不滅の恋人-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-不滅の恋人-あらすじ-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

大君

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
幼い世子は王に即位した。
そして、フィは兵曹のとなった。

フィはガンの部下をガンから引き離す人事を下していた。

そして、やっとフィとジャヒョンの婚礼が行われようとしていた。
しかし、そこに刺客がきて乱闘となり、大臣たちが殺されて行った。

ガンも刺客に斬られてしまうが、刺客の1人がフィが首謀者だと言った。

【不滅の恋人】ネタバレあり

11話

ガンは狙いは?と聞き、刺客はキム・チュをはじめ大臣たちを殺してウンソン大君が王位に就くと…と答えた。
そして、ジャヒョンは罠に嵌められたと言ったが、ガンはオクやジャヒョンに知っていたのでは?と剣を向けた。
ガンはジャヒョンを連れて行き、オクたちに見張りをつけると言った。
あと、ガンはフィの敵に回れと言い、ジャヒョンの家から出て行った。

フィは王宮につき、急いで幼い王の所へ行き、連れて行った。
王の尚宮であるホン尚宮はガンの間者だった。
こんな所にも間者がいたんですね。それも王様付きの尚宮。

ガンもまた王宮につき、門番にフィが逆徒だと言った。
大妃シム氏の所にはヤンアン大君がフィが逆徒だと伝えていた。
大妃シム氏は王を連れているフィに所へ行った。そこにはガンもきた。
ガンはフィが逆徒だと言い、大妃シム氏は何かの間違いだと言っていたが、ガンは逆徒を1人捕まえた。尋問すればわかると答えた。

フィはガンが計画したのか?と聞いたが、ガンは問い返す。と怒鳴り、大妃シム氏は王を預かり、信じているから尋問せよ。と言い、フィは捕まってしまう。

ジャヒョンはガンの家に連れて行かれた。

フィは自分の部屋へ連れて行かれた。ガンもまた一緒に来た。
フィはジャヒョンの心配をしたが、
ガンは
「ぬれぎぬだと?悔しいか?怒りに震えているか?疑われ続けてきた私の思いが分かっただろう。幼い時、私も王宮で暮らしたかった。
 父上と母上のそばにいたかった。顔も知らぬ弟のお前が羨ましかった。」と言った。
フィは
「だから逆心を抱いたのか?言い訳にはならぬ」と答えた。
しかし、ガンは
「母上やお前が私を疑い、怒りを駆り立てたのだ。」と怒鳴り、
フィは
「それゆえ、疑われている通り謀反を起こそうと決心を?」と言い、
ガンは
「よこせ。私を疑った証拠を。お前が北方で入手し国を売った証拠だと脅しに使った密書だ。」と言った。
フィは
「欲心は捨てよ。すでに王様は即位され王室も朝廷も民も名分なき政変を認めるわがない。」と答えた。
ガンは
「忘れたか?政変の首謀者はお前だ。時間をやろう。兄弟のようなギトゥク。北方から来た女。突然の悲劇に悲しんでいるジャヒョン殿。
 生かすも殺すもお前次第だ。」と言った。
フィは
「そんなに私を殺したいのか?弟とは思ってはいないのか?」と泣きそうになり聞いた。
ガンは
「お前を殺めようと思った事はない。忘れるな。お前こそ私を蹴落とそうとしたのだ。」と答え、部屋から出て行った。
ガンはフィに対しての嫉妬がすごい…

刺客は尋問でフィが首謀者だと自白した。
その事を大妃シム氏はフィに伝えに行ったが、大妃シム氏はフィにしろガンにしろ、母親としての傷は癒えない。と泣いた。

オクはヤンアン大君にフィを敵に回し、家族を助けよ。と迫っていた。
しかし、オクは悩んでいた。

ガンは家に戻り、ナギョムが迎えた。
そして、すぐにジャヒョンの所に行こうとしたが、納屋に監禁していると聞き、怒った。
ガンはナギョムにジャヒョンを連れてこい。と言った。

ジャヒョンはガンの所へ行った。
ガンは自ジャヒョンを脅した。それは、ジャヒョンの一言で一族が滅ぶことになるからだった。

オクは自殺しようとした。しかし、見つかり助かった。

フィは尋問を受けていた。その時、オクが書いた遺書が読まれた。
ガンは今はオクだけだが、ジャヒョンまで自殺したらどうする。とフィの耳元で言った。
フィは牢獄に入れられてしまう。

ジャヒョンはガンの家から出て、家に戻った。

ガンは大妃シム氏に王は自分が守るため、領議政にするように言った。
大妃シム氏はそれ以上は望まぬのだな。と答えた。
そして、ガンは領議政になった。
望んでないわけないですよね…

ガンはフィに罪を認めるように言い、またジャヒョンもドゥクシクにお前が一人で死ねと責められていた。

ガンの所には妓生のヨギョンに褒美を与えていた。
それは、今回の刺客を用意したのがヨギョンだったからだ。
しかし、ヨギョンは受け取らなかった。それは、身分を変えてもらうのがヨギョンの願いだ。

ジャヒョンはガンに会った。フィの件だった。
ジャヒョンは土下座し、
「お助けを。他には何も望みません。2人で遠い島へ行き一生そこで暮らします」と言った。
しかし、ガンは
「そなたは私になにをくれる?ウンソンの命と引き換えにできるものがあるのか?そなたは私に何を差し出せる。」と聞いた。

12話

ガンは覚悟が出来たら再び訪ねるように言い、そこにナギョムが来た。
ガンはナギョムに帰すように言った。
そして、父親のオクが告発したんだ。とナギョムがジャヒョンに伝えた。
自殺の事まで言った。
ナギョムは
「覚えておきなさい。ウンソン大君が死ぬとしたらあなたのせいよ。」と言い、家に入って行った。
ナギョムの嫉妬もひどいですね。ジャヒョンの責任ではないのに。

ジャヒョンは雨に打たれながら家に戻った。
ジャヒョンはオクに聞いた。告発したことを。
オクはジャヒョンの為だと。言った。しかし、ジャヒョンは私を殺したも同然です。と答え、
その事を聞いたアンがジャヒョンを叩いた。
オクがどれほど苦しんでるかと言ったが、ジャヒョンは自分の部屋に戻って行った。

ジャヒョンはフィに会いに行った。
ジャヒョンはオクのしたことを謝った。フィはオクを恨んではいけない。と言った。
そして、ジャヒョンはフィを救う。と言ったが、フィはやめるんだ。と答え、お互いに泣いた。
フィは
「諦めずに方法を探そう。生きていれば希望はある。何があろうと私を信じよ。何が起きても希望を捨てるな。」と言った。
方法…あるのか?

ジャヒョンは大妃シム氏に会おうとしたが、フィを死地に追いやったとして会おうとしはしなかった。
会えないことを尚宮が伝えに行くと、一緒に来たチャン尚宮が、ガンの世になったと言い、ガンに会うように答えた。
ジャヒョンは尚宮たちが王宮に入るのを見てから、倒れてしまった。
ジャヒョンは目を覚ました。ジャヒョンはガンがヨギョンのいる妓楼に連れてこられていた。
そして、ガンに会った。

ジャヒョンは
「今も私をお望みですか?」と聞いた。
ガンは
「どうだろう。」と答え、
ジャヒョンは膝をつき、
「この身をささげます。たとえ国であれ天であれ人の命より尊いものはありません。それゆえ、私の持つすべてを私自身を差し出します。
 私を殺してあの方をお助け下さい。父の罪を償う為に我が身を捨てます。お好きにどうぞ。」と言った。
ガンは
「私の元に来るのは死に等しいのか?私のもとへ命を捨てに来ると?」と聞き、笑った。
フィを救うにはこの方法しかジャヒョンにとってはないですよね

便殿ではフィを斬刑にするように言っていた。
大妃シム氏は絶対に斬刑にはしない。と怒鳴った。
しかし、ガンが死罪ではなく流刑にする。と言った。

フィは大君の君号と地位をはく奪され、喬桐島(江華島の西方に位置する島)へ流刑されることになった。

ジャヒョンはフィのいる船着き場まで行った。2人は抱きしめ合った。
一緒に来ていたルシゲにジャヒョンを守るように頼み、フィは船に乗り、流刑地へ行った。

ヤンアン大君は判断を誤った。とガンに言ったが、ガンには考えがあった。
喬桐島の都護府使(地方行政機関の長)は今回亡くなったト・ヨンスの息子だった。
その為、刺客を送ってフィが亡くなっても黙認してくれるだろう。と読んでいた。
そこで、ウルンを喬桐島へ送る事にした。
そして、フィを始末したら叔父の都承旨も退かせるつもりだ。

ジャヒョンは書状を書いていた。
“私の思い人。私のフィ。あなたの名を呼べば口笛となりました。あなたの名を呼ぶことで愛が芽生え、私たちは運命の相手となったのです。
 渡したいが夢見たのはささやかな人生でした。共に暮らし、ともに食事をして、並んでともに絵を描く。ですが、今は悟りました。その夢を
 果たすのは難しくほぼ成し得ないことだと。運命があなたと共にする道を阻みましたが、死は私を阻めぬでしょう。
 先に行き待っています。どうか、遠い将来私のもとへおいでください。花となり、お待ちしております。”と。
これは遺書だった。
ジャヒョンはクッタンに2つの書状を託した。青い封筒は母親へ、赤い封筒は喬桐島だった。
自殺するつもりなんですね…。

フィは喬桐島へ着いた。
住む家は粗末なものだった。そこにはト・ヨンスの息子ト・ジョングクが待っていた。
フィはすぐにヨンスの息子だと気付いた。

ジャヒョンはフィと暮らすはずだった新居に着いた。

ナギョムの所にヨジョンが来ていた。ヨジョンはフィを生かした理由と、ジャヒョンとの取引をした。と聞いた。

ジャヒョンはガンからフィの初恋の話を聞いた。それは幼い頃に亡くなった女官のヨンのことだった。
そして、ジャヒョンが死のうとしていたことに気付いていた。
ガンは初めから分かっていて、どうしてここまでするのか

ジャヒョンは新居から出てきた。そこでナギョムが待っていた。
また、ナギョムからフィは死ぬという事を聞いた。
ジャヒョンは家に戻り、ルシゲに喬桐島へ行くと言った。ルシゲが行くと言ったが、ジャヒョンも行くと答えた。

フィはジョングクに襲われそうになる。しかし、ギトゥクが助けた。
次の日、女真で一緒にいて、助けた人たちが訪ねてきた。
ホチ、ジュン、トクマンの3人だった。
ジョングクの所にガンの部下が来た。

ジャヒョンはルシゲと一緒に喬桐島へ向かった。

11話~12話の感想

中盤ですね。
今の時点でガンの方が一枚上手ですね。
フィの優しさだけではどうにもならない。って事だ。
だけど、ガンの嫉妬の深さはすごい。フィに対しては母親やジャヒョンの事や色々だし、
母親の大妃シム氏に対してはフィだけが王宮に残らせての、母親の愛情の欲しさだったり、
欲がここまでガンを動かしてしまってるんでしょうね…。

ジャヒョンがまさかの喬桐島へ向かおうとしていますね。
ちゃんとルシゲと一緒に着くことはできるのだとうか。

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください