リセット-運命をさかのぼる1年-4話-5話-6話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

無作為に選ばれた11人が365日前に戻れるというリセット。
人生をリセットしてやり直せるというのだ。
今の記憶を持ったまま過去に戻れたら、あの時こうしていれば良かったと思う事をやり直せる。
11人の中で妊婦だった女性はリセットを諦め、10人がさかのぼることになった。
これで、後悔を忘れられると思ったのに10人のリセッターが次々と亡くなっていく・・

スポンサーリンク

    【リセット-運命をさかのぼる1年】ネタバレあり

    スポンサーリンク

    4話

    一緒にリセットしたペ・ジョンテが、リセットする前にジョンソクとつながりがあった事が分かる。
    ジョンテは、リセットして競馬で大儲けをしたはずなのにそれをすべて賭博で失ってしまった。
    そして、ジョンソクにお金が無くなるとせびりにくるようになっていた。

    ジョンソクは、韓国よりも安全なカナダに移住することを決める。
    リセットして、賭博で作ってしまった借金を清算して行く。
    そのお祝いとして、リセッター仲間に豪華なおもてなしをすると言っていたのだが待ち合わせ場所に
    彼は来なかった。

    またしても、ペ・ジョンテが絡む事件が起きたのだ。
    イ・シン医師とペ・ジョンテの繋がりも分かってきた。
    シン医師の用心棒的な役割なのかな

    ジョンテを使って、シン医師は何を企んでいるのか。
    次から次に起こる事件に他のリセッター達も現実についていけなくなってきた。

    やはり、チャ・ジョンソクも亡くなっていた。
    自殺と処理される事になりそうだが、ペ・ジョンテとチャ・ジョンソクとの会話を盗聴してヒョンジュは、他殺だと言い切る。

    ガヒョンは、また別の角度から見ていた。
    亡くなる前に、花束が届くのだと言う。
    確かにチャ・ジョンソクの家の玄関にも届いていた。

    リセッター達が不安に駆られている時、イ・シン医師から呼び出しがかかる。
    集まった時、最初は10人いたリセッターは、半分になっていた。

    スポンサーリンク

    5話

    その人が死ぬ前、籠に入った花束が届く。
    その事に気づいたガヒョンは、リセッターが集まった時に話すと、シン医師の秘書が花束が届いたといって皆の前に持ってくる。

    次は誰が死ぬのか・・・

    最初に花を見たのはセリン、きっと私が死ぬこれはリセットの恨みだという。
    シン医師は、花束を誰が送ったのかをヒョンジュに調べてもらうようにお願いする。
    シン医師は、本当に何も知らないのかな。演技かな。

    花を送った人を探していると、リセッターの1人が経営するカフェの近くにある花屋が怪しかった。

    次に殺されるのは私かもと思っているセリンは一人でいるのが怖くてガヒョンを呼び出す。
    彼女の過去もまた悲しいものだった。
    病気がちで入院を繰り返していたが、先に死んだのは姉だったという。
    自分をかばって交通事故で亡くなったらしい。
    それ以来、親からは冷たくあしらわれお酒に酔うと「お前が死ねば良かったのに」とまで言われていたという。
    これは悲しい話です

    花束に添えられた謎のメッセージの謎が解けた。
    死因を示唆していたのだ。
    でも、一体どうしてそんなことをする必要があるのだろうか。

    リセットしなかった妊娠中の女性が経営する花店から送られた花を受け取った人が亡くなる。
    しかし次は、その花屋が爆発しリセットしなかった花屋の店長が亡くなる。

    スポンサーリンク

    6話

    一体何なの。
    何が起こっているのかガヒョンは訳が分からなくなっていた。
    届けられた人は死ぬとされている花束が、リセッターの中で唯一リセットしなかったヘインの元に届く。
    届くというよりは、その花屋で作り届け先がその花屋という奇妙な事に。

    「運命の」かけらたち」その本の文言が利用されて花束が贈られていた。

    ガヒョンは、リセッターとして集められたのは無作為だと思っていたけれど、
    シン医師の態度から見ると、何らかの理由があるのかもしれないと思い始めていた。
    私もそう思います

    ヒョンジュとガヒョンはこの謎をもう一度考え直す事にしてみる。
    運命のかけらたちの本をじっくり読み返してみると、それぞれが亡くなったのは絵と関係あると思っていたが、実はそうではなく死ぬ日そのものを指していた。

    そして、また1人が狙われる日が来ていた、標的はセリン。
    怯えた様子でガヒョンに電話をかけると会話の途中で通話が途切れてしまう。
    何かあったのだと確信したガヒョンは、セリンの家に行くとそこにはペ・ジョンテがセリンに暴行を加えていた。

    絶対にこの一連の事を知るのはシン医師しかいない、そう全員の意見が一致した時シン医師が言う。

    「みなさんは、全員、死んだ人です」

    え?全員の思考がストップする、その様子を見てシン医師は笑っていた。
    一体どういう事?全く分からなくなってきました

    スポンサーリンク

    3話・4話・5話 まとめ

    この人が犯人かと思ったらそうじゃなくて、そしたら誰なの?と思っているうちに新しい事件が起こって、考えがついていきません・・
    でも、シン医師が関係しているのは絶対だし言った言葉がすごく気になる。
    全員が死んだ人って何?
    一回死んだからリセッターに選ばれたという事なのかな。
    でも、このリセッターの人達が集められた時は生きていたし一回も死んでないけど、もしかして記憶がないだけで、何回もリセットしてるという事?考えると、益々分からなくなってきて、すごく続きが気になります。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください