンに「本人が口が利けたら殺してくれと言うはずだ。」と言う父親。

ジョンオとミョンホが車で出かけた。
車の中で、ジョンオはミョンホの前の彼女の写真を発見する。
別れた理由を聞いて、彼女がミョンホに会いに来る途中で事故にあって亡くなったことを知る。

子供がいなくなったとの通報で現場に向かうジョンオ。
子供には義母と実母がいるらしい。
今は義母と義父が育てている。

みんなで懸命に捜索するけど、子供は見つからない。
子供がいなくなって3時間を過ぎた時、捜査終了の指令が出る。納得いかないサンスに、捜索は終了しても捜査は続くと言うヤンチョン。

公開捜査をするには、3時間以内に殺害や誘拐の証拠が出なければできない。

ずっと1つの事件に時間を割くわけにもいかないから、捜索を打ち切るのも仕方ないけど、サンスの気持ちもわかるな。見つかってないのに捜索を打ち切るのは嫌だ。
公開捜査をするには・・とか、結構警察の裏事情的な情報が聞けて面白い。日本でもそうなのかな?

行方不明の子供を捜索中、マニョンとタバコを一緒に吸っていた友達2人と出くわす、サンボとヘリ。
マニョンに付いて問い詰めるが、自分たちは関係ないと行ってしまう。
2人が歩いてきた方向に行き、周囲を探すとカバンがあり、中からサンボを襲った時に使ったスプレーが出てくる。
そこへ、ヘリの元に前の事件で知り合った学生から電話がある。
マニョンの友達と友達で、マニョンがサンボを襲った時の動画を自慢していたと、その動画を送ってくる。
ヘリはそれをヤンチョンに送る。

動画を見て班長会議。
ギョンモは、相手が少年なので下手に手を出すのはまずいから署に任せようと言う。
手続き上はそうでも、果たしてちゃんと捜査してくれるだろうか。不問に付すだろう。
だから、自分たちで捕まえようと話し合う。

そこへ、サンボが入ってくる。
動画を見ていることを知り、「恥をかかせて楽しいか?俺の気持ちがわかるのか?」と言って出て行ってしまう。

試補たちも動画を見る。
もし、この件が問題になって観察に呼ばれたら、上司の指示に従ったと言え、と言われる。

所長はサンボに、催涙スプレーをかけられたら、誰でもかなわない。
若い人に体力的に負けてても、俺たちには同僚がいる、捜査から外れて同僚たちに任せてほしいと言う。

この交番は、本当に団結していい人達ばかり。時々ぶつかり合って喧嘩になっても、それだけ気を許しているというか、なんでも言い合える関係って感じでいいなぁ。

ジョンオがパトロール中に未登録のバイクを発見。
同時にいなくなった子供の実母も発見。
優先順位を考え、バイクの位置を無線でみんなに知らせ、実母を追う。

ヤンチョンが少年の犯罪歴を依頼した結果、1人の少年が浮上する。
マニョンが裏サイトでバイトを募集していたことが判明し、その少年が返信していたことも突き止める。

パトカーで追跡し、少年たちのバイクを止める。

ジョンオは、実母の元へ。
そこは、子供が実母が仕事から帰ってくるのを、いつも待っている場所だった。
近くでヘアピンを拾うジョンオ。それは母親が買ってあげた、子供のものだった。
近所に友達の家があると言うことで、その友達の家に行くジョンオ。

部屋には、小さい少女が1人、テレビを見ていた。
部屋にあった衣装ケースに目を付け、ジョンをが衣装ケースを開ける・・・・

11話

つかまったバイクから降りてくる少年2人。
自分たちは13歳だから、逮捕されないと高をくくっている。

子供たちに、警官を襲ったら触法は通用しないことを告げると、マニョンが指示したことを白状する。
マニョンを呼び出させて、捕まえる。
マニョンの父親が警察に来る。言いがかりだと騒ぐ父親に、証拠を突きつける。
「俺を誰だと思ってるんだ!」と言うが、「地位があるからそれが何か?」と所長。

出た。地位のある人は悪いことしても許されると思ってるのかな。よく聞くセリフ。それをバッサリ切る所長、かっこいい!

サンボは、「マニョンには罰を与える。警察も、すぐ殴る親も信じられず、大人を憎んでいるだろうけど、罪を犯したら罰を受けるということを教えるために。だから、お父さんも最後まで警察と戦って、マニョンの味方になってあげてほしい」と言って部屋を出る。
「子供たちは悪くない、大人がダメにしたんだ」と言う所長。

いい人達、いい言葉たち。マニョンの父親も、マニョンも、何か心に響いてくれるといいんだけど。

ジョンオが開けた衣装ケースの中に、子供がいた。
義父に体を触られていて、嫌で逃げたらしい。
子供は、実母が引き取ると言う。暴行の跡がないので、義父は執行猶予だろうと。
は?十分子供のことを傷つけてるのに、おかしい!

ミョンホがジョンオに、子供は施設に行ったほうがいい、母親一人で育てるのは大変だと言う。
母親に育てられたジョンオは、それは偏見だ!と言う。
サンスの誘いを断って、ミョンホと食事をする約束だったけれど、キャンセルする。

うーん、ジョンオの気持ちもわかるけど・・。ちょっと微妙な感じになってしまった2人。

サンスも、子供を機関に任せることは悪くはないと言う。
ジョンオは、自分の母親も、サンスの母親も、母一人で育ててきたのにと反発するけど、サンスは「だからこそ、苦労がわかるだろ?俺は母親はアル中で放っておかれた、3食食べるために施設に行きたかった。」と言う。

ジョンオはミョンホに謝り、母親に機関の申請書を渡してくると言う。

母子家庭でもいろんなケースがあるって事。ジョンオはそれに気づいたんだね。なんとなく、ジョンオはサンスに行きそうな予感・・

ヤンチョンは、ジャンミのいる家に行く。
悲しそうにしているジャンミに、ヤンチョンは歌を歌ってあげる。
ジャンミは、ヤンチョンにお母さんを尊厳死させてあげようと言う。

山で妹が強姦されたと姉が通報する。
前に、父親の暴力で出動した家の姉妹だった。

だけど、姉は暴行されていないから、検査を受けない言いだす。
ジョンオは犯人を助けるため、あなたたちを助けるためだと説得するが、聞かない。
この前家に来た時も、警察は助けてくれなかったと・・・。
警察が帰った後、いつも以上に父親に殴られたという。

姉妹が検査も供述も拒んだため、捜査チームが作れない。
次にまた事件が起こるのを待つしかなくなってしまった。

ジョンオは、妹の携帯を届けに姉妹の家に行く。

ヤンチョンが自分の家から出てところで、娘が車の中で男に襲われているのを見つける。
男を車から引きずり出して、殴る。
娘は誤解だと言うが、ヤンチョンが殴り続けていたので、娘は警察に父親が人を殴っていると通報する。

12話

ジョンオは、姉に「忘れようとしても、決して今日のことは忘れられない。ただ、二次被害を防ぎたいだけ。悪いのは犯人だ」と姉に話す。

どうやら、ジョンオも過去に同じ経験をしたみたい。自分も今もその時間だけは覚えてて忘れることはないって。

姉は一度は家に帰るけれど、電話で「避妊薬をください。着ていた制服も提出します。」と言う。
家を出ようとしたところを父親に見つかり、殴られる。
それを見た母親が、父親を物で殴る。

姉が、ジョンオに会って犯人の特徴を話して家に戻ると、父親が倒れていて妹と母親が父親をテープで縛っていた。

妹と母親はつかまってしまう。
警察の捜査で、妹も父親を縛ることに加担したことが判明する。
ジャンミは、入院中の父親に会いに行く。
父親は、娘に会わせろと暴れるが、接近禁止だと言われ、更に暴れる。
ジャンミは「母親は、執行猶予、妹も触法で保釈されるだろう。でも自業自得。母親は暴力を受け入れていて、娘も性暴行を受けたのに保護を受けずに、暴力を振るう父親のいる家に帰ったのだから」と言うと、父親はショックを受けたように黙ってしまう。

妻や子供に暴力を振るう人って、何考えてるんだろう。自分はさんざん傷つけておいて、他人が娘を傷つけることは、やっぱり許せないんだろうか・・・。

みんなが忙しい中、志願勤務をしないで相変わらず早く帰るナムイルを、サンボは許せない。
一緒にパトロール中も怠け者だと嫌味を言う。
そこに、ナムイルの携帯に妻から電話が入る。パトカーを止めて外で通話するナムイル。
勤務中だと、妻にきつく言ってしまったナムイルは、サンボに仕事が終わってからもピザ店で働いていることを話す。
妻名義の店で、手伝っているだけだから副業ではないことを確認したサンボは、ナムイルに帰るように言う。

事情が分かってもらえてよかったね。警察官でも子供3人育てるのはきついのか・・。

ジャンミは、父親を通報した娘を叱る。
父親に謝れと。

娘からの連絡で、ヤンチョンと娘が話をする。
根はやさしい人だったと言う娘に、「普段優しいかどうかは問題ではない。人はカッとしたときに犯罪を犯す。やめてと何度も言ったのに体を触ったのは犯罪だ。
これからも、お前の許可なく、誰もお前の体に触ることができないということを覚えて置け」と言う。
娘は、通報したことを謝る。

わぁ。父親として、警察官として、すごく的確な指摘だわ。すべての女の子に、聞かせたい言葉。

ヤンチョンは、父親と酒を飲み、母親の呼吸器を外して尊厳死させてあげようと言う。

所長に癌が見つかった。
ギョンモに、ここの所長になれと言う。ここを離れないと生きる道はないと。
でも、はっきり理由を言わないので、ギョンモに自分勝手だと言われてしまう。

身も心も休まる暇がないもんね。所長~!早く治療して~!!

姉の証言と、防犯カメラの映像をもとに、指名手配のチラシを町中に貼る。
早速情報が集まるけれど、どれも信用性が低いものばかり。
それでも、おろそかにするなと、所長の言葉。

現場に残された犯人の足跡の、靴のサイズか毎回違う。
同一犯ではないのか?ヤンチョンは、他の手口から見ても同一犯だと言う。
いろいろなサイズの靴を買った人がいないか、聞きこみをするけど見つからない。
そこで、靴を買った人がいないなら、店の主人では?!と思いつく。

ヤンチョン、ただの無鉄砲な熱血刑事かと思ってたら、推理もすごい鋭い!

犯人の店では、妻が学生の名札の入った箱を見つける。
妻は、店の近くに貼ってあった指名手配の写真をちぎり、夫が犯人だと確信する。

サンスがチラシを貼った病院で、容疑者を発見。追いかける。

10話~12話感想

ずっと、強姦事件を追いながら、他の事件も絡んでくる感じで話が進んでいます。

ジョンオも過去に事件に巻き込まれたようだけど、今は平気な自分が感情が無いんじゃないかと悩んでいることを、ジャンミに相談するんだけど(ジャンミが当時の担当の警察官だったみたい)ジャンミは「トラウマになるのも、ならないのもみんな正常。上手に克服したのね」と。
このドラマは、いろんなことに悩んでる人にとても的確にアドバイスをくれるようなセリフが多くて、聞いててハッとすることが多いです。

所長も病気になってしまって・・最悪な展開は避けたい・・。

ヘリは段々サンボをお父さんのように思ってきたね。
ヘリからかかって来た時の、サンボの着信の画面「最後の試補」。
これ見た時、泣けたな~。