九家の書-あらすじ-19話-20話-最高視聴率22.5%の韓ドラをネタバレありで♪

韓国ドラマ-九家の書-あらすじ-19話-20話-イ・スンギ主演で話題の韓ドラがBS-TBSで放送決定♪
最高視聴率22.5%-人物相関図-キャスト&登場人物-評価レビューなど、最終回までの感想と共にネタバレありで全話配信します!

九家の書.jpg
“国民の弟”として大人気のイ・スンギ主演「九家の書」がBSに登場♪
神獣と人間の娘の間に生まれた主人公と、若き女武芸師範の恋を描いたラブストーリー。
“避けるべき運命”と予言された2人の愛は、果たして許されるのか──。
(原題「구가의 서」)

スポンサードリンク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ドラマも、そろそろ終わりを迎えます。
ガンチとヨウルのロマンスは一体どこに??
そればっかり気になってる私です(笑)
それでは、19話から見てみましょう♪

【九家の書】(ネタバレあり)

19話

捕らわれの身になったガンチ。
グァヌンの罠に引っかかってしまったのだった。
宮本の女団主に、ガンチが半獣半人であることを教えるグァヌン。
そして、グァヌンの部下がガンチの腕輪を外してしまう…。
すると、捕らわれながら獣の姿になっていくガンチ。
獣に変身する時、すごい苦しそうなんだよね…。
ガンチが捕まってしまったことを知ったスリョン。
すぐにピョンジュンへそのことを知らせる。
知らせを聞いたピョンジュンは、状況を確認するためにやってくる。
一方、コン師匠から、事の顛末を聞いたヨウルは、ガンチのもとへ駆けつけようとする。
しかし、そんなヨウルを止めるチョンジョ。
グァヌンは、女団主の探している人物がガンチなのかを確認する。
そして、ガンチの処分について女団主に尋ねるグァヌン。
女団主は「地図の残りが入手できればそれでいい」と答えるが…。
やっぱり、ガンチのお母さんだよね…。

20話

グァヌンを殺害するために、殺し屋を手配する女団主。
しかし、ソ副官に気付かれ、逆に殺されてしまう殺し屋。
一方、グァヌンの前に姿をあらわしたウォルリョン。
自分を殺そうとしたのはお前だったのか?と尋ねるウォルリョンだが、
「ソファが犯人だ」と答えるグァヌン。
そんな中、ヨウルは宮本の女団主の元を訪れていた。
女団主がガンチの母親ではないかと疑っているヨウル。
その事実を確認するためにやってきたのだった。
そして、これからはガンチの母親として生きてほしいと懇願する。
ヨウルは本当に心の優しい子だな~!
一方、グァヌンに殺し屋を送ったことがバレてしまった女団主。
追い詰められた女団主は、グァヌンを自分の手で殺そうとするが…。

19話-20話の感想

やっぱり、女団主はソファだったのね!
赤ん坊のころのガンチを殺そうとしたソファだけど、
やっぱり母親なんですね。
ガンチを庇おうとしてますものね。
ヨウルの優しさに涙が出てきちゃう。
ガンチは絶対に人間になって、ヨウルと幸せになってほしい!
<<17話~18話  |  21話~23話>>
九家の書-各話あらすじ」はこちらから
韓国ドラマ-九家の書-あらすじ-全話
九家の書-人物相関図」はこちらから
韓国ドラマ-九家の書-人物相関図
韓国ドラマ-九家の書-あらすじ-全話