今日、妻やめます-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-今日、妻やめます-あらすじ-22話-23話-24話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

今日、妻やめます

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ケビンはテヤンを息子のように気に入っているようです。
そして、ファヨンと別れた時、彼女が妊娠していたのではないかと疑っています。
テヤンと2人で開発した新メニューの発表の日。
しかしそのメニューはノ・シェフの物と全く同じでした。メニューを盗んだと指摘されるルリ。

【今日、妻やめます】ネタバレあり

22話

ルリはメニューを盗んだ犯人扱いされてしまった。
エリは残業している振りをしてメニューを盗んだのだろうと問い詰める。
ルリは盗んでいないと言うが信じてもらえない。
ソニョンはルリにテヤンはどこにいるのかと聞く。

テヤンは、ソースは今朝完成させたものだから盗む時間などないはずだと考える。
ミョンランは毎日少しずつ盗んでいたのかもしれないと言う。
テヤンは壁時計についているカメラを見つけた。

テヤンが会議室に入って来た。
ソニョンはテヤンに盗んだことを白状して会社を辞めろと言う。

テヤンは2つが全く同じだと言うことはどちらかが盗んだことだと言う。
僕は盗んでいないと言うテヤン。
テヤンはノ・シェフに恥ずかしくないのかと聞く。
ノ・シェフは、俺は正々堂々、実力で採用されたのだと言う。

テヤンはカメラを出し、それならこれは何かと聞く。
隠しカメラだと言うテヤン。
テヤンはノ・シェフのパソコンを指差し、この中に映像が入っているはずだと言う。
ノ・シェフはパソコンを抱える。
テヤンは潔白なら見せられるだろうと言う。

ノ・シェフは俺が盗んだと白状した。
こんな男をコネ入社させたのが悪いと言うノ・シェフ。
エリの指示だと言えばいいのになぜ言わないのでしょう

チュノクはソウォンに決着をつけようと言う。
ハンギョルを引き取ってくれとあなたのお母さんに土下座までされたが、答えはノーだと言う。
チュノクはソウォンに離婚届の用紙を渡し、あなたが持っている不動産や株、預金まで差し押さえたと言う。
そこに判を押した瞬間、無一文で追い出されることになると言う。

実家に娘を預けるというなら今まで通りに援助すると言う。
ヨンジュと娘、どちらを選ぶのかと聞くチュノク。

会社をクビになり出て行くノ・シェフにエリは黙っていてくれてありがとうと言う。
ノ・シェフは、約束は忘れるなと言う。
エリに会長の娘だからといって調子に乗るなと言うノ・シェフ。
そうだ!そうだ!

ノ・シェフの相棒ソンタンはテヤンにUSBを渡した。
そこにはエリがノ・シェフにテヤンのメニューを盗めと指示している映像が映っていた。

テヤンはエリに話をしようと言う。
エリは映像を見せられ、私に説明させてくれと言う。
テヤンはルリを辞めさせようとして男と企てている時の写真を見せた。
ルリを陥れたうえに、人の企画を盗ませたとなったら会長の娘でもクビは免れないだろうと言うテヤン。

エリはパパに話して私をクビにするつもりかと聞く。
エリはいくら渡せばいいのかと聞く。
テヤンはエリにUSBを渡し、今度やったらタダではおかないと言う。
絶対にまたやります

エリは何が目的かと聞く。
テヤンは会長のためだと言う。
会長の顔に泥を塗るなと言うテヤン。

2人の会話を聞いていたケビン。
ケビンはエリを呼んだ。
ケビンは明日の飛行機でアメリカに帰れと言う。
連絡するまで戻るなと言う。

エリは私が実の娘ではないからかと聞く。
パパがそう言うなら永遠に目の前から消えてやると言う。

本部長はケビンに、エリにもう一度チャンスを与えてはどうかと聞く。
テヤンを後継者に考えているならエリと一緒にさせればいいと言う本部長。
ケビンは確かに悪くないと言う。
テヤンの気持ちを考えてください

ファヨンはペンダントの中に入っていたケビンの写真を燃やした。

ルリはテヤンに抱きつき好きだと言う。
テヤンはルリに可愛いと言う。
おでこにキスをするテヤン。

23話

チュノクはシンモとソウォンを呼び出す。
チュノクはソウォンに私が提案したことは考えたかと聞く。
ソウォンは、気持ちは決まったと言う。

ソウォンはヨンジュとは離婚はできないと言う。
しかしハンギョルは自分が育てると言う。
シンモは離婚しないでどうやって育てるのかと聞く。
ソウォンはヨンジュを連れて家を出ると言う。
チュノクは私と娘を引き離して自分は両方を手に入れるつもりかと怒る。

シンモはソウォンを連れて行こうとするが、ソウォンは自分の人生は自分で決めると言う。
ソウォンを叩こうとするシンモの腕を掴むソウォン。
ソウォンは今まで父さんの期待に応えて来たけれどもう嫌だと言う。
自由にさせてくれと言うソウォン。

シンモは、ハンギョルは俺たちが育てると言う。
ソウォンは俺の子供だと言う。

チュノクは、親子喧嘩は家でやれと言う。
チュノクはソウォンに今の話をヨンジュが喜ぶと思うのかと聞く。
ヨンジュは絶対に私を見捨てられないと言う。
あの子に貧乏生活は無理だと言う。
ソウォンを愛しているからできそうな気がします

チュノクはヨンジュを連れて行った瞬間援助はすべて打ち切ると言う。
馬鹿な考えは止めろと言い、帰って行くチュノク。

ケビンはテヤンを呼んだ。
新メニューを褒め、エリの代わりに謝るケビン。
ケビンはエリを全うな人間にしてほしいと頼む。
テヤンはそれなら僕より優秀な人を紹介すると言う。

本部長はエリにテヤンに気に入られろと言う。
最後のチャンスだと言う本部長。

テヤンはチーム長になった。
エリはテヤンとルリに謝り、一から勉強すると頭を下げる。

ヨンジュはヨンヘにハンギョルを連れて来てほしいと頼んだ。
ヨンジュはヨンヘにハンギョルを見れば変わるかもしれないと思ったが、やはり育てる自信がないと言う。
ヨンヘはあなたの気持ちは理解できると言う。
あなたが無理なら私が育てると言うヨンヘ。

ハンギョルをトイレに連れて行くヨンジュ。
ハンギョルはヨンジュに私のことが嫌いかと聞く。
ヨンジュにごめんなさいと謝るハンギョル。
子供に罪はないです

そこにチュノクが帰ってきた。
チュノクはヨンヘに子供を使って娘に取り入ろうとしても無駄だと言う。
天地がひっくり返ろうとヨンジュは私から離れないと言う。
ヨンジュはソウォンがチュノクを置いてヨンジュと家を出ると言ったことを聞いた。

家に帰ったヨンヘはソウォンが言ったことは良いかもしれないと言う。
シンモはあの家を出たとたんにすべての援助が無くなってしまうのだと言う。
ヨンヘはソウォンには苦労をさせてもいいと言う。
ソウォンの好きにさせてあげろと言う。

ウジュはペンダントの中の写真を写メに撮っていた。
ソニョンに見せると言うウジュ。
だから、近づくなと言われているのに!

ケビンはソニョンを呼んだ。
ジョンドは息子かと聞くケビン。
そうだと言うソニョン。
ケビンは結婚しているのかと聞く。
ソニョンは10歳も年上の女にたぶらかされてその女の子供を2人も育てていると言う。
籍は入れていないのかと聞くケビンにもちろんだと言うソニョン。
ソニョンは必ず入社させるから待っていてくれと言う。

ルリはテヤンに帰りに本店に寄って来週の試食会のセッティングをしてくれと言う。
残業させるテヤンにむかつくルリ。
そのうえテヤンはエリを車に乗せて帰ってしまった。

テヤンはルリにサプライズを考えていたのだった。

24話

シンモはハンギョルを正式に養子として迎える続きを取ろうとしている。
友人に相談するシンモ。

ヨンジュはソウォンに本気で別居を考えているのかと聞く。
ママと別々に暮らすことなどできないと言うヨンジュ。
ソウォンは僕の気持ちも考えてくれと言う。

ヨンジュは無一文で出されるけれど暮らしていけるのかと聞く。
ソウォンは君とハンギョルを養う自信はあると言う。
勤務医として働くと言う。
ヨンジュは狭い家で我慢して暮らせと言うのかと聞く。
ソウォンはみんなそうやって暮らしていると言う。
姑に気をつかって暮らすよりその方がマシだと言う。

ソウォンは本当に僕のことを愛しているなら言うことを聞いてくれと言う。
ヨンジュはそんなに別居したいなら離婚しようと言う。
帰って行くヨンジュを追いかけるソウォン。

ソウォンはヨンジュに今まで言わなかったが愛していると言う。
一緒にいようと言うソウォン。
ソウォンはヨンジュにキスをする。
今になってそんなことを言うなんて、なんとなくずるくないですか?

ジョンドとファヨンはテヤンが彼女を連れてくると喜んでいる。
テヤンが連れて来たのはエリだった。
テヤンはエリに料理を教えるのをジョンドに頼んだのだった。
テヤンはエリを紹介し、次からは一人で来てくれと言い、出かけて行く。

ルリが本店レストランに行くと、テヤンの名前で予約が入っていた。
それを知ったルリは喜んでテーブルに座る。
テーブルの上にはケーキとワインが置かれていた。

エリはテヤンがルリとの約束のために出かけたことを知り、レストランに電話をし、予約をキャンセルしてしまった。
ルリは従業員から重要な人と一緒にいるから今日は行けないと言うテヤンの伝言を聞いた。
怒って帰って行くルリ。

テヤンがレストランに到着した。
テーブルのうえに置いてあったカードを読むテヤン。
ルリからの出会って1年を喜ぶメッセージが書かれていた。
テヤンはルリを追いかけるが、屋台でやけ食いをしているルリに気付かずに行ってしまう。

テヤンは家の前でルリを待っていた。
そこに帰ってきたルリ。
テヤンはルリになぜ電話にでないのかと聞く。

ルリは大事な人と約束があったのだろうと聞く。
エリのことが好きなのかと聞くルリ。
会長の娘だから?美人だから?色白だから?と聞くルリ。
たしかにルリは色黒です

テヤンはルリにネックレスを渡す。
ルリの星座のネックレスだった。
喜ぶルリ。

テヤンは他の女のことなど気にするなと言う。
顔は普通でスタイルは寸胴で色黒の君が好きだと言う。
君のことを愛していると言うテヤン。

しかし、ルリはテヤンの告白を聞かずに必死にネックネスを着けていた。
テヤンはネックレスを着けてあげ、ルリを抱きしめる。

ヨンジュは刑務所にいるスミに会いに来た。
ヨンジュはスミにソウォンの妻だと名乗る。
スミは彼がお金目当てで結婚した相手がどんな女か気になっていたと言う。
ソウォンの好みではないのにお金の力は偉大だと言うスミ。

ヨンジュはあなたも想像通りだと言う。
子供を人に育てさせるなんでどんな女かと思っていたけれど、あなたの態度を見て納得したと言う。
スミは私とソウォンの愛し合った過去を聞きたいのかと言う。

スミは、ソウォンは大学一の人気者だったと言う。
私は恋愛などしている暇はなかったが、ソウォンが私に一目ぼれして言い寄って来たのだと言う。
あなたは反対にソウォンに猛アタックしたのだろうと聞く。
病院や家で釣ったのだろうと言うスミ。

スミは、私たちは未来を夢見ていたと言う。
結婚して子供と一緒に暮すことを夢見ていたと言う。
彼に似た娘は産めたからその夢はかなったと言うスミ。
スミは、ハンギョルはソウォンにそっくりでしょうと聞く。

スミはあなたたちの子供に腹違いの兄弟ができて申し訳ないと言う。
ヨンジュは不妊だから子供はいないと言う。

ヨンジュはここに来たのはあなたの娘を引き取るか決めかねていたからだと言う。
少しは私に申し訳ないと言う気持ちがあると思っていたと言う。
スミは私に会ってハンギョルを育てる気持ちがうせたのかと聞く。

ヨンジュは今後何があってもソウォンやハンギョルに近づかないと約束しろと言う。
子供を言い訳にして近付くなら引き取るつもりはないと言う。
スミはヨンジュにハンギョルを引き取って娘として育ててくれと頼む。
そうすればいくら私が現れてもハンギョルはあなたを選ぶはずだと言う。

お願いだと泣きだすスミ。

シンモはヨンジュにソウォンと別れたくなければ嘘をつけと言う。
ヨンジュは友人から超音波写真を譲ってもらった。
嘘は絶対にばれますよ

家に帰ったヨンジュはチュノクに妊娠したと言う。
超音波写真を見せ私の物だと言うヨンジュ。
チュノクはこんな時に妊娠するなんて困ったと言う。

ヨンジュは産まないから安心していいと言う。
あんな薄情な男の子供は要らないと言うヨンジュ。
でも中絶手術は違法だからどうしようと言う。

シンモは離婚したら私が育てると言う。
1人増えても変わらないと言うシンモ。

新メニューの試食会の日。
テヤンはルリに食材の発注を確認する。
ルリは午後3時までに届くと言う。
テヤンは2人分を追加してくれと頼む。
大丈夫だと答えるルリ。

22~24話感想

まさかエリがテヤンを狙うとは想像していませんでした。ルリと付き合っていると知ったエリはますますルリをクビにしようとするでしょうね。
ケビンはなぜあんな性格の悪い女を養女にしたのでしょう。
ヨンジュが可哀想です。ソウォンは今までヨンジュに冷たかったのに離婚の話がでたとたんに急に優しくなるなんてずるい気がします。