ラジオロマンス-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ラジオロマンス-あらすじ-7話-8話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ラジオロマンス

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジウが、スホであったことに気づいたグリム。
にこやかな笑顔が、溢れるグリムに対して表情が少し硬いままのスホ。
スホをコントロールしようとするジェハだけでなく、グリムが好きだと公言したガンまで・・。強敵が二人。
この二人にスホは、いかにして太刀打ちするのでしょうか??
グリムを振り向かせるのは果たして??本格的にロマンスが始まりワクワク。キュンキュン。

【ラジオロマンス】ネタバレあり

9話

きっぱり、はっきりスホに対して告白するガンPD。
グリムが好きだと公言したガンPD。
ガン様、邪魔をしないで

その後も話を続けるガン。
グリムも好きだが、スホのことも好きだと話したガン。

そこへラジオに出演する予定だったガン患者のウンジョンが泣きながら電話をしてきます。
話を聞いてみると、初めての恋をした相手が、電話にも出ずメッセージも返してくれなくなったのでした。

ラジオには出ないと泣きじゃくるウンジョン。
困り果てるグリムは、スホに説得して欲しいとお願いします。

説得できたら何をもらえる?と話すスホにグリムはしぶしぶ同意します。

スホはウンジョンの元をたずねると、自分のグリムへの思いを話して聞かせます。片思い同士で話をして仲良くなった二人。

ウンジョンは、ラジオに出てくれることになります。
病室に戻ったスホ。
そこにジェイソンが声をかけます。

数週間も睡眠薬を飲んでいない。大変身だと話すジェイソン。
感動してみせるジェイソンでした。
睡眠薬を飲んでいないで眠れるなんてグリム効果抜群

ラジオが成功し、飲み会が開かれます。
弾ける一同たち。
スホは眠ってしまいます。

少しして目覚めたスホ。
スホはグリムに自分だけにソジュ爆弾を作って欲しいとお願いします。

話を遮ろうとするグリムに、スホはそのまま続けます。
そこに電話に出ていた、ガンPDが戻ってきますがおぼろげな表情のままスホは話し続けます。

「僕が去れといったときは、行かなかったのに好きだといった途端に逃げようとしている」

翌朝。
二日酔いで目覚めたスホ。
スホの目の前には・・自分のことを見つめるガンの姿が。
慌てて飛び起きたスホ。

ガンに礼も言わず、逃げ出そうとするスホ。
キャハ^o^
「昨夜のお前の行動を見ていたら、人は間違いなくお前がソン・グリム作家に木があると思うだろう」
スホが以前、いった言葉を真似て話すガン。

「そうだ。ソン・グリムが好きだ。作家だからでもない。契約があるからでもない。ソン・グリム自身が好きだ」

二人の応酬は続き、ガンの言葉にムッとして飛び出したスホ。

二人の攻防戦は、その後もことあるごとに続きます。
二人で、グリムにいいところを見せようと張り合ってますね

退院するためにエランの荷物をまとめているグリム
エランは、グリムに恋人がいるのか?と尋ねます。
言葉に詰まったグリムは、恋人はいないけど自分の中で何かが変わりかけていることを話します。

そこにやってきたのが、スホとガン。
二人の前で、スホとガンはどちらがグリムらを連れて帰るのかで議論を始めたのです。

デリはラジオ番組に、代打で起用されます。
初めてのラジオ番組に挑戦するデリ。

しかし、リスナーに対してデリはタメ口で話すだけでなく
自分が出演した番組などの自慢を始めてしまいます。
事態を悪化させていくデリ。
ラジオに曲を流すと放送を終了させられたのでした。

グリムを夕食にスホは誘います。
気分が沈んでいるグリム。
レストランでの食事も早々に店を出ます。

ベンチに腰を下ろすと話しをする二人。

スホは自分の家族の話をします。
誰もが羨む家族の真実を話すスホ。
グリムは胸が痛みます。

目に涙を溜めたスホ。

スホを抱きしめたいとグリムは言うとスホをそっと優しく抱きしめたのでした。

「10話」

朝、スホは食事を作りジェイソンを驚かせます。
食事をしながら、ジェイソンに泣くことにどんな意味があるのかを尋ねるスホ。

ジェイソンは、スホに笑顔をこぼします。

グリムの心を自分の元へ引き寄せるために行動を起こすスホ。

グリムが書いた原稿を確認するガン。
グリムの原稿を容赦なく指摘するガン。
好きと仕事は別。公私の区別をつけていますね

叱責した後に、グリムの書いた原稿で感動したい。
だからお前には、それができると信じている。
得意な方法で向き合えとグリムにアドバイスをします。

スホを呼び出すグリム。
家に来ればいいのにと話すスホに、グリムは付き合ってもいないのにと答えます。
その言葉に対して、付き合おうと話すスホ

グリムは胸が高鳴ります。
ドキドキがピークです!

翌日。
ガンとグリム。
二人はスホが、ドラマに出演する話をホンジュンから聞かされます。
衝撃を隠せないガンとグリム。

記者会見が行われる会場へ急ぐガン。
ガンはスホを見つけると、スホと番組を始めたことを後悔していると告げます。

台本どおりの生き方をしているとスホに冷たい言葉を投げるガン

グリムの元へ戻ってきたガン。
ガンはグリムに、スホはもう必要ない。
あいつがいなくても番組を進めよう。責任はすべて自分にあると告げました。

グリムは動揺を隠せませんでした。

その日の夜遅くスホは、グリムの元へ尋ねます。
そこでグリムを抱きしめるスホ。

抱きしめたまま話しをするスホ。

「君が何を言いたいのか、自分を待っている間に何を考えていたのか知っている」

グリムをまっすぐに見つめスホは言います。

「僕は続ける。君と一緒にラジオを続ける。
だから・・僕を信じてほしい・・・。」
続けましょう♡

グリムにスホはキスをしました。

感想

ジェハが容赦ないですね。家族なのに・・・。
誰もが羨ましがる家族。でもそれは、仮面をかぶってつくられた偽の姿。
スホの痛む心が理解できます。
キスを交わしたグリムとスホ。とても素敵なキスでした。
グリムにしたスホの約束。ラジオを続けると。スホには、何か秘策があるのでしょうか?ドラマとラジオの仕事を、並行するとなるととても大変だと思いますが。スホの考えを待ちたいと思います。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください