リターン-あらすじ-1話-2話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-リターン-あらすじ-1話-2話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

リターン





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
カリスマ弁護士と、バカ力持ちの刑事が協力しあっていくドラマ。
リターンのあらすじ、ネタバレ感想を始めます。
韓国で話題沸騰中の今作品。主演が途中で、降板してしまうなどの騒動はありましたが、ドラマに気持ちを注入していきましょう!
では、1話からスタートです。

【リターン】(ネタバレあり)

1話

チャ・ジャヘは、弁護士でありながらテレビ番組をもち司会を務めています。
その名も「リターン」。
かっこいい番組名ですね(≧∇≦)

ジャヘは、過去に発生した強姦事件に携わります。
被告人側の弁護人を務め、すでに判決が言い渡された殺人事件の紐を再び解きほぐします。
「法は人間一人の人権だけでなく、生存への権利が他よりも優先することになっている。テレビを見ている視聴者にも問いたいと思います」と堂々と発言したのでした。
弁護士のジャヘ、かっこいいですね
そこへ、ある事件にジャヘは携わります。
それは、刑事のトッコ・ヨンがになった事件でした。

ジャヘは、トッコ・ヨンに対して最初の初動捜査が上手く進んだとしても
万が一、捜査員自身が証拠を逃してしまった時、被害者はもちろん被告人も亡くなってしまうことはなかったのではないかと思いますと発言します。

ジャヘに言われた時には、ヨンは理解ができませんでしたが後になってジャへの言った言葉の意味が理解できたのでした。
力はあるけど、頭は弱かったりして(≧∇≦)
ジャへを、尋ねるトッコ・ヨン。
ヨンは、ジャへに対して反発をします。
「言わせていただくと!調査の最中には問題は何もなかったです!」と。
わざわざ、行くなんて強気です

しかし、当のジャへ。
ジャヘは、
「ヨングンは、犯人ではないと聞こえてこない!
被告人が亡くなってしまうまで、私が犯人ではないと話した時に聞いてくれるかと思っただけ!」
高圧的な態度のジャへ。

それにいささか圧倒され気味のトッコ・ヨンだったのです。

ジャヘは、一緒に働く仲間のことで悩んでいました。
自分の事務所に、新しい仲間を入れようかと考えていた時にナラに再会します。
スタッフとうまくいっていないのかな??
ですが、ナラに逆にきつい言葉で返されてしまって・・・。

2話

ジャへに一緒に働こうと誘われたナラ。
ナラは、そのことで悩んでいました。

悩んだナラは、インホに相談をします。
仕事をしようかと聞くナラに、インホはナラは自分の隣にいるだけでいいんだと話します。
束縛ですかね?

近所に、ヨン・ミジョンが引っ越してきます。
そのミジョンは、インホの秘密の女だったのです。
内密の女のようです
それだけではなく、ミジョンはナラに接近して仲がいいふりまでしていました。
ディナー会場へ堂々とやってきたミジョン。
その場にいた、周囲は驚きを隠せないでいました。

インホの友人たちは、ミジョンがディナー会場へと来ていたことを隠していました。
インホは、ミジョンの元へと行きます。
ミジョンの元へ行ったインホはミジョンと口論になってしまいます。
挙げ句の果てにミジョンに暴力を振るうインホ。
インホは、ミジョンを車外に放り出すと走りさてしまいます。
ここまでする?というくらい女性に・・・。しかも置き去りに

その一週間後、事件が起きます。
ミジョンが、遺体で発見されたのでした。
遺体を調べるとそこには謎の数字が・・。
「99」と記されていたのです。
犯人はインホ??

解剖を行う医師が、検視を行います。
その結果、ミジョンは体が徐々に麻痺をしていき、溺死させられたとの答えを出します。
ミジョンは死ぬ寸前まで苦しみ、犯人を見ていたのです。
車にはねられたと思われる痕跡やミジョンの体は、冷蔵保存してあったような形跡まで発見されます。

インホがミジョンを殺害した上に、遺体を遺棄したとして容疑者に浮上します。
ミジョンの死を知らされたインホ。
ミジョンが、死んだことに驚愕したのでした。

感想

ドラマが始まってすぐに、これは面白そうだけど難しそうなドラマかもと一人思ってしまいました。
1話からドキドキする、ハラハラするシーンがありましたね。
ミジョンが、殺害されたのにも驚きましたが。
なんだか今後は、さらに驚くようなことがたくさん起きるのではないかと一人恐々としています。
最終回まで追跡をしていきますのでどうぞおつきあいくださいね。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。