リメンバー-記憶の彼方へ-あらすじ-9話-10話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-リメンバー-記憶の彼方へ-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
イナは見つけた殺し屋に後頭部を殴られ気絶してしまいます。
ジヌは巻き込まれたイナを心配し・・・
ドンホも現場に到着しました!
ギュマンとの戦いに終わりはあるのでしょうか・・・。

【リメンバー-記憶の彼方へ】ネタバレあり

第9話「怒りのはけ口」

イナが殺し屋に殺されそうになっていたその時、ドンホが助けに来る。
ジヌもイナの居場所を嗅ぎつけやって来る。

警察ではすぐに釈放されるジヌ。
スボムからジヌの釈放を聞きむしゃくしゃしているギュマンは、追い抜いた赤い車の女性に怒りをぶつけるのだった。
またあのサイコパスな一面が・・・ゴルフバットで車を滅多打ち(≧∇≦)

ヒョノクは娘に真実を語る映像の記録を託していた。
「自分に何かあった時には」と預かっていたという娘。
ジヌの元を訪れ、母ヒョノクに代わり謝罪するのだった。

判事カン・ソッキュは証拠の映像を見て、ジヌの再審請求を開始とするのだった。

女子大生殺害事件の再審が開始されるとのニュースを見るイロ会長。
ギュマンに「会社の名前が出たらその時は許さない」と強く怒りを表すのだった。

ジヌはジェヒョクに面会。
ジェヒョクが何度も腹痛を訴えるも、体調不良を放置していた刑務所の医師。
ジヌは強く責め立てる。
しかし全く改善される様子が無かった。

ジヌはジョンアが殺害された事件の日、父ジェヒョクがうろついていたことを目撃したというおじいさんを訪ねた。
ところが昨夜、夜逃げのように出て行ったと聞く。
ギュマンの秘書スボムが先手を打ったようだった。
証言はせず、死ぬまで黙っていろと大金を手渡すスボムです

イナを辞めさせようと手を回すギュマンとホン・ムソク部長。
再審請求されたジェヒョクの事件の検事として担当させることに。
ジェヒョクの無実を証明したいイナには酷な事件です( ;∀;)

ドンホは衝撃的な事実を知ってしまう。
自分の父親が起こした交通事故の相手は何とジヌ一家だったことが判明。
ジヌとジェヒョク以外事故で亡くなっていた。
ドンホは大切な父親と、ジヌの家族が亡くなったこの事故を知り、胸を痛めるのだった。

そしていよいよ女子大生暴行殺害事件の第1回再審公判が始まる。
イナは検事席には座ることが出来ず、法服を着たまま傍聴席に座るのだった。

始まった裁判では、ジヌに負けじとギュマンの息のかかった検事も奮闘する。

ジヌが証人として申請した医師が着席し、ジヌは突然しどろもどろになってしまう。
超記憶症候群のジヌは、彼の名前を記憶の中から呼び出す事が出来なかった。
そして裁判の途中、いきなり倒れてしまうジヌ。

第10話「葬られた真実」

裁判の途中で倒れたジヌは、すぐに再開してほしいと申し出る。

証人に招かれた医師も、4年前に偽証したと証言するのだった。
ただ、誰に指示されたかは言わなかった。
裁判の勝敗は一進一退、どちらともつかず幕を閉じる。

イナは検事を辞めると決意。
辞表を提出するのだった。
そして「ホン・ムソク部長の罪は自分が暴く」と言って部屋を出て行った。

ドンホはジュイルに腹を決めたという。
この裁判でジヌに狩りを返すと。

法廷の前日、クァク・ハンス刑事はギュマンの指示でジュイル達に葬られようとしていた。
廃車場で危機一髪のハンス刑事を救い出したのはジヌ達だった。
しかしギュマンの差し金でハンス刑事は芝居を打っていたようです・・・

父ジェヒョクは、刑務所の中で放置されたため悪化した病気で入院。
見舞いにやって来たドンホ。

ジヌに「明日の法廷ではお父さんに罪滅ぼしをするつもりだ」と言って帰って行った。
4年前ジョンアの殺害を自白したギュマンを盗撮した証拠映像を提出するつもりのドンホ

裁判が始まり入廷する裁判官がカン・ソッキュから交代していた。
そしてドンホは裁判所に着いたところをジュイルに阻止され証拠の映像を奪われてしまう。

裁判に証人として出廷していたハンス刑事。
ジヌの見方かと思いきや・・・ギュマンに指示されまたもやジヌはしてやられる。

裁判の途中ジヌに電話が。
父ジェヒョクが病院で息を引き取ったと。

ジヌは最終弁論を続ける。
「力のあるものは簡単に外に出られて、力のないものは病院で治療も受けられないという非人道的行為が被告人を死に至らしめた」と。
「真実だけが唯一死に対する慰めになるでしょう」と涙ながらに続けるジヌ。

判決は死刑判決だった。

ジヌは判決後、病院へと急ぐ。
無念を晴らすことが出来ないままこの世を去ってしまった父ジェヒョク。
ジヌは泣き叫ぶしか出来なかった・・・。

その頃、イログループでは、ギュマンがイログループの社長に就任することとなる。

父の葬儀を済ませたジヌは、たった一人になってしまった・・・。

第9話から第10話の感想

無実の罪を着せられ、刑務所に収監され死刑判決を受けたまま、病気の手当てもしてもらえず無念にもこの世を去ったジェヒョクです。
お金と権力が真実をもゆがめてしまう現実。
イナもジヌも悔しくてならなかったでしょう!
どこまで行ってもギュマンが先回り、権力ですべてを握りつぶしてしまう、恐ろしい現実を目の当たりにします。
ドンホは心の底からジヌを救いたいと思っていました。
そして意を決して、4年前の証拠の映像を提出しようと裁判所までやってきましたが、ドンホを想うジュイルによって奪われてしまう映像です。
ジュイルにとっては息子のように大切なドンホ、彼を失うことがジュイルには耐えられない事でした。
それにしてもとんでもないのはギュマンです。
この先、父を亡くしたジヌは何を糧に生きていくのでしょう。
とても心に深く刻まれる回でした( ;∀;)








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。