リメンバー-記憶の彼方へ-あらすじ-19話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-リメンバー-記憶の彼方へ-あらすじ-19話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨンジンがナム・イロに新しく紹介する検事はイ・イナでした!!
いよいよナム家の罪が暴かれる時が来たようです!!

【リメンバー-記憶の彼方へ】ネタバレあり

第19話「暴かれる真実」

ヨンジンのイロ出向はこれで終わりだと聞くイロとホン・ムソク。

ギュマンの所にはジヌがやって来る。
怒りをぶつけるギュマン。

「ギュマンの全てを知り尽くしたスボムが証人として必要だ」というジヌ。
イナはソッキュに頼み、スボムに連絡してもらうことに。

その頃スボムは手足を縛られ、瀕死の状態で閉じ込められていたのだった。

事態の収拾のため、イロ会長は息子の件で謝罪会見を行うのだった。

ドンホはスボムを探し出す。
ジヌへのせめてもの償いだとドンホは力を尽くすのだった。

ギュマンはムソクに助けを求める。
ムソクはカリフォルニアのゴルフ場が欲しいと見返りの要求。

1つギュマンが生き延びる手・・・それは「ギュマンが先手を打って死ぬことだ」と言うムソクだった。
中国へ行き、そこで1度死ぬのだと。
別人となり、しばらく後に韓国へ帰ってくればよいと言うムソクだった。

スボムはジヌに証言を頼まれるが、ギュマンの報復を恐れ証言できないと言う。

そしていよいよ始まった西村女子大生暴行殺人の再審公判。
最初の証人はクァク・ハンス刑事。

父ジェヒョクに殺人の自白の強要をしたと認める。
そしてジヌは科捜研の鑑定結果が付いた本物の凶器の提出をする。

そこにスボムが入廷してきた。
スボムが凶器の提出者であるため、証人として申請するジヌ。

スボムはギュマンが自分に罪を着せやしないかと恐怖だったという。
ゆえに何かあった時の為にと、本当の凶器を隠しておいたと言う。

ジヌは最終弁論をする。
「ソ・ジェヒョクの無実を宣告してほしい」と裁判長に頼むジヌ。
「無実であると言う真実は消えないと、法の正義で証明してほしい」というジヌだった。

そして判決は死刑判決を破棄し、無罪を宣告すると。

ギュマンは中国へ密航しようと中国のパスポートを持って家を出る。
ヨギョンはそれを知ってしまう。
そしてイナへと伝えるのだった。
検事としての誇りと、家族の犯した過ちへのせめてもの罪滅ぼしだと言うヨギョンです

ドンホは港へとギュマンを追いかけるが、それはギュマンではなく別人だった。

一方ジヌはヘリポートへ、ギュマンを追いかけやって来る。
ヘリはギュマンを乗せる前に飛び立ってしまう。

そして一瞬にして警察に囲まれてしまうギュマンだった。
ジヌもイナもこの日をどれだけ待っていた事でしょう!!

第19話の感想

今までドンホまでも騙し、ヨンジンはイロへ出向と言う形で潜入捜査をしていました。
そしていよいよイロを潰す時が来ました!
ヨンジンが紹介する新しい検事はイナでした。
ここでムソクも初めてヨンジンにやられたと気づきますが、すでに遅かったようです。
いよいよギュマンとナム・イロを倒す時が来ました。
ギュマンは殺害を自白する映像が世間に流れ、逃げられなくなります。
ジェヒョクの無実の証明の為に今まで頑張って来たジヌ、やっとこの日が来ましたね!
ジェヒョクが生きている間にこの裁判の無実の判決を聞かせてあげたかったのは言うまでもないでしょう。
当時はギュマンが怖くて裁判では偽証したハンス刑事も、真実を話しました。
スボムもギュマンの全ての罪を証言しました。
ドンホもイナもジェヒョクの無実を証明しようと力を尽くしてきました。
ジヌの記憶が無くなる前に、父ジェヒョクの無実が証明されて本当に良かったです(^▽^)/








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。