九家の書-あらすじ-13話-14話-最高視聴率22.5%の韓ドラをネタバレありで♪

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ-13話-14話-イ・スンギ主演で話題の韓ドラがBS-TBSで放送決定♪
最高視聴率22.5%-人物相関図-キャスト&登場人物-評価レビューなど、最終回までの感想と共にネタバレありで全話配信します!

九家の書.jpg
“国民の弟”として大人気のイ・スンギ主演「九家の書」がBSに登場♪
神獣と人間の娘の間に生まれた主人公と、若き女武芸師範の恋を描いたラブストーリー。
“避けるべき運命”と予言された2人の愛は、果たして許されるのか──。
(原題「구가의 서」)

スポンサードリンク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
山の方で感じる不穏な気配…。
ウォルリョンが目覚めた、ということでしょうね。
ウォルリョンは、ガンチの存在を知っていたかしら?
知らないはずですよね。
う~ん、一体、どんな展開になるんだろう。
どうか、人間になりたいと頑張るガンチの邪魔はしないで!
それでは、続きを見ていきましょう!

【九家の書】(ネタバレあり)

13話

無形刀館でガンチの指導役をさせてほしいと父ピョンジュンに頼むヨウル。
ピョンジュンは、コンも一緒にという条件をつけて、ヨウルの願いを聞き入れる。
ガンチは、ヨウルが横で見守る中、豆を一生懸命に数えている。
見守るっていいながら…、色々話しかけて、邪魔してるだけのヨウルですが(^^ゞ
「人間である母のことは知らないのか?気にならないの?」と聞くヨウル。
ガンチは、自分を川に捨てた親のことなど興味がないと答える。
しかし、そのうちガンチの肩にもたれかかって眠ってしまったヨウルに、
「本当はどんな人なのか気になっている」と本音をもらすガンチだった。
ヨウルもいつのまにか起きてて、その話を聞いてた。
ガンチが山の方に感じた嫌な気配。
それは、父ウォルリョンの目覚めを知らせるものだった。
久しぶりに目を覚ましたウォルリョンは、まるで別人のように。
次々と人を殺していくウォルリョン…。
ウォルリョンによって殺害された者の遺体が発見され、
無形刀館の人たちはみんな、ガンチの仕業ではないかと疑う。
そこで、真相を確かめるため、山の方へ向かっていくガンチ。
弟子のキムもガンチの後をつけていきます。
山の中に入ったガンチとキムが見たもの。
それは、獣と化したウォルリョンだった。
ウォルリョンは、ガンチの姿に気が付くが、何もせずに立ち去る。
キムはこれで、ガンチの仕業じゃないと彼を信じる。
一方、百年客館のグァヌンを訪ねてきた日本からの来客。
宮本の商団で、団主は女性が務めている。
亡き夫の後を継いだという女性だが…。
五鼓舞を見たいとグァヌンに申し出る女団主。
グァヌンは、五鼓舞を踊るようスリョンに命令する。
その頃、ガンチを祭に誘うヨウル。
あとで待ち合わせしようということになり…。
いつもとは別人のように綺麗な格好をしているヨウルに気付かないガンチ。

14話

宮本の女団主の前で五鼓舞を披露したスリョン。
しかし、女団主は「踊った者の魂が感じられない」とご立腹の様子。
日本からの来客ってことになってるけど、韓国語が上手…。
ガンチは、ヨウルの女性らしい姿に動揺し、思わず「変だ!」と言ってしまう。
本当は見とれまくりのガンチなのだけど…( *´艸`)
提灯に願い事を書く2人。
ヨウルは、ガンチが人間になれますように、と書き、感動するガンチ。
2人で一緒にいる間、数珠を外しているガンチだが、神獣にはならない。
ヨウルがいると、なぜか安心して落ち着いていられるガンチなのだった。
そして、そんな2人をウォルリョンは遠くから見ていたけど…。
久しぶりの再会を果たすウォルリョンとソジョン法師。
ガンチのことを「何者なのか?」と問うウォルリョン。
ソジョン法師は「お前とソファの間に出来た子供だ」と真実を話す。
それを聞いても「すべてを滅ぼす!」と、復讐心をあらわにするウォルリョンだが…。
ソジョン法師の首に手をかけるウォルリョン。2人の心は通じ合ってたはずなのに。
後日、宮本の女団主に謝罪に行くスリョン。
しかし、女団主は「あなたの踊りは本当は素晴らしかった」という。
ただ、あなたがこうやって訪ねてくるのを待っていたのだ…と。
女団主は、春花館に自分を招待してほしいと言う。
しかし、春花館に入りたければ妓生になるか、春花館の主になるしかない、とスリョン。
っていうか、この女団主の正体は一体…?
そんな中、弟子のキムが何者かによって殺害されてしまう。
ガンチは真相を探るべく、ソジョン法師に会いに行く。
すると法師は、倒れていた。
「逃げろ…」と告げるソジョン法師。
父親のウォルリョンが、お前を殺しに行く、とソジョン法師は言う。
一方、ガンチを追って森の中に入ったヨウルは足を痛めてしまう。
そこへ姿をあらわしたウォルリョン。
ヨウルは危険を感じるが…。

13話-14話の感想

やっぱり、ウォルリョンは生き返ったんですね。
それにしても、別人のようになっちゃって…。
ソファの裏切りが相当堪えたんでしょう。
ガンチが自分の息子と知っても、親心は芽生えないのかしら。
ガンチとヨウルが心配になってきました。
<<11話~12話  |  15話~16話>>
九家の書-各話あらすじ」はこちらから
韓国ドラマ-九家の書-あらすじ-全話
九家の書-人物相関図」はこちらから
韓国ドラマ-九家の書-人物相関図
韓国ドラマ-九家の書-あらすじ-全話